キム・ソニョン

[MUSICAL]キム・ソニョン、チェ・ミンチョル、ホン・グァンホ所属 PL Entertainment 公式サイトオープン!

[MUSICAL]キム・ソニョン、チェ・ミンチョル、ホン・グァンホ所属 PL Entertainment 公式サイトオープン!

 

pletop1

PL Entertainment 公式サイト トップページより

韓国ミュージカル界のトップスターが名を連ねる所属事務所「PL Entertainment」が、公式サイト http://plent.co.kr/をついにオープンした。

『エリザベート』『ウィキッド』の主演をはじめ、韓国ミュージカル界の女王と呼ばれているキム・ソニョンを筆頭に、現在、同社には8名の俳優が所属。確かな演技力と高い歌唱力に裏打ちされた俳優たちは、韓国の大型ミュージカルには欠かせない名優ばかりだ。
チェ・ミンチョルは現在上演中の『エリザベート』ではルキーニ役を熱演、tvNドラマ「ああ、私の幽霊さま」にも出演中。ユン・ゴンジュは大型創作ミュージカル『アリラン』で時代に翻弄されるヒロインを好演中だ。そして、昨年は英国ウエストエンドで『ミス・サイゴン』のトゥイ役を務め、凱旋帰国後には先日千秋楽を迎えた『デスノート』で夜神月(やがみらいと)を演じたホン・グァンホ。今年は『エリザベート』でタイトルロールを演じ、今秋からは再び『レ・ミゼラブル』でファンテーヌ役に挑むチョ・ジョンウン。同じく『レ・ミゼラブル』で2年前にはアンジョルラスを演じていたキム・ウヒョンは、今年ジャベール役にスイッチして新たな姿を披露する。そして、昨年『皇太子ルドルフ』でマリー役を演じていたチェ・ヒョンジュは、ルドルフ役のアン・ジェウクとロマンスのすえ、6月に結婚して大きな話題を呼んだ。最後に、漢陽大学舞踊科出身のチョン・ソンギは、数々の大型ミュージカルにアンサンブルとして出演。今年はキム・ソニョンのソロコンサートでバックダンサーを務めたほか、日本で上演された『ON AIR 夜間飛行』にも出演経験をもつ新人俳優だ。

公式サイトでは、各俳優のプロフィールが一覧できるほか、写真や動画などのアーカイブも充実しており、昔からのファンも、彼らの新しいファンもさまざまなコンテンツを楽しめるようになっている。

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]韓国ミュージカル界の女王キム・ソニョン フィソン、ペチギら豪華ゲストを迎えてソロコンサートを開催!

[MUSICAL]韓国ミュージカル界の女王キム・ソニョン フィソン、ペチギら豪華ゲストを迎えてソロコンサートを開催!

 

kimsonyon1『ラ・マンチャの男』『ウィキッド』など韓国ミュージカル界でトップ女優として走り続けているキム・ソニョンが、5月4日、5日に開催するソロコンサートを控え、豪華なゲストを公開した。

まず5月4日(月)には、歌手フィソンとミュージカル俳優チョ・ジョンウンが登場する。2002年にデビューし、多数のヒット曲をもつフィソンは、昨年『ZORRO(ゾロ)』で初めてミュージカルに挑戦して活動の幅を広げている。韓国屈指のバラード歌手と、女王の競演に期待が高まる。そしてもう一人のゲスト、チョ・ジョンウンはキム・ソニョンと大の親友同士。4月上旬にソウル公演を終えた『ジキル&ハイド』にジキル博士の婚約者エマ役で出演し、今後は地方公演を控えている。パワフルかつ切ない声をもつ2人のハーモニーに要注目だ。
そして5月5日(火)にはヒップホップデュオのペチギと、ミュージカル俳優キム・ウヒョンが出演する。ペチギとキム・ソニョンの破格のコラボは話題の的になることは必至だ。また、『レ・ミゼラブル』『ゴースト』などの話題作に主演してきたキム・ウヒョンは、実生活ではキム・ソニョンの夫であり、ミュージカル界きってのおしどり夫婦として知られているだけに、2人の甘いデュエットが見られそうだ。

kimsonyon2

「バラダ」ジャケット写真

キム・ソニョンはこのコンサートを控えて、4月8日にキャリア初となるデジタルシングル「バラダ(바라다)」を発表している。彼女自身が作詞を手掛け、2PM、Jun K、GOT7、ナビ、キム・ヨヌなどの曲を手掛けているアーティスト、ルル(를 lol)が作曲を担当した。「あらゆる人にこの歌が力になれば」との思いを込めて歌ったというだけあって、しっとりと心に染み入る大人のバラードになっている。
「バラダ」の音源は、現在、韓国の各音楽ポータルサイトで試聴、ダウンロード購入が可能だ。

kimsonyon3また、4月3日には農林畜産食品部(日本の農林水産省に相当)主催による「2015国家ブランド大賞(National Brand Awards)」で、功績賞を受賞している。長年第一線で活動し、韓国ミュージカルを文化コンテンツとして発展させたことを認められての受賞とあって、改めて“女王”の偉大さを知らしめることとなった。

ソロコンサートは6年ぶりということもあり、これまでの集大成と、未来へ向けての新たな姿も見せてくれそうなキム・ソニョン。「THE QUEEN’S LOVE LETTER」はLGアートセンターで2日間行われる。


【公演情報】
キム・ソニョン ソロコンサート『THE QUEEN’S LOVE LETTER』
2015年5月4日(月)8時、5日(火)5時 LGアートセンター

出演:キム・ソニョン
ゲスト:4日(月)フィソン、チョ・ジョンウン/5日(火)ペチギ、キム・ウヒョン

チケットはインターパークで発売中

写真提供:PLエンターテイメント ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『マリー・アントワネット』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『マリー・アントワネット』プレスコール

 

10月31日 シャーロッテシアター

出演:オク・ジュヒョン、キム・ソニョン、ユン・ゴンジュ、チャ・ジヨン、ユン・ヒョンリョル、KAI、チョン・ドンソク、ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン、イ・フンジン、イム・ガンヒ、パク・ソヌ、ムン・ソンヒョク、キム・ヨンジュほか

演出:ロバート・ヨハンソン 作曲:ミハイル・クンツェ 脚本・作詞:シルヴェスター・リーヴァイ

DSC_0039 DSC_0049 DSC_0070 DSC_0079 DSC_0083 DSC_0110 DSC_0132 DSC_0155 DSC_0173 DSC_0176 DSC_0193 DSC_0265 DSC_0329 DSC_0309 DSC_0345 DSC_0335 DSC_0381 DSC_0392 DSC_0425

DSC_0565DSC_0570DSC_0528DSC_0541

DSC_0522 DSC_0515 DSC_0502 DSC_0494 DSC_0484

[MUSICAL]「ウィキッド」新エルファバ役にキム・ソニョン!

[MUSICAL]「ウィキッド」新エルファバ役にキム・ソニョン!

 

새로운엘파바_김선영

新エルファバ役キム・ソニョン 写真提供:ソル&カンパニー

昨年11月に開幕し、すでに10万観客動員を突破して大ヒット上演中のミュージカル「ウィキッド(위키드)」。

ヒロインのエルファバ役は「エリザベート」「皇太子ルドルフ」のオク・チュヒョンと映画『冬の王国(邦題は『アナと雪の女王』)韓国版でも注目を浴びるパク・ヘナのWキャストでこれまで公演を牽引してきた。

5月上旬に降板するオク・チュヒョンに代わる、新エルファバ役としてキム・ソニョンが投入されることが10日発表された。キム・ソニョンは、オーディションの段階で当初からエルファバ役にキャスティングされていたそうだが、公演開始から約半年で電撃発表。韓国版「ウィキッド」に新たな息吹を吹き込む、ビッグサプライズが用意されていたわけだ。

「ラ・マンチャの男」「スカーレット・ピンパーネル」「エリザベート」など名だたる大作で主演を張ってきたキム・ソニョンだけに、吸引力のある魅力的な“緑の魔女”を見せてくれるに違いない。

 

公演情報:「ウィキッド」 ⇒公式サイト

11月22日~オープンラン シャルロッテシアター

出演:オク・チュヒョン、パク・ヘナ、キム・ソニョン(5月より)、チョン・ソナ、キム・ボギョン、イ・ジフン、チョ・サンウン、ナム・ギョンジュ、キム・ヨンジュほか

チケットはインターパークYes24CJ E&Mチケット などで発売中。

”オクファバ”ことオク・チュヒョンのエルファバを見られるのは4月まで! 写真提供:ソル&カンパニー

”オクファバ”ことオク・チュヒョンのエルファバを見られるのは4月まで!
写真提供:ソル&カンパニー