キム・ボムレ

[MUSICAL]イ・テソン、キム・ジュンヒョン主演『ザ・アンダードッグ』開幕

[MUSICAL]イ・テソン、キム・ジュンヒョン主演『ザ・アンダードッグ』開幕

 

ジン役のキム・ジュンヒョン(左)と、軍曹役のキム・ボムレ

豪華キャストとスタッフが揃い、注目されていた新作ミュージカル『ザ・アンダードッグ』が開幕し、プレスコールが開催された。

『ザ・アンダードッグ』は、さまざまな動物を取り上げる韓国SBSの人気番組『TV動物農場(TV동물농장)』で2012年に放送した、「ザ・アンダードッグ」という特集からインスピレーション得て、制作陣が約4年にわたり準備してきたという。番組は保護犬(韓国では遺棄犬 유기경[ユギギョン]と呼ぶ)の実態を紹介したドキュメンタリーだったが、これをモチーフに舞台化するという珍しい作品コンセプトに、上演が発表されるやいなや話題を呼んでいた。

ジン役のキム・ジュンヒョン(左)と、マーティ役のチョン・ジェウン

稽古中には遺棄動物保護センターを俳優、スタッフ全員で訪問してボランティアを行ったほか、遺棄犬支援ブレスレットの広報キャンペーンや、観客が愛犬を預けて観劇できるスペシャルチケットの発売、有料チケット1枚売上ごとにペットフードを100g寄付するなど、作品の上演のみならず。さまざまな保護犬支援活動を展開している。プードル・ソフィ役のグ・オクブンは遺棄動物保護センターを訪れた際に、犬を一匹引き取って飼っているとも話していた。

キム・ボムレがソロナンバー「私の任務、私の忠誠」を哀感たっぷりに披露する(左)/イ・テソン演じるジンには激しいアクションシーンも(右)

プレスコールではオープニングから犬が人間に追われる映像が流れると、遺棄犬収容所に珍島犬ジンが入れられ、胸の痛むようなシーンから始まった。収容所で逞しくサバイバルする犬たちの姿や、犬たちを取り仕切る“軍曹”の苦悩など、硬軟取り混ぜたバリエーション豊かな楽曲とともに、まるで人間の生き様を見ているような犬社会が展開する。

珍島犬ジン役の二人、キム・ジュンヒョンとイ・テソン

登場するキャラクターがすべて犬だけに、俳優たちはどのように演じるのか関心が集まっていたなか、珍島犬ジンを演じるキム・ジュンヒョンは「犬のように演じるのか? というような質問もたくさん受けたが、できるだけそういうイメージは無くすようにして、私たち(人間の)疎外階層だと考えた。疎外階層が抱える感情や感性を表現しようと努力している」と語っていた。

ジン役のもう一人の注目キャストは、俳優デビュー14年目にして初めてミュージカルに出演するイ・テソンだ。「以前からミュージカルに挑戦してみたかったが、いい機会を得て出演することになった。ライセンス作品やすでに知られているような作品ではなく、創作ミュージカルの初演に出演することを憂慮する人も多かったが、新しいジャンルと素材を扱った作品であり、10年、20年と時を経て再演される際には自分が初演のオリジナルキャストとして出演したことに、大きな意味があると思った」と、前向きなコメントを聞かせてくれた。

中士(チュンサ、日本では軍曹にあたる)役のキム・ボムレ(左)とキム・ボガン

ベテランのキム・ボムレは、シェパードの軍曹役でカリスマ性あふれる姿を見せている。キム・ジュンヒョンとともに、大劇場のライセンスミュージカルに出演することが多い彼が、今回久々に大学路の作品に出演している。「ライセンス作品の場合は作品の内容や楽曲で選ぶほうだが、創作ミュージカルはチームワークだと思っている。制作会社代表や演出家、制作陣とも知己があり、俳優たちも一緒に演じたことがある人が多いため、それを信じて出演を決めた」と語っていた。

(写真左)マルチーズ・マーティ役のチョン・ジェウンとチョン・ミョンウン/(写真中)ダルメシアン・ジョディ役のキム・ジェマンとチェ・ホジュン/(写真右)プードル・ソフィ役のグ・オクブンとパク・ミソ

本作は、作曲、音楽監督のイ・ソンジュンをはじめ、振付、衣装など、大ヒット作『フランケンシュタイン』を創り上げた豪華スタッフが揃っている。作品の世界観や楽曲のメロディーに、やはりどことなく共通点を感じることができるのも、観劇ポイントの一つとなりそうだ。個性豊かなキャストとともに社会問題を鋭く切り取った『ザ・アンダードッグ』は、2017年2月26日まで、大学路のUNIPLEX1館で上演される。


【公演情報】
ミュージカル『ザ・アンダードッグ』(더 언더독)
2016年12月2日(金)~2017年2月26日(日) 大学路UNIPLEX1館

<出演>
●珍島犬・ジン役:キム・ジュンヒョン、イ・テソン
●シェパード・軍曹役:キム・ボムレ、キム・ボガン
●マルチーズ・マーティ役:チョン・ミョンウン、チョン・ジェウン
●ゴールデンレトリバー・おじいさん役:チョン・チャヌ、キム・ヒョンギュン
●ダルメシアンミックス・ジョディ役:キム・ジェマン、チェ・ホジュン
●プードル・ソフィ役:グ・オクブン、パク・ミソ
●アンサンブル:キム・ギヨン、キム・ユル、イ・ジンソン、ムン・ガプジュ、イ・ジュニョン、シム・ジェ

プロデューサー:チェ・ミンホ/制作総括:クォン・ジニョン/演出:ユ・ビョンウン/脚本:ユ・ビョンウン、チャン・ウソン、ユン・グァンヒ/音楽監督:イ・ソンジュン/作曲:カン・ジンミョン、カン・ハ二ム、イ・ソンジュン/振付:ソ・ビョング、技術監督:イ・ユウォン/舞台:キム・ヘジ/照明:ミン・ギョンス/音響:クォン・ドギョン/衣装:ハン・ジョンイム/小道具:チョ・ユニョン/映像:チョン・ジョンヒョン/ヘアメイク:キム・スッキ/舞台監督:パク・ジョンビン

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


[MUSICAL]新キャストを多数迎えて『風と共に去りぬ』11月再演!

[MUSICAL]新キャストを多数迎えて『風と共に去りぬ』11月再演!

 

2015kazetomo今年1月、わずか1カ月の短期上演が観客に惜しまれていた『風と共に去りぬ』が、待望のアンコール公演を11月から実施する。

原作は1936年に発表されたマーガレット・ミッチェルの長編小説。ヴィヴィアン・リーとクラーク・ゲーブル主演の同名映画があまりにも有名だが、今作はフランス版をもとにしたライセンスミュージカルとなる。

波乱の人生のなかでも凛とした美しさが際立つヒロイン、スカーレット・オハラ役には『エリザベート』『マリー・アントワネット』など大作のタイトルロールを演じてきたキム・ソヒョンと、1月の公演から引き続き出演するパダ、そして結婚・出産後、いよいよ舞台復帰するキム・ジウの3人が演じる。

スカーレットを翻弄しつつも“見守る愛”を貫くジェントルマン、レット・バトラー役には、『シカゴ』『ラ・カージュ』などでも見せた紳士的なキャラクターがぴったりのナム・ギョンジュ。今年出演した『チェス』ではワイルドな魅力が光った永遠のテリウス、シン・ソンウ。そして初演から、もっともバトラーらしい声をもつと称賛されたキム・ボムレに、『ノートルダム・ド・パリ』『ジーザス・クライスト・スーパースター』などの大作で深みのある歌声を聴かせてきたユン・ヒョンリョルと4人のレットが登場する。

スカーレットの初恋の相手となるアシュリー・ウィルクス役には同役を初演でも演じたチョン・サンユン、『ファントム』『カルメン』など大舞台でセクシーな魅力を発揮するエノク、そして妻キム・ソヒョンとともに子育てバラエティ番組でも人気のソン・ジュノの3人が演じる。

アシュリーの妻となるメラニー役には、『英雄』『シカゴ』などに出演してきたオ・ジニョンと、『シンデレラ』『ブロードウェイ42番街』などに出演したチョン・ダニョンと、存在感あふれる歌声を聴かせてきた二人がWキャストで演じる。

そのほか、スカーレットの乳母ママ・モートン役には『ドリームガールズ』『太陽を抱く月』で圧倒的な歌唱力を披露していたチェ・ヒョンソン。本作で脇のキーマンとも言える奴隷長役には初演での熱演が話題を呼んだパク・ソングォンに加え、『サリエリ』のチェ・スヒョンが合流した。スカーレットの父ジェラルド役には『ジーザス・クライスト・スーパースター』でカヤバ役だったチェ・ビョングァン、レットの友人ベル・ワットリング役にはカン・ウンゴンとナンアなど、助演俳優たちも実力派ぞろいだ。

新旧キャストを交え、世紀のロマンスストーリーを舞台で楽しめる、ミュージカル『風と共に去りぬ』は、11月17日からシャーロッテシアターで開幕。1次チケットは10月6日 午後2時から一斉発売される。

 


2015kazetomoposter【公演情報】
ミュージカル『風と共に去りぬ』(바람과 함께 사라지다)
2015年11月17日~2016年1月31日 シャーロッテシアター

<出演>
●スカーレット・オハラ役:キム・ソヒョン、パダ、キム・ジウ
●レット・バトラー役:ナム・ギョンジュ、シン・ソンウ、キム・ボムレ、ユン・ヒョンリョル
●アシュリー・ウィルクス役:エノク、チョン・サンユン、ソン・ジュノ
●メラニー・ハミルトン役:オ・ジニョン、チョン・ダニョン
●ママ役:チェ・ヒョンソン
●奴隷長役:パク・ソングォン、チェ・スヒョン
ほか、チェ・ビョングァン、カン・ウンゴン、ナンアらが出演

プロデューサー:パク・ヨンソク/演出・脚色・韓国語歌詞:ハン・ジンソプ/振付:ソ・ビョング/音楽監督:キム・ソンス

写真提供:SHOWMEDIA ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『チェス』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『チェス』プレスコール

 

ミュージカル『チェス』(체스)プレスコール
2015年6月23日(火) 世宗文化会館 大劇場

出演:チョ・グォン(2AM)、Key(SHINee)、シヌゥ(B1A4)、ケン(VIXX)、
シン・ソンウ、イ・ゴンミョン、アン・シハ、イ・ジョンファ、
キム・ジャンソプ、キム・ボムレ、キム・グムナ、パク・ソヌ、
パク・ソンホ、ホン・ギョンス、ユ・ソンヒョンほか

chess1 chess2 chess3 chess4 chess5 chess6 chess7 chess8 chess9 chess10 chess11 chess12 chess13 chess14 chess15 chess16 chess17 chess18 chess19 chess20 chess21 chess22 chess23 chess24 chess25 chess26 chess27 chess28 chess29 chess30 chess31 chess32 chess33 chess34 chess35 chess36 chess37

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『明成皇后』20周年記念公演 キャストイメージ&ポスター公開!

[MUSICAL]『明成皇后』20周年記念公演 キャストイメージ&ポスター公開!

 

myun1

明成皇后役のキム・ソヒョン

今年で20周年を迎え、豪華キャストとともに記念公演を行うミュージカル『明成皇后』のキャストイメージ写真が公開された。

7月28日に開幕する『明成皇后』は、これまで観客に20年間にわたり愛されてきた作品性に加え、現代的感覚も盛り込んで、最大級のアップグレードをはかるという。
ユン・ホジン演出家は「既存の『明成皇后』の根幹を崩さない範囲内での、キャストたちの比重やイメージの変化、劇中のナンバーの追加など、音楽的変化、舞台映像の強化、シーンの追加またはストーリー構成の変化など、細かい部分まで修正、補完作業を進行中だ」と語った。20年にわたる作品性と興行性を検証されている『明成皇后』が、どのような姿で再度誕生するのか、注目されている。

myun2

明成皇后役のキム・ソヒョン(左)とシン・ヨンスク

20周年記念公演の最大の目玉が豪華キャストの出演だ。明成皇后を演じるのは韓国ミュージカル界で、あらゆる大作でメインキャストを演じてきたキム・ソヒョンとシン・ヨンスク。劇中、明成皇后とのロマンスも繰り広げる武官ホン・ゲフン役にはキム・ジュンヒョン、パク・ソングォン、Teiが新たにキャスティングされ、3人3様の男らしいヒーロー像を見せてくれそうだ。
また、明成皇后とともに朝鮮王朝の終末を見届けることになる高宗(コジョン)役にはミン・ヨンギとパク・ワン。そして明成皇后暗殺の首謀者となる三浦役をキム・ドヒョンとキム・ボムレと、その実力でミュージカルファンに支持されてきた男優たちがズラリと揃っている。

myun3

(写真左から)ホン・ゲフン役のキム・ジュンヒョン、Tei、パク・ソングォン

myun4

高宗役のミン・ヨンギ(左)とパク・ワン

myun6

三浦役のキム・ドヒョン(左)とキム・ボムレ

また、今回は先行して発表されていた9人に加え、高宗の父、興宣大院君(フンソンデウォングン)役のキャスティングも発表された。『ジキル&ハイド』『ゾロ』『フランケンシュタイン』などの大作で、重厚かつ安定感のある名演を見せてきた大ベテラン、イ・ヒジョンと、『英雄』『ヴォイツェック』など、ACOM INTERNATIONAL作品には欠かせない名脇役、チョン・ウィウクがWキャストでが再び大院君を演じることになった。

myun5

興宣大院君役のイ・ヒジョン(左)とチョン・ウィウク

myunsonposter1

20周年記念公園のポスター3種

さらにこれまでとは違い、大きく「20th Anniversary」の金文字が輝くモダンなデザインの公演ポスターも公開され、アップグレード感をアピールしている。新キャストと再登板の俳優の融合により、一段と強力となって今後の20年を目指すという『明成皇后』は、7月28日~9月10日まで芸術の殿堂オペラ劇場で上演される。プレビューと1次チケットの販売は6月11日(木)午前11時から、インターパーク芸術の殿堂のホームページで発売開始される。


myunsonposter【公演情報】
ミュージカル『明成皇后』(명성황후)
2015年7月28日~9月10日 芸術の殿堂オペラ劇場

出演:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン、キム・ジュンヒョン、パク・ソングォン、Tei、ミン・ヨンギ、パク・ワン、キム・ドヒョン、キム・ボムレ

写真提供:ACOM INTERNATIONAL ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『明成皇后』20周年公演にシン・ヨンスク&キム・ソヒョンW主演!

[MUSICAL]『明成皇后』20周年公演にシン・ヨンスク&キム・ソヒョンW主演!

 

meisei

韓国を代表する大型創作ミュージカル『明成皇后』が初演から20周年を迎え、記念公演の豪華キャストが発表された。
主人公、明成(ミョンソン)皇后は、朝鮮王朝26代王、高宗(コジョン)の正妃で、日本では閔妃(みんび)とも呼ばれている。朝鮮王朝は26代で滅びたことから、明成皇后は朝鮮王朝最後の王妃と呼ばれている。朝鮮王朝から大韓帝国へと国号が移行する前の1895年に起きた「乙未事変(いつびじへん)」により日本人の刺客に暗殺されるという非業の最期を遂げた人物だ。

ミュージカル『明成皇后』は、韓国では独立運動の義士と称えられている安重根(アン・ジュングン)の半生を舞台化した『英雄』も制作したACOM INTERNATIONALの代表ユン・ホジンの演出で、明成皇后の死後100年となった1995年に初演された。小説家イ・ムンヨルの「キツネ狩り」を原作に、当時としては破格の12億ウォンを投じて制作。翌年の韓国ミュージカル大賞では大賞ほか主要賞を総なめしたほか、1997年にはニューヨークのリンカーンセンターで米国公演も実施したことから、韓国ミュージカルを代表する作品として現在も君臨している。
20年間で、再演や地方公演も多数行ってきた本作だが、4年ぶりのソウル公演となる今回は、20周年記念公演を迎えるにふさわしい豪華キャストが揃った。

明成皇后役は、キム・ソニョンとシン・ヨンスクがWキャストで演じる。
キム・ソニョンは『エリザベート』『マリー・アントワネット』など近年大型作品でタイトルロールを演じているほか、テレビの子育てバラエティー番組にも出演して注目を集めている。一方のシン・ヨンスクは『モーツァルト!』『レベッカ』などで“ショーストッパー”と呼ばれるほど、究極の声をもつ実力派女優だ。

myonson1

(写真左から)ホン・ゲフン役のキム・ジュンヒョン、パク・ソングォン、Tei

一方の男性主人公となる、乙未事変で最後まで明成皇后を守ろうとした武臣ホン・ゲフン(洪啓薰)役には、現在『ドリームガールズ』出演中、日本の『レ・ミゼラブル』でジャン・バルジャン役を演じた劇団四季出身のキム・ジュンヒョン、『風と共に去りぬ』『英雄』などで助演ながら存在感を見せてきたパク・ソングォン、『シャーロック・ホームズ』に続くミュージカル挑戦となる歌手のTeiが務める。

myonson2

高宗役のミン・ヨンギ(左)とパク・ワン

朝鮮王朝26代王、高宗役には『三銃士』『ジャック・ザ・リッパー』などの日本公演にも出演したミン・ヨンギと、『レベッカ』初演の紳士的なフランク役で人気を集めたポッペラ歌手のパク・ワンが演じる。声楽出身らしい抜群の歌唱力で高貴なキャラクターを多数演じてきた2人が、高宗をどう演じるのか期待されている。

myonson3

三浦役のキム・ドヒョン(左)とキム・ボムレ

そして、明成皇后殺害の首謀者とされている三浦梧楼役を、キム・ドヒョンとキム・ボムレが務める。かつて三浦役を演じた経験があるベテラン2人が、本作のキーマンとなる人物に再登場して注目を集めている。
韓国ミュージカル史上初の20周年公演となる『明成皇后』は、7月28日より芸術の殿堂オペラ劇場で開幕する。


【公演情報】
ミュージカル『明成皇后』(명성황후)
2015年7月28日~9月12日 芸術の殿堂オペラ劇場

出演:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン、キム・ジュンヒョン、パク・ソングォン、Tei、ミン・ヨンギ、パク・ワン、キム・ドヒョン、キム・ボムレ

写真提供:ACOM INTERNATIONAL ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『風と共に去りぬ』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『風と共に去りぬ』プレスコール

 

ミュージカル『風と共に去りぬ』(바람과 함께 사라지다)プレスコール
2015年1月13日 芸術の殿堂 オペラ劇場
出演:キム・ボムレ、チュ・ジンモ、イム・テギョン、パダ、ソヒョン、ハム・ヨンジ、
マイケル・リー、チョン・サンユン、キム・ボギョン、ユ・リア、
チョン・ヨンジュ、パク・ジュンミョン、パク・ソングォン、ハン・ドングンほか

DSC_0112 DSC_0030 DSC_0054 DSC_0103 DSC_0150 DSC_0201 DSC_0215 DSC_0220 DSC_0237 DSC_0248 DSC_0273 DSC_0286 DSC_0322 DSC_0362 DSC_0400 DSC_0423 DSC_0466 DSC_0488 DSC_0520 DSC_0550 DSC_0588 DSC_0619 DSC_0666 DSC_0694 DSC_0700 DSC_0753 DSC_0764 DSC_0778 DSC_0801 DSC_0825 DSC_0829 DSCN0031

[MUSICAL]壮大な大河ドラマを舞台化―『風と共に去りぬ』プレスコール

[MUSICAL]壮大な大河ドラマを舞台化―『風と共に去りぬ』プレスコール

 

DSC_0488

レット・バトラー役のチュ・ジンモ(写真右)とスカーレット・オハラ役のパダ

2015年の幕開けにふさわしい、豪華キャストを揃えたミュージカル『風と共に去りぬ』のプレスコールが1月13日、芸術の殿堂 オペラ劇場で開催された。マーガレット・ミッチェルの小説を原作に、ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブルが主演した同名映画があまりにも有名だが、フランスで『ロミオとジュリエット』『モーツァルト・オペラ・ロック』などを手掛けた制作陣が2003年に初演したミュージカルをアジアでは初の上演となる点でも注目を浴びている。

DSC_0286

キャラクター研究はカンペキ! ソヒョン

物語の舞台は、南北戦争が勃発した1860年代のジョージア州・タラ。類まれなる美貌をもつ、勝気で情熱的な農場主の娘、スカーレット・オハラを主人公に、劇的な彼女の半生を通して南北戦争により白人貴族社会が崩壊していき、奴隷解放へ向かう壮大なドラマが舞台で再現される。

DSC_0619

スカーレットの求愛に揺れるアシュリー役のチョン・サンユン(写真左)とパダ

プレスコールでは、6場面、12曲のダイジェストシーンが公開された。まずスカーレット役で登場したのは少女時代のソヒョン。「動きから行動まで、普段からスカーレットになりきろうとしました。映画や鏡を見ながら“私はスカーレット”と自分に言い聞かせました」と言っていただけに、プライドの高そうな表情やしぐさなど、随所でヴィヴィアン・リーを彷彿とさせる見事なシンクロぶりを見せていた。
一方、「スカーレット役を演じるのは運命のよう」というパダは「S.E.S時代に、アンケートでスカーレットに似合うメンバー1位に選ばれてとても嬉しかったのを覚えています。そして私はカトリックなんですが、洗礼名が“ヴィヴィアン”ということもあり、幼い頃から憧れていたヴィヴィアン・リーが演じた役を、今回、こうして演じることになってとても光栄です」と、思い入れたっぷりに彼女ならではのエピソードを披露していた。

DSC_0700

目に涙をためて熱唱!アシュリー役のマイケル・リー

対するレット・バトラー役でまず登場したのは大型ミュージカル初挑戦となるチュ・ジンモ。「すべての俳優が稽古場に集まって練習するのがとても新鮮で楽しい経験でした。公演初日には楽屋で準備しながら、これまで感じたことがない緊張感を味わったし、カメラの前ではまったく緊張したことないのに、客席を前にしたら震えていたことしか記憶にないです(笑)」と語っていたが、舞台の上ではダンディなレット役を、落ち着いてしっかりとこなしていた。
また、劇中で愛する妻を亡くした哀しみを歌う「死んだ」を圧倒的な歌唱力で披露したのは、アシュリー役のマイケル・リー。「今回が韓国で3作目のフランスミュージカル出演です。ロマンチックで情熱的なラブストーリーが盛り込まれている部分が、パッション溢れる韓国の観客の感性に合うのではないでしょうか?」と韓国でフランスミュージカルが愛されている理由を分析していた。

DSC_0201

内心はドキドキ!? ダンディなレット・バトラー役のチュ・ジンモ

なお、スカーレット役の2人は、相手役となるレット・バトラーを演じる3人の俳優を評して……
キム・ボムレ=「先輩はバトラー役のリーダーで、舞台でもカリスマ性に溢れています」(パダ)/「まるで本物のバトラーがいるようで安心感を与えてくれる」(ソヒョン)
チュ・ジンモ=「初めてのミュージカルだけにとても誠実に取り組まれていて、1シーン1シーンに最善を尽くされているのを感じます」(パダ)/「目つきを見ただけでもバトラーみたいで(彼に翻弄されるスカーレットのように)腹が立ってきます(笑)」(ソヒョン)
イム・テギョン=「皆さんもご存知なように、声を聴いただけでも癒されます」(パダ)/「とても柔らかく見えて、微笑みがまるですべてを見透かされているような感じがします」(ソヒョン)
などと語り、3人それぞれに魅力が違うので、舞台で体感してほしいとアピールしていた。

DSC_0273

奴隷役のアンサンブルとともにチョン・ヨンジュ、ハン・ドングンが熱唱する「黒いということ」は圧巻!

個性豊かなメインキャストの競演だけでなく、女奴隷ママや奴隷長を中心としたゴスペルのようなパワフルな歌や、フランスミュージカルならではのアンサンブルによるアクロバティックな群舞も魅力の『風と共に去りぬ』は、ソウルでわずか1カ月の公演を経て、3月17日~23日には釜山公演も予定されている。


 

뮤지컬 바람과 함께 사라지다 한국포스터【公演情報】
ミュージカル『風と共に去りぬ』(바람과 함께 사라지다)
2015年1月8日~2月15日 芸術の殿堂 オペラ劇場
出演:キム・ボムレ、チュ・ジンモ、イム・テギョン、パダ、ソヒョン、ハム・ヨンジ(オルタネート)、マイケル・リー、チョン・サンユン、キム・ボギョン、ユ・リア、チョン・ヨンジュ、パク・ジュンミョン、パク・ソングォン、ハン・ドングンほか

チケットはインターパークほかで発売中。

⇒『風と共に去りぬ』フォトギャラリー

[PHOTO]ミュージカル『風と共に去りぬ』制作発表会

 

ミュージカル『風とともに去りぬ』制作発表会

2014年11月10日(月) JWマリオット東大門スクエア グランドボールルーム

出席:チュ・ジンモ、キム・ボムレ、パダ、ソヒョン、マイケル・リー、チョン・サンユン、
キム・ボギョン、ユ・リア、チョン・ヨンジュ、パク・ジュンミョン

bw1 bw2 bw3 bw4 bw5 bw6 bw7 bw8 bw9 bw10 bw11 bw12 bw13 bw14 bw15 bw16 bw17 bw18 bw19 bw20 bw21 bw22 bw23 bw24 bw25 bw26 bw27 bw28 bw29 bw30 bw31