キム・テフン

[PLAY]劇団メンシアター新作『デビル・インサイド』7月上演!

[PLAY]劇団メンシアター新作『デビル・インサイド』7月上演!

 

davilinside2

(写真上段左から)キム・テフン、ウ・ヒョンジュ、パク・ホサン (同中段左から)チョン・スヨン、イ・チャンフン、グ・ドギュン (同下段)イ・ウン

『ディナー』『SOME GIRL(S)』『隠密な喜び』など、優れた海外戯曲を韓国に初めて紹介し、『ターミナル』『フフフ、ヒヒヒ』などオリジナル作品でも洗練された舞台を披露して、常に観劇ファンに厚い支持を得ている劇団メンシアターが、新作『デビル・インサイド』を7月に上演する。

『デビル・インサイド』の原作者、アメリカの劇作家デヴィッド・リンゼイ=アベアーは、ブロードウェイでいま注目を浴びる劇作家の一人。2006年発表の『ラビット・ホール』でピューリッツァー賞を受賞しており、同戯曲は『ヘドウィグ』で知られるジョン・キャメロン・ミッチェルが監督し、ニコール・キッドマン主演で2010年に映画化されている。

アベアーが1997年に発表した処女作である『デビル・インサイド』は、母子家庭で育ったジンが主人公。誕生日を迎え、成人となった朝に、母親から突然14年前に登山中に心臓麻痺で死んだと聞かされていた父が、実は他殺だったと明かされる。さらに犯人を捜して復讐しろと命じられ、困ってしまうジン。彼は復讐よりも大学でロシア文学の講義を一緒に受けているケイトリンに夢中。しかし、ケイトリンは講義をするカール教授が好きで……と、ジンから派生した奇妙な人間関係のなかで、ある日予期せぬ事故が起こり、復讐の連鎖となっていく。サブタイトルに“誰もが心の奥底に悪魔のひとつくらいは持っている”とついているように、人間の心の闇をユニークな方式で暴き出すブラックコメディだ。

青年ジン役には、独特の間合いととぼけたキャラクターで『ターミナル』『フフフ、ヒヒヒ』など、近年のメンシアター作品には欠かせない存在となりつつあるイ・チャンフン。そしてジンに復讐をけしかける母スレイター夫人役には劇団代表のウ・ヒョンジュ。ジンが片思いするケイトリン役には、『ターミナル』などで、イ・チャンフンとの絶妙な相性を見せてきたイ・ウン。ケイトリンが執着するカール教授役は、『桜の園』『14人(in)チェーホフ』『ターミナル』などのメンシアター作品に客演してきたキム・テフンと、ミュージカル『イン・ザ・ハイツ』『ラブレター』『氷』『デストラップ』と舞台シーンで精力的に活動し、メンシアター作品にも多数出演しているパク・ホサンがWキャストで演じる。
そのほか、彼らの複雑な人間関係に絡んでくるキャラクターとして、ミステリアスなアーティスト、リリー役に『M.Butterfly』に出演していたチョン・スヨン、常に「違う何か」を求めている平凡な男、ブラック役は『望ましい青少年』や鄭義信演出『歌うシャイロック』などで、抜群のコメディセンスを見せていたグ・ドギュンが演じる。

演出は、韓国演劇界で由緒ある「イ・へラン演劇賞』を今年受賞したキム・グァンポ。彼は2015年にメンシアターが上演した『フローズン』の演出も手掛け、全公演が完売する大ヒット作に導いている。

韓国の舞台シーンでは一目置かれている演出家と俳優たちが揃い、期待がふくらむ『デビル・インサイド』は7月8日から、大学路アートワンシアター2館で開幕する。


davilinsideposter【公演情報】
演劇『デビル・インサイド』(데블 인사이드/A Devil Inside)
2016年7月8日(金)~7月31日(日) 大学路アートワンシアター2館

<出演>
キム・テフン、パク・ホサン、ウ・ヒョンジュ、チョン・スヨン、グ・ドギュン、イ・チャンフン、イ・ウン

原作:デヴィッド・リンゼイ=アベアー(David Lindsay-abaire) 演出:キム・グァンポ

写真提供:劇団メンシアター ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]アップグレードして帰ってきた『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』6月6日開幕!

[MUSICAL]アップグレードして帰ってきた『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』6月6日開幕!

 

goch1今年で死後125年。世界中でその名を知らない者はいないほど、独特の作風で美術史に偉業を刻む“炎の画家”ゴッホの劇的な半生をミュージカルにした『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』の再演が6月6日に開幕する。

goch4ゴッホの画業を支えた弟テオとの700通にもわたる書簡をベースに、名画の誕生秘話も織り交ぜながら画家として最も活発に活動した晩年の10年間を描く2人芝居のミュージカル。何と言っても凄いのはゴッホの絵の世界に飛び込んだような臨場感あふれるプロジェクションマッピングを駆使した演出だ。近年、映像やCGを駆使した作品は増えているものの、背景から絵画まで、そのほとんどを映像で表現しているのは、本作ならではの特長。今年の再演では、昨年にはなかった新たな名画の映像も登場するという。

goch5またKBSの人気音楽番組「ユ・ヒヨルのスケッチブック」でMCをつとめている人気ミュージシャン、ユ・ヒヨルが「尊敬するミュージシャンの一人」と公言している女性シンガーソングライターのソヌ・ジョンアが創り出した、独特メロディーをもつスコアにも注目だ。作曲家としてのみならず音楽監督も兼任している彼女は、新たに「To.ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」というナンバーを追加して、音楽面でもバージョンアップを図っている。

goch2

(写真左から)ゴッホ役のキム・ギョンス、キム・ボガン、チョ・ヒョンギュン

さらに今年はゴッホ、テオともにトリプルキャストとなり、2人の顔合わせの妙を堪能する楽しみが増えたことも話題だ。なかでもゴッホ役のキム・ギョンスとチョ・ヒョンギュン、テオ役のソ・スンウォンと今回初出演するニューキャストがどのようにキャラクターを演じこなすか、注目されている。

goch3

(写真左から)テオ役のキム・テフン、パク・ユドク、ソ・スンウォン

ゴッホの波瀾の半生のなかで、弟テオとの厚い兄弟の絆が感動を呼ぶ『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』は8月2日まで、忠武アートホール 中劇場ブラックで上演される。

goch6goch7


 

gochposter【公演情報】
ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』
2015年6月6日~8月2日 忠武アートホール 中劇場ブラック

出演:ゴッホ役=キム・ボガン、キム・ギョンス、チョ・ヒョンギュン
テオ役=キム・テフン、パク・ユドク、ソ・スンウォン

演出:キム・ギュジョン/脚本:チェ・ユソン/作曲・音楽監督:ソヌ・ジョンア

写真提供:HJ カルチャー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

<ティーザー映像>

[MUSICAL]炎の画家の生涯をミュージカルに…『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』6月再演!

[MUSICAL]炎の画家の生涯をミュージカルに…『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』6月再演!

 

goph『サリエリ』『ファリネッリ』など、歴史に名を残す人物を主人公にしたクラシカルな作品を次々と生み出し、注目を浴びているカンパニー、HJカルチャーが、韓国ミュージカルシーンにその名を知らしめることになったミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』の再演を発表、キャストが公開された。

『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』は、2013年末に「コンサート・フォー・ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』」というお披露目コンサートを実施し、2014年2月に初演した。炎の画家ゴッホを支え続けた弟テオと交わした700通におよぶ書簡をベースに、数々の名画にまつわるエピソードも交えて2人劇の小劇場ミュージカルに創り上げた作品だ。舞台セットは至ってシンプルだが、プロジェクションマッピングを駆使して、まるでゴッホの絵の世界に飛び込んだような臨場感を味わえる、斬新な演出が話題となっていた。

今回の再演ではゴッホ役を初演から引き続き出演するキム・ボガンと、『グルーミーデイ(死の賛美)』『スルー・ザ・ドア』など、人気ミュージカルへの出演が続くキム・ギョンス。そして昨年『サリエリ』で魅惑的なジェラス役が話題となり、人気沸騰中のチョ・ヒョンギュンが演じる。

一方、弟テオ役には初演から同役を演じているキム・テフンを筆頭に、『マイ・バケット・リスト』の好演が話題となっているパク・ユドク、『RENT』『ゴースト』『皇太子ルドルフ』『三銃士』などの大型ミュージカルに多数出演してきたソ・スンウォンが挑む。

新キャストが増え、初演キャストと新たなケミストリーを生み出しそうな『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』は、6月6日から忠武アートホール中劇場ブラックで上演される。


【公演情報】
ミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』
2015年6月6日~8月2日 忠武アートホール 中劇場ブラック

出演:ゴッホ役=キム・ボガン、キム・ギョンス、チョ・ヒョンギュン
テオ役=キム・テフン、パク・ユドク、ソ・スンウォン

写真提供:HJ カルチャー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。