パク・コニョン

[MUSICAL]不朽の名作ドラマを舞台化『砂時計』キャストを公開

[MUSICAL]不朽の名作ドラマを舞台化『砂時計』キャストを公開

 

数ある韓国ドラマのなかでも不朽の名作と呼ばれる『砂時計』がミュージカル化され、豪華キャストが公開された。

原作ドラマ『砂時計(모래시계 モレシゲ)』は1995年に韓国SBSで放送された。最高64.5%という驚異的な視聴率を記録し、ドラマの放送時間には街に人がいなくなったことから「帰宅時計(귀가시계)」という別称もついたほどの伝説的作品だ。主演のチェ・ミンス、パク・サンウォンはもちろん、当時は新人だったコ・ヒョンジョン、イ・ジョンジェを一躍トップスターにした本作は、現在でもメインテーマ曲はあらゆる番組で使われ、バラエティ番組ではパロディのネタになるなど『砂時計』はいまだ大きな影響力をもつ国民的ドラマだ。

キム・グァンソクの名曲の世界を舞台化した『あの日々(그날들)』をヒットさせたインサイトエンタテインメントが、SBSと共同制作するミュージカル『砂時計』には、韓国の近代史を背景にした骨太な作品世界をしっかりと表現できる、実力派のミュージカル俳優が揃っている。

(左から)テス役のキム・ウヒョン、シン・ソンロク、ハン・チサン

将来有望な青年だったが、父の共産主義思想のため進学できず、ヤクザの道を選ぶ主人公テス役には『レ・ミゼラブル』『アイーダ』のキム・ウヒョン、『モンテクリスト』『あしながおじさん』のシン・ソンロク、『ナポレオン』『ジーザス・クライスト・スーパースター』のハン・チサンと、大劇場作品で主役を張ってきた3人が起用された。なかでもシン・ソンロクは、8月まで放送していたMBCドラマ『死んでこそ生きる男』というドラマで元祖テス役のチェ・ミンスと共演し、抜群の相性を見せていただけに、舞台でその経験をどのように還元するか期待されている。

(左から)ウソク役のパク・コニョン、カン・ピルソク、チェ・ジェウン

高校時代からテスとは無二の親友だったパク・サンウォンが演じた真摯な検事ウソク役は『インタビュー』『フランケンシュタイン』のパク・コニョン、『西便制』『僕とナターシャと白いロバ』のカン・ピルソク、『スリル・ミー』『ドリアン・グレイ』のチェ・ジェウンとこちらも多彩な面々。対照的な人生を歩むことになる、ウソクとテスの愛憎を交えた厚い友情物語は、舞台でも、最も重要なみどころとなるだそう。

(左から)へリン役のチョ・ジョンウン、キム・ジヒョン、チャン・ウナ

カジノを経営する資産家ユン会長の一人娘へリン役には『レ・ミゼラブル』『ジキル&ハイド』のチョ・ジョンウン、『あの日々』『プライド』のキム・ジヒョン、『アイーダ』『レベッカ』のチャン・ウナが演じる。テスとへリンの互いの境遇を超えた愛や、学生運動に身を投じ、挫折を味わうヘリンの姿はもうひとつの見どころ。ドラマでコ・ヒョンジョンが演じたような清楚かつ意志の強いヒロイン像を見せてくれるはずだ。

(左から)ジョンド役のパク・ソンファンとカン・ホンソク

そのほか、元々はテスと同門だったがのちに敵対することになるヤクザのジョンド役を『アイーダ』『二都物語』のパク・ソンファンと、『デスノート』『キンキーブーツ』のカン・ホンソク。へリンを偶然救ったことから、彼女のボディーガードとなる、究極の見守り男子キャラ、ジェヒ役を『あの日々』のキム・サンホとグループHighlightのソン・ドンウン、そして最近グループINFINITEから脱退したイ・ホウォン(ホヤ)が9月25日に追加発表された。

加えて、渋い演技が光るベテラン俳優の出演も見逃せない。カジノを経営し、政界にも暗躍するヘリンの父、ユン会長役を『オケピ!』『ディセンバー』のソン・ヨンチャンと演劇『私に会いに来て』『ピローマン』やドラマ『ミセン-未生』で知られたソン・ジョンハク。そしてユン会長の腹心で、政界へのパイプ役となるチャン部長を『あの日々』『西便制』のイ・ジョンヨルと『チック、チック…ブーン!』『シカゴ』のソン・ギウンが演じる。

(左から)ユン会長役のソン・ヨンチャンとソン・ジョンハク

独裁政治、民主化運動、裏社会など、激動の80年代韓国を背景にした濃密なストーリーを、2時間半の舞台作品に圧縮。クラシックとロックを融合させて、スピード感溢れるストーリーを展開すると予告している。伝説の名作を放送から20年以上を経て、どのようにして新たに再構成するのか、ドラマ、ミュージカルファンの双方が期待する作品となるはずだ。

(左から)チャン部長役のイ・ジョンヨルとソン・ギユン

1次チケットは9月27日(水)午後2時よりインターパークで発売開始される。


【公演情報】
ミュージカル『砂時計』

2017年12月5日~2018年2月11日 忠武アートセンター 大ホール

<出演>
●パク・テス役:キム・ウヒョン、シン・ソンロク、ハン・チサン
●ユン・へリン役:チョ・ジョンウン、キム・ジヒョン、チャン・ウナ
●カン・ウソク役:パク・コニョン、カン・ピルソク、チェ・ジェウン
●イ・ジョンド役:パク・ソンファン、カン・ホンソク
●ペク・ジェヒ役:キム・サンホ、ソン・ドンウン(Highlight)
●ユン・ジェヨン会長役:ソン・ヨンチャン、ソン・ジョンハク
●チャン・ドシク役:イ・ジョンヨル、ソン・ギユン

写真提供:インサイトエンタテインメント ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]観客動員12万人突破『フランケンシュタイン』3週間の延長公演確定!

[MUSICAL]観客動員12万人突破『フランケンシュタイン』3週間の延長公演確定!

 

2015frankenstage311月26日に開幕し、忠武アートホール大劇場で圧倒的な興行旋風を巻き起こしながら、好評上演中のミュージカル『フランケンシュタイン』が、3月20日まで、約3週間の延長公演を確定した。

会場である忠武アートホールが、昨年開館10周年を迎えたことを機に、大型創作ミュージカルの制作に本格的に乗り出した第1号作品として2014年に初演。豪華キャスト、制作陣によって“韓国ミュージカル史に一線を画す”クオリティの作品を創り上げた。「第8回ザ・ミュージカルアワーズ」では今年のミュージカル賞、今年の創作ミュージカル賞をはじめ、9部門で受賞。第3回イェグリンアワード2部門を受賞など、権威ある各種ミュージカル賞を受賞し、興行性と作品性を同時に認められた作品となった。

今年の再演も開幕4週間で3万8千人を超える観客を動員し、累積観客12万人を突破して他を寄せ付けない作品力を見せつけている。この人気に応えて3週間の延長を決定。より多くの観客たちに一層深い感動を味わえる機会を提供する。

『フランケンシュタイン』の原作は、イギリスの女流作家メアリー・シェリーが1818年に発表した小説。19世紀ヨーロッパで、ナポレオン戦争当時、スイス・ジュネーブ出身の科学者ビクター・フランケンシュタインが“死なない軍人”の研究を進めていたところ、身体接合術の鬼才アンリ・デュプレと出会い、新たな生命体創造への道へ突き進むビクターの姿を描く物語だ。
今回の再演では、初演から圧倒的な存在感を放っていたユ・ジュンサンをはじめ、パク・ウンテ、ハン・チサン、ソ・ジヨン、アン・シハ、イ・ヒジョンらが再登板。彼らに加え、パク・コニョン、チョン・ドンソク、チェ・ウヒョク、イ・ヘギョン、イ・ジス、ホン・ギョンスなどの新キャストとともに、さらに完成度の高い舞台を披露している。
毎回観客の熱狂的な呼応とスタンディングオベーションを受け、前売りランキングでも1位を記録している『フランケンシュタイン』の第4次スケジュール(2016年2月2日~28日)のチケット発売は、12月29日(火)午後2時から開始予定だ。


2015frankenposter【公演情報】
ミュージカル『フランケンシュタイン』(프랑켄슈타인)
2015年11月27日~2016年3月20日 忠武アートホール大劇場

<出演>
●ヴィクター・フランケンシュタイン役:ユ・ジュンサン、パク・コニョン、チョン・ドンソク
●アンリ・ディプレ/怪物役:パク・ウンテ、ハン・チサン、チェ・ウヒョク
●ジュリア/カトリーヌ役:アン・シハ、イ・ジス
●エリン/エヴァ役:ソ・ジヨン、イ・ヘギョン
●シュテファン/フェルナンド役:イ・ヒジョン
●ルンゲ役:ホン・ギョンス

芸術総監督:イ・ジョンドク/責任プロデューサー:キム・ヒチョル/共同プロデューサー:キム・シンドン、キム・ソッグク/脚本・演出:ワン・ヨンボム/作曲・音楽監督:イ・ソンジュン/振付:ソ・ビョング/美術:ソ・スクジン/照明:ミン・ギョンス/映像:ソン・スンギュ/特殊効果:パク・グァンナム/衣装:ハン・ジョンイム/小道具:故イム・ヒジョン/ヘアメイク:ヤン・ヒソン

写真提供:忠武アートホール ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]究極のキャストを揃え『フランケンシュタイン』待望の再演!

[MUSICAL]究極のキャストを揃え『フランケンシュタイン』待望の再演!

 

2015franken6

ヴィクター&怪物のペアイメージカット(左から)ハン・チサン&ユ・ジュンサン/パク・ウンテ&パク・コニョン

2015franken72015年下半期最大の期待作『フランケンシュタイン』のキャストが公開された。
昨年初演された本作は、イギリスの女流作家メアリー・シェリーが1818年に発表した同名小説が原作。上演会場である忠武アートホールが中心となり、大型創作ミュージカルの制作に乗り出した最初の作品だ。『三銃士』などMミュージカル作品の演出家ワン・ヨンボムと音楽監督イ・ソンジュンの強力タッグが、有名なゴシックストーリーを見事に舞台化してグローバルなスケール感のある作品が誕生したと絶賛された。2014年度の上演作のなかでも圧倒的な観客動員数を誇り「ザ・ミュージカルアワーズ」9部門制覇をはじめ主要なミュージカル賞を総なめしている。

2015franken1

ヴィクター役のユ・ジュンサン、パク・コニョン、チョン・ドンソク

観客の大きな期待を背負って発表された2015年版キャストは、作品に新たな風を吹き込むキャストも織り交ぜた、豪華な顔ぶれが揃った。
新たな生命体を創造することに野心を燃やし、やがて自分が生み出した怪物に追われる身となる主人公ヴィクター・フランケンシュタイン役には、昨年の興行を俳優としてのみならず、スポークスマンとしてもリードしたユ・ジュンサンに、パク・コニョンとチョン・ドンソクが新加入した。いずれも大劇場作品の経験豊富。長身で舞台映えする抜群のスタイルと歌唱力をもつ彼らだけに、大きな期待が寄せられている。

2015franken2

アンリ/怪物役のパク・ウンテ、ハン・チサン、チェ・ウヒョク

ヴィクターの親友であり、最大の理解者となるアンリ役と怪物役の二役を演じるのは、昨年の熱演により俳優として大きな飛躍を果たしたパク・ウンテとハン・チサン、そして新鋭チェ・ウヒョクが演じる。なかでもチェ・ウヒョクは、候補約1000人のなかから選ばれたというシンデレラボーイ。学生時代はボクサーを目指していたとという彼は、舞台俳優を多数輩出している明知(ミョンジ)大学で開催されたミュージカルコンテストで劇中、怪物の見せ場で歌うナンバー「私は怪物だ」を見事に歌い上げて優勝したという逸話の持ち主だ。本作で俳優デビューとなる彼が今年の公演の切り札となりそうだ。

2015franken3

ジュリア/カトリーヌ役のアン・シハとイ・ジス

ビクターの幼なじみから婚約者となったジュリア役には昨年同役を演じたアン・シハとライジングスターのイ・ジスが演じる。イ・ジスは女優デビューとなった2013年の『レ・ミゼラブル』でコゼット役を単独キャストで演じきり、その可憐な歌声が絶賛されていた逸材だ。まだ年若い彼女が、ジュリア役をどう演じこなすのか期待される。

2015franken4

エリン/エヴァ役のソ・ジヨンとイ・ヘギョン

ヴィクターの親代わりとなって常に温かく見守ってきた姉エリン役は、ベテランのソ・ジヨンとイ・ヘギョンが演じる。2幕ではエリンとは見た目も性格も対照的な、決闘場の女主人エヴァに変貌する姿に要注目だ。また、ジュリアの父である市長シュテファン役には『ジキル&ハイド』などでいぶし銀の演技を見せてきたイ・ヒジョン。長年フランケンシュタイン家に仕え、ヴィクターの幼いころから面倒を見てきた執事ルンゲ役をホン・ギョンスが演じる。

2015franken5

シュテファン/フェルナンド役のイ・ヒジョンとルンゲ役のホン・ギョンス

本作の魅力は、怪物創造前夜までの1幕と怪物誕生後の2幕のドラマチックな対比的構成だ。ヴィクター以外のキャストは、すべて一人二役、1幕と2幕ではまったく違うキャラクターを演じるのが見どころ。精緻に作りこまれた各俳優のコンセプチュアルな写真をみても、昨年以上にスケールを増した舞台となるのは必至の『フランケンシュタイン』は11月27日から、忠武アートホール大劇場で開幕する。2015franken8 2015franken10 2015franken9


2015frankenposter【公演情報】
ミュージカル『フランケンシュタイン』(프랑켄슈타인)
2015年11月27日~2016年2月28日 忠武アートホール大劇場

<出演>
●ヴィクター・フランケンシュタイン役:ユ・ジュンサン、パク・コニョン、チョン・ドンソク
●アンリ・ディプレ/怪物役:パク・ウンテ、ハン・チサン、チェ・ウヒョク
●ジュリア/カトリーヌ役:アン・シハ、イ・ジス
●エリン/エヴァ役:ソ・ジヨン、イ・ヘギョン
●シュテファン/フェルナンド役:イ・ヒジョン
●ルンゲ役:ホン・ギョンス

芸術総監督:イ・ジョンドク/責任プロデューサー:キム・ヒチョル/共同プロデューサー:キム・シンドン、キム・ソッグク/脚本・演出:ワン・ヨンボム/作曲・音楽監督:イ・ソンジュン/振付:ソ・ビョング/美術:ソ・スクジン/照明:ミン・ギョンス/映像:ソン・スンギュ/特殊効果:パク・グァンナム/衣装:ハン・ジョンイム/小道具:故イム・ヒジョン/ヘアメイク:ヤン・ヒソン

写真提供:忠武アートホール ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]チャン・ジン原作、伝説の舞台『タクシードライバー』11年ぶりに再演

[PLAY]チャン・ジン原作、伝説の舞台『タクシードライバー』11年ぶりに再演

 

taxi1

(写真左から)ポスター撮影中のパク・コニョン、キム・ドヒョン、キム・ミンギョ

映画監督として名高いチャン・ジンによる伝説のコメディ、『タクシードライバー』が俳優キム・スロプロデュースで11年ぶりに再演が決定。注目のキャストたちによるポスター撮影風景が公開された。

taxi3『タクシードライバー』は、『トンマッコルへようこそ』(原作・制作)『拍手するときに去れ』(原作・監督)など、自身が生み出した戯曲が多数映画化されているヒットメーカー、チャン・ジン監督が、1997年に初演した代表作のひとつ。初演ではチェ・ミンシク、00年クォン・ヘヒョ、04年チョン・ジェヨンと、今や韓国映画界の重鎮となっている名優たちを主演にチャン・ジン独特のユーモアとシニカルさを盛り込んだシナリオが高く評価されていた作品だ。実際にタクシーの運転手だったというチャン・ジンの父親が体験したエピソードを基に、ひとりの運転手の目を通じて、現代を生きる小市民たちの姿を切り取った喜劇となっている。

韓国語タイトルでは『タクシードリボル(택시 드리벌)』と表記しているのには理由があり、劇中で主人公のタクシー運転手チャン・トッペが自身の職業を間違って発音してしまうエピソードが登場するためだという。ちなみに、チャン・トッペという主人公の名前は、『無駄骨(허탕)』『不器用な人々(서툰 사람들)』など、過去にチャン・ジンが作・演出を手掛けた演劇にも登場した定番のキャラクター名だ。

演劇、ミュージカルと精力的に作品を発表しているキム・スロプロジェクトの第12弾として、舞台に上がる『タクシードライバー』には、映画、ドラマ、バラエティーなどで活躍する多彩なキャストが起用された。

taxitoppe

タクシー運転手チャン・トッペ役のパク・コニョン、キム・ミンギョ、キム・ドヒョン

江原道(カンウォンド)の田舎町からソウルに上京し、持っているものはタクシーだけという39歳独身のタクシー運転手のチャン・トッペ役には、コメディバラエティー「SNL Korea」で人気を博したコメディアンのキム・ミンギョ、『ヘドウィグ』『ディセンバー』などミュージカルに多数主演してきたパク・コニョン。そして、『シャーロック・ホームズ』『ドリーム・ガールズ』などのミュージカルから『デストラップ』などの演劇まで縦横無尽に活躍中のキム・ドヒョンが出演する。

taxifai

トッペの初恋の人ファイ役、キム・イェスル、ナム・ボラ、キム・ジュヨン

トッペにとって“悲運の”初恋の人であるファイ役には、映画『サニー』やドラマ『サメ』などに出演したナム・ボラが舞台初挑戦するほか、大学路の小劇場作品に出演してきた新人女優のキム・イェスルとキム・ジュヨンがヒロインを演じる。

taxiokke

3人組のオッケ(チンピラ)役のカン・ソンジン、キム・スロ、イム・チョリョン

そして、97年の初演ではシン・ハギュンとチュ・ジンモが演じたというタクシーの乗客となる3人のオッケ(チンピラ)役にはコメディの達人ともいうべき、演技派のベテラン俳優たちが揃った。
チンピラ1役には00年公演で同役を演じたキム・スロと、『ヨーロッパ・ブログ』などキム・スロプロジェクト作品に出演してきたパク・ジュヌ。チンピラ2役は04年公演で主人公のトッペを演じたカン・ソンジンと、チャン・ジン作・演出の演劇『不器用な人々』などに出演してきたパク・ジュンソ。そして演劇『デストラップ』への主演やミュージカル『壁抜け男』や『美女はつらいの』の演出家でもあるイム・チョリョンと演劇『イ・ギドン体育館』『ヘビーメタル・ガールズ』など大学路で精力的に活躍中のキム・ドンヒョンが、チンピラ3役を演じる。

taxi2演出はキム・スロプロジェクト作品のひとつである『イ・ギドン体育館』の演出家ソン・ヒョウォン。チャン・ジン作品特有のテイストをどう消化して舞台で見せてくれるのか期待される。11年ぶりの再演で、この秋話題となるのは必至の演劇『タクシードライバー』は、9月1日からドゥサンアートセンター ヨンガンホールで開幕する。


taxyposter【公演情報】
演劇『タクシードライバー』(택시 드리벌)
2015年9月1日~11月22日 ドゥサンアートセンター ヨンガンホール

<出演>
●チャン・トッペ役:キム・ミンギョ、パク・コニョン、キム・ドヒョン
●ファイ役:ナム・ボラ、キム・イェスル、キム・ジュヨン
●オッケ(チンピラ)1役:キム・スロ、パク・ジュヌ
●オッケ(チンピラ)2役:カン・ソンジン、パク・ジュンソ
●オッケ(チンピラ)3役:イム・チョリョン、キム・ドンヒョン

プロデューサー:キム・スロ、チェ・ジン/脚本:チャン・ジン/演出:ソン・ヒョウォン

写真提供:ASIA BRIDGE CONTENTS ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。