芸術の殿堂オペラ劇場

[コラム]EMKの新作創作ミュージカル『ベートーヴェン』がついに動き出す!

[コラム]EMKの新作創作ミュージカル『ベートーヴェン』がついに動き出す!

 

韓国ミュージカル『ベートーヴェン』オーディション告知(EMKミュージカルカンパニー公式インスタグラム より)

EMKミュージカルカンパニー(以下EMK)が『マタ・ハリ』『笑う男』『エクスカリバー』に次いで制作する4作目のオリジナル作品『ベートーヴェン(베토벤)』のオーディション告知が公式SNSに公開されました。
『モーツァルト!』『エリザベート』『レベッカ』『マリー・アントワネット』など、日本で先行して上演後、韓国に上陸し多くのミュージカルファンに賞賛された名作を生んだクリエイターコンビ、ミヒャエル・クンツェ(脚本)&クリストファー・リーヴァイ(作曲)の新作です。

SNSではオーディション実施内容に加え、上演日程や登場するキャラクター名も公開。
2023年1月13日~3月26日(予定)芸術の殿堂オペラ劇場で世界初演となります。
5月中に主要キャスト、子役、アンサンブルを公募~選定し、11月から稽古を開始予定とのこと。

韓国ミュージカル『ベートーヴェン』オーディション募集キャラクター(EMKミュージカルカンパニー公式インスタグラム より)

オーディションで募集されているキャラクターは以下のとおり。

●ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 루드비히 반 베토벤
●アントニー・ブレンターノ(慈善家/不滅の恋人?)안토니 브렌타노
●ベッティーナ・ブレンターノ(作家/フランツの妹)베티나 브렌타노
●フランツ・ブレンターノ(哲学者/アントニーの夫)프란츠 브렌타노
●カスパール・ヴァン・ベートーヴェン(ルードヴィヒの弟)카스파 반 베토벤
●バプティスト・ピチョク(?)밥티스트 피초크
●フェルディナンド・キンスキー侯爵(貴族/パトロン)페르디난드 킨스키 군주
●ヨハンナ・ライス(カスパールの妻)요한나 리이스
●フランツ・グリルパルツァー(劇作家)프란츠 그릴파르처
●シュミット教授(主治医)슈미트 교수
●ユリア(?)율리아
●ダンサー 음악의 혼령들(音楽の霊魂たち)
●子役 토니의 이이(トニーの子供)

※(かっこ)内はベートーヴェンを中心とした人間関係を調べてみました。(?)の部分がどんな人か分かる方、いらっしゃいましたら教えてください。

2019年にクンツェ&リーヴァイ両氏をゲストに行われた記者会見では、当初2021年にワールドプレミア予定とのことでしたが、コロナ禍の影響もあり2023年にずれ込んだ模様。
クンツェさんがベートーヴェンを「30代半ば、社会に適応できない抵抗家」として描くと発言しておりベートーヴェンの全盛期を中心に、『モーツァルト!』のごとく天才芸術家の苦悩と葛藤が描かれる作品になりそうです。

2019年当時の韓国メディアの記者会見記事(ブリッジ経済)は⇒こちら

また、ベートーヴェンが42歳のときに書いたとされる手紙のなかで“不滅の恋人”と呼んでいた相手は誰か? という謎は、舞台や映画にもなるほど有名なエピソード。“不滅の恋人”には諸説あるそうですが、このキャスト順からアントニー・ブレンターノと設定したことになります。ベートーヴェンとアントニーが知り合った当時、アントニーはすでに結婚していたそうですから、果たしてどんな展開となるのやら? 韓国ではエンタメ作品で不倫を大々的に取り上げると否定的に見られる傾向にあるので、さじ加減をうまくやらないといけませんね。

ベートーヴェンをはじめ各キャストを誰が演じることになるのか? 演出家やスタッフはどんな顔ぶれが? と興味は尽きません。ダンサーには「音楽の霊魂たち」と注釈が書かれ、アクロバティックや武術ができる人を募集しているので、『エリザベート』におけるトートダンサーズのようなキャラが出るのかも?

そして本作もまた過去のEMK創作作品と同様に、追って日本版が上演されることになると思います。

【5月16日追記】

プレスリリースが公開され、作品の概要が分かってきました。

ベートーヴェンは「厳格な道徳性と名誉を重視するが、慣習にこだわらない自由なアーティスト」として描くそうです。

そのほか、作品についての重要な説明が2点ありました。
①「楽聖としての姿だけではなく、時代を生きていく一人の青年である彼が内面の自我を訪ねていく過程を重点的に描く予定」
②「クラシック音楽の巨匠ベートーベンが誕生させた不朽の名曲を変奏または借用し、人間が持つ感情、本質、核心を表現する」

やはり『モーツァルト!』的な描き方になりそうですね。

ちなみに韓国では『ルドウィグ:ベートーヴェン・ザ・ピアノ(루드윅: 베토벤 더 피아노)』という小劇場創作ミュージカルが2018年から上演されています。
ベートーヴェンが見知らぬ女性マリーに息子ヴァルターへピアノを教えて欲しいと頼まれ、幼きヴァルターに自身の人生を投影するというフィクションですが、ベートーヴェンが晩年、弟カスパールの息子の後見人となり溺愛していたという史実をベースにしているようです。
この作品は2022年5月末まで上演中のEMK初の小劇場創作ミュージカル『フリーダ(프리다)』(⇒トレイラー映像)のチュ・ジョンファ作・演出&ホ・スヒョン音楽監督コンビの作品です。なかなか面白い作品だったので、再演された際にはこちらもチェックしてみてください。

●『ルドウィグ:ベートーヴェン・ザ・ピアノ』初演時プレスコール映像(約40分/聯合ニュース公式YouTubeチャンネルより)

文:さいきいずみ(韓劇.com)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『明成皇后』20周年記念公演 キャストイメージ&ポスター公開!

[MUSICAL]『明成皇后』20周年記念公演 キャストイメージ&ポスター公開!

 

myun1

明成皇后役のキム・ソヒョン

今年で20周年を迎え、豪華キャストとともに記念公演を行うミュージカル『明成皇后』のキャストイメージ写真が公開された。

7月28日に開幕する『明成皇后』は、これまで観客に20年間にわたり愛されてきた作品性に加え、現代的感覚も盛り込んで、最大級のアップグレードをはかるという。
ユン・ホジン演出家は「既存の『明成皇后』の根幹を崩さない範囲内での、キャストたちの比重やイメージの変化、劇中のナンバーの追加など、音楽的変化、舞台映像の強化、シーンの追加またはストーリー構成の変化など、細かい部分まで修正、補完作業を進行中だ」と語った。20年にわたる作品性と興行性を検証されている『明成皇后』が、どのような姿で再度誕生するのか、注目されている。

myun2

明成皇后役のキム・ソヒョン(左)とシン・ヨンスク

20周年記念公演の最大の目玉が豪華キャストの出演だ。明成皇后を演じるのは韓国ミュージカル界で、あらゆる大作でメインキャストを演じてきたキム・ソヒョンとシン・ヨンスク。劇中、明成皇后とのロマンスも繰り広げる武官ホン・ゲフン役にはキム・ジュンヒョン、パク・ソングォン、Teiが新たにキャスティングされ、3人3様の男らしいヒーロー像を見せてくれそうだ。
また、明成皇后とともに朝鮮王朝の終末を見届けることになる高宗(コジョン)役にはミン・ヨンギとパク・ワン。そして明成皇后暗殺の首謀者となる三浦役をキム・ドヒョンとキム・ボムレと、その実力でミュージカルファンに支持されてきた男優たちがズラリと揃っている。

myun3

(写真左から)ホン・ゲフン役のキム・ジュンヒョン、Tei、パク・ソングォン

myun4

高宗役のミン・ヨンギ(左)とパク・ワン

myun6

三浦役のキム・ドヒョン(左)とキム・ボムレ

また、今回は先行して発表されていた9人に加え、高宗の父、興宣大院君(フンソンデウォングン)役のキャスティングも発表された。『ジキル&ハイド』『ゾロ』『フランケンシュタイン』などの大作で、重厚かつ安定感のある名演を見せてきた大ベテラン、イ・ヒジョンと、『英雄』『ヴォイツェック』など、ACOM INTERNATIONAL作品には欠かせない名脇役、チョン・ウィウクがWキャストでが再び大院君を演じることになった。

myun5

興宣大院君役のイ・ヒジョン(左)とチョン・ウィウク

myunsonposter1

20周年記念公園のポスター3種

さらにこれまでとは違い、大きく「20th Anniversary」の金文字が輝くモダンなデザインの公演ポスターも公開され、アップグレード感をアピールしている。新キャストと再登板の俳優の融合により、一段と強力となって今後の20年を目指すという『明成皇后』は、7月28日~9月10日まで芸術の殿堂オペラ劇場で上演される。プレビューと1次チケットの販売は6月11日(木)午前11時から、インターパーク芸術の殿堂のホームページで発売開始される。


myunsonposter【公演情報】
ミュージカル『明成皇后』(명성황후)
2015年7月28日~9月10日 芸術の殿堂オペラ劇場

出演:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン、キム・ジュンヒョン、パク・ソングォン、Tei、ミン・ヨンギ、パク・ワン、キム・ドヒョン、キム・ボムレ

写真提供:ACOM INTERNATIONAL ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『明成皇后』20周年公演にシン・ヨンスク&キム・ソヒョンW主演!

[MUSICAL]『明成皇后』20周年公演にシン・ヨンスク&キム・ソヒョンW主演!

 

meisei

韓国を代表する大型創作ミュージカル『明成皇后』が初演から20周年を迎え、記念公演の豪華キャストが発表された。
主人公、明成(ミョンソン)皇后は、朝鮮王朝26代王、高宗(コジョン)の正妃で、日本では閔妃(みんび)とも呼ばれている。朝鮮王朝は26代で滅びたことから、明成皇后は朝鮮王朝最後の王妃と呼ばれている。朝鮮王朝から大韓帝国へと国号が移行する前の1895年に起きた「乙未事変(いつびじへん)」により日本人の刺客に暗殺されるという非業の最期を遂げた人物だ。

ミュージカル『明成皇后』は、韓国では独立運動の義士と称えられている安重根(アン・ジュングン)の半生を舞台化した『英雄』も制作したACOM INTERNATIONALの代表ユン・ホジンの演出で、明成皇后の死後100年となった1995年に初演された。小説家イ・ムンヨルの「キツネ狩り」を原作に、当時としては破格の12億ウォンを投じて制作。翌年の韓国ミュージカル大賞では大賞ほか主要賞を総なめしたほか、1997年にはニューヨークのリンカーンセンターで米国公演も実施したことから、韓国ミュージカルを代表する作品として現在も君臨している。
20年間で、再演や地方公演も多数行ってきた本作だが、4年ぶりのソウル公演となる今回は、20周年記念公演を迎えるにふさわしい豪華キャストが揃った。

明成皇后役は、キム・ソニョンとシン・ヨンスクがWキャストで演じる。
キム・ソニョンは『エリザベート』『マリー・アントワネット』など近年大型作品でタイトルロールを演じているほか、テレビの子育てバラエティー番組にも出演して注目を集めている。一方のシン・ヨンスクは『モーツァルト!』『レベッカ』などで“ショーストッパー”と呼ばれるほど、究極の声をもつ実力派女優だ。

myonson1

(写真左から)ホン・ゲフン役のキム・ジュンヒョン、パク・ソングォン、Tei

一方の男性主人公となる、乙未事変で最後まで明成皇后を守ろうとした武臣ホン・ゲフン(洪啓薰)役には、現在『ドリームガールズ』出演中、日本の『レ・ミゼラブル』でジャン・バルジャン役を演じた劇団四季出身のキム・ジュンヒョン、『風と共に去りぬ』『英雄』などで助演ながら存在感を見せてきたパク・ソングォン、『シャーロック・ホームズ』に続くミュージカル挑戦となる歌手のTeiが務める。

myonson2

高宗役のミン・ヨンギ(左)とパク・ワン

朝鮮王朝26代王、高宗役には『三銃士』『ジャック・ザ・リッパー』などの日本公演にも出演したミン・ヨンギと、『レベッカ』初演の紳士的なフランク役で人気を集めたポッペラ歌手のパク・ワンが演じる。声楽出身らしい抜群の歌唱力で高貴なキャラクターを多数演じてきた2人が、高宗をどう演じるのか期待されている。

myonson3

三浦役のキム・ドヒョン(左)とキム・ボムレ

そして、明成皇后殺害の首謀者とされている三浦梧楼役を、キム・ドヒョンとキム・ボムレが務める。かつて三浦役を演じた経験があるベテラン2人が、本作のキーマンとなる人物に再登場して注目を集めている。
韓国ミュージカル史上初の20周年公演となる『明成皇后』は、7月28日より芸術の殿堂オペラ劇場で開幕する。


【公演情報】
ミュージカル『明成皇后』(명성황후)
2015年7月28日~9月12日 芸術の殿堂オペラ劇場

出演:シン・ヨンスク、キム・ソヒョン、キム・ジュンヒョン、パク・ソングォン、Tei、ミン・ヨンギ、パク・ワン、キム・ドヒョン、キム・ボムレ

写真提供:ACOM INTERNATIONAL ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。