チョ・ソンユン

[MUSICAL]6回目の再演『女神様が見ている』2019ニューキャストを公開

[MUSICAL]6回目の再演『女神様が見ている』2019ニューキャストを公開

 

2013年に初演後、韓国ミュージカルファンに愛され続けている『女神様が見ている』が6回目の再演を11月からスタートする。

2011年に現在のCJ E&Mが創作支援プログラムとして実施していた「CJクリエイティブマインズ」の第1回選定作となり、その後2013年から本公演をスタート。2014年には、東京・世田谷パブリックシアターで来日公演も行い、日本の観客にも親しまれている作品だ。

⇒2014年来日公演時の韓劇.com特集記事

物語は1952年、朝鮮戦争のさなかにある釜山近海の無人島が舞台。北朝鮮の捕虜を移送中だった韓国軍の船が遭難し、無人島に流れ着いた場面から始まる。南(韓国)の兵士ヨンボムとソックは、北の兵士に拘束され立場が逆転。何とか生き延びて援軍を求めたい2人は、北の兵士のなかで最も若くナイーブなスンホを懐柔して、北の兵士たちとの奇妙な共同生活を開始し、やがて真の友情を深めていく感動のストーリーだ。

(左から)ヨンボム役のソン・ドゥソプ、チョ・ソンユン、ソ・ギョンス

約2年ぶり6度目となる今回の再演では『女神様~』経験者と新キャストが混合した多彩な顔触れとなった。

(上段左から)スンホ役のチョン・ウクジン、チョン・フィ(下段左から)ジノ、パク・ジュンフィ

ストーリーをけん引する役割も果たす韓国軍の大尉ヨンボム役は、2年前にも同役を演じたソン・ドゥソプと、今回『女神様』初参加となるチョ・サンユン、ソ・ギョンスが演じる。

過去のトラウマを抱えながらも、純粋で、かつ卓越したエンジニアとしての才能をもつ北朝鮮兵士スンホ役はチョン・ウクジン、チョン・フィ、ジノ(PENTAGON)、パク・ジュンのクワトロキャスト。チョン・フィを除いては今回初参加となる。

(左から)チャンソプ役のホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク

北朝鮮兵士を率いる隊長チャンソプ役はホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク。このうち初出演のチャ・ヨンハクは、かつてチャンソプを演じたチン・ソンギュも所属する劇団「公演配達サービスカンダ」の俳優だ。

ソック役のカン・ギドゥン(左)とアン・ジファン

年上女性との初恋を胸に秘めた素朴なキャラクターが魅力の韓国軍兵士ソック役は前回に続き出演するカン・ギドゥンと、『ザ・フィクション』『伝説のリトルバスケットボール団』などで頭角を現してきたアン・ジファンが初出演となる。

ドンヒョン役のチョ・プンレ(左)とキム・デウン

隊長チャンソプの右腕的存在だが、ある言えない秘密を抱えたドンヒョン役は、チョ・プンレと演劇『散歩する侵略者』、音楽劇『島:1933~2019』などの話題作に出演し、頭角を現している新人キム・デウンが初出演する。

ジュファ役のチン・テファ(左)とソン・ユドン

卓越したダンスの実力をもちムードメーカー的役割を果たす北朝鮮兵士ジュファ役は、前回も同役で出演していたソン・ユドンと『洗濯(パルレ)』など、近年小劇場作品にも精力的に出演しているチン・テファが初参加となる。

(左から)女神様役のイ・ジスク、ハン・ボラ、チェ・ヨヌ

最後に、兵士たちそれぞれが大切に思う、女神様役は、初演から出演し元祖女神様と呼ばれるイ・ジスクと、本作には3回目の出演となるチェ・ヨヌ、そして『飛べ!パクさん』『トゥモロー・モーニング』などに主演したハン・ボラが今回初めて女神様役に挑む。

11月の開幕に先立ち、10月25日(金)、26日(土)の2日間、水原(スウォン)市にあるSKアートリアム大公演場で上演後、11月16日からソウル・大学路ユニプレクス1館で上演される。水原公演のチケットは9月24日(火)午前11時からインターパークで発売。
ソウル公演の1次チケットは10月18日(金)午後2時から発売される。


【公演情報】
ミュージカル『女神様がみている』(여신님이 보고 계셔)
2019年11月16日~2020年3月1日 大学路ユニプレクス1館

<出演>
●ハン・ヨンボム役:ソン・ドゥソプ、チョ・サンユン、ソ・ギョンス
●リュ・スンホ役:チョン・ウクジン、チョン・フィ、ジノ(PENTAGON)、パク・ジュンフィ
●イ・チャンソプ役:ホン・ウジン、ユン・ソグォン、チャ・ヨンハク
●シン・ソック役:カン・ギドゥン、アン・ジファン
●チョ・ドンヒョン役:チョ・プンレ、キム・デウン
●ピョン・ジュファ役:チン・テファ、ソン・ユドン
●女神様役:イ・ジスク、ハン・ボラ、チェ・ヨヌ

プロデューサー:ユ・インス/作:ハン・ジョンソク/作曲:イ・ソニョン/演出:パク・ソヨン

写真提供:劇団「演友(ヨヌ)舞台」

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAI主演『ジャック・ザ・リッパー』3年ぶりの帰還

[MUSICAL]リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAI主演『ジャック・ザ・リッパー』3年ぶりの帰還

 

 

2016jtr1

ダニエル役のリュ・ジョンハン

『三銃士』とともに、日本で韓国ミュージカルファンを急増させた作品として知られる『ジャック・ザ・リッパー』が3年ぶりに韓国で再演となり、豪華キャストが発表された。
2009年に当初は『殺人魔ジャック(살인마 잭)』というタイトルで初演した『ジャック・ザ・リッパー』の原作は、19世紀末に英国ロンドンで発生した猟奇連続殺人事件をモチーフにチェコ共和国で創作された作品。世界的に有名な未解決事件として知られるこの事件の犯人は、正体が掴めていないことから、通称“ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)”と呼ばれてロンドン市民に恐れられていたという。
このチェコ原作ミュージカルに韓国独自の演出を加えて、初演当時は珍しかったスリラーミュージカルとして人気を博した本作は、アン・ジェウク、SUPER JUNIORのソンミン、チ・チャンウクなど多数の韓流スターが主演し、2012年からは日本公演も実施され、多数の韓流ファン、舞台ファンに知られる作品となった。

2016jtr2

ダニエル役のオム・ギジュン(左)とKAI

本作の主人公となる、アメリカからロンドンにやってきた外科医ダニエル役には、リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAIという究極のキャストが揃った。なかでもリュ・ジョンハンとKAIは今回、本作に初めて挑むことになる。愛する女性のために、悪魔と取引することになるダニエルの悲哀を存分に表現できる実力をもつ彼らだけに、大きな話題を集めるのは必至だ。

2016jtr3

(写真左から)アンダーソン刑事役のパク・ソンファン、キム・ジュンヒョン、チョ・ソンユン

自らも苦悩を抱えつつ、連続殺人事件を追う刑事アンダーソン役には、キム・ジュンヒョン、パク・ソンファン、チョ・ソンユン(チョ・ガンヒョンから改名)が演じる。現在『マタ・ハリ』でラドゥ大佐を好演しているキム・ジュンヒョンは、日本で劇団四季を退団後、韓国の舞台に復帰して最初に演じたのがこのアンダーソンだっただけに、4回目の出演となる今回も格別の愛着を感じさせている。

2016jtr4

連続殺人鬼ジャック役のTei(左)とイ・チャニ

ロンドンの街を恐怖に陥れる連続殺人鬼ジャック役には、『ONCE』『アリラン』などの話題作でも着実な演技を披露し、『モーツァルト!』ではシカネーダー役で出演することも決まっているイ・チャニと、昨年は『明成皇后』で大型ミュージカルにも挑んだ歌手のTeiがともに初挑戦する。

2016jtr5

新聞記者モンロー役のチョン・ウィウク(左)とキム・デジョン

また、スクープを得るためにアンダーソンと取引をする新聞記者モンロー役には『明成皇后』『英雄』のチョン・ウィウクと、『フランケンシュタイン』初演のルンゲ役で知られるキム・デジョンを起用。ダニエルに純愛を捧げる売春婦のグロリア役には『レベッカ』『イン・ザ・ハイツ』のキム・ボギョンと、ドラマ、映画で活躍しながら『ディセンバー』『オール・シュック・アップ』などのミュージカルにも精力的に出演してきたキム・イェウォンが引き受けた。そして、アンダーソン刑事と切ない愛を展開するポーリー役は『風と共に去りぬ』『シンデレラ』などに出演したチョン・ダニョンが演じる。

2016jtr6

グロリア役のキム・ボギョン(左)とキム・イェウォン

究極のキャストを揃え、今夏の目玉作品のひとつとなるのは間違いない『ジャック・ザ・リッパー』は、7月15日から10月9日まで、新道林(シンドリム)のD-CUBEアートセンターで上演。1次チケットは5月19日(木)午後2時より一般発売が開始される。


2016jtrposter【公演情報】
ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』(잭 더 리퍼)
2016年7月15日~10月9日 D-CUBEアートセンター

<出演>
●ダニエル役:リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAI
●アンダーソン役:キム・ジュンヒョン、パク・ソンファン、チョ・ソンユン(旧名チョ・ガンヒョン)
●ジャック役:イ・チャニ、Tei
●モンロー役:チョン・ウィウク、キム・デジョン
●グロリア役:キム・ボギョン、キム・イェウォン
●ポーリー役:チョン・ダニョン


写真提供:M MUSICAL ART ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。