チョ・ジョンソク

[COLUMN]韓国ドラマの舞台人 第1回『賢い医師生活』前編

[COLUMN]韓国ドラマの舞台人 第1回『賢い医師生活』前編

 

長年韓国ドラマ専門ライターとしても活動している筆者が、不定期ながら新連載を始めます。題して「韓国ドラマの舞台人」。タイトルそのままに、近年韓国ドラマでの活躍が目覚ましい舞台出身俳優の魅力を紹介します。

第1回はついに3月12日から韓国tvNで放送スタートする『賢い医師生活(슬기로운 의사생활)』(⇒ドラマ公式サイト)。『応答せよ』シリーズ3作を手掛けたシン・ウォンホ監督が、前作『賢い監房生活(슬기로운 감빵생활 邦題:刑務所のルールブック)から2年ぶりに発表する新作ドラマです。

主な配役は以下の通り

●肝胆膵外科医イクジュン:チョ・ジョンソク ※肝臓・胆嚢・膵臓の専門医
●小児外科医ジョンウォン:ユ・ヨンソク
●胸部外科医ジュンワン:チョン・ギョンホ
●産婦人科医ソクヒョン:キム・デミョン
●神経外科医ソンファ:チョン・ミド

5人は、99学番(1999年度入学)医大同期で20年来の親友同士。全員が40代突入を目前にした医師たちです。通常は、放送開始前に番組公式サイトには必ず公開されるキャラクター紹介や人物関係図が、今のところは全く出ていません。(制作の遅れなのか、あえて秘密にしているのか…)
新型肺炎の影響で、映像生中継を通して公開された制作発表会でもみな“スポ”(スポイラー=ネタバレ)にならないよう、緘口令がひかれているのか、具体的な内容についての話はあまりされなかったため、どんなドラマになるのかは見てのお楽しみ、という状況です。
現時点で分かるのは、過去のシン・ウォンホ監督作品と同様に、群像劇、人間ドラマという2大キーワードは維持。以前の作品では主人公を取り巻く家族の物語がかなり盛り込まれていましたが、それが今回は彼らが担当する患者の物語中心に代わるようです。

このドラマの主人公5人のうち、チョン・ギョンホを除く4人が舞台経験者。チョ・ジョンソクとユ・ヨンソクは、出演時期は異なるものの過去にミュージカル『ヘドウィグ』と『壁抜け男』に主演したことがあるという共通点を持っています。キム・デミョンは2014年のドラマ『ミセン』でブレイク前は、ミュージカル『地下鉄1号線』『アサシンズ』など舞台を中心に活動していた人です。

●チョ・ジョンソク 舞台出演作一覧(PlayDB)

●ユ・ヨンソク 舞台出演作一覧(PlayDB)

●キム・デミョン 舞台出演作一覧(PlayDB)

そして、今回紅一点のヒロインに抜擢されたのがチョン・ミドです。
韓国舞台シーンを代表するミッ・ポ・ペ(믿우=信じて観る俳優)でありながら、これまで映像ではほとんど活動しなかったことから、韓国でも本作のヒロインとして発表された際には「チョン・ミドとは誰?」という記事が出たほど、一般的には知られていない俳優でした。日本の韓国ドラマファンも、おそらく同じ印象を持ったことでしょう。
しかし彼女の凄さを知る人たちは「キターーーー!」と歓喜の嵐。韓国インターパークが運営する舞台情報サイトPlayDBでも、わざわざ記事が公開されるなど、キャスト発表と同時に舞台マニアの間では大きな話題となっていたのです。

(写真左)2016年『もしかしてハッピーエンディング』/(写真右)2014年『バンジージャンプする』

放送開始数日前に映像の生中継で公開された制作発表で明かされていたのは、シン・ウォンホ監督に彼女の起用を勧めたのはチョ・ジョンソクだったそうです。ユ・ヨンソクも彼女が出演する舞台を見て「以前からファンだった」と公言しています。彼らの推薦に加え、監督自身もヒロインは無名の新しい人を起用したかったと言っていたのですが、例えば『応答せよ1994』のチョンウや、『刑務所のルールブック』のパク・ヘスなど、実力はあるのに大衆への知名度が低かった俳優たちを大抜擢してブレイクさせてきた監督が、今回はチョン・ミドに白羽の矢を立てたのです。

(写真左)2018年『ドクトル・ジバゴ』/(写真右)2013年『ウェルテル』

とても小柄で華奢な彼女ですが、安定した演技力、歌唱力はもちろん舞台上での存在感も抜群。なのに演じるキャラクターに忠実で、自分自身を前面に出すタイプの人ではありません。そんな彼女ですから、共演者はもちろん、演出家や制作者も彼女との仕事を拒む人はまずいないと思います。
その代表が名優チョ・スンウ。2012年にミュージカル『ドクトル・ジバゴ』で共演後、『ラ・マンチャの男』『ウェルテル』『スウィーニー・トッド』と、彼女を連続して相手役に指名し共演しています。

●2015年の『ウェルテル』15周年記念公演時の雑誌「Scene PLAYBILL」のチョ・スンウ&チョン・ミドインタビュー

記事中では、かのチョ・スンウに「舞台を離れても常に側にいてほしい俳優です。学ぶべきところが多く、この人が与える刺激は計り知れない」とまで言わしめるほど。チョ・スンウがこれほど共演者を絶賛していたのはあまり見たことがありません。

また、演技派女優を中心に構成されている劇団メンシアターの団員でもある彼女は、数々の大劇場ミュージカルでヒロイン役を務めながら定期的に小劇場演劇にも出演。ほかにも国立劇団など、公的劇団が制作した作品でも主演を務めています。とにかく、舞台ではあちこちで引く手あまたの名女優なのです。

筆者も韓国で一人舞台女優を挙げるならば、迷うことなく彼女を選びます。個人的に、チョン・ミドの凄さを体感したのが、2014年に芸術の殿堂で上演された演劇『メフィスト』でした。ゲーテの『ファウスト』を大胆に解釈したこの作品で、『冬のソナタ』の父親役として日本では知られている演劇界の大御所、チョン・ドンファンを相手役に一歩も引けを取らず、エネルギッシュに悪魔メフィストを演じていました。
当時の映像が残っています。

こんな強烈な役もできれば、一方で可憐なヒロインもこなすことができるチョン・ミド。『賢い医師生活』で、ついに彼女の凄さがブラウン管を通してお披露目されます。チョ・ジョンソクを筆頭に、個性豊かな面々が揃うなか、監督が紅一点のヒロインを彼女に任せたのは、きっと大きな理由があるはずです。そして放送後の大ブレイクは必至。しかし一旦ブレイクしてしまうとなかなか舞台では見られなくなってしまうことが多い昨今ですが、それでも多くの方に舞台でのチョン・ミドの演技も堪能してもらいたいと切に願います。

第2回では、引き続き『賢い医師生活』に出演している多数の舞台出身助演俳優にスポットを当てて紹介予定です。

●チョン・ミド 舞台出演作一覧(Play DB)

※文中のリンクは、ドラマ関連サイトや、ミュージカル、演劇の映像などを紹介しています(すべて韓国語サイト)

文:さいきいずみ(韓劇.com)

●2013年のミュージカル『ウェルテル』(共演はオム・ギジュン)

●2014年のミュージカル『ONCE (ONCE ダブリンの街角で)』(共演はユン・ドヒョン)

●2016年の演劇『BEA』(共演は、劇団メンシアターの団員でもあり、『ブラックドッグ』などドラマでも活躍するイ・チャンフン)

●2018年のミュージカル『ドクトル・ジバゴ』(共演はパク・ウンテ)

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]ユン・ドヒョン、チョ・スンウら豪華キャストで新演出版『ヘドウィグ』韓国版3月開幕

[MUSICAL]ユン・ドヒョン、チョ・スンウら豪華キャストで新演出版『ヘドウィグ』韓国版3月開幕

 

2016hedwigtop2数ある小劇場ライセンス作品のなかでも、韓国で圧倒的な人気を誇るミュージカル『ヘドウィグ』が、昨年ブロードウェイで上演された新演出版で豪華キャストとともに“ニューメイク”という副題をつけて帰ってくる。

『ヘドウィグ』は、韓国で2005年に初演され、昨年の10周年記念公演まで全9シーズン、全国公演通算1650回以上という記録を打ち立て、毎シーズン、多彩な顔ぶれの“ヘドウィグ”が出演してきた。
過去ヘドウィグ役を演じた男優たちは、その後もほとんどがトップクラスの俳優として活躍しており、スター俳優の登竜門とも呼ばれている。毎回そのキャスティングに注目が集まる『ヘドウィグ』だが、2016年版には、ユン・ドヒョン、チョ・スンウ、チョ・ジョンソク、チョン・ムンソン、ピョン・ヨハンという新旧キャストを織り交ぜた歴代最高級の5人が確定した。

2016hedwig1

カムバックした〝レジェンド”ヘドウィグ(写真左から)ユン・ドヒョン(©SHOWNOTE)、チョ・スンウ(©CJ E&M)、チョ・ジョンソク(©文化倉庫)

ヘドウィグ経験者3人は過去の出演者のなかでも、特に高い人気を博したまさに“レジェンド”級の面々だ。まずは2009年以来、7年ぶりに出演するユン・ドヒョンは韓国を代表するロックバンド、YBのボーカリストだけに、彼ほどこの作品のサウンドを完璧に表現できるキャストはいないだろう。パワフルなステージングでロックの“ノリ”がわかる男の帰還は大きな朗報だ。加えて、彼が率いるバンドYBのメンバー全員が、アングリー・インチバンドとして出演し、ロックファンも劇場に集結するのは間違いない。
初演から過去10年間で5シーズン出演、昨年の10周年公演も牽引したチョ・スンウが新演出版にも登場する。作品世界を最も良く知る彼は、出演のたびに他のキャストとは大きく違う彼だけのヘドウィグを見せてきただけに、今回もまた新たなバージョンを披露するのは必至。出演回は毎回即完売するという圧倒的なチケットパワーが今回も発揮されるに違いない。
そして、今や映画界のトップスターとなったチョ・ジョンソクが5年ぶりに待望のカムバックを果たす。舞台出演は『ブラッド・ブラザーズ』以来2年ぶり。映画『建築学概論』で一躍注目の的となった独特の話術と、エネルギッシュなステージングが魅力の彼が、久々にミュージカル俳優としての本領を発揮する舞台になるだろう。

2016hedwig2

”ニューカマー”ヘドウィグの二人(写真左から)ピョン・ヨハン(©CINE 21)、チョン・ムンソン(©アゴカンパニー)

そして、新たにヘドウィグに挑むのは現在SBSで放送中の大ヒット時代劇『六龍が飛ぶ』に出演中のピョン・ヨハンとチョン・ムンソンだ。
ミュージカル初挑戦となるピョン・ヨハンはドラマ『ミセン』で大ブレイク以降、多くの映画、ドラマの出演オファーを振り切って『ヘドウィグ』への出演を選んだという。すでにミュージカルナンバーをすべて覚えているほど作品に格別の愛情を持っているという彼が、今シーズンの目玉キャストとなるのは間違いない。
そして最近はテレビドラマや映画でも活躍している生粋の舞台俳優、チョン・ムンソンが初めてヘドウィグ役に挑む。現在『蜘蛛女のキス』で男性美溢れるバレンティン役を演じているが、どんな役柄も消化し、繊細な表現力で自分のものにしてきた彼が、フェミニンなキャラクターをどう表現するのか期待される。

2016hedwig3

ヘドウィグの夫、イツァーク役の3人 ソムン・タク(©SHOWNOTE)、イム・ジナ、J-Min(©SMエンターテインメント)

ヘドウィグのパートナーであるイツァーク役には、歴代イツァーク役のなかで最もパワフルなボーカルを聴かせてくれるロックシンガーのソムン・タクが再降臨。『若さの行進』『兄弟は勇敢だった』などで抜群の歌唱力を見せていたイム・ジナはオーディションを経て見事、役を手にした。そして『イン・ザ・ハイツ』『三銃士』などでヒロインを演じてきた歌手のJ-Minが、初めてロックミュージカルに挑む。特に今シーズンのイツァークは観客が驚くほどの完璧な変身を遂げてフィナーレを飾る予定とのこと。

破格のキャスティングで新たな神話を生み出す『ヘドウィグ』は、3月1日から弘益大 大学路アートセンター大劇場で開幕。1月8日(金)午後2時から第1次スケジュールのチケットが発売される。


2016hedwiglogo【公演情報】
ミュージカル『ヘドウィグ』
2016年3月1日(火)~5月29日(日)弘益大 大学路アートセンター大劇場

<出演>
●ヘドウィグ役:ユン・ドヒョン、チョ・スンウ、チョ・ジョンソク、チョン・ムンソン、ピョン・ヨハン
●イツァーク役:ソムン・タク、イム・ジナ、J-Min

写真提供:SHOWNOTE ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]チョ・ジョンソク、ソン・チャンウィ主演で「ブラッド・ブラザーズ」6月開幕!

[MUSICAL]チョ・ジョンソク、ソン・チャンウィ主演で「ブラッド・ブラザーズ」6月開幕!

 

송창의 조정석_01aチョ・ジョンソク、ソン・チャンウィをはじめとする豪華キャストを揃え、ミュージカル「ブラッド・ブラザーズ」が6月開幕する。

本作はロンドン・ウエストエンドで1983年に初演。英国のエミー賞と呼ばれるローレンス・オリヴィエ賞作品賞を受賞し、2012年まで24年にわたりロングラン上演を続けた作品(⇒英・公式サイト)で、「リタと大学教授」「シャーリー・バレンタイン」などで知られるイギリスの劇作家ウィリー・ラッセルの代表作だ。日本では2009年に武田真治、岡田浩暉、藤岡正明、田代万里生らの出演で上演歴がある。

舞台は英・リバプール。ジョンストン夫人は貧しさのために生まれたばかりの双子の息子の一人を、子供を切望していた裕福なライオンズ家に引き取ってもらう。ジョンストン家の息子はミッキー、ライオンズ家の息子はエディと名付けられたが、やがて運命に引き寄せられるように2人は出会い、互いの出生の秘密を知らないまま固い友情を育んでいく。物語の背景にあるのはイギリスならではの“クラス(階級)”。まさに血を分けた兄弟でありながら、社会的にも経済的にも対照的な人生を歩むことになった2人の悲哀がドラマチックに描かれる。

ミッキー役を演じるのはチョ・ジョンソクとソン・チャンウィ。なかでも映画『建築学概論』やドラマ「キング~Two Heats」で大ブレイクしたチョ・ジョンソクが3年ぶりに舞台にカムバックすることが最大のトピックだ。

조정석 오종혁_01a

エディ役:オ・ジョンヒョクと、ミッキー役チョ・ジョンソク

一方のエディ役にはオ・ジョンヒョクとチャン・スンジョ(旧名チャン・ヒョンドク)。ともに中・小劇場作品では数々の主役を張ってきた実力ある2人だけに、見ごたえある演技を見せてくれるに違いない。

송창의 장승조_01a

エディ役:チャン・スンジョと、ミッキー役:ソン・チャンウィ

そのほかのキャストは、ジョンストン夫人役:チン・アラ(旧名チン・ボクチャ)、グ・ウォニョン/ナレーター役:ムン・ジョンウォン/ライオンズ夫人役:キム・ギスン/ライオンズ氏役:ペ・ジュンソン/サミー役:シム・ジェヒョン/リンダ役:チェ・ユハ /チェ・ゴウン、キム・ギチャン、キム・ソヨン、パク・ジョングム、カン・ミヌク、メン・ウォンテ、カン・ウネが出演する。

同作は2004年にイ・ゴンミョン、イ・ソクジュンらの出演で上演歴があり、韓国では約10年ぶりの上演となる。豪華キャストが揃い、この夏必見のミュージカルのひとつになりそうな「ブラッド・ブラザーズ」は6月27日より開幕。

ケツチテ 블러드브라더스 ニコナヘa■公演情報■

ミュージカル「ブラッド・ブラザーズ」

6月27日(金)~9月14日(日) 弘益大学 大学路アートセンター大劇場

チケットは5月12日(月)午前11時より インターパーク、YES24、クリップサービスで発売。

 

 

<英国オリジナル版ダイジェスト映像>