イ・ホンイの「ソウルde演劇めぐり」Vol.17

 

韓国語版『女優の魂』そして、『続・女優の魂』

joyunotamasii1今年の1月、私のほか、演出家マ・ドゥヨンと翻訳家マ・ジョンファがメンバーになっている劇団ディレクターグ42は、大学路の恵化(ヘファ)洞1番地という劇場で、『岡田利規短編小説選―女優の魂、続・女優の魂』(오카다 토시키 단편소설전-여배우의 혼, 여배우의 혼 속편)という演劇を上演しました。
これは、岡田利規が2012年に『美術手帖』で発表した短編小説「女優の魂」と、新しく執筆中の未発表/未完成の小説「続・女優の魂」の一部をひとつの演劇作品にしたものでした。「女優の魂」は、日本で佐々木幸子による一人芝居として舞台化(2012年、横浜STスポット初演)されたことがありましたが、韓国版では女優一人と美術作家一人が出演する、パフォーマンスとインスタレーションをミックスした二人芝居として制作しました。

この演劇が11月23日から27日まで、東京・アトリエ春風舎にて上演されます。韓国の演出家と俳優による韓国語上演で、日本語字幕が提供されます。この公演が実現できたのは、日本では岡田利規の戯曲が他の演出家によって制作された事例はほとんどなく、珍しいからではないでしょうか? その理由は、作・演出家としての岡田利規の世界/芸術観が非常にユニークで堅固なもののため、彼の戯曲を読んで新しい演出を試みることがなかなか難しいからかもしれません。個性の強い岡田利規の演出は韓国でも話題となり、多くの若手アーティストや舞台関係者が刺激を受けました。そのためか、1月の本作品上演後、韓国のある評論家が、翻訳とドラマターグを務めた私に「これは岡田作品の演出らしくない!」とわざわざ電話してきたくらい、演出家の岡田利規は韓国でも愛され、支持されているのです。

この作品には、約10年間、演劇俳優をしてきた女優小山サダ子が登場します。彼女は自分の職業を愛していますが、もう続けることはできません。何故ならば、死んでしまったからです。彼女に役を奪われた後輩の女優が彼女を嫉妬し、殺してしまったのです。仕方なく死後の世界に入ろうとしたとき、彼女はそこで、芸術家になりたいけどなれなくて、しかも芸術家の意味もわからずに自殺した男性、和歌山に会います。二人は死後の世界への転入申告をするために書類を書きます。そのなかに、職業を継続することを希望するか/しないかを問う質問を発見する二人。女優を続けられることが嬉しい小山。一方、和歌山は「人種を変えることはできるか?」と聞きます。彼は日本人のままならば、芸術家を希望しないというのです。

joyunotamasii2「女優の魂」はここで終わります。実は真剣な話をこんなに愉快な想像力で描き出すことができるなんて! と、驚きつつ、演出家マ・ドゥヨン、女優チョ・アラ、美術作家イ・サンホンはこの小説を舞台化しながら、たくさん話し合いました。いくつかの単語だけ変えれば、自分自身を見ているような生々しい物語だからです。私たちは公演を準備しながら約40分の「女優の魂」とともに上演するもう一つの作品を探しました。この願いに答えてくれたのは、やはり作家の岡田利規! ちょうど続編を書く予定だったと話してくださり、「続・女優の魂」の原稿を少しずつ送っていただきました。その原稿には、死後の世界で大劇場の舞台女優になり演技を錬磨する小山がまた登場します。そして落ち込んだ状態から逃れられず、さらに奈落の底に落ちてしまった和歌山がもう一度蘇る過程が描かれます。死後の世界では、また書類を出せば生き返ることも可能だったのです。

1月の韓国初演では、演劇・芸術をめぐる愛情、風刺、皮肉が効いたブラックコメディーとして客席を揺らしました。レビューのなかには「現実的な論理を軽く超えてしまう自由な想像力が、すっきりした気分を感じさせる」「自分たちが持っているものを自由に表現し、観客に声をかける方法を知っている劇団だ」(演劇評論家キム・オクラン/月刊『客席』2016年3月)というような劇評も出て、とても嬉しかったです。俳優、演出家、美術作家、翻訳家だけではなく、舞台・衣装・照明デザイナーまで、「私たちそれぞれが、自分の芸術を精一杯やっていますねー」と言い交わしたくらい、私たちは50席しか置かれていない小さな劇場のなかで、無限に自由を感じることができたのです。
10カ月ぶりの再演となる日本公演では、少し形を変えていますが、日本の観客の皆さんが岡田利規の演出を見られない失望の代わりに、“作家”岡田利規が生み出した鋭くて奇抜なセリフから新しい発見ができる機会になればいいなと思っています。もし、まだ岡田利規の作品をご覧になったことがないようでしたら、何の先入観もないうちにこの愉快な作家による死後の世界を満喫していただけたら嬉しいです。ご期待をよろしくお願い致します。

韓国語翻訳版「わたしたちに残された時間の終わり」

余談ですが、1月の韓国初演を見に来てくださった観客の中には、韓国の出版社アルマの方々もいらっしゃいました。岡田利規の作風にひとめぼれしたという出版社の代表から、翻訳・出版の提案をいただき、異例の猛スピードで今年の8月に『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(우리에게 허락된 특별한 시간의 끝)韓国版を出版しました。韓国で出版された初の単行本であるこの本のカバーは、和歌山を演じた美術家イ・サンホンがイラストを担当しました。(そのイラストはシールにもなりました)この単行本を始め、岡田利規の小説はこれからも韓国で翻訳し紹介されていく予定です。


【公演情報】
フェスティバル/トーキョー16連携作品
ディレクターグ42
岡田利規 短編小説選 『女優の魂』『続・女優の魂』
2016年11月23日~11月26日 アトリエ春風舎(⇒劇場アクセス)

<出演>
チョ・アラ/イ・サンホン

原作:岡田利規/演出:マ・ドゥヨン/翻訳・ドラマターグ:イ・ホンイ

●こまばアゴラ劇場公式サイト⇒ http://www.komaba-agora.com/play/3685

写真提供:ディレクターグ42 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


←コラム第16回 | コラム第18回→