イム・チョリョン

[MUSICAL]ユ・ヨンソクが歌を初披露『壁抜け男』制作発表会

[MUSICAL]ユ・ヨンソクが歌を初披露『壁抜け男』制作発表会

 

kabenuke1

緊張気味に歌を初披露したデュティユル役のユ・ヨンソク

kabenuke2

デュティユル役のイ・ジフン

ユ・ヨンソク&イ・ジフンという豪華Wキャストの出演で注目を浴びている『壁抜け男』の制作発表会が行われた。

『壁抜け男』は、映画『シェルブールの雨傘』などで知られるミシェル・ルグランの作曲で1996年にフランスで初演された。1940年のパリ・モンマルトルを舞台に、平凡な郵便局員デュティユルが、ある日突然壁をすり抜けられる特殊能力を得て巻き起こるエピソードを軽妙につづるハートウォーミングなヒューマン・ラブストーリーだ。

制作発表会では、音楽監督ビョン・ヒソクを中心としたアンサンブルによる生演奏で主演陣が劇中歌8曲を披露した。
今回、主人公デュティユル役は、ドラマ『応答せよ1988』で大ブレイクしたユ・ヨンソクと、『エリザベート』でルキーニの大役を終えたイ・ジフンがWキャストで務める。
なかでも映像界でホットな人気を持続しているユ・ヨンソクのミュージカル初挑戦は多くの注目を浴びている。「大学では自主公演などをずっとやってきたので、舞台がとても恋しくて、時間があれば出演したいと思い続けていました。ちょうど12月にスケジュールが空くとわかり、舞台をやりたいとマネジャーに話していたら、ちょうどその数日後に出演オファーが来て、これは運命だ。この作品に出なければと思いました。決して楽ではありませんが、多くの方々と一緒に稽古しながら作品を作りたかったので、いまとても幸せです」と充実した様子だった。kabenuke23 一方、ミュージカル経験豊富なイ・ジフンは「これまでやったことがないタイプの作品にやっと出演できた、という感じです。観客として この作品を見たときはとても楽にできそうだなと思っていたんです。『エリザベート』が終わって、ちょっと休みながらできるかな? と思ったら大間違いでした(笑)」と苦笑い。「実際稽古に入ってみると、とてもディテールが細かい作品で歌を歌いながら表現しなくてはいけない部分がたくさんあると分かりました。まだまだ学ぶことは多いし、ミュージカル俳優としての道は遠いです」と、役作りの苦労を実感をこめて語っていた。

kabenuke4

イサベル役のムン・ジナ(左)とペ・ダへ

デュティユルが一目ぼれする人妻イサベル役は、歌手・タレントのペ・ダへと、次世代を担ういまホットなミュージカル女優ムン・ジナが演じる。ペ・ダへは「前回の2013年公演のときも出演したかったけど叶わなかった。今回ようやく出演できて、いい共演者といいスタッフに恵まれてうれしい」とミュージカルへの久々の出演を喜んでいるようだった。
また、これまで『マーダーバラッド』『ベア:ザ・ミュージカル』などのロックミュージカルで個性的なキャラクターを演じてきたムン・ジナは今回まったく正反対の役柄に挑むことになる。「イサベルのキャラクターを見た時に籠の鳥のような感じがしました。私は本当は性格的にも外交的なほうなのですが(笑)、籠の外に出ることを夢見ている美しくさえずる小鳥のようなイサベルの心情を頑張って表現したいと思います」と抱負を述べた。

kabenuke3

デュブル役をWキャストで演じるチョ・ジェユン(左)とコ・チャンソクは公演中は見られないデュエットで歌を披露した

観客の笑いを誘う、デュティユルの主治医デュブル役は映画界を中心に活躍する個性派俳優コ・チャンソクとチョ・ジェユンが引き受けた。今回で3シーズン目の出演となるコ・チャンソクは、もはやこの作品にはなくてはならない存在だ。「自分が作品を選んでいるのではなく、ただ自分が出たいだけで、演出家や音楽監督に選んでもらって有り難いです。前回使った酒代がこうやって酬いとなって返ってくるんだな、と思いました(笑)。今回もたくさん酒代を使いたいと思います」とさすがのコメントで笑わせた。
そして今回初出演のチョ・ジェユンはこれまで『笑の大学』など演劇には多数出演してきたが、長年ミュージカルを一度やってみたかったという。「チャンソク兄さんとは同じ大学の先輩後輩で、同じ劇団なので20年近く前からの付き合いのロールモデルのような先輩です。出演が決まってからたくさん助けてもらいましたが、少しでも兄さんと違うように演じるか、どうやれば兄さんに勝てるか(笑) というのが僕の宿題です。

kabenuke5

俳優としても出演する演出のイム・チョリョン(左)と音楽監督のビョン・ヒソク

前回同様、劇中では一人多役のマルチマンとして出演しながら、演出を務めるイム・チョリョンは今年の公演について「衣装やセットなどビジュアル的な部分に大きな変化はないですが、楽曲を追加したことと、デュティユルが、以前の小心で優しいイメージよりも自分の意思を持ったキャラクターに変化しています」と解説した。また、音楽監督のビョン・ヒソクは「アリアのような華やかな曲ではなく、セリフを語るように歌う曲が多い作品。ヨンソクさんは演技を中心にやってきた人だから、喋るようにうまく歌えているので期待してほしいし、ジフンさんとは『アルターボーイズ』で初めて会いましたが、そのときはまるで歌合戦のようでした(笑)。でも今はミュージカル俳優です」と二人に太鼓判を押していた。

流れるような軽快なメロディーと、切ないラブストーリーが楽しめる『壁抜け男』は、11月21日から大学路の弘益大学 大学路アートセンター大劇場で開幕する。


2015kabenukeposter【公演情報】
ミュージカル『壁抜け男』(벽을 뚫는 남자)
2015年11月21日~2016年2月14日 弘益大学 大学路アートセンター大劇場

<出演>
●デュティユル役:イ・ジフン、ユ・ヨンソク
●デュプル、弁護士ほか多役:チョ・ジェユン、コ・チャンソク
●イサベル役:ムン・ジナ、ペ・ダへ
●部長、警官ほか多役:イム・チョリョン、チョン・ウィウク
●野菜売り、売春婦役:イ・ヨンミ、キム・ヨンジュ
●画家役:カン・ヨンジョン
●新聞売り役:イ・チュンジュ
●公務員M役:チョン・インジ
●公務員B、警官ほか多役:キム・セホン
●公務員C、看守ほか多役:チョン・ドンソク

写真提供:SHOWNOTE ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


<フォトギャラリー>

[easingslider id=”7314″]

[MUSICAL]イ・ジフン&ユ・ヨンソク主演『壁抜け男』11月上演

[MUSICAL]イ・ジフン&ユ・ヨンソク主演『壁抜け男』11月上演

 

2015kabenuke1a

デュティユル役のイ・ジフン ©EC EBENZER

フレンチミュージカルの秀作『壁抜け男』が2年ぶりに再演、豪華キャストが公開された。

1940年のパリ・モンマルトルを舞台に、平凡な郵便局員デュティユルが、ある日突然壁をすり抜けられる特殊能力を得て巻き起こるエピソードがコミカルにつづられる『壁抜け男』は、フランスの国民的作家マルセル・エイメが1943年に発表した短編小説が原作。映画『シェルブールの雨傘』などで知られるミシェル・ルグランの作曲で1996年にフランスで初演。その年にフランスのトニー賞と称されるモリエール賞で最優秀ミュージカル賞と演出賞を受賞している。流れるような美しいメロディーと、ピュアでロマンチックなラブストーリーに、ブロードウェイ公演時にはかのマイケル・ジャクソンが大絶賛したという。

韓国では2006年の初演を皮切りに、2007年、2012年、2013年と上演。過去には、パク・サンウォン、オム・ギジュン、チョ・ジョンソク、ヘイ、ナム・ギョンジュ、コ・ヨンビン、イム・チャンジョン、イ・ジョンヒョク、マイケル・リー、キム・ドンワンと、ミュージカル界のみならず、テレビ、映画でも活躍する人気スターたちが主人公デュティユル役を演じてきた。

2015kabenuke1b

デュティユル役のユ・ヨンソク ©キングコングエンターテインメント

約2年ぶり、5回目の再演となる『壁抜け男』ではデュティユル役に『エリザベート』のルキーニ役などミュージカル界でも精力的に活躍中のイ・ジフンと、2014年の大ヒットドラマ『応答せよ1984』のチルボン役で多くの女性視聴者を虜にしたユ・ヨンソクがWキャストで務める。なかでも舞台には初挑戦となるユ・ヨンソクだが、映画、ドラマと多忙なスケジュールのなかでも世宗大学の大学院に通い、学生たちとさまざまな舞台作品を制作していただけに、その経験を存分に披露してくれるに違いない。

2015kabenuke3

医師デュプル役のチョ・ジェユンとコ・チャンソク ©FNCエンターテインメント/©SHOWNOTE

そしてデュティユルを囲むキャラクターたちも個性あふれるメンバーがそろった。独特の容貌で劇中の笑いをさらう医師デュプルなどを演じるのは前シーズンでもハマり役だったコ・チャンソクと、演劇『笑の大学』など舞台でも活躍するチョ・ジェユン。デュティユルが一目ぼれするヒロイン、イサベル役は最近人気歌番組「覆面歌王」の出演も話題を呼んだ歌手のペ・ダへと、『ベア・ザ・ミュージカル』『マーダーバラッド』『ゴレゴレ』など人気ミュージカルに出演して、高い歌唱力を披露してきたムン・ジナが演じる。

2015kabenuke2

イサベル役のムン・ジナとペ・ダへ ©アジアブリッジコンテンツ

そして初演からデュティユルの上司、部長役を演じたイム・チョリョンが久々に同役にカムバックする。2013年公演では演出と警官役と二足の草鞋を履いて公演に貢献したイム・チョリョンだが、今回も俳優・演出の両方で参加することになる。同役には『明成皇后』『英雄』などで存在感ある助演を見せたチョン・ウィウクもWキャストで出演する。
野菜売りと売春婦を一人二役で演じるのは今年の『ジーザス・クライスト・スーパースター』でマリア役だったイ・ヨンミと、ヘロデ役だったキム・ヨンジュ。ともに『ジーザス~』の興行をけん引したベテラン女優が『壁抜け男』に合流して興行神話を引き継ぐことになる。
そして韓国初演ではチョ・ジョンソクが演じた、語り部的キャラクターの新聞売りの少年役を、『死の賛美』『ママ、ドント・クライ』のイ・チュンジュがシングルキャストで演じるなど、本作はサブキャストにも経験豊富な俳優たちを据えて、がっちりと脇を固めているのも長所のひとつだ。

リズミカルな美しい楽曲の数々と切ない純愛ストーリーが秋から冬の観劇にはピッタリな『壁抜け男』は、11月21日から大学路の弘益大学 大学路アートセンター大劇場で開幕する。


2015kabenukeposter【公演情報】
ミュージカル『壁抜け男』(벽을 뚫는 남자)
2015年11月21日~2016年2月14日 弘益大学 大学路アートセンター大劇場

<出演>
●デュティユル役:イ・ジフン、ユ・ヨンソク
●デュプル、弁護士ほか多役:チョ・ジェユン、コ・チャンソク
●イサベル役:ムン・ジナ、ペ・ダへ
●部長、警官ほか多役:イム・チョリョン、チョン・ウィウク
●野菜売り、売春婦役:イ・ヨンミ、キム・ヨンジュ
●画家役:カン・ヨンジョン
●新聞売り役:イ・チュンジュ
●公務員M役:チョン・インジ
●公務員B、警官ほか多役:キム・セホン
●公務員C、看守ほか多役:チョン・ドンソク

写真提供:SHOWNOTE ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]チャン・ジン原作、伝説の舞台『タクシードライバー』11年ぶりに再演

[PLAY]チャン・ジン原作、伝説の舞台『タクシードライバー』11年ぶりに再演

 

taxi1

(写真左から)ポスター撮影中のパク・コニョン、キム・ドヒョン、キム・ミンギョ

映画監督として名高いチャン・ジンによる伝説のコメディ、『タクシードライバー』が俳優キム・スロプロデュースで11年ぶりに再演が決定。注目のキャストたちによるポスター撮影風景が公開された。

taxi3『タクシードライバー』は、『トンマッコルへようこそ』(原作・制作)『拍手するときに去れ』(原作・監督)など、自身が生み出した戯曲が多数映画化されているヒットメーカー、チャン・ジン監督が、1997年に初演した代表作のひとつ。初演ではチェ・ミンシク、00年クォン・ヘヒョ、04年チョン・ジェヨンと、今や韓国映画界の重鎮となっている名優たちを主演にチャン・ジン独特のユーモアとシニカルさを盛り込んだシナリオが高く評価されていた作品だ。実際にタクシーの運転手だったというチャン・ジンの父親が体験したエピソードを基に、ひとりの運転手の目を通じて、現代を生きる小市民たちの姿を切り取った喜劇となっている。

韓国語タイトルでは『タクシードリボル(택시 드리벌)』と表記しているのには理由があり、劇中で主人公のタクシー運転手チャン・トッペが自身の職業を間違って発音してしまうエピソードが登場するためだという。ちなみに、チャン・トッペという主人公の名前は、『無駄骨(허탕)』『不器用な人々(서툰 사람들)』など、過去にチャン・ジンが作・演出を手掛けた演劇にも登場した定番のキャラクター名だ。

演劇、ミュージカルと精力的に作品を発表しているキム・スロプロジェクトの第12弾として、舞台に上がる『タクシードライバー』には、映画、ドラマ、バラエティーなどで活躍する多彩なキャストが起用された。

taxitoppe

タクシー運転手チャン・トッペ役のパク・コニョン、キム・ミンギョ、キム・ドヒョン

江原道(カンウォンド)の田舎町からソウルに上京し、持っているものはタクシーだけという39歳独身のタクシー運転手のチャン・トッペ役には、コメディバラエティー「SNL Korea」で人気を博したコメディアンのキム・ミンギョ、『ヘドウィグ』『ディセンバー』などミュージカルに多数主演してきたパク・コニョン。そして、『シャーロック・ホームズ』『ドリーム・ガールズ』などのミュージカルから『デストラップ』などの演劇まで縦横無尽に活躍中のキム・ドヒョンが出演する。

taxifai

トッペの初恋の人ファイ役、キム・イェスル、ナム・ボラ、キム・ジュヨン

トッペにとって“悲運の”初恋の人であるファイ役には、映画『サニー』やドラマ『サメ』などに出演したナム・ボラが舞台初挑戦するほか、大学路の小劇場作品に出演してきた新人女優のキム・イェスルとキム・ジュヨンがヒロインを演じる。

taxiokke

3人組のオッケ(チンピラ)役のカン・ソンジン、キム・スロ、イム・チョリョン

そして、97年の初演ではシン・ハギュンとチュ・ジンモが演じたというタクシーの乗客となる3人のオッケ(チンピラ)役にはコメディの達人ともいうべき、演技派のベテラン俳優たちが揃った。
チンピラ1役には00年公演で同役を演じたキム・スロと、『ヨーロッパ・ブログ』などキム・スロプロジェクト作品に出演してきたパク・ジュヌ。チンピラ2役は04年公演で主人公のトッペを演じたカン・ソンジンと、チャン・ジン作・演出の演劇『不器用な人々』などに出演してきたパク・ジュンソ。そして演劇『デストラップ』への主演やミュージカル『壁抜け男』や『美女はつらいの』の演出家でもあるイム・チョリョンと演劇『イ・ギドン体育館』『ヘビーメタル・ガールズ』など大学路で精力的に活躍中のキム・ドンヒョンが、チンピラ3役を演じる。

taxi2演出はキム・スロプロジェクト作品のひとつである『イ・ギドン体育館』の演出家ソン・ヒョウォン。チャン・ジン作品特有のテイストをどう消化して舞台で見せてくれるのか期待される。11年ぶりの再演で、この秋話題となるのは必至の演劇『タクシードライバー』は、9月1日からドゥサンアートセンター ヨンガンホールで開幕する。


taxyposter【公演情報】
演劇『タクシードライバー』(택시 드리벌)
2015年9月1日~11月22日 ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

<出演>
●チャン・トッペ役:キム・ミンギョ、パク・コニョン、キム・ドヒョン
●ファイ役:ナム・ボラ、キム・イェスル、キム・ジュヨン
●オッケ(チンピラ)1役:キム・スロ、パク・ジュヌ
●オッケ(チンピラ)2役:カン・ソンジン、パク・ジュンソ
●オッケ(チンピラ)3役:イム・チョリョン、キム・ドンヒョン

プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン/脚本:チャン・ジン/演出:ソン・ヒョウォン

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]イム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ出演『デストラップ』ポスタービジュアル公開

[PLAY]イム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ出演『デストラップ』ポスタービジュアル公開

 

deathtrap1

(写真左から)クリフォード役のユン・ソホ、イ・チュンジュ、イム・ビョングン

2014年に初演し、客席占有率85%という小劇場作品としては大ヒット作となった演劇『デストラップ』が開幕を1週間後にひかえ、キャラクターポスターを公開した。

deathtrap2

シドニー役のイム・チョリョン(左)とカン・ソンジン

原作は、映画『死の接吻』や『ローズマリーの赤ちゃん』などの原作者としても知られるアメリカの作家、アイラ・レヴィンが1978年に発表した同名戯曲。ベストセラー作家だったが、現在は大学で教鞭をとるシドニーが、受講生クリフォードが執筆した「デストラップ」という小説を草稿からすべて盗もうと企てる神経戦をスリリングに描く。シドニーとクリフォードのほぼ2人劇ということもあり、役者の技量が如実に作品に反映される作品だが、初演ではアドリブもふんだんに盛り込み、コミカルでありながら、息をのむような反転シーンもある上質なサスペンス劇に仕上がっていた。

deathtrapA今回の再演は、初演キャストのクリフォード役のなかでも一番人気だったユン・ソホに加え、イム・ビョングン、イ・チュンジュとミュージカルでは安定した評価を得てきた2人が、歌なしの芝居に本格挑戦するのが見どころ。対するカン・ソンジンとイム・チョリョンは、物語を牽引する役割も果たすシドニー役をどう消化するのか楽しみだ。

本作で一躍若手演出家のホープとなったキム・ジホが、ミュージカル『アガサ』の演出を経て本作の再演にどう臨むのか注目されている『デストラップ』は4月25日からDCFデミョン文化工場2館で開幕する。


 【公演情報】
演劇『デストラップ』deathtraposter
4月25日~6月28日 DCFデミョン文化工場2館

出演:カン・ソンジン、イム・チョリョン、イム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ、ソ・ジユ、イム・セッピョル、ファン・ミヨン、キム・グッキ、キム・ミヨン、チョン・ジェウォン、チョン・ジェヒョク
プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン、演出・翻訳:キム・ジホ

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]演劇『デストラップ』新キャストを迎えて再演!

[PLAY]演劇『デストラップ』新キャストを迎えて再演!

 

deathtrapposter昨年夏に初演し、客席占有率85%という大学路の小劇場演劇としては、記録的な大ヒットとなった、キム・スロプロジェクト第9弾となる演劇『デストラップ』が、多数の新キャストを迎えて早くも再演を果たす。

原作は映画『死の接吻』や『ローズマリーの赤ちゃん』などの原作者としても知られるアメリカの作家、アイラ・レヴィンが1978年に発表した同名戯曲。ブロードウェイで1800回超の公演を行い、トニー賞最優秀作品賞にノミネートされるほどの評価を得た作品だ。その後、名匠シドニー・ルメット監督によりマイケル・ケイン、クリストファー・リーヴ主演で1982年に『デストラップ・死の罠』として映画化もされている。

大学で教鞭をとる作家シドニーが、受講生クリフォードが執筆した「デストラップ」という小説を草稿からすべて盗もうと企てる神経戦をスリリングに描く物語。昨年の初演では“コミック・スリラー”と題して、コミカルな部分を強調し、俳優たちの絶妙なアドリブ合戦も見どころのひとつとなっていた。

deathtrap1

シドニー役のカン・ソンジン(左)とイム・チョリョン

かつては人気作家だったが、現在は故郷に戻り、妻と2人静かな余生を送る主人公シドニー・ブリュール役には、「朝鮮ガンマン」「神の贈り物:49日」などのドラマにも出演しながら、『イ・ギドン体育館』『ヨーロッパブログ』に続きキム・スロプロジェクト作品に出演するカン・ソンジンと、ミュージカル『壁抜け男』『美女はつらいの』では演出のみならず俳優としても出演していたイム・チョリョンが久々に舞台にお目見えする。

deathtrap2

(写真左から)クリフォード役のイム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ

対して、才能のみならず魅力的な外貌も兼ね備えた作家志望性クリフォード・アンダーソン役には、初演で圧倒的な人気を誇った『キンキーブーツ』のユン・ソホに加え、『スリル・ミー』『ブラック メリー・ポピンズ』のイム・ビョングンと、『ザ・デビル』『ママ、ドント・クライ』のイ・チュンジュが新キャストに加わった。

deathtrap3

マリア役のソ・ジユン(左)とイム・セッピョル

心臓病を患いながらも夫を支えようとするシドニーの妻マリア役にはキム・スロプロジェクト作品『不埒なロマンス』に出演経験のあるソ・ジユとイム・セッピョルが、本作に初挑戦する。

ほか、劇中に笑いをもたらす怪しい隣人ヘルガ役には映画『サッカー王』や演劇『恋愛時代』に出演したファン・ミヨンと、『パルレ(洗濯)』『おお!あなたが寝ている間に』のキム・グッキに加え、キム・スロが新人育成のために行っている「キム・スロワークショップ」で発掘された新鋭キム・ミヨンが抜擢されたほか、シドニーの友人である弁護士ポーター役のチョン・ジェウォン、チョン・ジェヒョクもやはりキム・スロに才能を見出された新人だ。

演出は昨年、新人ながら高い完成度に仕上げて一躍若手演出家のホープとなり、現在上演中のミュージカル『アガサ』の演出にも大抜擢されたキム・ジホが務める。新キャストを迎え、一段とアップグレードした作品を見せられるか、ここが正念場の再演となりそうだ。

4月26日から開幕する演劇『デストラップ』のチケットはインターパークで発売予定。


 【公演情報】
演劇『デストラップ』
4月25日~6月28日 DCFデミョン文化工場2館

出演:カン・ソンジン、イム・チョリョン、イム・ビョングン、イ・チュンジュ、ユン・ソホ、ソ・ジユ、イム・セッピョル、ファン・ミヨン、キム・グッキ、キム・ミヨン、チョン・ジェウォン、チョン・ジェヒョク
プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン、演出・翻訳:キム・ジホ

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。