パク・ジョンミン

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

 

2016romijuri1シェイクスピア没後500年の2016年は多数のシェイクスピア作品が上演された1年だったが、その真打とも呼べる演劇『ロミオとジュリエット』が破格のキャストを揃えて上演される。

14世紀イタリアを舞台に、敵対する派閥の家庭に生まれたロミオとジュリエットの障害多き恋を描く本作で、主人公ロミオ役を演じるのはパク・ジョンミン。2016年2月に公開されたイ・ジュニク監督作『東柱(ドンジュ)』で主人公の親友ソン・モンギュを演じて「百想芸術大賞 映画部門男性新人賞」を受賞。デビュー当時から演技力を高く評価されていた彼が、どんなロミオ像を見せてくれるのか、期待が膨らむ。

一方、ジュリエット役には、国民の妹から演技派女優に見事成長したムン・グニョン。演劇初挑戦した2010年の『クローサー』以来、6年ぶりの舞台となる。周囲の反対やさまざまな障壁をものともせず、ロミオへの愛を貫く魅力的なジュリエットを見せてくれるに違いない。

2016romijuri2

ロミオ役のパク・ジョンミン(写真左)と、ジュリエット役のムン・グニョン

さらに、助演陣も、期待値を上げざるを得ない顔ぶれが並んでいる。

ロミオの親友マキューシオ役にはキム・ホヨンとイ・ヒョンギュン。今年は『キンキーブーツ』で新たな一面を見せたと評判のキム・ホヨンが、約1年ぶりに演劇に出演する。一方のイ・ヒョンギュンは過去、演劇『フランケンシュタイン』や『望ましい青少年』などに出演して存在感を見せていた実力派だ。

ジュリエットがロミオを愛していることを知りながら彼女を愛し続ける婚約者パリス役はミュージカル『サリエリ』のジェラス役が評判だったキム・チャンホ。ジュリエットのいとこ、ティボルト役は『ファンレター』『スルー・ザ・ドア』などで活躍し、長身と低音の声が印象的なヤン・スンリ。そして、ロミオのいとこで気弱な青年ベンヴォーリオ役は『スウィーニー・トッド』『ウェルテル』などの大作から小劇場作品まで、どんな役も柔軟に演じこなすキム・ソンチョルが演じる。

加えて、ロミオとジュリエットに救いの手を差し伸べるキャラクターを、舞台俳優出身でブラウン管からスクリーン、舞台と幅広く活躍するベテラン俳優が引き受けている点にも注目だ。秘密の結婚式に立ち会うローレンス神父役は、劇団木花(モッカ)出身のソン・ビョンホ。ジュリエットが実母のように慕う乳母役をソ・イスクとぺ・へソンがWキャストで務める。

演出・脚色は、本作を制作するSEMカンパニーが昨年1月~3月に上演したカン・ハヌル主演『ハロルドとモード』の演出家、ヤン・ジョンウンが再登板する。昨年はミュージカル『オケピ!』を上演した同カンパニー代表でプロデューサーのキム・ミヘは、映画俳優ファン・ジョンミン夫人としても有名だ。彼女がプロデューサーとしての力を存分に発揮し、豪華キャストで上演するこの冬最高の話題作『ロミオとジュリエット』は、12月9日から国立劇場ヘオルム劇場で開幕する。

2016romijuri3

(写真上段左から)パク・ジョンミン、ソ・イスク、ソン・ビョンホ、キム・ホヨン、ヤン・スンリ(下段左から)ムン・グニョン、ぺ・へソン、キム・ソンチョル、イ・ヒョンギュン、キム・チャンホ


2016romijuriposter【公演情報】
演劇『ロミオとジュリエット』(로미오와 줄리엣)
2016年12月9日~2017年1月15日 国立劇場タルオルム劇場

<出演>
●ロミオ役:パク・ジョンミン
●ジュリエット役:ムン・グニョン
●マキューシオ役:キム・ホヨン、イ・ヒョンギュン
●パリス役:キム・チャンホ
●ベンヴォーリオ役:キム・ソンチョル
●ティボルト役:ヤン・スンリ
●ロレンス神父役:ソン・ビョンホ
●ジュリエットの乳母役:ソ・イスク、ぺ・へソン

プロデューサー:キム・ミヘ/演出・脚色:ヤン・ジョンウン/美術:チョン・スンホ

写真提供:SEMカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

 

さいきいずみの「韓劇日誌」Vol.6

さいきいずみの「韓劇日誌」Vol.6

 

「イ・ジェフン映画『番人』GVに4年ぶりに登壇!」

psk1久々のコラム更新は映画ネタです。
映画『建築学概論』やドラマ『秘密の扉』の主演で知られるイ・ジェフンさんが、彼の出世作となった映画『番人(파수꾼/Bleak Night)』(⇒公式ブログ)の上映会でGVに立つというので、6月6日に見に行って来ました。

映画『番人』予告編映像(Daum Movieより)

映画『番人』は、2010年の釜山映画祭でプレミア上映され、翌2011年に劇場公開されました。日本では福岡のアジアフォーカスで上映されたのみかと思うのですが、公開当時韓国の劇場で見たときの衝撃といったら……近年見た韓国インディーズ映画のなかでは、例えばヤン・イクチュン監督・主演の『息もできない(똥파리)』を見たときのインパクトに並ぶほど、個人的ベスト5に入る素晴らしい作品でした。日本で劇場公開されていないのがとても残念な作品のひとつです。

高校生の息子ギテが突然の自殺。その理由が分からず苦悩している父親が、息子のクラスメイトたちひとりひとりに、手がかりを探るべく話を聞いていくのですが、そのなかに過去のギテたちの様子をフラッシュバックさせて織り込みながら、答えを紐解いていきます。派手な展開があるわけではないものの、劇中のギテのようにジリジリと追い詰められていくような緊迫感で胸が締め付けられるよう……観終わった後で、心の中にズシリとした何かが残る作品でした。DVDが韓国でリリースされているようですので、もし見つけたらぜひ入手して見てほしいです。

psk2イ・ジェフンさんは本作で大鐘賞、青龍賞の2大映画賞で新人男優賞を受賞し、まさしく映画界期待の新星となったのはその後の活躍を見ても分かる通り。しかし、この作品で注目されたのは彼だけではありません。ギテの父役、チョ・ソンハさんはは長年ドラマや映画の助演俳優としておなじみですが、数々のインディーズ映画にも出演してきた方。なかでも本作は大きな飛躍のきっかけになったと思います。昨年ソンハさんはドラマ『ワン家の家族たち』で“花中年”と呼ばれて大人気となり、ミュージカル『プリシラ』にも挑戦して話題を呼びましたよね。
ギテのクラスメイト役にはドラマ『魔王』や映画など数々の作品で子役時代から安定した演技を誇るソ・ジュニョンさんと、演劇『キサラギミキちゃん』の初代スネーク役や、ドラマ『君たちは包囲された』にも出演していたパク・ジョンミンさんなどなど。主要キャラを演じていた俳優はみな現在まで着実にキャリアを積んでいます。

psk4

ユン・ソンヒョン監督、俳優になってもいいくらいのイケメンでした

『番人』を上映した「INDIE SPACE」(⇒公式サイトは、もともと明洞に劇場があったそうですが、その後光化門の元ミロスペースという劇場で運営していたアートシアターです。そして今回、鍾路3街の老舗劇場「ソウル劇場」内に移転オープンとなり、6月5日~7日まで「Indie’s Face」と題してこけら落としイベントが実施されました。
その目玉となったのが今回のイ・ジェフンさんとユン・ソンヒョン監督参加による『番人』上映だったのですが、な、な、なんと、上映開始20分くらいでブチッと映像が切れ、電気系統のトラブルで上映不可となり、結局映画は見ることができずじまいでした(苦笑)。
その後、劇場に駆けつけた2人によりGVのみが行われるという異例の事態になったのですが、災い転じて…というわけでGVは約1時間にわたり行われました。

psk5

劇場が暗く、座席も遠かったため写真がイマイチですがお許しを

 

劇場は若い女の子ファンで埋め尽くされていたのですが、質問ひとつひとつに真摯に答えていたイ・ジェフンさん。
この作品は彼にとって原点のような、「初心に返れる作品」だと言っていました。しかし、監督との仲は「今は良好です(笑)」と言っていましたが、撮影中は役柄のせいもあってか、なかなか大変な作業だったようです。
こういうインディーズ映画にまた出る気はないかという質問には「良い作品があれば出演したい」というジェフンさんに対し、監督が「ジェフンさんが出ると決まった時点で、投資がつくので独立映画ではなくなるだろう」(確かに)とシビアな意見も言っていました。長編デビューとなった本作で一躍若手監督の旗手となったユン監督ですが、年内クランクインを目標に長編2作目を準備中とのこと。新作、楽しみに待ちたいと思います。

psk6

「INDIE SPACE」の入口前。一部はまだ工事中のところも。チケットブースはソウル劇場の上映作とは別になっているので要注意

イ・ジェフンさんはかつて「INDIE SPACE」の広報大使を務めていたそうで、その義理もあり今回登壇してくれたと思うのですが、肝心の映画上映が出来なかったのは残念でした。(後日再上映をするそうです)。以前にも一度、別のアートシアターで機材トラブルにより映画が見れないというのを経験したことがあったのですが、ソウル劇場は建物や施設自体も古いので、今後の上映にも支障がないといいなと思います。それにしてもお客さんたち、みな辛抱強く待っていて、よく怒らないなと思いましたが(笑) それもイ・ジェフンさんのお蔭だったかなと。

[PHOTO]演劇『柔道少年』プレスコール②会見編

[PHOTO]演劇『柔道少年』プレスコール②会見編

 

演劇『柔道少年』プレスコール
2015年2月12日(木) 大学路 アートワンシアター 3館
出演:ホン・ウジン、パク・フン、パク・ヘス、ウ・サンウク、キム・ヒョジン、
イ・ソク、ヤン・ギョンウォン、パク・ボギョン、チョン・ヨン、パク・ミンジョン、
チャ・ヨンハク、オ・ウィシク、チョ・ヒョンシク、パク・ソンフン、
パク・ジョンミン、イム・チョルス、シン・チャンジュ
作・演出:イ・ジェジュン 脚本:パク・キョンチャン

 judo25 judo26 judo27 judo28 judo29 judo30 judo31 judo32 judo33 judo34 judo35 judo36 judo37 judo38 judo39 judo40 judo41 judo42 judo43 judo44 judo45 judo46 judo47 judo48 judo49 judo50 judo51

⇒『柔道少年』プレスコール①試演編写真へ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]演劇『柔道少年』プレスコール①試演編

[PHOTO]演劇『柔道少年』プレスコール①試演編

 

演劇『柔道少年』プレスコール
2015年2月12日(木) 大学路 アートワンシアター 3館
出演:ホン・ウジン、パク・フン、パク・ヘス、ウ・サンウク、キム・ヒョジン、
イ・ソク、ヤン・ギョンウォン、パク・ボギョン、チョン・ヨン、パク・ミンジョン、
チャ・ヨンハク、オ・ウィシク、チョ・ヒョンシク、パク・ソンフン、
パク・ジョンミン、イム・チョルス、シン・チャンジュ
作・演出:イ・ジェジュン 脚本:パク・キョンチャン

judo1 judo2 judo3 judo4 judo5 judo6 judo7 judo8 judo9 judo10 judo11 judo12 judo13 judo14 judo15 judo16 judo17 judo18 judo19 judo20 judo21 judo22 judo23 judo24

⇒『柔道少年』プレスコール②会見編写真へ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。