[MUSICAL]『笑う男』『エクスカリバー』パク・ガンヒョン、初のソロコンサートを11月開催

[MUSICAL]『笑う男』『エクスカリバー』パク・ガンヒョン、初のソロコンサートを11月開催

 

『笑う男』のグウィンプレン、『エリザベート』のルキーニ、『エクスカリバー』のランスロットと、近年大ヒットミュージカルのメインキャストとして名を連ねているパク・ガンヒョンが、初のソロコンサートを11月に開催する。

2015年に大学路の小劇場作品『ライアータイム』からミュージカル俳優としての活動をスタート。『ベア:ザ・ミュージカル』『イーヴル・デッド』に主演して注目を集め、当時“リトル チョ・スンウ”との異名がつくほど、新人ながら安定した演技力と歌唱力を誇っていたパク・ガンヒョン。以降は『光化門恋歌』『キンキーブーツ』と徐々に大劇場作品で主演を務めるようになり、2018年初演の『笑う男』では、主人公グウィンプレンとして、難易度の高いフランク・ワイルドホーン作曲のナンバーを完璧に歌いこなして一気に評価を上げた。それからはEMKミュージカルカンパニー制作作品の常連俳優となり、現在も『マリー・アントワネット』でフェルゼン役を好演中だ。着実にキャリアップを重ねてきた彼が、今回のコンサートでは、学生時代からデビュー後まで、彼に影響を与えてきた楽曲を選曲し、彼ならではの音楽世界を垣間見ることができる内容になるという。

「メロディ・イン・ブルー」(ME-lody in blue)と題されたコンサートは、『ジキル&ハイド』『フランケンシュタイン』などで舞台監督を務めるイ・ユウォンが総括演出を担当。『ランボー』『ニジンスキー』『HOPE』などを手掛けたシン・ウンギョンが音楽監督を務める。約2時間の公演を14人編成のオーケストラとともに作り上げ、観客の耳と心をガッチリと掴む予定だ。

先日『笑う男』のフィルムコンサートで初来日公演を行い、日本のミュージカルファンにもさらに知名度を上げたパク・ガンヒョンのソロコンサートは、11月26日、27日の2日間、ブルースクエア アイマーケットホールで開催。チケットは10月22日(火)午後2時からインターパーク単独で販売される。


【公演情報】
パク・ガンヒョン コンサート「メロディ・イン・ブルー」
2019年11月26日(火)、27日(水) ブルースクエア アイマーケットホール

<出演>

パク・ガンヒョン

演出:イ・ユウォン/音楽監督:シン・ウンギョン

写真提供:THE PRO ACTORS

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。