チン・テファ

[MUSICAL]6回目の再演『女神様が見ている』2019ニューキャストを公開

[MUSICAL]6回目の再演『女神様が見ている』2019ニューキャストを公開

 

2013年に初演後、韓国ミュージカルファンに愛され続けている『女神様が見ている』が6回目の再演を11月からスタートする。

2011年に現在のCJ E&Mが創作支援プログラムとして実施していた「CJクリエイティブマインズ」の第1回選定作となり、その後2013年から本公演をスタート。2014年には、東京・世田谷パブリックシアターで来日公演も行い、日本の観客にも親しまれている作品だ。

⇒2014年来日公演時の韓劇.com特集記事

物語は1952年、朝鮮戦争のさなかにある釜山近海の無人島が舞台。北朝鮮の捕虜を移送中だった韓国軍の船が遭難し、無人島に流れ着いた場面から始まる。南(韓国)の兵士ヨンボムとソックは、北の兵士に拘束され立場が逆転。何とか生き延びて援軍を求めたい2人は、北の兵士のなかで最も若くナイーブなスンホを懐柔して、北の兵士たちとの奇妙な共同生活を開始し、やがて真の友情を深めていく感動のストーリーだ。

(左から)ヨンボム役のソン・ドゥソプ、チョ・ソンユン、ソ・ギョンス

約2年ぶり6度目となる今回の再演では『女神様~』経験者と新キャストが混合した多彩な顔触れとなった。

(上段左から)スンホ役のチョン・ウクジン、チョン・フィ(下段左から)ジノ、パク・ジュンフィ

ストーリーをけん引する役割も果たす韓国軍の大尉ヨンボム役は、2年前にも同役を演じたソン・ドゥソプと、今回『女神様』初参加となるチョ・サンユン、ソ・ギョンスが演じる。

過去のトラウマを抱えながらも、純粋で、かつ卓越したエンジニアとしての才能をもつ北朝鮮兵士スンホ役はチョン・ウクジン、チョン・フィ、ジノ(PENTAGON)、パク・ジュンのクワトロキャスト。チョン・フィを除いては今回初参加となる。

(左から)チャンソプ役のホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク

北朝鮮兵士を率いる隊長チャンソプ役はホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク。このうち初出演のチャ・ヨンハクは、かつてチャンソプを演じたチン・ソンギュも所属する劇団「公演配達サービスカンダ」の俳優だ。

ソック役のカン・ギドゥン(左)とアン・ジファン

年上女性との初恋を胸に秘めた素朴なキャラクターが魅力の韓国軍兵士ソック役は前回に続き出演するカン・ギドゥンと、『ザ・フィクション』『伝説のリトルバスケットボール団』などで頭角を現してきたアン・ジファンが初出演となる。

ドンヒョン役のチョ・プンレ(左)とキム・デウン

隊長チャンソプの右腕的存在だが、ある言えない秘密を抱えたドンヒョン役は、チョ・プンレと演劇『散歩する侵略者』、音楽劇『島:1933~2019』などの話題作に出演し、頭角を現している新人キム・デウンが初出演する。

ジュファ役のチン・テファ(左)とソン・ユドン

卓越したダンスの実力をもちムードメーカー的役割を果たす北朝鮮兵士ジュファ役は、前回も同役で出演していたソン・ユドンと『洗濯(パルレ)』など、近年小劇場作品にも精力的に出演しているチン・テファが初参加となる。

(左から)女神様役のイ・ジスク、ハン・ボラ、チェ・ヨヌ

最後に、兵士たちそれぞれが大切に思う、女神様役は、初演から出演し元祖女神様と呼ばれるイ・ジスクと、本作には3回目の出演となるチェ・ヨヌ、そして『飛べ!パクさん』『トゥモロー・モーニング』などに主演したハン・ボラが今回初めて女神様役に挑む。

11月の開幕に先立ち、10月25日(金)、26日(土)の2日間、水原(スウォン)市にあるSKアートリアム大公演場で上演後、11月16日からソウル・大学路ユニプレクス1館で上演される。水原公演のチケットは9月24日(火)午前11時からインターパークで発売。
ソウル公演の1次チケットは10月18日(金)午後2時から発売される。


【公演情報】
ミュージカル『女神様がみている』(여신님이 보고 계셔)
2019年11月16日~2020年3月1日 大学路ユニプレクス1館

<出演>
●ハン・ヨンボム役:ソン・ドゥソプ、チョ・サンユン、ソ・ギョンス
●リュ・スンホ役:チョン・ウクジン、チョン・フィ、ジノ(PENTAGON)、パク・ジュンフィ
●イ・チャンソプ役:ホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク
●シン・ソック役:カン・ギドゥン、アン・ジファン
●チョ・ドンヒョン役:チョ・プンレ、キム・デウン
●ピョン・ジュファ役:チン・テファ、ソン・ユドン
●女神様役:イ・ジスク、ハン・ボラ、チェ・ヨヌ

プロデューサー:ユ・インス/作:ハン・ジョンソク/作曲:イ・ソニョン/演出:パク・ソヨン

写真提供:劇団「演友(ヨヌ)舞台」

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]キム・ジュンス主演『ドラキュラ』新コンセプト写真を公開

[MUSICAL]キム・ジュンス主演『ドラキュラ』新コンセプト写真を公開

 

2016dracurac1
キム・ジュンスがドラキュラ伯爵役に2週間限定でカムバックするミュージカル『ドラキュラ』の新しいコンセプト写真が公開された。
各キャストが、本作ならではの冷たく、ゴシックな雰囲気を生かしつつ、それぞれの魅力を発揮して作品への期待感を増幅させている。

2年ぶりに戻ってきたドラキュラ役のキム・ジュンスは、雪が降りしきる深い闇のなかで何かを見つめている憂いに満ちた切ない視線が印象的だ。何よりもダークななかにひときわ際立つ深紅の髪が見る者の目を奪い、心を揺さぶる。
一方、Wキャストのパク・ウンソクは、こちらに何かを訴えかけているように、まっすぐ一点を見据えた力強い瞳がキム・ジュンスとは対照的だ。

イム・ヘヨン扮するミナは、まるで前述した2人のドラキュラに見つめられ、彼の魅惑的な姿に翻弄されつつも自らに迫っている言いようのない恐怖に身を凍らせているような硬い表情だ。逆に、イ・イェウンが演じるルーシーは、ドラキュラによって吸血鬼に豹変する前を彷彿とさせる明るい表情を見せている。
カン・ホンソクが演じるヴァン・ヘルシングはドラキュラと直接対決前夜に、固い決意を固めたような静謐な表情。そしてチン・テファは、気づかぬうちに追い詰められていた恐怖に不安を隠せないジョナサンの内心がよく表れている。

2016dracurac2

ドラキュラ役 キム・ジュンス

2016dracurac3

ドラキュラ役 パク・ウンソク

2016dracurac6

ミナ役 イム・ヘヨン

2016dracurac4

ルーシー役 イ・イェウン

2016dracurac5

ヴァン・ヘルシング役 カン・ホンソク

2016dracurac7

ジョナサン役 チン・テファ

6人のキャストがみな、ドラマチックな背景を持つキャラクターたちの姿をビジュアルで披露して観客の期待をさらに煽った『ドラキュラ』は、明日12月9日(水)午後2時より1次スケジュールのチケットが発売される。


2016dracuraposter【公演情報】
ミュージカル『ドラキュラ』(드라큘라)
2016年1月23日~2月9日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ドラキュラ役:キム・ジュンス、パク・ウンソク
●ミナ役:イム・ヘヨン
●ヴァン・ヘルシング役:カン・ホンソク
●ジョナサン役:チン・テファ
●ルーシー役:イ・イェウン

原作:ブラム・ストーカー/プロデューサー:シン・チュンス、ペク・チャンジュ/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ドン・ブラック/脚本:クリストファー・ハンプトン/演出・振付:デイヴィッド・スワン/音楽監督:ウォン・ミソル

写真提供:OD MUSICAL COMPANY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]キム・ジュンス2週間限定の帰還!『ドラキュラ』キャスト発表

[MUSICAL]キム・ジュンス2週間限定の帰還!『ドラキュラ』キャスト発表

 

2016dracura42014年最高の話題作と呼ばれたミュージカル『ドラキュラ』が約1年半ぶりに2週間限定の再演が決まり、注目のキャストが公開された。

本作はブラム・ストーカーの同名小説を原作に2004年にブロードウェイで初演後、英国、カナダ、日本などでの上演を経て、2014年に韓国で初演された。作曲フランク・ワイルドホーン、演出デイヴィッド・スワン、音楽監督ウォン・ミソルと、大ヒット作『ジキル&ハイド』の制作陣の再集結というだけでも大きな注目を浴びた。物語は亡くした恋人を想いながら1000年以上も生きながらえてきたドラキュラ伯爵が、恋人にうり二つの女性ミナと出会い、再燃した愛情に葛藤するドラマチックなラブストーリー。ミナの婚約者ジョナサンや、ヴァンパイアハンターのヴァン・ヘルシングなど、ドラキュラの前に立ちはだかる障害にドラキュラがどう対峙するのかも見どころのひとつだ。

2016dracura1

ドラキュラ役のキム・ジュンス(左)とパク・ウンソク

再演の情報が解禁されて以降、初演キャストの再登場なるかにファンの注目が集まるなか、今回も人気俳優を集めた豪華キャストが揃った。
ドラキュラ役には初演を大ヒットさせた立役者、キム・ジュンスとパク・ウンソクがWキャストで出演する。作品ごとに安定感を増しているキム・ジュンスが、再び髪を赤く染め、“シアキュラ”となる華麗なるカムバックは、ファンならば見逃せないものになるだろう。Wキャストのパク・ウンソクは初演時にドラキュラ役に大抜擢され、抜群の歌唱力と存在感を見せて大きく飛躍した作品だけに、彼の再登板にも期待大だ。

2016dracura2

ヴァン・ヘルシング役のカン・ホンソク(左)とミナ役のイム・ヘヨン

ドラキュラが一目で恋に落ちる美しきヒロイン、ミナ役は『レベッカ』『ファントム』などの大作で可憐なヒロインを演じてきたイム・ヘヨンがシングルキャストで演じる。また、ドラキュラ最大の敵となるヴァン・ヘルシング役は『キンキーブーツ』で大ブレイクしたカン・ホンソクが務める。前作『デスノート』では死神リュークを見事に演じて話題を呼んだカン・ホンソクは、キム・ジュンスと同じ所属事務所ということもあり、二人の再共演に期待しているファンも多いはずだ。

2016dracura3

ルーシー役のイ・イェウン(左)とジョナサン役のチン・テファ

そしてフランケンシュタインによって吸血鬼と化してしまうルーシー役は、若手注目株のイ・イェウンが演じる。『レ・ミゼラブル』のアンサンブルからキャリアをスタートし、『ウィキッド』『キンキーブーツ』と大ヒットに出演して頭角を現している彼女だけに、見せ場となるルーシーの独唱シーンに要注目だ。また、ドラキュラに翻弄されてしまうミナの婚約者ジョナサン役には、キム・ジュンス、カン・ホンソクと同じC-JeSエンターテインメント所属の歌手チン・テファ。彼はSHINHWAの弟グループを選抜するオーディション番組「バトル神話」で2005年にデビュー。今回が舞台初挑戦となるだけに、今後歌手のみならずミュージカル俳優としての活動への試金石となるだろう。

公演は2週間限定だけに、今回も興行旋風が吹き荒れることは間違いなしの『ドラキュラ』は、2016年1月23日から、ソウル市光化門の世宗文化会館大劇場で開幕。チケットは12月9日から発売開始される。


2016dracuraposter【公演情報】
ミュージカル『ドラキュラ』(드라큘라)
2016年1月23日~2月9日 世宗文化会館大劇場

<出演>
●ドラキュラ役:キム・ジュンス、パク・ウンソク
●ミナ役:イム・ヘヨン
●ヴァン・ヘルシング役:カン・ホンソク
●ジョナサン役:チン・テファ
●ルーシー役:イ・イェウン

原作:ブラム・ストーカー/プロデューサー:シン・チュンス、ペク・チャンジュ/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ドン・ブラック/脚本:クリストファー・ハンプトン/演出・振付:デイヴィッド・スワン/音楽監督:ウォン・ミソル

写真提供:OD MUSICAL COMPANY ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。