西部戦線

土田真樹の「エーガな日々」Vol.9

土田真樹の「エーガな日々」Vol.9

 

イ・ギョンヨン -逆境から復活を遂げた往年のスター-

lgy1

『パイレーツ(海賊)』(2014)と『暗殺』(2015)記者会見でのイ・ギョンヨン ©Maki Tsuchida

映画やドラマを見ていると名前を知らなくても「この人、見たことある」という俳優がいると思います。
中でも最近やたらと露出が多いのが、イ・ギョンヨンです。今年の夏休み期間中に公開された映画だけでも『暗殺(암살)』『ベテラン(베태랑)』『侠女 追憶の剣(협녀 칼의 기억)』『ビューティーインサイド(뷰티인사이드)』『治外法権(치외법권)』と、毎週出演作が公開されるほどの売れっ子で、韓国映画界では、イ・ギョンヨンが出演しているか、していない映画かに分けられるほど。今でこそ、ロマンスグレーな悪役を演じることが多いイ・ギョンヨンですが、1990年代にはスター俳優として活躍していました。今回はイ・ギョンヨンについて掘り下げてみましょう。

lgy2

初主演作『秋旅行』(1992)(左)と出世作『雨降る日の水彩画』(1989)より

韓国中部に位置する忠州(チュンジュ)で生まれたイ・ギョンヨンは、医者になることを夢見ていましたが、映画好きが高じて漢陽(ハニャン)大学で演劇を学びます。1987年に映画『燕山日記(연산일기)』の端役でデビュー。するとすぐに韓国映画界の巨匠イム・グォンテク監督の『アダダ(아다다)』(1987)のスリョン役に抜擢され、その名が知られるようになりました。
しかしながら、役者としての注目度はイマイチで、彼の出世作となったのは、『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督のデビュー作でもある『雨降る日の水彩画(비 오는 날의 수채화)』(1989)でしょう。主役は当時の美男子スター、シン・ソンイルの長男であるカン・ソッキョンだったのですが、主役を食うほどの存在感を示し、彼の飄々とした演技と甘いマスクは、多くの韓国女性を魅了しました。1989年といえば、僕が韓国に移住した年であり、リアルタイムで映画館で見た作品だけに、名前も知らないこの役者は売れるな、と確信したのを覚えています。
それからは多くの作品に出演するようになるのですが、主演俳優に次ぐナンバー2的な役回りが多いながらも次第に顔を知られるようになっていきました。
満を持して主役となったのは、クァク・ジェヨン監督の第2作である『秋旅行(가을여행)』(1992)です。当時絶大な人気を誇ったハイティーンスターであるイ・ミヨンの相手役でした。感覚的な映像と音楽が心地よい爽やかな青春ロードムービーだったのですが、興行面では苦戦を強いられたものの、イ・ギョンヨンの時代がついに来たと感じさせる映画でした、余談ですが、劇中にイ・ギョンヨンをモデルにしたコンピューターゲームが登場し、クァク・ジェヨン監督はこれを「韓国映画初のCG」と主張しています(笑)。

lgy3

イ・ギョンヨン監督作品『帰天図」(左)と『夢中人』のポスター

その後はラブコメから社会派まで、ジャンルを問うことなく多くの作品に主演して、1990年代はアン・ソンギ、パク・チュンフンと並ぶ人気を誇りました。そしてついには監督業に進出し、剣劇SF映画『帰天図(귀천도)』(1995)を多くの作品で共演した盟友キム・ミンジョンを主演に迎えてメガホンを取ります。人気スターが撮った映画とあり話題にはなりましたが、お世辞にも完成度が高いとは言えない映画でした。
それでも監督への執念はついえることはなく、故郷の忠州を舞台にした映画『夢中人(몽중인)』(2001)を撮ります。イ・ギョンヨン自身が主演し、ハ・ヒラ演じるヒロインとの友情に近い30代の恋、日本人妻との間にできた愛娘ユメとの親子愛を描いた甘く切ないラブロマンス映画でした。
イ・ギョンヨンにとっては、この頃が一番よい時代だったといえます。

役者として監督として順風満帆だったイ・ギョンヨンですが、まさかのスキャンダルで人生を狂わせてしまいます。
未成年者と性行為を行ったとして2002年に警察に逮捕され、裁判の結果、懲役10カ月、執行猶予2年の刑が確定しました。自身が主演し、中年男性と若い女性との恋を描いたドラマ『青い霧(푸른안개)』(2001)を実践したとして、当時は大騒ぎになりました。
イ・ギョンヨンは家族も仕事も名誉も失い、事件後に母親までも亡くしてしまい、ただじっと耐えるしかない謹慎生活を送っていました。彼自身、後日談として「虚偽の報道がなされた部分もあるが、関係を持ったのは事実」と罪を認めることしか、自分にできることがなかったと語っています。

lgy4

『折れた矢』(2011年) ©アウラピクチャーズ

執行猶予が明けた後も彼がスクリーンやテレビに登場することはありませんでした。そんな彼に真っ先に手を差し伸べたのが初監督作にも起用するほどかわいがっていたキム・ミンジョンでした。小さい役ではありましたが、キム・ミンジョン主演の映画『シュロの森(종려나무 숲)』(2005)に出演しました。芸能活動は再開したものの、出演するのは友情出演や特別出演ばかり。色モノに見られても、とにかく演じることに飢えていたイ・ギョンヨンは、なりふり構わず、出演オファーがあれば断ることなく受けてきました。
そうしている内に出演作はどんどん増え、2011年には『折れた矢(부러진 화살)』『カウントダウン(카운트 다운)』など8本の作品に出演しました。2012年は10本に出演し、以降は毎年10本前後の作品をこなしています。10本という数字ですら驚異的ですが、同時に昨年大ヒットした『ミセン(未生)』などのケーブルテレビドラマにも出演するなど、いまでは韓国の芸能界で最も多忙な俳優のひとりであるのは間違いありません。
彼がこれだけ多くの作品に出演するのは、演じることへの渇望、借金返済のためなど様々な理由があるでしょうが、根本的なことは彼を起用する側にあります。韓国の韓流スターといえば、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホン、チョン・ウソンなど、いずれも40代男優の層が厚いのに対し、50代の男優の層はかなり薄いといえます。イ・ギョンヨンは悪役からロマンスまでをこなす演技の幅プラス色気があります。50代で艶のある中高年俳優はイ・ギョンヨンが唯一無二と言っても過言ではないでしょう。演じることへの渇望と俳優不足、両者の利害が合致することにより、今日のイ・ギョンヨンがあるといえるでしょう。

lgy5

『西部戦線』(2015) ©ロッテエンターテインメント

彼の最新作は、9月24日に韓国公開されたソル・ギョング&ヨ・ジング主演の『西部戦線(서부전선)』。部下に無茶な命令を出す韓国軍中佐という嫌な奴ですが、それでも彼にはそうせざるをえない理由があったというのが映画のラストで明らかになります。
大活躍のイ・ギョンヨンですが、地上波のドラマだけは未だに出演を果たせていません。イ・ギョンヨンが地上波に復帰し、完全復活を遂げる日は、そう遠くないと僕は信じています。

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

←コラム第8回 | コラム第10回→

土田真樹の「エーガな日々」Vol.4

土田真樹の「エーガな日々」Vol.4

 

「2014年韓国映画総括&2015年の期待作は?」

新年の挨拶が遅くなってしまいましたが、今年もよろしくお願い致します。久々のコラム更新は2014年を振り返ると同時に2015年に向けての展望を占ってみようと思います。

명량 최민식 ㄹ류승룡

李舜臣(イ・スンシン)将軍を演じたチェ・ミンシク(写真左)、来島通総(くるしまみちふさ)役のリュ・スンニョン  <『鳴梁』プレス試写会より>©Maki Tsuchida

명량

主要キャストが勢ぞろい!『鳴梁』プレス試写会より ©Maki Tsuchida

2014年の韓国映画界における最大イシュー(話題)は、やはり慶長の役における豊臣水軍と朝鮮水軍の海戦を描いた『鳴梁(명량 ミョンリャン)』の大ヒットだったでしょう。それまで韓国映画界最大のヒット作は観客動員数約1300万人を動員した『グエムル 漢江の怪物』だったのですが、『鳴梁』は、更に400万人以上を上回る1700万人以上の観客動員数を記録しました。朝鮮軍が豊臣軍を破った史実を描いているのですが、細部や歴史解釈に関する部分は日本のモノとは違っており、日本から見ると国辱映画となるかもしれませんが、ともあれ韓国では大ヒットとなりました。
日本の大河ドラマにおける明治維新や戦国時代の武将のように、これまで何度も映像化されてきた物語なのですが、様々な登場人物の人間模様を描いて、感情移入しやすいキャラクターを散りばめたこと。そして上映時間の半分を占める迫力ある海戦シーンなど、確かに見どころはたくさんあったのですが、最大のカタルシスは、日本に勝つという爽快さではなかったでしょうか。キム・ハンミン監督は前作『神弓-KAMIYUMI-(原題:최종병기 활)』(2011年)で、満州族の清軍との戦いを描いて観客動員数800万人を超える大ヒットを記録しており、ナショナリズムを刺激するエンターテイメント作りがお得意なのかもしれません。

一方、このような大作の影に隠れている感もありますが、韓国インディーズの躍進も見逃せません。特筆すべきは、大手の配給会社がインディーズ映画に投資・配給を行うようになったことは、インディーズ映画界にとって新たな配給モデルとなりました。中でも、最も話題となったのは、『ハン・ゴンジュ 17歳の涙(原題:한공주)』に主演して、第35回青龍映画賞で主演女優賞も受賞したチョン・ウヒの発見ではないでしょうか。チョン・ウヒは1987年生まれ。女優としては遅咲きと言えるでしょうが、今年はファン・ジョンミンと共演する『哭声(곡성)』(仮題)などへの主演が決まっており、第2のムン・ソリになるのでは? と、私が注目している女優です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青龍映画賞で4冠を達成!『ハン・ゴンジュ 17歳の涙』のポスターと主演のチョン・ウヒ ©Maki Tsuchida

2014年の公開作の中には、韓流スターが出演しているにもかかわらず、興行面で惨敗する作品も目立ちました。ソン・スンホンが不貞の夫を演じた『情愛中毒(原題:인간중독)』は、露出シーンが話題になりましたが、観客動員数には直結しませんでした。ソン・へギョ、カン・ドンウォンと、2大韓流スター主演の『ドキドキ私の人生(두근두근 내 인생)』もしかり。興行失敗の最大の原因といえるのが、映画で最も大事な要素であるキャラクターに共感できないことでした。
一方、2014年に観客動員数1000万人を超えた映画の主人公は、『弁護人(변호인)』(※公開は2013年12月)ソン・ガンホ、『鳴梁』はチェ・ミンシク、12月に公開し、2月現在もまだロングラン上映している『国際市場で逢いましょう(原題:국제시장)』はファン・ジョンミンと、いわゆる韓流スターではなく、演劇畑出身の実力派中堅俳優であることがわかります。それと同時に観客層にも変化がありました。これまでの映画館の観客は若い人が中心だったのですが、これらの作品は明らかに中高年が多いのです。
韓国では2014年のトレンドが映画のみならず、様々な分野で復古風(복고풍 ポッコプン)という言葉で表現されるレトロ感覚が幅をきかせていました。この流れは2015年も続いており、ユ・ハ監督の“街(거리)3部作”の最終章となるイ・ミンホ主演の『江南1970(강남 1970)』、1960~70年代にフォークブームの拠点となった音楽喫茶を舞台にした『セ・シ・ボン』など、1960年代、70年代を時代背景にした作品が劇場公開され、興行面でも成功を収めています。

서부전선

『ブラザーフッド』『シルミド』などを超える大ヒット作となるか!? ソル・ギョング&ヨ・ジング主演『西部戦線』

ところで、2015年は復古風だけではなく、多様な映画がラインナップしています。
朝鮮時代を背景にした映画では、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン主演の『侠女、刀の記憶(협녀, 칼의 기억)』。義兄弟の絆を裏切った男とそれを許さない女が、時を経て対峙するストーリーで、劇中では舞うような剣アクションを見せてくれることでしょう。一方、リュ・スン二ョン、ペ・スジ(miss A)、ソン・セビョク、キム・ナムギル出演の『桃李花歌(도리화가)』は朝鮮時代に実存したパンソリの名手、シン・ジェヒョの愛の物語を描いた作品で、こちらも見逃せません。
愛の物語といえば、主演のチョン・ウソンが制作も手掛け、キム・ハヌルと豪華共演を果たした『私を忘れないで(나를 잊지 말아요)』は、事故で記憶を失った男が、自分の過去を思い出せないまま新しい恋に落ち、消えていた10年間の記憶を埋めていくというストーリーです。
他にも1953年6月25日の朝鮮戦争を背景に南北の兵士が孤軍奮闘する、ソル・ギョング、ヨ・ジング主演の『西部戦線(서부전선)』や、リュ・スンワン監督が『国際市場』で再ブレーク中のファン・ジョンミンと『生き残るための3つの取引(原題:부당거래)』以来、約4年ぶりにタッグを組んだ『ベテラン(베테랑)』は、ベテラン刑事の活躍を描くアクションノワールです。
2015年も魅力的な作品が劇場公開を控え、韓国映画から目が離せない年になりそうです。

←コラム第3回 | コラム第5回→