キム・ハクソン

[PLAY]三谷幸喜原作『笑の大学』韓国版 2年ぶりの帰還!

[PLAY]三谷幸喜原作『笑の大学』韓国版 2年ぶりの帰還!

 

warai1

(上段左から)検閲官役のソ・ヒョンチョルとナム・ソンジン(下段左から)作家役のパク・ソンフンとイ・シフン

三谷幸喜の代表作のひとつである『笑の大学』が2年ぶりに大学路(テハンノ)の劇場に帰ってくる。

三谷幸喜が1994年に発表したラジオドラマをもとに1996年に初演した『笑の大学』は、太平洋戦争を目前にした昭和15年が舞台。娯楽を規制するために警視庁の検閲官が、劇団「笑いの大学」の座付作家を呼び寄せ、台本の書き換えを命じるやりとりを描いたコメディだ。笑いを排除しようとする検閲官と、修正の要望に応じながらも独自の笑いを盛り込もうとする作家の神経戦のなかで、当初は相容れなかった二人の間に徐々に友情のようなものが生まれていく巧妙なプロットは、日本のみならず海外でも支持され、ロシア、カナダ、イギリスなどでも上演されている。

韓国では2008年に初演。検閲官役にソン・ヨンチャン、作家役にファン・ジョンミンという豪華キャストで上演され、完売日続出の大ヒットとなった。以降も演劇のみならず、映画界でも活躍する実力派が出演して再演を重ねてきたが、2年ぶりの上演となる今回も、演技派俳優をそろえている。

一見すると厳格で融通が利かない人物に見えるが、お茶目な一面ももつ検閲官役には、ミュージカル『あの日々』に初演から出演。今年MBCのバラエティ番組「ラジオスター」で究極の話術を披露し、お茶の間を席巻したコメディキング、ソ・ヒョンチョル。そして演劇『イワノフ』『ハムレット』などへの出演や『広開土大王』『大祚榮(テジョヨン)』などの人気時代劇で硬派な演技を見せてきたナム・ソンジンが演じる。なお、ソ・ヒョンチョルは『笑の大学』『君となら』『酒と涙とジキルとハイド』と、韓国で上演された演劇3作品すべてに出演し、韓国で観劇した三谷が太鼓判を押すほど、三谷作品には欠かせない俳優だ。

一方、不眠不休で脚本を修正しながら、芝居を上演するために検閲官を懐柔しようと苦心する作家役にはテレビドラマでも活躍するイケメンながら、『ヒストリーボーイズ』『プライド』『模範生たち』などの秀作演劇に出演を続けているパク・ソンフン。そして『酒と涙とジキルとハイド』『君となら』への出演に続き、今回でソ・ヒョンチョルと並び三谷作品をコンプリートすることになるイ・シフンが演じる。

硬軟演じ分けられる実力派俳優たちとともに、さらに熟成された再演を見せてくれそうな『笑の大学』は、11月6日から大学路芸術マダン1館で上演される。


waraiposter【公演情報】
演劇『笑の大学』(웃음의 대학)
2015年11月6日~2016年1月24日 大学路芸術マダン1館

<出演>
●検閲官役:ソ・ヒョンチョル、ナム・ソンジン
●作家役:パク・ソンフン、イ・シフン

原作:三谷幸喜/演出:チョン・テヨン

写真提供:マーケティングカンパニーアッチム ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]オリジナルキャストは最後の出演! 演劇『青い日に』5回目の再演

[PLAY]オリジナルキャストは最後の出演! 演劇『青い日に』5回目の再演

 

1연극 푸르른날에_엔딩1

南山芸術センターとシンシカンパニーが共同制作する演劇『青い日に』が今年も再演される。2011年の初演時には、作品性と俳優たちの名演が評判となり、全席完売を記録。韓国の近代史を語るには欠かせない、5.18民主化運動(5·18 민주화운동 光州事件)を背景にた作品ということもあり、毎年この時期に再演してきた秀作だ。

2연극 푸르른날에_민호와 진호

若き日のミンホを演じるイ・ミョンヘンと、実弟ジノ役のチョン・スンギル

5연극 푸르른날에_여산과 정혜

ヨサン役のキム・ハクソンと、ジョンへ役のチョン・ジェウン

21世紀型新派劇とと謳う本作は、劇団「プレイファクトリー魔方陣」を率いる期待の若手演出家コ・ソンウンが、光州事件により人生を大きく変えられてしまった登場人物たちの過去から30余年にわたる現在までを、淡々と描き出す。遁世して僧侶ヨサンとなった初老のミンホと再会した元恋人ジョンへの会話は、客席から笑いも漏れるようなコミカルなセリフも多い。その一方で、やはり光州事件の描写は緊迫感に溢れていて、事件の拭いがたい傷の深さを物語る。なかでもイ・ミョンヘン演じるミンホが、公安から水攻めの拷問を受けるシーンは、固唾をのむようなすさまじい演技で役者魂を見せてくれる本作のハイライトシーンだ。

観客の厚い支持を得て、もはや春の風物詩のように5年連続で再演してきた本作だが、キム・ハクソン、チョン・ジェウン、イ・ミョンヘンなどの初演からのオリジナルキャストは今回が最後の出演となる。韓国で“名品”と言われる演技を見せられる実力派俳優が集っているだけに、韓国演劇に興味をもつ人はぜひ見ておいてほしい作品だ。

『青い日に』は、繁華街明洞からもほど近い南山芸術センターで4月29日から5月31日までの約1カ月間上演される。

3연극 푸르른날에_광주 시민군

光州事件の様子も舞台で再現

2015 연극 푸르른날에_포스터【公演情報】
演劇『青い日に』(부르른 날에)
4月29日~5月31日 南山芸術センター ドラマセンター

出演:キム・ハクソン、チョン・ジェウン、チョン・スンギル、イ・ヨンソク、ホサン、イ・ミョンヘン、チョ・ヨンギュ、チョ・ユミ、チェ・ユンソ、イ・ジョンフン、キム・ミョンギほか

<ストーリー>30数年前、光州市の大学生だったミンホは、恋人ジョンへの弟キジュンを実の弟のように可愛がっていた。5月18日、光州事件が勃発。ミンホとジョンへは互いに所在が分からなくなってしまい、盗聴をしていたミンホとギジュンは明暗を分ける結果となる。やがて拘束されたミンホはすさまじい拷問を受けて精神を病み、遁世を望み仏門に入った。一方のジョンへは妊娠していたミンホの子を産み、ムンファと名付けた娘を立派に育てる。あれから30年後、ヨサンという僧侶になっていたミンホは、娘ムンファの結婚話を聞かされるが……。

※チケットはインターパーク、南山芸術センターホームページなどで発売中。

写真提供:シンシカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。