キム・ホヨン

『笑う男』、BTS…「第14回ゴールデンチケットアワーズ」2019結果発表

『笑う男』、BTS…「第14回ゴールデンチケットアワーズ」2019結果発表

 

韓国のチケット販売サイト、インターパークが2005年から開催し、今年で14年目を迎えた「ゴールデンチケットアワーズ」の投票結果が発表された。

今年のノミネート作品は、2018年3月1日~2019年2月28日までに上演された舞台、コンサート、フェスティバルなど14,760本から、韓国では“チケットパワー”と表現される興行力があった上位公演から候補が抽出された。

栄えある大賞は、昨年のミュージカル界で最高のヒット作となった『笑う男』が受賞した。同作は「ミュージカル」部門でも受賞し、さらに主演したパク・ヒョシンとシン・ヨンスクが「ミュージカル俳優」部門でともに1位となるなど、『笑う男』は圧倒的な支持を得た作品となった。

演劇の作品部門は、チョ・ジョンソク、キム・ジェウク、ソンギュなど豪華キャスティングが話題となった『アマデウス』が受賞。俳優では『あなたを愛しています』『チャンス商会』などで共演した韓国演劇界の至宝、イ・スンジェとソン・スクが受賞し、世代を超えた支持を集めた。

また舞台部門の「シーンスティーラー賞」は『ラ・マンチャの男』『光化門恋歌』で観客を惹きつけ、最近はマルチタレントとしても活躍しているキム・ホヨンが。「中小劇場ミュージカル俳優賞」では『ランボー』『ストーリー・オブ・マイライフ』などに出演し、どんな作品でも安定した演技と歌唱力を見せているチョン・ドンファが栄誉を手にした。

そのほか「人気賞」は全体の26.4%と圧倒的な投票数を獲得した防弾少年団(BTS)、「国内コンサート部門」ではPSY(サイ)が受賞し、ワールドスターと呼ばれる彼らの面目躍如となった。

「ゴールデンチケットアワーズ」は、投票期間11日間で、過去最高の83,094人が投票に参加。純粋な観客投票のみで決められるとあって、受賞はもちろん、ノミネートだけでも意義ある賞と言えるだろう。

各部門の受賞結果は以下の通り。

「第14回ゴールデンチケットアワーズ」

⇒インターパーク受賞結果公開公式ページ

<公演部門>
●ゴールデンチケット大賞 ミュージカル『笑う男』<웃는 남자>
●ミュージカル 『笑う男』<웃는 남자>
●演劇 『アマデウス』<아마데우스>
●クラシック/舞踊/伝統芸術 国立バレエ団『くるみ割り人形』<호두까기인형>
●フェスティバル 「第12回ソウルジャズフェスティバル2018」<제12회 서울재즈페스티벌 2018>

<俳優部門>
●ミュージカル男優 パク・ヒョシン(박효신) 『笑う男』<웃는 남자>
●ミュージカル女優 シン・ヨンスク(신영숙) 『エリザベート』<엘리자벳>、『笑う男』<웃는 남자>
●演劇男優 イ・スンジェ(이순재) 『あなたを愛しています』<그대를 사랑합니다>、『チャンス商会』<장수상회>ほか
●演劇女優 ソン・スク(손숙) 『あなたを愛しています』<그대를 사랑합니다>、『チャンス商会』<장수상회>ほか
●韓国コンサートミュージシャン PSY(싸이)
●来韓コンサートミュージシャン MAROON5(마룬파이브)
●クラシック/舞踊/伝統芸術 グム・ナンセ(금난새)
●人気賞 防弾少年団(방탄소년단/BTS)
●最高のインディーズミュージシャン賞 ポール・キム(폴킴)
●中小劇場ミュージカル俳優賞 チョン・ドンファ(정동화) 『ランボー』<랭보>、『ストーリー・オブ・マイライフ』<스토리 오브 마이 라이프>ほか
●シーンスティーラー賞 キム・ホヨン(김호영) 『ラ・マンチャの男』<
맨 오브 라만차>、『光化門恋歌』<광화문연가>

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

 

2016romijuri1シェイクスピア没後500年の2016年は多数のシェイクスピア作品が上演された1年だったが、その真打とも呼べる演劇『ロミオとジュリエット』が破格のキャストを揃えて上演される。

14世紀イタリアを舞台に、敵対する派閥の家庭に生まれたロミオとジュリエットの障害多き恋を描く本作で、主人公ロミオ役を演じるのはパク・ジョンミン。2016年2月に公開されたイ・ジュニク監督作『東柱(ドンジュ)』で主人公の親友ソン・モンギュを演じて「百想芸術大賞 映画部門男性新人賞」を受賞。デビュー当時から演技力を高く評価されていた彼が、どんなロミオ像を見せてくれるのか、期待が膨らむ。

一方、ジュリエット役には、国民の妹から演技派女優に見事成長したムン・グニョン。演劇初挑戦した2010年の『クローサー』以来、6年ぶりの舞台となる。周囲の反対やさまざまな障壁をものともせず、ロミオへの愛を貫く魅力的なジュリエットを見せてくれるに違いない。

2016romijuri2

ロミオ役のパク・ジョンミン(写真左)と、ジュリエット役のムン・グニョン

さらに、助演陣も、期待値を上げざるを得ない顔ぶれが並んでいる。

ロミオの親友マキューシオ役にはキム・ホヨンとイ・ヒョンギュン。今年は『キンキーブーツ』で新たな一面を見せたと評判のキム・ホヨンが、約1年ぶりに演劇に出演する。一方のイ・ヒョンギュンは過去、演劇『フランケンシュタイン』や『望ましい青少年』などに出演して存在感を見せていた実力派だ。

ジュリエットがロミオを愛していることを知りながら彼女を愛し続ける婚約者パリス役はミュージカル『サリエリ』のジェラス役が評判だったキム・チャンホ。ジュリエットのいとこ、ティボルト役は『ファンレター』『スルー・ザ・ドア』などで活躍し、長身と低音の声が印象的なヤン・スンリ。そして、ロミオのいとこで気弱な青年ベンヴォーリオ役は『スウィーニー・トッド』『ウェルテル』などの大作から小劇場作品まで、どんな役も柔軟に演じこなすキム・ソンチョルが演じる。

加えて、ロミオとジュリエットに救いの手を差し伸べるキャラクターを、舞台俳優出身でブラウン管からスクリーン、舞台と幅広く活躍するベテラン俳優が引き受けている点にも注目だ。秘密の結婚式に立ち会うローレンス神父役は、劇団木花(モッカ)出身のソン・ビョンホ。ジュリエットが実母のように慕う乳母役をソ・イスクとぺ・へソンがWキャストで務める。

演出・脚色は、本作を制作するSEMカンパニーが昨年1月~3月に上演したカン・ハヌル主演『ハロルドとモード』の演出家、ヤン・ジョンウンが再登板する。昨年はミュージカル『オケピ!』を上演した同カンパニー代表でプロデューサーのキム・ミヘは、映画俳優ファン・ジョンミン夫人としても有名だ。彼女がプロデューサーとしての力を存分に発揮し、豪華キャストで上演するこの冬最高の話題作『ロミオとジュリエット』は、12月9日から国立劇場ヘオルム劇場で開幕する。

2016romijuri3

(写真上段左から)パク・ジョンミン、ソ・イスク、ソン・ビョンホ、キム・ホヨン、ヤン・スンリ(下段左から)ムン・グニョン、ぺ・へソン、キム・ソンチョル、イ・ヒョンギュン、キム・チャンホ


2016romijuriposter【公演情報】
演劇『ロミオとジュリエット』(로미오와 줄리엣)
2016年12月9日~2017年1月15日 国立劇場タルオルム劇場

<出演>
●ロミオ役:パク・ジョンミン
●ジュリエット役:ムン・グニョン
●マキューシオ役:キム・ホヨン、イ・ヒョンギュン
●パリス役:キム・チャンホ
●ベンヴォーリオ役:キム・ソンチョル
●ティボルト役:ヤン・スンリ
●ロレンス神父役:ソン・ビョンホ
●ジュリエットの乳母役:ソ・イスク、ぺ・へソン

プロデューサー:キム・ミヘ/演出・脚色:ヤン・ジョンウン/美術:チョン・スンホ

写真提供:SEMカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

 

[MUSICAL]大ヒット作が華麗なる帰還!『キンキーブーツ』2016キャスト発表!

[MUSICAL]大ヒット作が華麗なる帰還!『キンキーブーツ』2016キャスト発表!

 

2016kinky1

(写真左から)チャーリー役のイ・ジフン、キム・ホヨン  ローラ役のチョン・ソンファ、カン・ホンソク

2013年のブロードウェイ初演が成功をおさめ、トニー賞やオリビエ賞など多数のアワードをを受賞。ブロードウェイ初演からCJ E&Mが共同プロデュースとして参加し、新たなミュージカル制作のスタイルを開拓した『キンキーブーツ』。2014年に制作陣をそのままに、人気俳優を揃えて上演した韓国版も驚異的な動員を記録して、ミュージカル界に新風を巻き起こした作品だ。
約1年半ぶりの再演にあたり、ニューフェイスを多数揃えた2016年キャストが発表された。

親から譲り受けた倒産寸前の靴工場を経営するチャーリー役には、イ・ジフンとキム・ホヨン。ともに、ミュージカル『ラ・カージュ(オ・フォール)』や『プリシラ』で、美しい女装を披露していた二人だが、今作ではドラァグクイーンのローラとともに、きらびやかなブーツ制作に挑む青年経営者として、凛々しい姿を舞台で見せてくれそうだ。

ブーツ制作のアイデアを提供し、靴工場を経営難から救うことになるドラァグクイーンのローラ役には、チョン・ソンファとカン・ホンソク。韓国版『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャンを初演から演じ、勇壮な歌声を聴かせていたチョン・ソンファだが、『ラ・カージュ』で演じたゲイカップルの主人公エルヴィン役は絶品で、フェミニンな演技も得意とするだけに、ハマり役となるのは間違いない。そして、韓国初演でソウルフルな歌声とともにローラ役を完璧にこなして話題を呼び、同年度の「ザ・ミュージカル・アワード」主演男優賞も受賞。一気に役者としての株を上げたカン・ホンソクのカムバックは初演からのファンには朗報だ。

2016kinky2

靴工場の現場を仕切り、ローラと敵対するドン役には初演で同役を演じたコ・チャンソクとシム・ジェヒョンのWキャスト。唯一無二のキャラクターと味のある演技が光るコ・チャンソクに対し、若手ながらどっしりとした重厚感を見せるシム・ジェヒョンと、対照的な個性を今年も堪能できそうだ。

靴工場の再生のため、チャーリーを支えるスマートな女子社員ローレン役には、結婚・出産後、昨年から活動を再開し『風と共に去りぬ』『エドガー・アラン・ポー』などの大作で存在感あるヒロイン像を披露していたキム・ジウ。チャーリーの長年の恋人であるローレン役にはシン・ウィジョンと、今年は女性キャストがそれぞれシングルキャストで登場する。

2016kinky3

(写真上段左から)エンジェル役のキム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク (写真下段左から)ソン・ユテク、ハン・ソンチョン、パク・ジンサン

また、韓国初演時に大きな人気を博したのがローラのドラァグクイーン仲間として登場する「エンジェル」たち。今回は初演メンバーである、キム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク、ソン・ユテク、ハン・ソンチョンに加えて、ミュージカル『ニュージーズ』への出演を通じて実力を認められたB-BOYグループ、フュージョンMC出身のダンサー、パク・ジンサンが起用された。美麗な容姿とキレのあるダンスで、物語を盛り上げてくれる彼らの活躍に期待したい。

7月に行われる日本版では三浦春馬と小池徹平が主演し、さらに作品への注目度が上がるのは必至だ。実話を基にした感動的なストーリーと、シンディー・ローパーが手掛けたポップな楽曲。ブロードウェイの一流制作陣による舞台や衣装が堪能できる『キンキーブーツ』は9月2日から11月13日まで、ブルースクエア サムソン電子ホールで上演。1次チケットは6月27日より発売開始される。


2016kinkyposter【公演情報】
ミュージカル『キンキーブーツ』(킹키부츠)
2016年9月2日~11月13日 ブルースクエア サムソン電子ホール

<出演>
●チャーリー役:イ・ジフン、キム・ホヨン
●ローラ役:チョン・ソンファ、カン・ホンソク
●ローレン役:キム・ジウ
●ドン役:コ・チャンソク、シム・ジェヒョン
●二コラ役:シン・ウィジョン
●エンジェル役:キム・ジュンレ、ウ・ジウォン、クォン・ヨングク、ソン・ユテク、ハン・ソンチョン、パク・ジンサン

脚本:ハーヴェイ・フィアスタイン/作詞・作曲:シンディー・ローパー/演出・振付:ジェリー・ミッチェル/原作:ジェフ・ディーン&ティム・ファース/音楽スーパーバイザー:ステファン・オレムス/協力演出:ディヴィ・ボンズ/協力振付:ラスティ・モワリー/協力音楽スーパーバイザー:ウィル・ヴァン・ダイク/

写真提供:CJ E&M ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


<スポット映像>

<メインキャストインタビュー>

<エンジェル役インタビュー>

[MUSICAL]10周年記念公演開幕!『ラ・マンチャの男』稽古場写真・映像を公開

[MUSICAL]10周年記念公演開幕!『ラ・マンチャの男』稽古場写真・映像を公開

 

2015lamancha1

すでに本番さながらの雰囲気。セルバンテス/ドン・キホーテ役のリュ・ジョンハンとチョ・スンウ

今年で韓国初演から10周年、ブロードウェイでは50周年というアニバーサリーイヤーを迎えたミュージカル『ラ・マンチャの男(マン・オブ・ラ・マンチャ)』が、開幕を控えて熱気あふれる稽古場の様子を公開した。

昨年から今年4月まで『ジキル&ハイド』10周年公演を率い、成功裏に終えた韓国ミュージカル界を代表する2大トップスター、リュ・ジョンハンとチョ・スンウが、今度は『ラ・マンチャの男』の10周年記念公演の主演を引き受けたとあって、開幕前から大きな話題を呼んでいた。今年はOD MUSICAL COMPANYが2012年に制作した『ドクトル・ジバゴ』のヒロイン、ララ役が絶賛されていたチョン・ミドと、『ジキル&ハイド』10周年公演のルーシー役で圧倒的な存在感を見せつけたリナが、ともに初めてアルドンザ役に挑む。そして、ドン・キホーテの相棒サンチョ役には、バラエティ番組「SNL Korea」で大ブレイクしたチョン・サンフンが2013年公演に引き続き出演。加えて、『ラ・カージュ』の下女ジャコブ役など、コミカルな演技には定評のあるキム・ホヨンがサンチョ役に初挑戦と、10周年記念公演にふさわしい豪華キャストが揃っている。

2015lamancha2

“信じて観る俳優”の若手代表格、アルドンザ役のチョン・ミド

2015lamancha3

情熱的な演技が魅力。アルドンザ役のリナ

2015lamancha4

チョン・サンフン(左)、キム・ホヨンとサンチョ役にはコメディの達人が揃った

初日を迎えた7月30日には、音楽ポータルサイト「Melon」のスペシャルサイトを通じて、サンチョ役のチョン・サンフンとキム・ホヨンの“セルフカメラ”方式による稽古場リポート映像も公開された。(⇒「Melon」サイトへ)

2015lamancha6

稽古場からファンにメッセージを贈るチョ・スンウ(「MELON」スペシャル映像キャプチャー)

これまで稽古場の映像はほとんど公開されたことがなく、この貴重な映像ではラフなスタイルで和気あいあいと稽古に臨む俳優たちの姿を見ることができる。なかでもチョ・スンウは「中学生のときにこの作品を見て、夢を育てて俳優になったように、小さな意味を探して皆さんの人生に少しでも恵みとなる作品になればいいと思います」とメッセージを寄せている。

10年間の蓄積を踏まえ、新旧の豪華キャストとともに記念公演を行う『ラ・マンチャの男』は、11月1日までソウル市内西部の新道林(シンドリム)に位置するD-CUBEアートセンターで上演される。


2015lamanchaposter【公演情報】
ミュージカル『ラ・マンチャの男(マン・オブ・ラ・マンチャ)』(맨오브라만차)
2015年7月30日~11月1日 D-CUBEアートセンター(新道林)

<出演>
セルバンテス/ドン・キホーテ役:リュ・ジョンハン、チョ・スンウ
アルドンザ役:チョン・ミド、リナ
サンチョ役:チョン・サンフン、キム・ホヨン
牢名主/旅館の主人役:ファン・マニク
カラスコ役:ペ・ジュンソン
神父役:チョ・ソンジ

プロデューサー:シン・チュンス/作曲:ミッチ・リー/作詞:ジョー・ダリオン/脚本:デール・ワッサーマン/演出・振付:デヴィッド・スワン
翻訳・作詞:イ・ジへ/音楽監督:キム・ムンジョン/制作スーパーバイザー:カ・ドゥヨン/舞台:ソ・スクジン/照明:イ・ウヒョン/音響:クォン・ドギョン/扮装:キム・ソンへ/特殊効果:ハ・ドンソン/衣装スーパーバイザー:チョ・ムンス/小道具スーパーバイザー:イム・ジョンスク/制作:イ・ウンヒ、チョ・ジョンマン/技術:キム・ミギョン/舞台監督:ノ・ビョンウ

写真提供:OD MUSICAL COMPANY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]人気作をバージョンアップして再演『ママ、ドント・クライ』メディアコール

[MUSICAL]人気作をバージョンアップして再演『ママ、ドント・クライ』メディアコール

 

madonk18

ドラキュラ伯爵(イ・ドンハ)とプロフェッサーV(ソン・ヨンジン)

若き天才物理学者とミステリアスなドラキュラ伯爵の出会いを描き、韓国の観劇マニアに大人気のミュージカル『ママ、ドント・クライ』が2年ぶりに再演。メディアコールが、3月12日、大学路のプティツェルシアターで行われた。

『ママ、ドント・クライ』は、ミュージカル『思春期』や『ミオ・フラテロ』などを生んだ、演出家キム・ウンギ&脚本家イ・ヒジュンコンビによって2010年に初演。ミュージシャンのホ・ギュらを主演に起用し、ロックをベースにしたポップなサウンドのライヴ型ミュージカルという新機軸を打ち出して人気を集めた。破格の天才的な頭脳を持っていたが、幼い頃から勉強ばかりで憧れの女性にも満足に想いを伝えられず、母親泣かせだったプロフェッサーVが、開発したタイムマシンで中世にタイムスリップしてドラキュラ伯爵に出会い、劇的なな変化を遂げる………少女マンガのようにファンタジックかつ2人の危うい関係性に魅了されたファンが続出、2013年の再演でも多数のリピーターが劇場に足繁く通っていた作品だ。

3度目の再演となる今回はコ・ヨンビン、ソン・ヨンジン、ホ・ギュら2013年キャストに加え、いまミュージカル界で注目を浴びる5人の新メンバーが加わり、各クワトロキャストでの上演となった。また、舞台デザインをミュージカル『太陽を抱く月』『ドラキュラ』などで注目されたオ・ピリョンが手掛け、視覚的にも新たな世界観を楽しめる作品にグレードアップしている。

madonk37

プロフェッサーV役(写真左から)ソ・ギョンス、キム・ホヨン、ホ・ギュ、ソン・ヨンジン

2013年公演にも出演したソン・ヨンジンは「ストーリーがかなり補完されたので、今回初めて見る方にも理解しやすくなりました。編曲も音楽監督さんがドラマに上手く合うようにしてくださったので、音楽的にもドラマ的にも成熟したものになっています」と自信を覗かせた。

madonk2

小劇場出演は8年ぶりのキム・ホヨン

『ラ・カージュ』などこれまで大劇場作品に多数出演してきたキム・ホヨンは久々の小劇場、しかも2人芝居は初めての挑戦となる。「この作品に魅力を感じるのは演劇的要素が多くて、プロフェッサーVの一人芝居と言っても過言ではないほど。大学路の作品に出るのは、2007年の『RENT』以来ですが、最近は大学路も市場が大きく変わったので、一度やってみたいと思いました」と小劇場作品の醍醐味を久しぶりに味わっているようだった。

キム・ホヨンと同じくプロフェッサーV役に初挑戦するソ・ギョンスはチームの末っ子でマスコット的存在。「出演者はみんな男ばかりじゃないですか? 僕は歯もよく磨かず、髪もよくとかさないようなタイプなんですけど、お互いに飾らない姿を見せるようになって、一日一日親しくなっています」と、彼らしいユニークな回答で笑わせた。

madonk38

ドラキュラ伯爵役(写真左から)コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ

一方、ドラキュラ伯爵役を再び演じるコ・ヨンビンは「ドラキュラが出てくる作品が、僕が知る限りはこの作品が初めてで、キャラクターの魅力にハマってくださった方が多いと思う。ドラキュラみたいなキャラクターは役作りを一人でやるのは大変ですが、今回は舞台装置や、プロフェッサーVがドラキュラの魅力を引き立ててくれるので、格好良く見えていると思います」と謙遜していたが、共演者たちに“非現実的”と言われているヴィジュアルで、今回もミステリアスなキャラクターを体現している。

madonk3

究極のヴィジュアルで圧倒的な存在感を醸し出すコ・ヨンビン

「ドラキュラ役に決まってから、映画やドラマなどヴァンパイアが出てくる作品をたくさん見た」というパク・ヨンスは4月から本作に合流する。「演じて楽しい役というよりも、歳をとることや生きるということを重荷に感じているキャラクターだと思いました。まだあと1カ月以上時間があるので、どういう心理なのか、もっと悩んで、舞台に反映できればと思います」と期待を持たせた。

同じくドラキュラ役のイ・ドンハは、昨年『大丈夫、愛だ』などドラマに多数出演し、1年ぶりに舞台復帰する。「ヨンジン兄さん、ホヨンなどこれまで共演した方が多くて、ギョンスは学校の後輩なんです。ホ・ギュ兄さんは僕の親しい友達の兄貴みたいな存在なので(笑)、みんなと演技の呼吸も合って、楽しくやっています」とプロフェッサーV役の4人との相性の良さを語っていた。

madonk6

ドラキュラ伯爵(コ・ヨンビン)とプロフェッサーV(ホ・ギュ)

madonk14

ドラキュラ伯爵(イ・チュンジュ)とプロフェッサーV(ソ・ギョンス)

プロフェッサーV役に再挑戦するにあたり「これまでもカルト的な役をやってきたので、今回もよく演じられそうだと思ったけど、簡単ではなかった」というソン・ヨンジンに対し、同役のオリジネイターでもあるホ・ギュは「以前の姿をキープするところはして、変えるところは変えようと思っています。幸いにもこの前に『グーテンベルグ』という作品でオーバーな演技をたくさんやったので、ちゃんと出来そうだと思っていたのにヨンジン兄さんが、簡単じゃないと言うので驚いたし、もっと練習しないといけないんだなと思いました。かなり内容も変わったので、オーバーな演技やマンガ的な部分のポイントをよく掴んで、頑張って準備したいです」とさすがの初代らしいコメント。するとソン・ヨンジンは「初演から演じているから、プロフェッサーVがホ・ギュ化しているんです。練習する様子を見ても、何も考えずに演じても出来ているんです」と、オリジナルキャストの力を実感したようだ。

プロフェッサーV、ドラキュラ伯爵それぞれに、同じ役でも衣装にも変化を加え、俳優たちが持つ個性を生かしてある本作。キャストによってキャラクターや作品の印象も大きく変わるだけに、リピート観劇して“顔合わせの妙”を楽しめる作品となりそうだ。

昨年上演した『ザ・デビル』や、ロックミュージカル『TRACE U』が好きな人にはおすすめしたい『ママ、ドント・クライ』は、5月31日まで上演、ホ・ギュ、パク・ヨンスは4月下旬から合流する。


15MDC-poster【公演情報】
ミュージカル『ママ、ドント・クライ』(마마, 돈크라이)
2015年3月10日~5月31日 プティツェルシアター

プロフェッサーV役:ソン・ヨンジン、ホ・ギュ、キム・ホヨン、ソ・ギョンス
ヴァンパイア役:コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ
演出:オ・ルピナ、脚本:イ・ヒジュン、作曲:パク・ジョンア、音楽監督:キム・ソンス、舞台デザイン:オ・ピリョン

⇒『ママ、ドント・クライ』フォトギャラリー

[PHOTO]ミュージカル『ママ、ドント・クライ』メディアコール

[PHOTO]ミュージカル『ママ、ドント・クライ』メディアコール

 

ミュージカル『ママ、ドント・クライ』プレスコール
2015年3月12日 プティツェルシアター

プロフェッサーV役:ソン・ヨンジン、ホ・ギュ、キム・ホヨン、ソ・ギョンス
ヴァンパイア役:コ・ヨンビン、パク・ヨンス、イ・ドンハ、イ・チュンジュ

madonk1 madonk2 madonk3 madonk4 madonk5 madonk6 madonk7 madonk8 madonk9 madonk10 madonk11 madonk12 madonk13 madonk14 madonk15 madonk16 madonk17 madonk18 madonk19 madonk20 madonk21 madonk22 madonk23 madonk24 madonk25 madonk26 madonk27 madonk28 madonk29 madonk30 madonk31 madonk32madonk35 madonk36madonk33 madonk34

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]韓国初演「プリシラ」豪華キャスト発表!

[MUSICAL]韓国初演「プリシラ」豪華キャスト発表!

 

poster7月にLGアートセンターで開幕するミュージカル「プリシラ」韓国版のキャストが発表された。

「プリシラ」は1994年公開のオーストラリア映画が原作。3人のドラァグクイーンが砂漠にあるリゾート地のショーに出演するため、バス“プリシラ号”をチャーターして3000キロの旅に出るロードムービーを2006年にミュージカル化したもの。500着を超えるきらびやかな衣装、8.5トンのLEDライトで埋め尽くされたバスなど、目にも楽しい衣装やセットに加え、「I Will Survive」をはじめとする世界的なヒット曲が続々登場するミュージカルナンバーまでも堪能できるエンターテインメント作品だ。

昨日名前を伏せて各キャストのイメージ写真のみが公開され、予想投票なども行われて盛り上がっていたが、韓国初演には、まさしく「プリシラ」のキャラクターにピッタリな面々が選ばれた。

bernadet

バーナデッド役(写真左から)コ・ヨンビン、チョ・ソンハ、キム・ダヒョン

映画ではイギリス映画界の個性派名優、テレンス・スタンプが演じたベテラン・ドラァグクイーンのバーデナット役には、チョ・ソンハ、コ・ヨンビン、キム・ダヒョン。なかでも、ドラマ「ワン家の家族たち」で注目を浴び、“花中年”と呼ばれて大人気のチョ・ソンハの出演はまさにサプライズ。もともとは演劇俳優だがミュージカルは初めて、しかもドラァグクイーン役ということで、かなりの話題を集めるのは必至だ。また、2012年に「ラ・カージュ」でゲイの夫婦を演じたコ・ヨンビンとキム・ダヒョンが今度はドラァグクイーンとしてどんな姿を舞台で披露してくれるか注目される。

Tick

ティック役(写真左から)イ・ジュグァン、マイケル・リー、イ・ジフン

次に、まだ見ぬ息子に会いたいがためにリゾート地のショーに出演しようと仲間2人を誘うティック(映画ではヒューゴ・ウィーヴィングが演じたミッチ)役には、マイケル・リー、イ・ジフン、イ・ジュグァン。以前「ヘドウィグ」に出演経験があるイ・ジュグァンを除いては、本格的な女装は初めてだそうだが、すでにイメージ写真でも驚異的な美しさを見せていて期待が高まっている。

adam

アダム役(写真左から)ユ・スンヨプ、チョ・グォン、キム・ホヨン

そして、人気ナンバーワンだが、トラブルメーカーの末っ子アダム(映画ではガイ・ピアースが演じたフェリシア)役を、2AMのチョ・グォン、キム・ホヨン、ユ・スンヨプが務める。2013年の「ジーザス・クライスト=スーパースター」で中世的なヘロデを熱演し、ミュージカル界に鳴り物入りで登場したチョ・グォン、「ラ・カージュ」の下女ジャコブ役で大活躍! 兵役除隊後の舞台復帰となるキム・ホヨン、そして昨年「ハイスクール・ミュージカル」でフェミニンなライアンを演じていたユ・スンヨプという、まさに“適役すぎる”3人が揃い、舞台を盛り上げてくれるに違いない。

others

ディーヴァ役のチンジュとボブ役のチャン・テウン

そのほか、故障したバスを修理して3人と行動を共にすることになるボブ役には「モンテクリスト」のダンクラール役のほか、「英雄」「ルドルフ」など大作に多数出演してきたミュージカル俳優チャン・テウン。劇中で空中をフライングしながらドラァグクイーンたちとパフォーマンスを繰り広げる“ディーヴァ”役を、劇中のナンバー「I Will Survive」をレパートリーにもち、圧倒的な歌唱力で歌い上げる歌手のチンジュが演じる。

個性豊かな豪華キャストが揃い、この夏の人気を独占しそうな「プリシラ」は7月8日からLGアートセンターで開幕。

■公演情報■

ミュージカル「プリシラ」  ⇒公式サイト
7月8日~9月28日 LGアートセンター
チケットは、インターパーク、YES24、オークションチケット、チケットリンクなどで5月22日(木)午後2時より発売。