ピローマン

[PLAY]名作『ピローマン』完全新キャストで8月再演!

[PLAY]名作『ピローマン』完全新キャストで8月再演!

 

pillow1

2014年に上演した『雄鶏たちの闘い』『家族という名の部族』や4月に上演した『変身物語:Metamorphoses』など、韓国で未発表の海外戯曲を斬新な手法で上演し、演劇ファンに支持されているNONAME THEATER COMPANYの代表作ともいえる『ピローマン(필로우맨)』が8月に再演。注目のキャストが発表された。

『ピローマン』は、21世紀演劇界の天才作家、ポストシェイクスピアと呼ばれている劇作家マーティン・マクドナーが2003年に発表し、ロンドン国立劇場で初演、同年のローレンス・オリヴィエ賞新作最優秀賞を受賞した作品だ。日本では2004年パルコプロデュースにより長塚圭史演出、高橋克実主演で上演されている。
韓国ではLGアートセンターの制作で2007年に初演。チェ・ミンシク、ユン・ジェムン、イ・デヨン、チェ・ジョンウという名優をズラリと揃え、演出には今年『ヒッキー・ソトニデテミターノ』の演出を務めたパク・グニョンが担当するなど、韓国演劇界の粋を集めた舞台は大きな話題を呼んだ。その後、2012年にNONAME THEATER COMPANYが小劇場演劇として再構成。主人公にはいまや同カンパニー作品の看板俳優となったキム・ジュンウォン、昨年ドラマ『ミセン』の極悪上司マ部長役で大人気となったソン・ジョンハクらが出演して連日完売の大ヒットを記録し、翌2013年もキャストの熱演により好評を得ていた。

『ピローマン』は若手作家カトゥリアンを語り部に、幼児虐待がもとで起きる殺人事件の謎解きをしていくミステリースリラーだ。
グロテスクな作品ばかりを発表するカトゥリアンの周囲で、彼が書いた小説に似た幼児殺人事件が続発。中年刑事トゥポルスキとその部下アリエルは、カトゥリアンを容疑者と睨んで連行し、取り調べを進めていく。上演時間は170分という長編ながら、息つく暇を与えないほどの緊迫感が魅力。反面、狂言回しとなるカトゥリアン役をはじめ、出演者はかなりの長ぜりふもこなさねばならないため、役者の技量が如実に現れる作品でもある。

約2年ぶりの再演では、登場人物4人を全員刷新。それぞれが韓国演劇界で主演をこなす名優を揃えた見事なキャスティングとなっている。

pillow2

主人公カトゥリアン役のチョン・ウォンジョ(左)と兄マイケル役のイ・ヒョンフン

主人公の作家カトゥリアン役には東亜演劇賞を受賞した主演作『アリバイ年代記(알리바이 연대기)』や『なぜ私は小さなことにのみ憤慨するのか(왜 나는 조그마한 일에만 분개하는가)』など、劇作家・演出家のキム・ジェヨプ作品で注目を集めたチョ・ウォンジョが演じる。そして知的障害をもつ兄マイケル役には野田秀樹作・演出の『半神(반신)』への出演や、NONAME THEATER COMPANYの『変身物語(변신이야기)』でも熱演していたイ・ヒョンフンが演じる。

pillow3

刑事トゥポルスキ役のユン・サンファ(左)と部下アリエル役のキム・スヒョン

一方、カトゥリアンと丁々発止の会話を展開する刑事トゥポルスキ役には、昨年東亜演劇賞作品賞を受賞した『ジュリアス・シーザー』への出演や、『ヒッキー・ソトニデテミターノ』韓国版ではリストラされてしまう父親を好演していたユン・サンファが。その部下で、口よりも手が先に出る熱血刑事アリエル役には、映画監督リュ・スンワン作品の常連俳優としても知られるキム・スヒョンが演じる。昨年12月に国立劇場で上演された『リチャード二世(리차드 2세)』で主演して注目を集めていた2人だ。

演出は本作の翻訳、ドラマターグも務めるイ・インス。作品世界とストーリーの醍醐味を最も良く知る人物が、演出を手掛けるとあって、キャスト、スタッフと総入れ替えで新しい『ピローマン』が見られそうだ。

チケットは6月23日(火) より発売。公演は8月1日~30日までの1カ月のみ。同劇場で2012年に上演した際は完売日続出となっただけに、良席の確保はお早目に。


【公演情報】
演劇『ピローマン』(필로우맨)
2015年8月1日~30日 ドゥサンアートセンター Space111

出演:チョン・ウォンジョ、ユン・サンファ、キム・スヒョン、イ・ヒョンフン
演出・翻訳・ドラマターグ:イ・インス

写真提供:NONAME THEATER COMPANY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL/PLAY]ドゥサンアートセンター 2015年間スケジュールを発表

[MUSICAL/PLAY]ドゥサンアートセンター 2015年間スケジュールを発表

 

image001

2015年 ドゥサン人文劇場 ラビア・ムルエ 演劇「雲に乗って」公演写真

充実した観劇環境と企画公演のクオリティの高さで、韓国の観劇ファンに厚く支持されているドゥサンアートセンターが2015年の年間スケジュールを発表し、パッケージチケットの販売と観客レビュー団の募集を開始している。

ドゥサンアートセンターは、人気のミュージカルや演劇を上演する中劇場「ヨンガンホール」と、劇場独自の企画公演を中心に上演する小劇場「Space111」の2つの劇場がある。ヨンガンホールは、貸館公演が多いため、すべてのスケジュールはまだ発表されていないが、来年も魅力的なラインナップとなっている。

●中劇場「ヨンガンホール」

上演中~2月8日 ミュージカル「シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密」
(셜록홈즈: 앤더슨가의 비밀)作・脚本・演出ノ・ウソン/作曲チェ・ジョンユン

2月18日~3月22日 ミュージカル「ゴン、ザ・バスカー」
(곤, 더 버스커)作・演出・音楽パク・ヨンジョン

6月18日~8月23日 ミュージカル「ベア」
(베어) 演出イ・ジェジュン/音楽監督ウォン・ミスル/振付チョン・ドヨン

9月16日~12月6日 音楽劇「密会」
(밀회) 演出サイモン・ハービー/原作ノエル・カワード

●小劇場 Space111

企画シリーズ<Doosan Art LAB>
1月8日~10日 演劇「チキン・ゲーム」
(치킨게임) 作・演出パク・ウン(劇団青いクマ)

1月15日~17日 ダウォン芸術「有目的漂流」
(유목적 표류)構成、演出、出演:キム・ミノン、クァク・ゴウン、チョン・ジンス

1月22日~24日 演劇「Dappertutto Studio」
(다페르튜토 스튜디오)作・演出チョッグク

1月29日~31日 ミュージカル「ミサリコーディア Misericordia」
(미제리꼬르디아)作キム・ドンファ/作曲チョ・ソニョン、キム・ジソン/演出キム・ミンジョン

2月5日~7日 演劇「女は泣かない」
(여자는 울지 않는다)作キム・ボラム/演出ブ・セロム

2月26日~28日 演劇「ブレイン・コントロール」
(브레인 컨트롤)作チョン・ジンセ/演出ジン・ヨン

<企画公演 ドゥサン人文劇場2015(두산인문극장 2015)>
3月28日~4月4日 演劇「雲に乗って」
(구름을 타고 Riding On a Cloud)作・演出ラビア・ムルエ(Rabih Mroue)

4月14日~5月16日 演劇「チャイメリカ」
(차이메리카 Chimerica)作ルーシー・カークウッド(Lucy Kirkwood)/演出チェ・ヨンフン

5月26日~6月20日 演劇「ヒッキー・ソトニデテミターノ」
(히키코모리 밖으로 나왔어)作・岩井秀人/演出パク・グニョン

<その他>
3月6日~22日 演劇「烈女春香」
(열녀춘향)作・演出キム・ヒョンタク

7月1日~5日 ダウォン芸術「ビビンプロジェクト」
(비빙프로젝트) 作曲・音楽監督チャン・ヨンギュ

7月10日~14日 演劇「冒険王」
(모험왕)作・演出平田オリザ

7月16日~26日 演劇「新・冒険王」
(신모험왕)作・演出平田オリザ、ソン・ギウン

8月1日~8月30日 演劇「ピローマン」
(필로우맨) 作マーティン・マクドナー/演出ビョン・チョンジュ

9月22日~10月17日 演劇「ドゥサン年間芸術賞 新作」
(두산연강예술상 신작)作キム・ウンソン

10月27日~11月21日 演劇「創作者育成プロジェクト 新作」
(창작자육성 프로그램 신작)作イ・ギョンソン

ヨンガンホールでは、1月に大学路で開催する「創作ミュージカル新作リレー公演」で先行上演される「ゴン、ザ・バスカー」や、「風月主」初演「マーダーバラッド」「ヨーロッパブログ」などを演出したイ・ジェジュンによるオフブロードウェイミュージカル「ベア(bare)」が予定されている。

Space111では2本の日本作品が上演される。劇団コルモッキル主宰パク・グニョンの演出により韓国キャストで上演する、岩井秀人作「ヒッキー・ソトニデテミターノ」は2012年にパルコ劇場にて吹越満主演で上演された作品。そして、青年団主宰の平田オリザが自伝的戯曲として上演した「冒険王」は、新作となる「新・冒険王」と続けて2作上演。「新・冒険王」は、第12言語演劇スタジオを率い、2013年に同劇場で「カモメ 가모메(カルメギ 갈매기)」を共同演出して来日公演も成功させた、ソン・ギウンが再度共同演出に挑み、新たな名作の誕生なるか、期待されている。

現在ドゥサンアートセンターホームページ(http://doosanartcenter.com/)からSpace111での上演作をすべて見られるマニアチケットなども発売中だ。

[PLAY]パク・ウンソク、キム・ジュンウォンら出演で『COCK』7月上演

[PLAY]パク・ウンソク、キム・ジュンウォンら出演で『COCK』7月上演

 

ondori『ピローマン』『ステディ・レイン』『ヒストリー・ボーイズ』と海外の名作戯曲を翻訳上演して演劇ファンに評価されているNONAME THEATER COMPANYの4番目の作品となる『雄鶏たちの戦い_COCK』が7月、上演される。

この作品は2013年にイ・ソンギュン、チョン・へジン夫妻の共演で話題を呼んだ演劇『Love, Love, Love』の作者でもある英国の劇作家マイク・バートレットが2009年に発表した『COCK(雄鶏)』が原作。明確な性のアイデンティティを持てなかった青年ジョンがM(男)、W(女)、F(家族)という周囲の人間と葛藤する姿を通して“生と性”を問う、という物語だ。英国での上演時には、『007 スカイフォール』のQ役などで知られるベン・ウィショーや人気ドラマ「SHERLOC シャーロック」のモリアーティ役、アンドリュー・スコットなどの人気俳優が主演して注目を浴びた。

韓国初演では、演劇『ヒストリー・ボーイズ』で主人公ポスノや教師アーウィンを翻弄する生徒デイキンを演じたパク・ウンソクが主人公ジョン役に。そしてジョンに関わるM(男)役には、演劇『ピローマン』や『私に会いに来て』で圧倒的な演技を見せたキム・ジュンウォン。W(女)役には『私とおじいちゃん』『海霧』『君となら』など小劇場演劇には欠かせない演技派女優ソン・ジユン。そしてF(Mの父親)を『デモクラシー』など数々の演劇に出演してきたベテラン、ソン・ジュンナムが演じる。

parkwoonsok

(写真左から)パク・ウンソク、キム・ジュンウォン、ソン・ジユン、ソン・ジュンナム

今年は英国発の戯曲上演がさかんな韓国演劇シーン。実力派俳優を揃えた本作も観劇ファンの耳目を集める作品になりそうだ。

■公演情報■

「雄鶏たちの戦い_COCK」

  • 7月11日~8月3日 ドゥサンアートセンター Space111
  • 演出:ソン・ジョンアン(演劇「ヒストリー・ボーイズ」やミュージカル「バンジージャンプする」で助演出)
  • 翻訳:イ・インス(演劇「ピローマン」「私は私の妻だ」ほか翻訳)
  • 舞台デザイン:シン・スンリョン(「メディアの子供たち」「アンニョン、マイ・バタフライ」ほか)
  • 照明デザイン:イ・ドンジン(「愉快な下女マリサ」「ステディ・レイン」「モビーディック」ほか)
  • 出演:パク・ウンソク、キム・ジュンウォン、ソン・ジユン、ソン・ジュンナム