ユン・ソクファ

[PLAY]大学路の劇場“精米所”閉館作『娘への手紙』6月上演

[PLAY]大学路の劇場“精米所”閉館作『娘への手紙』6月上演

 

ユン・ソクファ

1970年代から、舞台を中心に活動してきた女優ユン・ソクファが、劇場街大学路(テハンノ)で運営してきた劇場「精米所(ジョンミソ)」の閉館を前に、最後の作品となる一人芝居『娘への手紙』を上演する。
5月16日に行われた制作発表会は、ユン・ソクファと、演出家キム・テフン、作曲家チェ・ジェグァンが出席。司会進行を、当劇場とは縁の深い俳優イ・ジョンヒョクが努めた。

ユン・ソクファは1975年に演劇『蜜の味』でデビュー。多数の演劇、ミュージカルに出演してきたが、現在でも上演されている作品のなかではミュージカル『ガイズ&ドールズ』『明成皇后』などがある。また、80年代にはシン・ソンイルと共演した『レーテの恋歌』(1987年)をはじめ、映画、ドラマでも活躍してきたベテラン女優だ。

「精米所」は、彼女が2002年に沐浴湯(목욕탕=銭湯)だった建物を買い取り、建築家チャン・ユンギュらとともに劇場に改装してオープン。「精米所」という一風変わった名前は、「精米所が米をつくように芸術の香りを咲かせ、隠れた原石を磨きたい」と命名したという。

大学路で17年運営され、多くの名作を生んだ「設置劇場 精米所(ジョンミソ)」

この日MCを務めたイ・ジョンヒョク

当時としてはモダンな造りで、開館から切れ目なく様々な公演が行われていたこの小劇場では、2015年にカン・ハヌルが主演した『ハロルドとモード』の基となったパク・チョンジャ主演の演劇『19そして80』(2003年)、オム・ギジュン、キム・ムヨル、パク・ホサンらが主演したチョ・グァンファ作・演出の『狂ったキス』(2007年)、チェ・ドンムン、イ・ソクジュンらが主演した劇団メンシアターの『Some Girls』(2008年)、ドラマ『刑務所のルールブック』で注目を浴びたパク・ヘスが頭角を現すきっかけとなった創作ミュージカル『思春期』(2008年)、ホ・ギュ、ジョンミンらが主演した2人劇ミュージカル『ママ、ドント・クライ』初演(2010年)などが上演されてきた。
制作発表で司会進行を務めたイ・ジョンヒョクは、開館直後の2003年にパク・チョンジャと共に『19そして80』に主演。「当時出演中だった楽屋で、のちに彼の出世作となった映画『マルチュク青春通り』のオーディション合格の報せを受けた」と語るなど、新人時代を過ごした思い出深い場所だったようだ。

2010年代までは、ユン・ソクファが主催する作品の上演と併せ、話題作が多数上演される場として知られてきた「精米所」だったが、大学路が劇場街から商業エリアへと急激に移行した近年は、不動産バブルや著しい賃貸料の上昇により、この劇場のみならず劇場運営者にとっては厳しい環境となっている。「慢性的な赤字は、他の仕事をして埋め合わせをしていた」そうだが、ついに劇場ビルの売却が決まり閉館を決めたという。「精米所」も、この商業化の流れに抗うことは難しかったのだ。
劇場を運営してきた17年間で最も幸せだった瞬間は? と質問されたユン・ソクファは、「情熱がある若い後輩たちに少しずつ後援した『精米所プロジェクト』という企画があった。観客は多くなかったが演劇の精神が生きている作品だった」と、あふれ出る涙をぬぐいながら邂逅していた。

「静かに劇場のドアを閉めようと思っていたが、観客の皆さんと最後に笑って泣ける作品を選んだ」という『娘への手紙』は、英国の劇作家アーノルド・ウェスカーが1990年に発表した戯曲を劇団サヌリム(산울림=こだま)のイム・ヨンウン演出、ユン・ソクファ主演で1992年に韓国初演した作品。未婚の母である歌手のメラニーが、12歳となり思春期を迎えた娘に宛てこれからどう生きるべきかを伝えていく物語だ。本作は2020年にロンドンで公演が予定されており、今回は台詞も歌詞も全編英語で進行。公演は韓国語字幕をつけて、英国公演を控えたオープンリハーサルという形式で上演される。
「上手くできるか心配ではあるが、やらなければ後悔しそうだった。韓国で上演するつもりはなかったが、初演当時にこの作品を好きだった娘が、今は母親となったんだな、と思った。彼らに謙虚に挨拶をしていくことが美しい道理だと思い、最善を尽くして準備している」と語っていた。

演出は、演劇『RED』『大虐殺の神』の演出や、ミュージカル『ビリー・エリオット』『ONCE』『シカゴ』の協力演出など、シンシカンパニーで裏方を務めてきたキム・テフン。劇中歌の作曲を『ブロードウェイ42番街』『アサシンズ』『ナンセンス』など多くの作品で音楽監督を務めてきたチェ・ジェグァンが担当している。

演出のキム・テフン(左)と、劇中歌を作曲したチェ・ジェグァン(右)

ユン・ソクファが自ら作り上げた劇場を自らの手で、幕を下ろす『娘への手紙』は6月11日~22日まで上演される。


【公演情報】
演劇『娘への手紙』<딸에게 보내는 편지>
2019年6月11日(火)~22日(土) 大学路 設置劇場 精米所(ジョンミソ)

<出演>
ユン・ソクファ

原作:アーノルド・ウェスカー/演出:キム・テフン/作曲:チェ・ジェグァン

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]故イ・へラン生誕100年記念公演『ハムレット』を7月上演

[PLAY]故イ・へラン生誕100年記念公演『ハムレット』を7月上演

 

iheranhamlet

(写真前列左より)ソン・ジンチェク(演出家)、クォン・ソンドク、パク・チョンジャ、チョン・ムソン (写真後列左より)パク・ドンウ(舞台美術作家)、キム・ソンニョ、チョン・ドンファン、ユ・インチョン、ソン・スク、ユン・ソクファ、ソン・ボンスク、パク・ミョンソン(シンシカンパニー代表)

シンシカンパニーと韓国国立劇場が、韓国演劇史に大きな足跡を遺した、故イ・へラン氏の生誕100周年を記念して演劇『ハムレット』を共同制作する。

イ・へラン(李海浪 1916-1989)は、戦前戦後の韓国演劇界を牽引した人物。祖父は朝鮮王朝末期の王室に勤務、父は大病院の医師という由緒ある家庭に生まれ、若くして日本に渡り日本の神奈川県中学を卒業。中国留学を経て日本大学芸術学部に入学し、在学中の留学生とともに「東京学生芸術座」というアマチュア劇団を旗揚げして演劇活動を始めたという。日大を卒業後、韓国に帰国してすぐに韓国でも劇団で俳優活動をしていたが、当時は大学で演劇を学んだ者はまだ少なかったこともあり日本植民地からの解放後は劇芸術協会を組織するなど、演劇界を率いる指導者としての活動を強めていった。1950年には国立劇場の立ち上げにも尽力。朝鮮戦争中にも演劇活動を止めることはなく、30代で芸術院会員となり、1959年には東国大学演劇映画科教授に就任している。現在、東国大学には彼の名を冠した「イ・へラン芸術劇場」があり、劇場には数々の資料も展示するスペースを設け、その偉業を称えている。

今回の生誕100周年記念公演に参加するのは、イ・へランの没後、1991年から設立された「イ・へラン演劇賞」を受賞経験のある俳優、制作陣たち。演出家のソン・ジンチェク、舞台デザイナーのパク・ドンウ、プロデューサーのパク・ミョンソンはもちろん、俳優たちも全員が受賞歴がある大御所ばかりだ。韓国演劇の半世紀を導いたと言っても過言ではない俳優たちが、一堂に会するのは今回が初めてとあって、俳優たちも感激しているという。

記念公演の演目を『ハムレット』にした理由は、1951年にイ・へランが韓国で初めて上演し、また生前最後に精魂傾けた作品が『ハムレット』だったため。加えて、今年はシェイクスピアの没後400年という節目の年でもあり、タイミング的にも作品的にもこれ以上の演目はないといえるだろう。

いまだに一線で活躍する大御所俳優たちの豪華な顔合わせが見られる『ハムレット』は7月12日から国立劇場へオルム劇場で上演される。


【公演情報】
故イ・へラン先生誕生100周年記念公演 演劇『ハムレット』(햄릿)
2016年7月12日~8月7日 国立劇場へオルム劇場

<出演>
クォン・ソンドク、チョン・ムソン、パク・チョンジャ、ソン・スク、チョン・ドンファン、キム・ソンニョ、ユ・インチョン、ユン・ソクファ、ソン・ボンスク

原作:ウィリアム・シェイクスピア/演出:ソン・ジンチェク/脚本:ぺ・サムシク/舞台:パク・ドンウ

写真提供:シンシカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。