上野ストアハウス

[PLAY]上野で上演「日韓演劇週間 Vol.4」韓国から2劇団が来日

[PLAY]上野で上演「日韓演劇週間 Vol.4」韓国から2劇団が来日

 

nikkanengeki4poster韓国の劇団を精力的に招聘・上演している上野ストアハウスで、今年も「日韓演劇週間 Vol.4」が開催。2つのプログラムに分けて実施され、韓国から2劇団が来日する。

11月23日から上演のAプログラムでは、創作集団Choc.24(창작집단 쵸크24)の『6月26日』が上演される。

物語の舞台は日本統治時代の1938年、江原道(カンウォンド)出身の二人の青年、ソンニョンとヨンチュンが主人公。日本軍に徴用された二人はその後、ソ連軍~ドイツ軍と戦況の変化に伴い捕虜となり、ついにはドイツ軍の捕虜として徴用されて戦ったフランス・ノルマンディ戦で連合軍の捕虜となり、二人は離れ離れに。やっとの思いで故郷に戻り、二人が再会したのは、皮肉にも朝鮮戦争が開戦した(6・25)翌日、1950年6月26日だった。
実話をもとに作・演出のチャン・テジュンが2009年にモノドラマとして大学路で初演したという本作。二人芝居にリメイクして上演した2015年の「春川国際演劇祭」で大賞、演出賞、男性主演賞を受賞している。

nikkanengeki4a

創作集団Choc.24『6月26日』

同期間に上演される『たったいま八月の冥王星でたったいま八月の地球では』は、現代詩を用いた作品を多数上演している劇団「遊戯空間」の作品。福島県在住で、東日本大震災以降、大きな注目を集めた詩人・和合亮一の2編の詩をベースに、震災から6年が経過しようとするなかで風化しつつあるこの問題に和合氏の言葉とともに向き合うという。

nikkanengeki4b

遊戯空間『たったいま八月の冥王星でたったいま八月の地球では』

そして、11月30日から上演するBプログラムでは、Dreamplay these21(드림플레이 테제21)『検閲-彼らの言葉-』が上演される。

nikkanengeki4c

Dreamplay these21『検閲-彼らの言葉-』

本作は、今年6月~10月に大学路で上演された連続上演シリーズ「権利長戦2016_検閲却下(권리장전2016_검열각하)」で『検閲言語の政治学:二つの国民』というタイトルで上演された劇団の最新作だ。2013年に国立劇団で上演された『カエル』以降、作・演出したパク・グニョン作品をはじめ、反政府的表現をした作品に韓国文化芸術委員会が上演を中止させたとする検閲問題について再考する内容となっている。10月にフェスティバル/トーキョー16で『哀れ、兵士』を上演して注目を浴びたパク・グニョンらとともに、国が極秘に作成した「公演芸術家ブラックリスト」に名が挙がっていたという劇団代表のキム・ジェヨプ。奇しくも国家を揺るがすほどの大事件に発展した朴槿恵大統領の問題が世界的なニュースとなっているなか、検閲問題にどう切り込んでいるのか注目される。

nikkanengeki4d

中津留章仁Lovers『水無月の云々』

同期間には、劇団TRUSHMASTERSの中津留章仁が、作品の上演ごとにオーディションを実施して無名の若手俳優を起用しているというユニット「中津留章仁Lovers」の『水無月の云々』を上演。ある寂れた商店街にある店を営む一家を主人公に、かつて殺人が起きたこの一家の複雑な人間模様が描かれる。
ちなみに、Dreamplay these21のキム・ジェヨプは、2014年に韓国で上演された中津留章仁原作『排水の孤島』を演出している。昨年の「日韓演劇週間Vol.3」に続き、日韓を代表する“社会派”演劇人が、今年も同時上演して交流を続けている。

A、Bプログラムともに演出家らによるポストパフォーマンストークなどのイベントも開催。韓国作品は日本語字幕付きで見られるため、より深く作品世界を理解でき、韓国演劇の魅力に触れる、絶好の機会となるだろう。


【韓劇.com読者を「日韓演劇週間 Vol.4」公演にご招待!】

韓国劇団の公演のみ、各回2組4名様をご招待致します。(先着順)
ご希望の方は、上野ストアハウスの下記メールアドレス宛に、①~④の必要事項を明記の上ご応募ください。

メールの件名は「日韓演劇週間・招待応募」と記入
①お名前 ②ご連絡先(電話番号) ③希望日/時間 ④ご覧のサイト名(韓劇.com)

●応募先メールアドレス: info@storehouse.ne.jp


nikkanengeki4poster【公演情報】
ストアハウスコレクションNo.8
日韓演劇週間Vol.4「見えざるコミュニティをめぐって」
会場:上野ストアハウス (⇒公式サイト

●Aプログラム:2016年11月23日(水)~27日(日)
・創作集団Choc.24(韓国)『6月26日』
作・演出:チャン・テジュン 出演:ヤン・フンジュ、ユン・グクジュン

・遊戯空間(日本)『たったいま八月の冥王星でたったいま八月の地球では』
出演:藤田三三三、三田直門(劇団銅鑼)、草野峻平、佐藤辰也、小野田由紀子、篠田悦子、杉村誠子、中込里菜

●ポストパフォーマンストーク①:11月26日(土)
参加者:チャン・テジュン(Chok.24代表)/篠本賢一(遊戯空間)/ファン・ウンギ(春川国際演劇祭)/七字英輔(演劇評論家)
●座談会:11月27日(日) ゲスト:詩人・和合亮一

●Bプログラム:11月30日(水)~12月4日(日)
・Dreamplay these21(韓国)『検閲-彼らの言葉-』
作・演出:キム・ジェヨプ 出演:ぺク・ウンチョル、ソン・ジンホ、クォン・ミニョン、チョン・ユミ、ソ・ジョンシク、ユ・ジョンヨン、ハン・サンワン、パク・アルム、キム・ウォンジョン、キム・セファン

・中津留章仁Lovers(日本)『水無月の云々』
作・演出:中津留章仁 出演:柘植裕士、米田敬、堤千穂、梅田麻衣、小谷友里恵、北野雄大、上西愛理、宮本行庸、古越千香子、勢古尚行、細身慎之介、樋田洋平

●ポストパフォーマンストーク②:12月3日(土)
参加者:キム・ジェヨプ、中津留章仁、木村真悟(上野ストアハウス)

●日韓演劇週間 Vol.4公式サイト

写真提供:上野ストアハウス ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

劇団コルモッキルの名作「青春礼賛」11月来日!

劇団コルモッキルの名作「青春礼賛」11月来日!

 

먃뢶3

てんかん役イ・ボンリョン(左)と青年役キム・ドンウォン

韓国演劇界を牽引する劇団のひとつで、日韓共同制作公演なども多数上演している劇団コルモッキル(극당 골목길)が、11月に代表作「青春礼賛(청춘예찬)」の来日公演を行う。

먃뢶2劇団コルモッキルは、劇団を主宰する劇作家・演出家パク・グニョンを中心に結成。韓国語で路地を意味する劇団名のごとく、市井の人々に光を当て、その日常を鋭く切り取ったような作風に定評がある。「代々孫々」「キョンスクとキョンスクのお父さん」など、再演を繰り返す名作も多い。なかでも1999年に初演した「青春礼賛」はその年の各演劇賞を総なめするほど評価を得た作品。この初演で、主人公の青年を演じていたのがパク・へイルで、本作での好演で注目を浴び、いまや韓国映画界を背負う人気俳優へ羽ばたくとなるきっかけとなった。以降も、キム・ギドク「一対一」など映画界でも活躍するキム・ヨンミン、映画「牛と一緒に7泊8日」主演のキム・ヨンピルなど青年役を経験した俳優は、舞台を超えて活動の幅を広げている。また、“てんかん”役を初演から演じていたのは鄭義信作品「焼肉ドラゴン」をはじめ、数々の作品で名演を披露しているコ・スヒ。ほかにも、近年はドラマにも多数出演しているユン・ジェムンが父親役を演じるなど、コルモッキル作品では、確かな演技力をもつ俳優によるリアリティ溢れる物語を堪能できるのが最大の魅力だ。

먃뢶1「青春礼賛」は無職で酒浸りの父と暮らす青年が主人公。ある日てんかんの発作をもつ彼女と一夜をともにしてしまい、やがてその彼女が貧乏長屋の青年の部屋に転がり込んできて、奇妙な3人暮らしが始まる……というストーリー。
来日公演で青年役を演じるのはつかこうへいの「熱海殺人事件」を韓国キャストで2012年に上演した「熱い海」主演や、「赤いバス」「満州戦線」など、近年パク・グニョン作品への出演が続くキム・ドンウォン。てんかん役には今年5年ぶりに再演された映画「殺人の追憶」の原作舞台「私に会いに来て」で“シーンスティーラー”と呼ばれる熱演を見せたイ・ボンリョンが演じる。 韓国現代演劇史に名を残す名作を日本で見られる貴重な機会となりそうだ。

●来日韓演劇週間Vol.2
劇団コルモッキル「青春礼賛」(韓国)/温泉ドラゴン「桜」(日本)/ゲキバカ「男の60分」(日本)
11月19日~24日 東京 上野ストアハウス ⇒公演詳細
「青春礼賛」出演:イ・ギュフェ(父役)、チョン・ウンギョン(母役)、キム・ドンウォン(青年役)、イ・ボンリョン(てんかん役)、キム・ドギュン(先生役)、イ・ホヨル(ヨンピリ役)、シン・サラン(イゥプニ役)、ナ・ヨンボム (コジリ役)
※「青春礼賛」の上演は11月19日(水)5時半/20日(木)7時/21日(金)1時、8時半/22日(土)1時、6時/23日(日)2時半/24日(月・祝)4時半

001

「birth」公演より

また、この来日公演に先がけ、大学路のヨヌ(演友)小劇場にて9月17日から「路地裏での秋の遠足(골목길로의 가을소풍)」と題して劇団コルモッキルと、ゆかりのある2劇団による3作品を連続上演中。
日本からは、俳優、劇作家・演出家として活躍するシライケイタ(白井圭太)作・演出による、温泉ドラゴン「birth」をが来韓公演を行う。以降も9月30日~10月12日まで劇団コルモッキル「青年チョン・テイル『火種』」、10月23日~11月2日には大邱市の劇団「ハンウリム」による「強い隙間風が吹く日」が上演される。

●温泉ドラゴン「birth」(ソウル公演)
9月17日(水)~21日(日) 大学路・ヨヌ(演友)小劇場
出演:筑波竜一 いわいのふ健 白井圭太 阪本篤
※韓国公演後、東京・上野ストアハウスにて、10月6日、7日に凱旋公演「birth Final」もあり。⇒公演詳細