イ・ギュヒョン

[PLAY]人気作家が突然の失踪…その理由は?『盗まれた本』開幕

[PLAY]人気作家が突然の失踪…その理由は?『盗まれた本』開幕

 

人気脚本家ソ・ドンユン役のイ・シフ(左)と彼を拉致した元アシスタント、チョ・ヨンラク役のチョ・サンウン

『ピローマン』『私に会いに来て』『報道の指針』などの話題作を手掛け、韓国の演劇ファンに支持されているビョン・チョンジュ演出家が実力派俳優を揃えておくる『盗まれた本』が4度目の再演初日を前にプレスコールを開催した。

ビョン・チョンジュ演出家

『盗まれた本』は映画『コ死-二番目の話』『ミスター主婦クイズ王』などを作・演出したユ・ソンドン監督が、2011年に「大韓民国ストーリー公募」で大賞を受賞した同名映画シナリオが原作となっている。
長らくスランプに陥っていた脚本家ソ・ドンユンが、才能ある作家志望の若者チョ・ヨンラクが書いたシナリオを盗んだことから巻き起こる拉致事件と、その背景を描き出したスリラー作品だ。

劇中映し出されるアニメーションを芝居とシンクロさせたユニークな演出も見どころの本作。ビョン・チョンジュ演出家は、9月に上演した3度目の再演からさらにバージョンアップし、今回の上演をVer.3.5と呼んでいる。「前回と大きな変化はありませんが、一番最後のシーンにアニメーションを追加しました。原作にはなく、この原作を基にしたウェブトゥーン(ウェブ漫画)にあるシーンですが、原作とウェブトゥーン、演劇が互いに影響を受けつつ構成できて個人的には満足しています」と今回のバージョンに手ごたえを感じているようだった。

確かな演技力で存在感を見せるイ・シフ

長年の沈黙を破って脚本を執筆した映画が大ヒットしたものの、映画賞の授賞式後に拉致され、で一気に栄光から奈落の底に落ちるソ・ドンユン役には今年ソウル芸術団から独立後、ミュージカル、演劇と精力的に出演しているイ・シフが新たに加わった。
「ドンユン役はほとんど出ずっぱりで退場するシーンがないので、稽古に入る前は“ああ、どうやって進行させよう?”と強迫観念に囚われていましたが、一旦芝居が始まってヨンラクとやり取りし始めたら、ある瞬間からそんな心配は忘れて芝居に入り込んでしまいます」と、体調管理に気を付けてひたすら役に没頭するだけだと語っていた。

穏やかな面持ちだが、時に狂気を見せるヨンラクを演じるカン・ジョンウ

劇中ではヨンラク以外のサブキャラクターを一人多役で演じるチョ・サンウン

自身が執筆した脚本を盗んだドンユンを拉致監禁し、脚本執筆をさせようとするチョ・ヨンラク役はトリプルキャスト。プレスコールでは、9月公演にも出演していたチョ・サンウンと今回初出演となるカン・ジョンウが出席した。

カン・ジョンウは「誰かを閉じ込めたり、傷つけたりしてみたいとちょっとでも思ったことがある人がいたら、悪いことはせずにこの作品を見に来てストレス発散してほしいです」とユニークな推薦コメントを。一方チョ・サンウンは「9月の公演よりもよりこなれた演技を舞台と近い距離で見られると思います。すべての俳優がそれぞれに違ったカラーを持っているので、すべてのペアの公演を見に来てくださればありがたいです」とアピールしていた。

芝居とアニメーションをシンクロさせた演出が見もの

9月の上演ではドンユンとヨンラクのペアを固定していたが、今回は2人のドンユン役と、3人のヨンラク役がランダムに出演し、組み合わせの妙が楽しめるとのこと。
拉致事件の裏に隠されていた秘密を紐解く醍醐味と、実力派俳優たちによる熱演が堪能できる『盗まれた本』は、大学路芸術劇場 木と水(旧、木と水(나무와 물)劇場)で、2月26日まで上演される。


【公演情報】
演劇『盗まれた本』(도둑맞은 책)
2016年12月16日~2017年2月26日 大学路芸術劇場 木と水

<出演>
●ソ・ドンユン役:パク・ホサン、イ・シフ
●チョ・ヨンラク役:カン・ジョンウ、イ・ギュヒョン、チョ・サンウン

プロデューサー:チョン・ユラン/原作:ユ・ソンドン/演出・脚色:ビョン・チョンジュ/音楽:オム・ブレ/イラスト:イ・ギュヒ/映像:シン・ジョンヨプ/舞台・小道具:チョン・スギャン/照明:イ・ジュウォン/衣装:オ・ヒョニ/音響:チャン・ギヨン/写真:チェ・ヨンソク/助演出:パク・ジュニョン

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


 

[MUSICAL]BEASTドンウン『偉大なるキャッツビー RE:BOOT』で3年ぶりにミュージカル出演

[MUSICAL]BEASTドンウン『偉大なるキャッツビー RE:BOOT』で3年ぶりにミュージカル出演

 

catsbee1

主人公キャッツビー役で久々にミュージカル出演するBEASTドンウン

今年は日本でミニアルバムを発売するなどソロ活動も精力的に行っているBEASTのソン・ドンウンが3年ぶりにミュージカルに挑む『偉大なるキャッツビー Reboot』のキャストが発表された。

タイトルはアメリカの作家スコット・フィッツジェラルドの代表作『偉大なるギャッツビー(The Great Gatsby)』をほうふつとさせるが、原作は漫画家カン・ドハが2004年に発表した「偉大なるキャッツビー」という大ヒットウェブコミック。“キャッツビー”となっているのは、原作では登場人物がすべてネコやイヌなど動物を擬人化したキャラクターになっているためだ。
主人公はネコのキャッツビー。貧民街にある友人ハウンドが暮らす屋根部屋に居候している無職の彼が、ある日6年間付き合った恋人フェルスから突然結婚式の招待状を渡されることから物語が始まる。それまで無為に暮らしてきたキャッツビーが、恋人から別れを突き付けられたことで初めて彼女への真の愛に目覚めていく姿を描く、青春ラブストーリーだ。

26歳の無気力な青年のリアルな現実とほろ苦い愛を描いて共感を得たコミックをもとに、登場人物を実際の人間に置き換えて2007年に小劇場ミュージカルとして制作。初演ではキャッツビー役のチェ・ソンウォン、キム・テフンらに加え、友人ハウンド役にはチョン・サンユン、ソ・ボムソクなど現在も一線で活躍する俳優たちが出演している。以降もキャストを変えつつ2008年まで超ロングラン公演を実施し、2010、2011年の再演ではgodのデニー・アンや元Baby V.O.Xのシム・ウンジンらテレビで活躍する人気スターも出演して話題を呼んだ。

約4年ぶりの公演となる『偉大なるキャッツビー』は“Reboot(再起動)”というタイトルがついているように、まったく新しいキャストを迎えて復活する。主人公の青年キャッツビー役には、『小人たち』『M.Butterfly』『死の賛美』『プライド』と話題作に切れ目なく出演しているチョン・ドンファ。『模範生たち』『ラブレター』などで注目度上昇中のカン・ギドゥンに加え、BEASTのソン・ドンウンが2012年の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』以来、3年ぶりにミュージカルに出演する。
キャッツビーと同居するクールな現実主義者の友人ハウンド役は今年は『死の賛美』『女神様が見ている』などに出演したイ・ギュヒョン、『君に光の速度で行く』のキム・ヨンチョル、『模範生たち』『トゥルーウエスト』出演中のムン・ソンイルと、近年の話題作に出演してきた若手俳優が演じる。

catsbee2

(写真左から)ソン役のダナ、フェルス役のソヌ、ブルドッグ役のイ・ビョンジュン

キャッツビーの元恋人フェルス役は『私の心のオルガン』『シャーロック・ホームズ』などに出演経験のあるソヌと、『美女はつらいの』『ジャングルライフ』に出演したイ・シユが務める。キャッツビーの新しい恋人となるソン役には天上智喜のダナと『ラブレター』『変身物語』などに出演したユ・ジュへ。フェルスが結婚するブルドック役には映画、ドラマで個性的なキャラクターを多数演じてきたイ・ビョンジュンと、『フランケンシュタイン』『ユーリンタウン』などに出演したキム・デジョン。そしてハウンドが片思いしている人妻モン夫人役は大学路を中心に活躍しているパク・ソンジュとキム・ソンミが演じる。

俳優だけでなく、Rebootに当たっては、制作陣も豪華な面々がそろった。演出には『ピローマン』『私に会いに来て』『変身物語』など、高評価を得た演劇多数、昨年のミュージカル『ラブレター』では「ザ・ミュージカルアワーズ」で演出賞を受賞したビョン・チョンジュ。作曲は『あの日々』『アガサ』のホ・スヒョン、振付は『二都物語』『サリエリ』『ゴン・ザ・バスカー』のチェ・インスクが担当する。

舞台ファンの好奇心を刺激するキャストとスタッフが揃った『偉大なるキャッツビーReboot』は、11月7日より大学路ユニプレクス1館で開幕。チケットは9月11日午後2時より発売される。


【公演情報】
ミュージカル『偉大なるキャッツビー RE:BOOT』(위대한 캣츠비 RE:BOOT)
2015年11月7日~2016年1月31日 大学路ユニプレクス1館

<出演>
●キャッツビー役:チョン・ドンファ、カン・ギドゥン、ソン・ドンウン
●ハウンド役:イ・ギュヒョン、キム・ヨンチョル、ムン・ソンイル
●フェルス役:ソンウ、イ・シユ
●ソン役:ダナ、ユ・ジュへ
●ブルドッグ役:イ・ビョンジュン、キム・デジョン
●モン夫人役:パク・ソンジュ、キム・ソンミ

プロデューサー:チョン・ユラン/脚本:イ・ダウィッ/作曲:ホ・スヒョン/演出:ビョン・チョンジュ/振付:チェ・インスク/舞台:ナム・ギョンシク/照明:イ・ジュウォン/小道具:チョ・ユンヒョン/衣装:ドヨン/ヘアメイク:カン・デヨン/制作監督:イ・ジェジン

写真提供:文化アイコン ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

[MUSICAL]『女神様が見ている』熱気あふれる稽古場を公開!

 

yo20150

北朝鮮兵士チャンソプ役のチェ・デフンとドンヒョン役のユン・ソッキョン

今年で4回目の再演を迎える名作ミュージカル『女神様が見ている』。6月20日の開幕を控えて、熱気のこもった稽古場の雰囲気が伝わってくる写真が公開された。
韓国ではタイトルを略して「ヨボショ」と呼ばれ愛されている本作、2015年版は新キャストを多数起用してリフレッシュを図っている。その一方で、物語をけん引する韓国軍兵士ハン・ヨンボム役には、すでに出演経験のあるキム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュンが起用されるなど、要所要所では実力派をきっちりと配している印象だ。

yo20152

スンホ役のシン・ジェボム(左)とコ・ウンソン

観客にもっとも愛される純粋なキャラクター、スンホ役には昨年同役に初挑戦し、好評を得たSUPER JUNIORのリョウクと2013年公演に出演していたパク・ジョンウォン。そして新キャストにシン・ジェボムとコ・ウンソンが出演する。
シン・ジェボムは2012年に『ビリー・エリオット』などに出演した子役を集めて上演したミュージカル『13(Thirteen)』に主演経験のあるニューカマー。そしてコ・ウンソンは長年『グリース』で主人公デニー役を演じてきた二枚目俳優だ。

そのほか、今回初参加となったのは『キンキーブーツ』の靴工場工員ドン役や、『ブラッド・ブラザーズ』『壁抜け男』などの大型ミュージカルで存在感を見せていたシム・ジェヒョンが北朝鮮の兵長チャンソプ役に。ヨンボムの部下ソック役には『死の賛美(グルーミーデイ)』『ビースティ・ボーイズ』のイ・ギュヒョンと、『飛べ!パクさん』などに出演した新鋭ソン・ユテク。そして、女神様とのダンスシーンが印象的なジュハ役には『TRACE U』『マイ・バケット・リスト』のイ・ジホと『スペシャル・レター』『洗濯(パルレ)』などに出演してきたユ・ジェユン。寡黙で上官チャンソプの命令に忠実なドンヒョン役に『マン・オブ・ラ・マンチャ』でラバ追いの男や国軍ミュージカル『プロミス』に出演したユン・ドンヒョンが初起用された。これまで多数の人気俳優を輩出してきた本作だけに、無限の可能性を秘めた新キャストの活躍に注目したい。
さらに、『キム・ジョンウク探し』『若きウェルテルの悩み』など多数の人気ミュージカルでヒロインを務めてきたチェ・ジュリが女神様として加わったことで、韓国の観劇ファンも実力を認める新たな女神様の誕生に期待が寄せられている。

今年は劇場を大学路のユニプレクスに移し、セットのリニューアルや、演出にも変化を加えるとのことで、より一層新鮮な印象になることが予想される。これまで韓国で観劇済みの人や、昨年の日本公演を見た人も新たに楽しむことができる『ヨボショ』になりそうだ。
韓劇.comでは、日本の観客限定の割引価格で購入できる、スペシャルコラボチケットも発売中(⇒詳細)。屈指の名作創作ミュージカルを、今年も韓国の劇場で堪能してほしい。

yo20153

スンホ役のパク・ジョンウォン

yo20154B

ジュハ役のユ・ジェユン

yo20155

チェ・デフン、シン・ジェボムがパク・ソヨン演出家(右)と相談中

yo20156

ソック役のイ・ギュヒョン

yo20159

スンホ役のコ・ウンソン

yo201511

ソック役のソン・ユテク

yo201512

女神様役のチェ・ジュリ(中)とスンホ役のパク・ジョンウォン

yo201513

ドンヒョン役のユン・ソッキョン

yo20150A yo20151 yo20154 yo20154A yo20157 yo20158 yo201510


yobosho2【公演情報】
ミュージカル『女神様が見ている』(여신님이 보고 계셔)
2015年6月20日~10月11日 大学路ユニプレクス1館

出演:ハン・ヨンボム役:キム・ジョング、チェ・ホジュン、イ・ジュニョク、チョ・ヒョンギュン
リュ・スンホ役:リョウク、パク・ジョンウォン、コ・ウンソン、シン・ジェボム
イ・チャンソプ役:チェ・デフン、シム・ジェヒョン
シン・ソック役:イ・ギュヒョン、ソン・ユテク
チョ・ドンヒョン役:ユン・ソッキョン、ユン・ドンヒョン
ピョン・ジュハ役:イ・ジホ、ユ・ジェユン
女神様役:ソン・ミヨン、チェ・ジュリ

プロデューサー:ユ・インス/演出:パク・ソヨン/脚本・作詞:ハン・ジョンソク/作曲:イ・ソンヨン/音楽監督:ヤン・ジュイン/アクション監督:クァク・ゴウン

写真提供:ヨヌ舞台 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。