コ・ウンソン

[MUSICAL]オンユ、シウミンら人気スター出演 陸軍ミュージカル『帰還』10月開幕

[MUSICAL]オンユ、シウミンら人気スター出演 陸軍ミュージカル『帰還』10月開幕

 

韓国陸軍が昨年の『新興武官学校』に続き、兵役中の人気スターを多数起用した新作ミュージカル『帰還~あの日の約束』を10月から上演する。

『帰還』は韓国で6.25戦争と呼ばれる朝鮮戦争を題材に『あの日々』『砂時計』など韓国近代史を盛り込んだオリジナルミュージカルを上演してきたインサイトエンタテイメントが制作を担当する。

1953年の休戦から66年を経ても“未収束戦死者”と呼ばれる遺体を確認できていない戦死者は13万人を超えるという。休戦50年目の2000年から遺骨発掘作業が開始され、今年初めて非武装地帯(DMZ)での遺骨発掘作業が実施されるなど、現在も地道な作業が続けられている。だがそれでも1万人ほどしか見つかっていないそうだ。

現代を生きるスンホ役はイ・ジョンヨル(左)とキム・スンテク

『帰還』は、この国家事業をモチーフに「朝鮮戦争の戦闘の英雄たちの尊い犠牲に今日の誇らしい大韓民国と私たちが存在する」というメッセージとともに、遺骨発掘作業への共感を形成すべく舞台化された。スタッフは『新興武官学校』の制作陣だった、脚本イ・ヒジュン、作曲・音楽監督パク・ジョンア、演出キム・ドンヨンに加え、『あの日々』の振付家シン・ソンホが参加している。

へイル役のイ・ジェギュン(左)とチャ・ハギョン(VIXXエン)

物語は、朝鮮戦争の退役軍人スンホが戦友たちの遺体を捜し、激戦地のひとつであった多富洞(タブドン)の山中をさまようシーンから始まり、生涯を通して戦友たちとの約束を守ろうとするスンホの姿を過去と現在を交錯させて描かれる。

出演者には現在兵役中の人気スターたちが名を連ね、豪華な面々が大きな注目を集めそうだ。
戦時中の若きスンホ役は、イ・ジンギ(SHINeeオンユ)、キム・ミンソク(EXOシウミン)がWキャストで主演する。一方、現代のスンホは『あの日々』に初演から出演しているイ・ジョンヨルと、現在『ブラック・スーツ』出演中のキム・スンテクが演じる。

へイルの親友ジング役はキム・ミンソク(左)とイ・ソンヨル(INFINITE)

過去に友人たちの尊敬を一手に集めていたへイル役は、『新興武官学校』に続き出演するイ・ジェギュンと、『イン・ザ・ハイツ』などミュージカルも経験済みのチャ・ハギョン(VIXXエン)が演じる。

スンホの親友ジング役はドラマ『太陽の末裔』などで知られるキム・ミンソクとミュージカル本格初挑戦となるイ・ソンヨル(INFINITEソンヨル)が演じる。

へイルの双子の妹ヘソン役はイ・ジスク(左)とチェ・スジン

そのほか、へイルの双子の妹ヘソン役には『女神様が見ている』のイ・ジスクと『キングアーサー』『死の賛美』などに出演したチェ・スジン。スンホの孫ヒョンミン役はチョ・グォン(2AM)と『ノートルダム・ド・パリ』などに出演していたコ・ウンソン。遺骨発掘団にヒョンミンを導くウジュ役は『新興武官学校』に続き出演するキム・ソンギュ(INFINITE)と『あの日々』でミュージカルデビューしたユン・ジソン(Wanna One)が努める。
また『新興武官学校』と同様に、オーディションを通して選抜された軍哨兵を演じる20名ほどのアンサンブルも出演し、舞台により厚みを持たせる予定だ。

スンホの孫ヒョンミン役はチョ・グォン(左)とコ・ウンソン

陸軍ミュージカル『帰還』は10月22日~12月1日まで、オリンピック公園ウリ金融アートホールで上演。1次チケットは9月9日(月)午後2時からメロンチケットとインターパークチケットで発売される。

ウジュ役はキム・ソンギュ(INFINITE・写真左)とユン・ジソン(Wanna One)


【公演情報】

陸軍創作ミュージカル『帰還:あの日の約束』(귀환  그날의 약속)
2019年10月22日~12月1日オリンピック公園ウリ金融アートホール

<出演>
●スンホ(過去)役:イ・ジンギ(SHINeeオンユ)、キム・ミンソク(EXOシウミン)
●へイル役:イ・ジェギュン、チャ・ハギョン(VIXXエン)
●ジング役:キム・ミンソク、イ・ソンヨル(INFINITE)
●ヘソン(へイルの双子の妹)役:イ・ジスク、チェ・スジン
●スンホ(現在):イ・ジョンヨル、キム・スンテク
●ヒョンミン(スンホの孫)役:チョ・グォン(2AM)、コ・ウンソン
●ウジュ役:キム・ソンギュ(INFINITE)、ユン・ジソン(Wanna One)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]マイケル・リー、ソン・ヨンジンらが出演『ロッキー・ホラー・ショー』5月開幕

[MUSICAL]マイケル・リー、ソン・ヨンジンらが出演『ロッキー・ホラー・ショー』5月開幕

 

(写真左から)フランク役のマイケル・リー、ソン・ヨンジン、チョ・ヒョンギュン

映画史に名を遺す、カルト映画の原作となったミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』の韓国版が約10年ぶりに上演。総勢18名にのぼる多彩なキャストが発表された。

婚約したばかりのカップル、ブラッドとジャネットが山中で暴風雨に遭い、迷い込んだ古城で奇妙な人々たちが繰り広げる狂気のパーティーに巻き込まれていくセクシーでコミカルなロックミュージカル。この作品のアイコンとも言える城主、フランク・N・フルター役は、ロックミュージカルを得意とするマイケル・リーとソン・ヨンジン。そして大劇場作品には初主演となるチョ・ヒョンギュンの3人が演じる。ソン・ヨンジンは、韓国版初演の2008年にも本作に出演しており、約10年ぶりにフランク役に挑むことになる。

(写真左から)ジャネット役のチェ・スジン、キム・ダへ、イ・ジス

トリッキーなフランクによって、未知の世界を体験することになるジャネット役はチェ・スジン、キム・ダへ、イ・ジスと美貌の若手女優3人が揃った。

(写真左から)ブラッド役のパク・ヨンス、ぺク・ヒョンフン、コ・ウンソン

恋人ジャネットと共に古城に迷い込む、生真面目な青年ブラッド役は、本作の制作会社R&Dワークスの『ママ、ドント・クライ』に出演歴のあるパク・ヨンスとぺク・ヒョンフン、そして『ウィキッド』『ロミオとジュリエット』などに主演し、人気上昇中のコ・ウンソンがトリプルキャストで務める。

(写真左から)マジェンダ役のキム・ヨンジュ、ソムン・タク、リサ

古城のメイド、マゼンタ役は『ウィキッド』のマダム・モリブル役などで知られるキム・ヨンジュと『ヘドウィグ』のイツァーク役で知られるロックシンガーのソムン・タク。そして、現在『ザ・デビル』に出演中のリサと、舞台経験豊富な3人が演じる。

(写真左から)リフ・ラフ役のキム・チャンホ、コ・フンジョンと、コロンビア役のチョン・イェジ

古城に住み込みで働く執事リフ・ラフ役はキム・チャンホとコ・フンジョン。これまで正統派のキャラクターを演じることが多かった彼らが、不気味でエキセントリックな役柄をどう演じこなすのか注目される。そしてもう一人のメイド、コロンビア役は『ロミオとジュリエット』『インタビュー』などで主演女優として頭角を現しつつある新鋭チョン・イェジが演じる。

(写真左から)スコット博士/エディ役:チ・へグン、ナレーター役のチョ・ナミ、ロッキー役のチェ・グァンフィ

その他、ブラッドとジャネットの恩師であるスコット博士と、ロックスタイルの謎の男エディの二役にチ・へグン。物語の進行役となるナレーター役は『シャーロック・ホームズ』などに出演していたベテランのチョ・ナミ。そして、フランクによって生み出される筋肉隆々の人造人間ロッキーは、新鋭チェ・グァンフィが抜擢された。

昨年ケーブルテレビチャンネルJTBCで人気を博したオーディション番組「ファントム・シンガー」で優勝チームの一員となったコ・フンジョンをはじめ、挑戦者として出演していたぺク・ヒョンフンとコ・ウンソン。そして審査員として出演していたマイケル・リーと、番組で一躍注目を浴びたミュージカル俳優が勢ぞろいしている点も見どころ。視聴年齢制限アリ、という破格の舞台が期待される『ロッキー・ホラー・ショー』は、5月26日~8月6日まで、弘益大大学路アートセンター大劇場で上演される。


【公演情報】
ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』(록키호러쇼)

2017年5月26日~8月6日 弘益大大学路アートセンター大劇場

<出演>
●フランクン・フルター博士役:マイケル・リー、ソン・ヨンジン、チョ・ヒョンギュン
●ジャネット・ワイズ役:チェ・スジン、キム・ダへ、イ・ジス
●ブラッド・メイジャーズ役:パク・ヨンス、ぺク・ヒョンフン、コ・ウンソン
●マジェンダ役:キム・ヨンジュ、ソムン・タク、リサ
●リフ・ラフ役:キム・チャンホ、コ・フンジョン
●コロンビア役:チョン・イェジ
●ブラッド・メイジャーズ/エディ役:チ・へグン
●ナレーター役:チョ・ナミ
●ロッキー役:チェ・グァンフィ

原作:リチャード・オブライエン/演出:オ・ルピナ/音楽監督:キム・ソンス

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


【キャラクター紹介映像】

【キャストインタビュー映像】

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

 

yo20150

北朝鮮兵士チャンソプ役のチェ・デフンとドンヒョン役のユン・ソッキョン

今年で4回目の再演を迎える名作ミュージカル『女神様が見ている』。6月20日の開幕を控えて、熱気のこもった稽古場の雰囲気が伝わってくる写真が公開された。
韓国ではタイトルを略して「ヨボショ」と呼ばれ愛されている本作、2015年版は新キャストを多数起用してリフレッシュを図っている。その一方で、物語をけん引する韓国軍兵士ハン・ヨンボム役には、すでに出演経験のあるキム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュンが起用されるなど、要所要所では実力派をきっちりと配している印象だ。

yo20152

スンホ役のシン・ジェボム(左)とコ・ウンソン

観客にもっとも愛される純粋なキャラクター、スンホ役には昨年同役に初挑戦し、好評を得たSUPER JUNIORのリョウクと2013年公演に出演していたパク・ジョンウォン。そして新キャストにシン・ジェボムとコ・ウンソンが出演する。
シン・ジェボムは2012年に『ビリー・エリオット』などに出演した子役を集めて上演したミュージカル『13(Thirteen)』に主演経験のあるニューカマー。そしてコ・ウンソンは長年『グリース』で主人公デニー役を演じてきた二枚目俳優だ。

そのほか、今回初参加となったのは『キンキーブーツ』の靴工場工員ドン役や、『ブラッド・ブラザーズ』『壁抜け男』などの大型ミュージカルで存在感を見せていたシム・ジェヒョンが北朝鮮の兵長チャンソプ役に。ヨンボムの部下ソック役には『死の賛美(グルーミーデイ)』『ビースティ・ボーイズ』のイ・ギュヒョンと、『飛べ!パクさん』などに出演した新鋭ソン・ユテク。そして、女神様とのダンスシーンが印象的なジュハ役には『TRACE U』『マイ・バケット・リスト』のイ・ジホと『スペシャル・レター』『洗濯(パルレ)』などに出演してきたユ・ジェユン。寡黙で上官チャンソプの命令に忠実なドンヒョン役に『マン・オブ・ラ・マンチャ』でラバ追いの男や国軍ミュージカル『プロミス』に出演したユン・ドンヒョンが初起用された。これまで多数の人気俳優を輩出してきた本作だけに、無限の可能性を秘めた新キャストの活躍に注目したい。
さらに、『キム・ジョンウク探し』『若きウェルテルの悩み』など多数の人気ミュージカルでヒロインを務めてきたチェ・ジュリが女神様として加わったことで、韓国の観劇ファンも実力を認める新たな女神様の誕生に期待が寄せられている。

今年は劇場を大学路のユニプレクスに移し、セットのリニューアルや、演出にも変化を加えるとのことで、より一層新鮮な印象になることが予想される。これまで韓国で観劇済みの人や、昨年の日本公演を見た人も新たに楽しむことができる『ヨボショ』になりそうだ。
韓劇.comでは、日本の観客限定の割引価格で購入できる、スペシャルコラボチケットも発売中(⇒詳細)。屈指の名作創作ミュージカルを、今年も韓国の劇場で堪能してほしい。

yo20153

スンホ役のパク・ジョンウォン

yo20154B

ジュハ役のユ・ジェユン

yo20155

チェ・デフン、シン・ジェボムがパク・ソヨン演出家(右)と相談中

yo20156

ソック役のイ・ギュヒョン

yo20159

スンホ役のコ・ウンソン

yo201511

ソック役のソン・ユテク

yo201512

女神様役のチェ・ジュリ(中)とスンホ役のパク・ジョンウォン

yo201513

ドンヒョン役のユン・ソッキョン

yo20150A yo20151 yo20154 yo20154A yo20157 yo20158 yo201510


yobosho2【公演情報】
ミュージカル『女神様が見ている』(여신님이 보고 계셔)
2015年6月20日~10月11日 大学路ユニプレクス1館

出演:ハン・ヨンボム役:キム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュン
リュ・スンホ役:リョウク、パク・ジョンウォン、コ・ウンソン、シン・ジェボム
イ・チャンソプ役:チェ・デフン、シム・ジェヒョン
シン・ソック役:イ・ギュヒョン、ソン・ユテク
チョ・ドンヒョン役:ユン・ソッキョン、ユン・ドンヒョン
ピョン・ジュハ役:イ・ジホ、ユ・ジェユン
女神様役:ソン・ミヨン、チェ・ジュリ

プロデューサー:ユ・インス/演出:パク・ソヨン/脚本・作詞:ハン・ジョンソク/作曲:イ・ソンヨン/音楽監督:ヤン・ジュイン/アクション監督:クァク・ゴウン

写真提供:ヨヌ舞台 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。