ロミオとジュリエット

[BALLET]LGアートセンター マシュー・ボーン4作品を有料配信

[BALLET]LGアートセンター マシュー・ボーン4作品を有料配信

 

英国を代表するコンテンポラリーバレエの振付・演出家として知られるマシュー・ボーン。
韓国で定期的にカンパニーを招聘し、作品を上演してきたLGアートセンターが、3月5日(金)から約1カ月間、4作品の有料配信を行う。

誰もが知る童話や古典戯曲などを独創的にアレンジし、きらびやかなセットや衣装とともに、観客を楽しませるマシュー・ボーンの作品。韓国でも上演のたびにチケットが完売するほどの人気を有している。今回オンライン中継される4作は、すでに映像商品化されていたり、日本では劇場版として公開済の映像だが、韓国では初めて映像配信としてお目見えする。
昨年韓国公演を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響で公演がキャンセルされた『レッドシューズ』をはじめ、2019年に英国で初演された最新作『ロミオとジュリエット』、オペラ『カルメン』を現代的に脚色した『カー・マン』、第二次世界大戦中、廃墟と化したロンドンを舞台にした『シンデレラ』と、世界的にも人気の高い作品ばかりだ。

THE RED SHOES by Bourne, , Choreographer and Director – Mathew Bourne, Designer – Lez Brotherstoni, Lighting – Paule Constable, Plymouth, 2019, Credit: Johan Persson/

■『レッドシューズ』(레드슈즈)
配信日時:3月5日(金)午後7時~/3月20日(土)午後3時~(97分)
2017年にローレンス・オリヴィエ賞で2冠を獲得。1948年に英国で製作されたバレエ映画『レッドシューズ』をモチーフに、最高のダンサーになるために生きるビクトリアと彼女を育てたバレエ団長レルモントフ、そして彼女のための作品を作る作曲家の物語が繰り広げられる。
ビクトリア役はイギリス国立舞踊賞最高女子現代舞踊賞を受賞したアシュリー·ショー。レルモントフ役は、マシュー・ボーンの代表作『白鳥の湖』で初代スワン役だったアダム・クーパーが演じる。

THE CARMAN by Bourne, , Choreography and Direction – Mathew Bourne, Music- Bizet, Designs – Lez Brotherston, Churchill Theatre, Bromley, London, UK, 2015, Credit – Johan Persson/

■『カー・マン』(카 맨)
配信日時:3月6日(土)午後3時~/3月19日(金)午後7時半~(98分)
ビゼーのオペラ『カルメン』とアメリカの作家ジェームズ・M・ケインの小説を映画化した『郵便配達は二度ベルを鳴らす(1981)」をリミックス。セクシーなダンスと強烈な劇的要素から“ダンススリラー”とも呼ばれている作品。『カルメン』の舞台であるスペインから、タイトル『カー・マン(The Car Man)』の通り1960年代アメリカ中西部の自動車整備工場に舞台を移してスリリングなストーリーが展開する。
整備工場に現れた魅力的な謎の男ルカ役にアラン・ヴィンセント。カルメンに当たるヒロイン、ラナ役はサラーン・カーティンが演じる。

CINDERELLA by Prokofiev  Directed by Mathew Bourne  Designed by Lez Brotherston  at the Saddlers Wells Theatre, London, UK  23 November 2017  Credit : Johan Persson /

■『シンデレラ』(신데렐라)
配信日時:3月13日(土)午後3時~/3月26日(金)午後7時半~(110分)

作曲家セルゲイ・プロコフィエフのバレエ音楽をもとにしている本作。作曲された1940年代当時、第二次世界大戦下のロンドンを舞台に、戦争の闇のなかに花開く愛の物語として創作されている。身体の不自由な父を支えつつ継母と異母兄弟姉妹の下で働かされていたシンデレラが、英国空軍のパイロット、ハリーと出会って恋に落ちてゆく。
シンデレラ役は『レッドシューズ』でもヒロインを務めたアシュリー・ショー。
ハリー役は、マシュー・ボーン率いるカンパニー「ニュー・アドベンチャー』所属ダンサーのアンドリュー・モナガン。

ROMEO AND JULIET by Bourne, , Director and Choreographer – Matthew Bourne, Designer – Let Brotherston, Lighting – Paule Constable, Rehearsal Images, Three Mills, London, 2019, Credit: Johan Persson/

■『ロミオとジュリエット』
配信日時:3月12日(金)午後7時半~/3月27日(土)午後3時~(91分)

シェイクスピアの原作戯曲を大胆アレンジし、英国全土で行われた大規模オーディションによって選抜された10代のダンサーを起用した意欲作。近未来の青年矯正施設「ヴェローナ研究所」を舞台に、男女に分けられ厳しい規律のなかで過ごしていたロミオとジュリエットが運命の出会いを果たす。
ロミオ役はパリス・フィッツパトリック。ジュリエット役はコーデリア・ブライスウェイト。施設の看守として登場するティボルト役はダン・ライトが演じる。

配信はNAVER TVのLGアートセンター公式チャンネルを通じて3月5日(金)から毎週金曜・土曜に「後援ライブ」形式で配信される。視聴料(後援金)は1回10,000ウォン。

●LGアートセンターNAVER TV公式チャンネル(視聴券購入もこちらへ)
https://patron.naver.com/ntv/c/intro/lgarts

※NAVER TV後援ライブ視聴方法は、韓劇.comの過去記事をご参照ください。

●NAVER TV後援ライブ視聴方法①(登録編)http://han-geki.com/archives/14455

●NAVER TV後援ライブ視聴方法②(後援編)http://han-geki.com/archives/14467


【公演情報】
LGアートセンター×ニュー・アドベンチャーズ
『マシュー・ボーン コレクション』(매튜 본 컬렉션)
3月5日(金)~3月27日(土)

<配信スケジュール>
■『レッドシューズ』(레드슈즈)3月5日(金)午後7時~/3月20日(土)午後3時~(97分)
■『カー・マン』(카 맨)3月6日(土)午後3時~/3月19日(金)午後7時半~(98分)
■『シンデレラ』(신데렐라)3月13日(土)午後3時~/3月26日(金)午後7時半~(110分)
■『ロミオとジュリエット』3月12日(金)午後7時半~/3月27日(土)午後3時~(91分)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

 

2016romijuri1シェイクスピア没後500年の2016年は多数のシェイクスピア作品が上演された1年だったが、その真打とも呼べる演劇『ロミオとジュリエット』が破格のキャストを揃えて上演される。

14世紀イタリアを舞台に、敵対する派閥の家庭に生まれたロミオとジュリエットの障害多き恋を描く本作で、主人公ロミオ役を演じるのはパク・ジョンミン。2016年2月に公開されたイ・ジュニク監督作『東柱(ドンジュ)』で主人公の親友ソン・モンギュを演じて「百想芸術大賞 映画部門男性新人賞」を受賞。デビュー当時から演技力を高く評価されていた彼が、どんなロミオ像を見せてくれるのか、期待が膨らむ。

一方、ジュリエット役には、国民の妹から演技派女優に見事成長したムン・グニョン。演劇初挑戦した2010年の『クローサー』以来、6年ぶりの舞台となる。周囲の反対やさまざまな障壁をものともせず、ロミオへの愛を貫く魅力的なジュリエットを見せてくれるに違いない。

2016romijuri2

ロミオ役のパク・ジョンミン(写真左)と、ジュリエット役のムン・グニョン

さらに、助演陣も、期待値を上げざるを得ない顔ぶれが並んでいる。

ロミオの親友マキューシオ役にはキム・ホヨンとイ・ヒョンギュン。今年は『キンキーブーツ』で新たな一面を見せたと評判のキム・ホヨンが、約1年ぶりに演劇に出演する。一方のイ・ヒョンギュンは過去、演劇『フランケンシュタイン』や『望ましい青少年』などに出演して存在感を見せていた実力派だ。

ジュリエットがロミオを愛していることを知りながら彼女を愛し続ける婚約者パリス役はミュージカル『サリエリ』のジェラス役が評判だったキム・チャンホ。ジュリエットのいとこ、ティボルト役は『ファンレター』『スルー・ザ・ドア』などで活躍し、長身と低音の声が印象的なヤン・スンリ。そして、ロミオのいとこで気弱な青年ベンヴォーリオ役は『スウィーニー・トッド』『ウェルテル』などの大作から小劇場作品まで、どんな役も柔軟に演じこなすキム・ソンチョルが演じる。

加えて、ロミオとジュリエットに救いの手を差し伸べるキャラクターを、舞台俳優出身でブラウン管からスクリーン、舞台と幅広く活躍するベテラン俳優が引き受けている点にも注目だ。秘密の結婚式に立ち会うローレンス神父役は、劇団木花(モッカ)出身のソン・ビョンホ。ジュリエットが実母のように慕う乳母役をソ・イスクとぺ・へソンがWキャストで務める。

演出・脚色は、本作を制作するSEMカンパニーが昨年1月~3月に上演したカン・ハヌル主演『ハロルドとモード』の演出家、ヤン・ジョンウンが再登板する。昨年はミュージカル『オケピ!』を上演した同カンパニー代表でプロデューサーのキム・ミヘは、映画俳優ファン・ジョンミン夫人としても有名だ。彼女がプロデューサーとしての力を存分に発揮し、豪華キャストで上演するこの冬最高の話題作『ロミオとジュリエット』は、12月9日から国立劇場ヘオルム劇場で開幕する。

2016romijuri3

(写真上段左から)パク・ジョンミン、ソ・イスク、ソン・ビョンホ、キム・ホヨン、ヤン・スンリ(下段左から)ムン・グニョン、ぺ・へソン、キム・ソンチョル、イ・ヒョンギュン、キム・チャンホ


2016romijuriposter【公演情報】
演劇『ロミオとジュリエット』(로미오와 줄리엣)
2016年12月9日~2017年1月15日 国立劇場タルオルム劇場

<出演>
●ロミオ役:パク・ジョンミン
●ジュリエット役:ムン・グニョン
●マキューシオ役:キム・ホヨン、イ・ヒョンギュン
●パリス役:キム・チャンホ
●ベンヴォーリオ役:キム・ソンチョル
●ティボルト役:ヤン・スンリ
●ロレンス神父役:ソン・ビョンホ
●ジュリエットの乳母役:ソ・イスク、ぺ・へソン

プロデューサー:キム・ミヘ/演出・脚色:ヤン・ジョンウン/美術:チョン・スンホ

写真提供:SEMカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。