[MUSICAL/PLAY]ドゥサンアートセンター 2015年間スケジュールを発表

 

image001

2015年 ドゥサン人文劇場 ラビア・ムルエ 演劇「雲に乗って」公演写真

充実した観劇環境と企画公演のクオリティの高さで、韓国の観劇ファンに厚く支持されているドゥサンアートセンターが2015年の年間スケジュールを発表し、パッケージチケットの販売と観客レビュー団の募集を開始している。

ドゥサンアートセンターは、人気のミュージカルや演劇を上演する中劇場「ヨンガンホール」と、劇場独自の企画公演を中心に上演する小劇場「Space111」の2つの劇場がある。ヨンガンホールは、貸館公演が多いため、すべてのスケジュールはまだ発表されていないが、来年も魅力的なラインナップとなっている。

●中劇場「ヨンガンホール」

上演中~2月8日 ミュージカル「シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密」
(셜록홈즈: 앤더슨가의 비밀)作・脚本・演出ノ・ウソン/作曲チェ・ジョンユン

2月18日~3月22日 ミュージカル「ゴン、ザ・バスカー」
(곤, 더 버스커)作・演出・音楽パク・ヨンジョン

6月18日~8月23日 ミュージカル「ベア」
(베어) 演出イ・ジェジュン/音楽監督ウォン・ミスル/振付チョン・ドヨン

9月16日~12月6日 音楽劇「密会」
(밀회) 演出サイモン・ハービー/原作ノエル・カワード

●小劇場 Space111

企画シリーズ<Doosan Art LAB>
1月8日~10日 演劇「チキン・ゲーム」
(치킨게임) 作・演出パク・ウン(劇団青いクマ)

1月15日~17日 ダウォン芸術「有目的漂流」
(유목적 표류)構成、演出、出演:キム・ミノン、クァク・ゴウン、チョン・ジンス

1月22日~24日 演劇「Dappertutto Studio」
(다페르튜토 스튜디오)作・演出チョッグク

1月29日~31日 ミュージカル「ミサリコーディア Misericordia」
(미제리꼬르디아)作キム・ドンファ/作曲チョ・ソニョン、キム・ジソン/演出キム・ミンジョン

2月5日~7日 演劇「女は泣かない」
(여자는 울지 않는다)作キム・ボラム/演出ブ・セロム

2月26日~28日 演劇「ブレイン・コントロール」
(브레인 컨트롤)作チョン・ジンセ/演出ジン・ヨン

<企画公演 ドゥサン人文劇場2015(두산인문극장 2015)>
3月28日~4月4日 演劇「雲に乗って」
(구름을 타고 Riding On a Cloud)作・演出ラビア・ムルエ(Rabih Mroue)

4月14日~5月16日 演劇「チャイメリカ」
(차이메리카 Chimerica)作ルーシー・カークウッド(Lucy Kirkwood)/演出チェ・ヨンフン

5月26日~6月20日 演劇「ヒッキー・ソトニデテミターノ」
(히키코모리 밖으로 나왔어)作・岩井秀人/演出パク・グニョン

<その他>
3月6日~22日 演劇「烈女春香」
(열녀춘향)作・演出キム・ヒョンタク

7月1日~5日 ダウォン芸術「ビビンプロジェクト」
(비빙프로젝트) 作曲・音楽監督チャン・ヨンギュ

7月10日~14日 演劇「冒険王」
(모험왕)作・演出平田オリザ

7月16日~26日 演劇「新・冒険王」
(신모험왕)作・演出平田オリザ、ソン・ギウン

8月1日~8月30日 演劇「ピローマン」
(필로우맨) 作マーティン・マクドナー/演出ビョン・チョンジュ

9月22日~10月17日 演劇「ドゥサン年間芸術賞 新作」
(두산연강예술상 신작)作キム・ウンソン

10月27日~11月21日 演劇「創作者育成プロジェクト 新作」
(창작자육성 프로그램 신작)作イ・ギョンソン

ヨンガンホールでは、1月に大学路で開催する「創作ミュージカル新作リレー公演」で先行上演される「ゴン、ザ・バスカー」や、「風月主」初演「マーダーバラッド」「ヨーロッパブログ」などを演出したイ・ジェジュンによるオフブロードウェイミュージカル「ベア(bare)」が予定されている。

Space111では2本の日本作品が上演される。劇団コルモッキル主宰パク・グニョンの演出により韓国キャストで上演する、岩井秀人作「ヒッキー・ソトニデテミターノ」は2012年にパルコ劇場にて吹越満主演で上演された作品。そして、青年団主宰の平田オリザが自伝的戯曲として上演した「冒険王」は、新作となる「新・冒険王」と続けて2作上演。「新・冒険王」は、第12言語演劇スタジオを率い、2013年に同劇場で「カモメ 가모메(カルメギ 갈매기)」を共同演出して来日公演も成功させた、ソン・ギウンが再度共同演出に挑み、新たな名作の誕生なるか、期待されている。

現在ドゥサンアートセンターホームページ(http://doosanartcenter.com/)からSpace111での上演作をすべて見られるマニアチケットなども発売中だ。