[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国10周年記念公演 シカネーダー役に人気トロット歌手合流

[MUSICAL]『モーツァルト!』韓国10周年記念公演 シカネーダー役に人気トロット歌手合流

 

シカネーダー役で出演するシン・インソン ©EMKミュージカルカンパニー

6月11日に開幕を控える『モーツァルト!』韓国10周年公演。シカネーダー役にトロット歌手シン・インソンが電撃合流したことが発表された。

いま空前の韓国演歌=トロット旋風が巻き起こっている韓国。そのきっかけを作ったのが、ケーブルテレビチャンネル「TV朝鮮」で3月まで放送されていた「ミスタートロット」という音楽番組。(⇒番組公式サイト) トロット版のサバイバルオーディション形式で放送されたこの番組は、老若男女に広く支持され、ケーブルテレビ番組としては驚異的な35%超えの最高視聴率を記録するほどの人気を博した。番組終了後、出演していた歌手たちはさまざまなバラエティ番組でひっぱりだこの状態だ。
また、『モーツァルト!』に主演するキム・ジュンスが審査委員の一人として久々にテレビ出演していたことから、この番組に注目していたファンも多かっただろう。

トロット歌手がミュージカルに!? と驚くことなかれ。今回シカネーダー役に抜擢されたシン・インソンは多数の名優を輩出しているソウル芸術大学演技科出身。毎年大邱市で開催されている「大邱国際ミュージカルフェスティバル」から誕生したミュージカル『トゥーランドット』や、ソウルの貞洞劇場で上演している『赤壁』などの小劇場作品にも出演経験のある俳優兼歌手なのだ。

ミュージカル『トゥーランドット』2019年出演当時の映像(右から2人目がシン・インソン 大邱ミュージカルフェスティバル公式YouTubeチャンネルより)

「『モーツァルト!』の10周年記念という意味ある公演に参加できて光栄だ」という彼は「ミュージカル俳優として活動してきましたが、こんなに大きな作品には初めて名前を乗せるのでとても緊張します。『ミスタートロット』に出演していたとき、今回ヴォルフガングを演じるキム・ジュンス先輩が審査委員でしたが、今回同僚の俳優として同じ舞台に立つことができて本当に光栄で、もっと頑張りたいです」と語り「大学でミュージカル俳優を夢見て初めて見たミュージカルが『モーツァルト!』の韓国初演でした。そんな私が10周年記念公演に合流できるなんて夢のようです。 『モーツァルト』が10年を重ねたように、私のミュージカル人生も一緒に育ってきた。ミュージカル俳優として望んできた夢の舞台で“シン・インソンだけができるシカネーダー”を披露します」と力強い抱負を伝えている。

エアロビクスでトロットの名曲を歌うシン・インソン(TV朝鮮公式YouTubeチャンネルより)

「ミスタートロット」では、エアロビクス、ポールダンス、サンバなどを取り入れたトロットらしからぬユニークなパフォーマンスを見せ、舞台の経験も生かして高難度の振り付けを完璧にこなす驚異的キャラクターで注目を集めた。そんな彼だけにシカネーダー役を通して『モーツァルト!』10周年公演を盛り上げる一人となるだろう。なお、シン・インソンは7月公演から出演予定だ。


【公演情報】
ミュージカル『モーツァルト!』韓国10周年記念公演
(<모차르트!> 10주년 기념 공연)
2020年6月11日~8月9日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ヴォルフガング・モーツァルト役:キム・ジュンス、パク・ウンテ、パク・ガンヒョン
●コンスタンツェ役:キム・ソヒャン、キム・ヨンジ、ヘナ
●コロレド大司教役:ミン・ヨンギ、ソン・ジュノ
●レオポルト役:ユン・ヨンソク、ホン・ギョンス
●ヴァルトシュテッテン男爵夫人役:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン
●ナンネール役:チョン・スミ、ぺ・ダへ
●セシリア・ウェーバー役:キム・ヨンジュ、ジュア
●シカネーダー役:ムン・ソンヒョク
●アルコ伯爵:イ・サンジュン

総括プロデューサー:オム・ホンヒョン/プロデューサー:キム・ジウォン/脚本・作詞:ミヒャエル・クンツェ/作曲・オーケストレーション:シルベスター・リーヴァイ/芸術監督:ユ・ヒソン/演出:エイドリアン・オズモンド/韓国語歌詞:パク・ヨンミン、イ・ソンジュン、パク・インソン、キム・ムンジョン、クォン・ウナ、パク・チョンフィ/協力演出:クォン・ウナ/音楽監督・指揮:キム・ムンジョン/振付:ジェイミー・マクダニエル/舞台:ソ・スクジン/衣装:ハン・ジョンイム/照明:グ・ユニョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユンヒョン/音響:キム・ジヒョン/舞台監督:チョン・ウニョン

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。