エリザベート

[コラム]EMKの新作創作ミュージカル『ベートーヴェン』がついに動き出す!

[コラム]EMKの新作創作ミュージカル『ベートーヴェン』がついに動き出す!

 

韓国ミュージカル『ベートーヴェン』オーディション告知(EMKミュージカルカンパニー公式インスタグラム より)

EMKミュージカルカンパニー(以下EMK)が『マタ・ハリ』『笑う男』『エクスカリバー』に次いで制作する4作目のオリジナル作品『ベートーヴェン(베토벤)』のオーディション告知が公式SNSに公開されました。
『モーツァルト!』『エリザベート』『レベッカ』『マリー・アントワネット』など、日本で先行して上演後、韓国に上陸し多くのミュージカルファンに賞賛された名作を生んだクリエイターコンビ、ミヒャエル・クンツェ(脚本)&クリストファー・リーヴァイ(作曲)の新作です。

SNSではオーディション実施内容に加え、上演日程や登場するキャラクター名も公開。
2023年1月13日~3月26日(予定)芸術の殿堂オペラ劇場で世界初演となります。
5月中に主要キャスト、子役、アンサンブルを公募~選定し、11月から稽古を開始予定とのこと。

韓国ミュージカル『ベートーヴェン』オーディション募集キャラクター(EMKミュージカルカンパニー公式インスタグラム より)

オーディションで募集されているキャラクターは以下のとおり。

●ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 루드비히 반 베토벤
●アントニー・ブレンターノ(慈善家/不滅の恋人?)안토니 브렌타노
●ベッティーナ・ブレンターノ(作家/フランツの妹)베티나 브렌타노
●フランツ・ブレンターノ(哲学者/アントニーの夫)프란츠 브렌타노
●カスパール・ヴァン・ベートーヴェン(ルードヴィヒの弟)카스파 반 베토벤
●バプティスト・ピチョク(?)밥티스트 피초크
●フェルディナンド・キンスキー侯爵(貴族/パトロン)페르디난드 킨스키 군주
●ヨハンナ・ライス(カスパールの妻)요한나 리이스
●フランツ・グリルパルツァー(劇作家)프란츠 그릴파르처
●シュミット教授(主治医)슈미트 교수
●ユリア(?)율리아
●ダンサー 음악의 혼령들(音楽の霊魂たち)
●子役 토니의 이이(トニーの子供)

※(かっこ)内はベートーヴェンを中心とした人間関係を調べてみました。(?)の部分がどんな人か分かる方、いらっしゃいましたら教えてください。

2019年にクンツェ&リーヴァイ両氏をゲストに行われた記者会見では、当初2021年にワールドプレミア予定とのことでしたが、コロナ禍の影響もあり2023年にずれ込んだ模様。
クンツェさんがベートーヴェンを「30代半ば、社会に適応できない抵抗家」として描くと発言しておりベートーヴェンの全盛期を中心に、『モーツァルト!』のごとく天才芸術家の苦悩と葛藤が描かれる作品になりそうです。

2019年当時の韓国メディアの記者会見記事(ブリッジ経済)は⇒こちら

また、ベートーヴェンが42歳のときに書いたとされる手紙のなかで“不滅の恋人”と呼んでいた相手は誰か? という謎は、舞台や映画にもなるほど有名なエピソード。“不滅の恋人”には諸説あるそうですが、このキャスト順からアントニー・ブレンターノと設定したことになります。ベートーヴェンとアントニーが知り合った当時、アントニーはすでに結婚していたそうですから、果たしてどんな展開となるのやら? 韓国ではエンタメ作品で不倫を大々的に取り上げると否定的に見られる傾向にあるので、さじ加減をうまくやらないといけませんね。

ベートーヴェンをはじめ各キャストを誰が演じることになるのか? 演出家やスタッフはどんな顔ぶれが? と興味は尽きません。ダンサーには「音楽の霊魂たち」と注釈が書かれ、アクロバティックや武術ができる人を募集しているので、『エリザベート』におけるトートダンサーズのようなキャラが出るのかも?

そして本作もまた過去のEMK創作作品と同様に、追って日本版が上演されることになると思います。

【5月16日追記】

プレスリリースが公開され、作品の概要が分かってきました。

ベートーヴェンは「厳格な道徳性と名誉を重視するが、慣習にこだわらない自由なアーティスト」として描くそうです。

そのほか、作品についての重要な説明が2点ありました。
①「楽聖としての姿だけではなく、時代を生きていく一人の青年である彼が内面の自我を訪ねていく過程を重点的に描く予定」
②「クラシック音楽の巨匠ベートーベンが誕生させた不朽の名曲を変奏または借用し、人間が持つ感情、本質、核心を表現する」

やはり『モーツァルト!』的な描き方になりそうですね。

ちなみに韓国では『ルドウィグ:ベートーヴェン・ザ・ピアノ(루드윅: 베토벤 더 피아노)』という小劇場創作ミュージカルが2018年から上演されています。
ベートーヴェンが見知らぬ女性マリーに息子ヴァルターへピアノを教えて欲しいと頼まれ、幼きヴァルターに自身の人生を投影するというフィクションですが、ベートーヴェンが晩年、弟カスパールの息子の後見人となり溺愛していたという史実をベースにしているようです。
この作品は2022年5月末まで上演中のEMK初の小劇場創作ミュージカル『フリーダ(프리다)』(⇒トレイラー映像)のチュ・ジョンファ作・演出&ホ・スヒョン音楽監督コンビの作品です。なかなか面白い作品だったので、再演された際にはこちらもチェックしてみてください。

●『ルドウィグ:ベートーヴェン・ザ・ピアノ』初演時プレスコール映像(約40分/聯合ニュース公式YouTubeチャンネルより)

文:さいきいずみ(韓劇.com)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『笑う男』『エクスカリバー』パク・ガンヒョン、初のソロコンサートを11月開催

[MUSICAL]『笑う男』『エクスカリバー』パク・ガンヒョン、初のソロコンサートを11月開催

 

『笑う男』のグウィンプレン、『エリザベート』のルキーニ、『エクスカリバー』のランスロットと、近年大ヒットミュージカルのメインキャストとして名を連ねているパク・ガンヒョンが、初のソロコンサートを11月に開催する。

2015年に大学路の小劇場作品『ライアータイム』からミュージカル俳優としての活動をスタート。『ベア:ザ・ミュージカル』『イーヴル・デッド』に主演して注目を集め、当時“リトル チョ・スンウ”との異名がつくほど、新人ながら安定した演技力と歌唱力を誇っていたパク・ガンヒョン。以降は『光化門恋歌』『キンキーブーツ』と徐々に大劇場作品で主演を務めるようになり、2018年初演の『笑う男』では、主人公グウィンプレンとして、難易度の高いフランク・ワイルドホーン作曲のナンバーを完璧に歌いこなして一気に評価を上げた。それからはEMKミュージカルカンパニー制作作品の常連俳優となり、現在も『マリー・アントワネット』でフェルゼン役を好演中だ。着実にキャリアップを重ねてきた彼が、今回のコンサートでは、学生時代からデビュー後まで、彼に影響を与えてきた楽曲を選曲し、彼ならではの音楽世界を垣間見ることができる内容になるという。

「メロディ・イン・ブルー」(ME-lody in blue)と題されたコンサートは、『ジキル&ハイド』『フランケンシュタイン』などで舞台監督を務めるイ・ユウォンが総括演出を担当。『ランボー』『ニジンスキー』『HOPE』などを手掛けたシン・ウンギョンが音楽監督を務める。約2時間の公演を14人編成のオーケストラとともに作り上げ、観客の耳と心をガッチリと掴む予定だ。

先日『笑う男』のフィルムコンサートで初来日公演を行い、日本のミュージカルファンにもさらに知名度を上げたパク・ガンヒョンのソロコンサートは、11月26日、27日の2日間、ブルースクエア アイマーケットホールで開催。チケットは10月22日(火)午後2時からインターパーク単独で販売される。


【公演情報】
パク・ガンヒョン コンサート「メロディ・イン・ブルー」
2019年11月26日(火)、27日(水) ブルースクエア アイマーケットホール

<出演>

パク・ガンヒョン

演出:イ・ユウォン/音楽監督:シン・ウンギョン

写真提供:THE PRO ACTORS

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[コラム]2018年韓国舞台読者アンケート結果発表

[コラム]2018年韓国舞台読者アンケート結果発表

 

1月末に公開しました「2018年韓国ミュージカル/演劇の見どころは?」という記事のなかでお願いした読者アンケートを集計しました。回答にご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。
いま韓国の舞台に興味をお持ちの方が、注目されている作品や俳優を知ることができて、とても興味深い結果となりました。


3年ぶりの再演は11月、ブルースクエア インターパークホールで上演 ©EMKミュージカルカンパニー

【2018年に見たい韓国ミュージカルは?】
2018년에 보고 싶은 한국 뮤지컬은?

1位『エリザベート』(엘리자벳)
2位『フランケンシュタイン』(프랑켄슈타인)
3位『ファントム』(팬텀)
4位『ジキル&ハイド』(지킬 앤 하이드)
5位『ドクトル・ジバゴ』(닥터 지바고)

見事、過去にヒットした大型ミュージカルの再演作品が並びました。なかでも『エリザベート』はぶっちぎりの1位です。アンケートには3作品記入可能なように設定していましたが、『エリザベート』は項目①②へ優先的にご記入いただいた方が多かったです。2位の『フランケンシュタイン』は韓国創作(オリジナル)作品のなかでは他を圧倒。ほか項目①にご記入が多かったのが『三銃士 10周年記念公演』でした。上位作品は日本版が上演されているものも多く、既にストーリー等を理解していて、安心して観られる作品を好まれる印象を受けました。
一方、日ごろ創作ミュージカルや小劇場作品まで幅広くご覧になっているんだろうな、という印象を受けた回答を下さった方は全体の1割程度だったのは少々残念でした。

ちなみに公演情報サイトPlay DBの調査では、新作は『笑う男』『マチルダ』、再演作は『フランケンシュタイン』『バンジージャンプする』という結果が。

公演情報サイトStage Talkの調査では新作『マチルダ』『レッド・ブック』、再演作では『フランケンシュタイン』『ストーリー・オブ・マイライフ』と、韓国では日本の観客とは作品の嗜好が若干異なる結果となっています。


モーツァルト役はチョ・ジョンソク、キム・ジェウク、キム・ソンギュ(INFINITE)とトリプルキャストとなった『アマデウス』はチケット争奪戦必至の話題作。©Page 1

【2018年に見たい演劇は?】2018년에 보고 싶은 한국 연극은?
1位『アマデウス』(아마데우스)
2位『ネヴァー・ザ・シナー』(네버 더 시너)
3位『リチャード三世』(리처드 3세)
4位『ミザリー』(미저리)
5位『Bea』(비)

演劇は『アマデウス』ほぼ一択という結果に。有名キャストが名を連ねるだけに、改めて人気を実感しました。ミュージカルの欄に『アマデウス』と書かれていた方が多かったのですが(今回は演劇として集計しました)、歌を歌うかどうかよりも作品を(俳優を)とにかく見たい、というお気持ちの現れかと思いました。また、ミュージカルにはたくさんのタイトルをご記入いただいている方が、演劇で見たいものは「ない」もしくは無回答の方もかなりいらっしゃいました。
日本国内だとミュージカルよりも演劇ファンのほうが幅広くいらっしゃる印象があるのですが、やはり言葉の問題か……韓国で演劇までご覧になるのはハードルが高いようです。演劇のほうがチケットも安いし、多様な作品が見られると思うんですけどねぇ。。。

公演情報サイトのPlay DBStage Talkも共に、人気作家東野圭吾原作で、朗読公演も好評だった『ナミヤ雑貨店の奇跡』が期待作1位となっています。再演作ではStage Talkの調査で『カポネ・トリロジー』が1位となっています。


日本の観客にはダントツの1位を誇ったパク・ウンテさん主演の『ドクトル・ジバゴ』は2月27日よりシャーロッテシアターで開幕。©ODカンパニー

【好きな韓国舞台俳優は?】좋아하는 한국 배우는?
1位:パク・ウンテ(박은태)
2位:ホン・グァンホ(홍광호)
3位:オク・ジュヒョン(옥주현)
4位:チョン・ドンソク(전동석)
5位:チョ・ジョンソク(조정석)

好きな俳優も3名まで記入いただけるよう設定していましたが、おそらく韓国国内で人気投票したら結果が違うかも? と思いました。優先順位①の項目に最も多く名前が挙がっていたのがパク・ウンテさん。最近大作に次々と主演されていますが、日本の皆さんがどの作品でウンテさんに魅了されたのか? とても気になりました(『フランケンシュタイン』再演への期待度?)。そして、チョン・ドンソクさんの人気が高いのは、現在『ザ・ラスト・キス』が上演中であることと、過去に何度か日本でコンサートをされたことが大きいのかな? と思いました。また、女優さんの名前はほとんど挙がらなかったなか、オク・ジュヒョンさんが男優陣を抜いて3位というのはさすが。韓国ミュージカル界の女王の面目躍如です。

実は俳優部門は、歌手やアイドル出身俳優が上位に入るのでは? と予想していたのですが、兵役で活動休止中だったり、特に出演予定作がないときは大きく関心度が落ちるということが分かりました。K-POPファンの方が、もう少し舞台にも興味を持ってくだされば、韓国の公演界をさらに盛り上げることができるのではないでしょうか?

俳優に関しては、かなり票が割れてしまい、1票しか入らなかった方については、以下にお名前だけ紹介します。なかには筆者が名前を知らなかった俳優もいて、まだ無名の俳優を日本から応援されている、というその情熱に感服しました。

<グラフ掲載外の俳優(あいうえお順)>
イ・ジフン/イ・チャンヨン/イ・ドンファ/イ・ホウォン/イ・ユル/イム・ヒョンス/イム・へヨン/オ・マンソク/カン・ヨンソク/キム・ウヒョン/キム・ソヒョン/キム・ソンチョル/キム・チャンジョン/キム・チャンホ/キム・デヒョン/キム・ヨンチョル/クォン・ギジュン/クォン・ヨングク/コ・ウンソン/コ・フンジョン/コ・ヨンビン/シン・ソンウ/ソ・スンウォン/ソ・ヨンジュ/ソン・ヨンジン/ソンジェ/チェ・ウォンソプ/チェ・ミンチョル/チャ・ジヨン/チャン・ウナ/チャン・スンジョ/チュウォン/チョ・グォン/チョ・スンチャン/チョ・ソンユン/チョ・ヒョンギュン/チョ・プンレ/チョン・カフィ/チョン・ソンウ/チョン・テグン/チョン・ドンファ/チョン・ミド/パク・ジュンフィ/パク・ソングォン/パク・トンハ/パク・ハングン/パク・ミンソン/パク・ヨンス/ハン・ジュニョン/ピョン・ヨハン/ファン・チャンソン/ぺク・ヒョンフン/ユン・ジオン/ユン・ジュンサン/ユン・ソホ/ユン・ナム/リョウク/ルイス・チョイ


【今まで見た韓国舞台作品で良かったものは?】지금까지 본 공연 중 가장 사랑하는 작품은?
1位『フランケンシュタイン』(프랑켄슈타인)
2位『エリザベート』(엘리자벳)
3位『ジキル&ハイド』(지킬 앤 하이드)
4位『ファントム』(팬텀)
5位『レベッカ』(레베카)

上位は「2018年に見たい作品」とほぼ同じような結果となりました。大作ミュージカルは、人気俳優が出演し、セットや衣装も豪華なので、チケットはどうしても高くなりますが、そのぶん満足度も高いようです。日本から韓国に行かれる場合、多くの方が週末利用のケースが多いと思うのですが、限られたスケジュールの中で何を観るか? と考えると、未知の作品に挑戦するよりは、こういうセレクトにならざるを得ないのかもしれません。

俳優同様、良かった作品も投票はかなり割れました。1票のみの作品は以下の通りです。
演劇が1作も入ってなかったのはこれまた残念です。

<グラフ掲載外の作品(あいうえお順)>
30の頃に/愛は雨に乗って(サ・ビ・タ)/阿娘歌(アランガ)/イン・ザ・ハイツ/オー!キャロル/オール・シュック・アップ/キム・ジョンウク探し/共同警備区域JSA/ゴレゴレ/30の頃に/ジャック・ザ・リッパー/スウィーニー・トッド/ストーリー・オブ・マイライフ/砂時計/洗濯(パルレ)/ドリアン・グレイ/ナポレオン/ファリネッリ/僕とナターシャと白いロバ/マイ・スケアリー・ガール/マタ・ハリ/マディソン郡の橋/モンテクリスト/ラフマニノフ/ルドルフ/忘れられた顔1895/私の愛 私の花嫁

今回は150名ほどの方にご回答いただきました。改めてアンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。今後もまた機会を見て、このようなアンケートを実施してみたいと思っています。
その際はご協力をお願い致します。

文:さいきいずみ(韓劇.com)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]SE7ENがミュージカル初挑戦!『エリザベート』豪華キャストを公開

[MUSICAL]SE7ENがミュージカル初挑戦!『エリザベート』豪華キャストを公開

 

eliza7

破格のスケールと俳優たちの熱演で、2012年の初演から韓国内外のミュージカルファンに愛されている『エリザベート』が約2年ぶりに再演され、豪華キャストが発表された。

eliza1

エリザベート役のオク・ジュヒョン(左)とチョ・ジョンウン

悲運のオーストリア皇后エリザベート役には、初演から出演しているオク・ジュヒョンと、『ジキル&ハイド』『ドラキュラ』『レ・ミゼラブル』などの大作でヒロインを演じているチョ・ジョンウンが初挑戦する。
韓国のエリザベート=オク・ジュヒョンと言っても過言ではないほど、本作で圧倒的な歌唱力と存在感を見せつけ、韓国を代表するミュージカル女優としての地位を確立した彼女は3度目となる今回もさらなる貫録の舞台を披露してくれるはずだ。一方のチョ・ジョンウンは、歌唱力のみならず繊細な演技と凛とした気品溢れる姿が魅力。彼女が創り出す、新たなエリザベート像に期待がふくらむ。

eliza2

(写真左から)トート役のシン・ソンロク、チェ・ドンウク(SE7EN)、チョン・ドンソク

エリザベートを闇の世界に誘う、死(トート)役は同役に初挑戦するシン・ソンロクとチェ・ドンウク(SE7EN)、そして2013年の再演でトートを好演したチョン・ドンソクと、長身の二枚目俳優が揃った。
ドラマ『星から来たあなた』の悪役ぶりが話題を呼んだシン・ソンロクは、昨年日本原作のドラマ『ライアーゲーム』でミステリアスなショーホスト役も好演し、ミュージカルは1年ぶりの出演となる。また今回最大の目玉キャスティングは、歌手SE7ENことチェ・ドンウクのミュージカル初挑戦だ。彼のステージングや存在感は、韓流ブーム隆盛期の活躍ぶりを知る人ならば期待せざるを得ないだろう。これまで、キム・ジュンス、パク・ヒョシンと同時代に活躍したシンガーがミュージカルスターとして羽ばたいた役柄だけに、SE7EN復活の狼煙を上げるには十分すぎる舞台になるだろう。そして、歴代のトート役のなかでも最強のヴィジュアルを誇るチョン・ドンソクは、声楽専攻で培った正統派の歌声とともに美麗なトートを今回も見せてくれそうだ。

eliza3

(写真左から)ルキーニ役のキム・スヨン、チェ・ミンチョル、イ・ジフン

物語の狂言回しの役割をこなす、ルイジ・ルキー二役には2012年の初演組キム・スヨンとチェ・ミンチョルが復活、また2013年の再演で初挑戦して好評を得たイ・ジフンが再びルキー二を演じる。
柔軟な演技力が魅力のキム・スヨン、エッジの効いた唯一無二の声をもつチェ・ミンチョル、溌剌とした演技が光るイ・ジフンと、ルキーニはどの配役で見ても観客を楽しませてくれるに違いない。

eliza5

(写真左から)皇太子ルドルフ役のキム・スンテク、ウ・ジウォン、ペク・ヒョンフン

皇太子ルドルフ役のキム・スンテク、ウ・ジウォン、ペク・ヒョンフンは、3人全員が今回初挑戦となるフレッシュな面々だ。
3人の中では最年長のキム・スンテクは『明成皇后』『双花別曲』『ミオ・フラテロ』など、大劇場から大学路の小劇場作品まで創作ミュージカルに多数出演し、固いファン層を築いている俳優だ。2012年には『モーツァルト!』でシカネーダーを演じていたこともあり、久々の大劇場ミュージカル出演が期待されている。また2013年公演ではアンサンブルだったウ・ジウォンがルドルフに大抜擢された。昨年SBSのバラエティ番組「ミュージカルキング」で優勝して一躍ライジングスターとなり、『キンキーブーツ』ではドラァグクイーンダンサーの一人として人気を博した彼が、満を持して皇太子役に挑む。そしてペク・ヒョンフンは、昨年『女神様が見ている』『スリル・ミー』への出演で人気急上昇した大学路のイケメンニューカマーだ。現在『スルー・ザ・ドア』で幻想の王子カイルを好演している彼だけに、ルドルフもハマり役となりそうだ。

eliza4

フランツ・ヨーゼフ役のユン・ヨンソクとイ・サンヒョン、ゾフィ皇太后役のイ・ジョンファ

また、本作に欠かせない重要なベテラン助演陣も豪華だ。オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ役は『オペラ座の怪人』『ジキル&ハイド』のユン・ヨンソクが初演に続いて同役に復活。そして『若きウェルテルの悩み』のアルベルト役で知られるイ・サンヒョンが初めて皇帝役に挑む。ともに声楽出身という2人だけに、舞台に響き渡る厚みのある豊かな歌声を聴かせてくれるだろう。また『レベッカ』『壁抜け男』の名演も印象的だったイ・ジョンファが、初演から演じているゾフィ皇太后役を今回はシングルキャストで務める。

今年は帝国劇場で大リニューアルして上演される日本版と同日に開幕することもあり、日韓『エリザベート』を同時期に堪能できる絶好の機会となる。韓国最高レベルのキャストとスタッフが集結した『エリザベート』は6月13日~9月6日まで、ブルースクエア サムソン電子ホールで上演。1次チケットは、4月23日(木)午後2時からインターパークで発売開始される。


elizaposter【公演情報】
ミュージカル『エリザベート』
2015年6月13日~9月6日 ブルースクエア サムソン電子ホール

出演:オク・ジュヒョン、チョン・ジェウン、シン・ソンロク、チェ・ドンウク(SE7EN)、チョン・ドンソク、キム・スヨン、チェ・ミンチョル、イ・ジフン、ユン・ヨンソク、イ・サンヒョン、イ・ジョンファ、キム・スンテク、ウ・ジウォン、ペク・ヒョンフン

プロデューサー:オム・ホンヒョン/演出:ロバート・ヨハンソン/音楽監督:キム・ムンジョン/振付:ソ・ビョング/舞台:ソ・スクジン/衣装:ハン・ジョンイム/扮装:キム・ユソン/照明:ジャック・メラー/映像:ソン・スンギュ/音響:キム・ジヒョン/
●『エリザベート』公式サイト http://www.musicalelisabeth.com/

<キャスト公開ティーザー映像>

写真提供:EMK ミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。