チョン・テグン

[MUSICAL]音楽監督キム・ムンジョン 豪華ゲストを迎えコンサート開催

[MUSICAL]音楽監督キム・ムンジョン 豪華ゲストを迎えコンサート開催

 

 

『エリザベート』『笑う男』『ファントム』『レベッカ』『モーツァルト!』『ラ・マンチャの男』など、数々の大作ミュージカルで音楽監督を務めてきたキム・ムンジョンが、自身の名を冠した初のコンサートを開催。豪華ゲストが発表された。

6月7日、8日の2日間(3公演)、LGアートセンターで開催されるコンサートには、彼女が過去に音楽監督を務めたミュージカルの主要キャストのみならず、ジャンルの垣根を超えた多彩なゲストが出演する。

70年代から活躍するシンガーソングライターのチェ・ベクホ、『ファントム』に出演したバレリーナのキム・ジュウォン、大作ミュージカルで多数のヒロイン役を務めてきたチョ・ジョンウン、チョン・ミドは全公演に出演する。なかでもチェ・ベクホは、キム・ムンジョンが大学卒業後、彼のピアノセッションでプロとして活動を始めたという特別な縁ある人物。今回はその恩人とともに50人のオーケストラを率いて演奏するとあって、彼女にとっては意義ある舞台になるといえるだろう。

7日(金)公演には、パンソリの天才ソリクンとして知られ、ミュージカル『西便制(ソピョンジェ)』では女優としても出演したイ・チャラム。『笑う男』『英雄』などに出演したヤン・ジュンモ。そしてキム・ムンジョンがメンターを務めて注目を浴びたJTBCの音楽番組「ファントム・シンガー」から誕生したクロスオーヴァ―グループForte di Quattro(フォルテ・ディ・クワトロ)が出演する。

8日(土)には、『ラ・マンチャの男』『オケピ!』に主演したファン・ジョンミンが久々にミュージカルナンバーを披露する。また『ファントム』『ルドルフ』『モーツァルト!』など彼女が音楽監督を務めた作品に多数主演したイム・テギョンとは、甘美なミュージカルナンバーで共演を準備しているという。そしてミュージカル俳優デビューを果たした『モーツァルト!』をはじめ『エリザベート』『デスノート』『ドリアン・グレイ』で主演したキム・ジュンスと、彼ら3人は、昼夜2公演に出演する。3時公演には『マタ・ハリ』『エリザベート』に主演したチョン・テグン(VIXX LEO)が。7時半公演には『レ・ミゼラブル』『ファントム』『英雄』に主演したチョン・ソンファも登場する。

ポスターには『ドリアン・グレイ』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『レベッカ』『英雄』『西便制』『エリザベート』『ONCE』『ファントム』『ラ・マンチャの男』『マンマ・ミーア!』などのラインナップが公開されている。コンサートでは、これらのミュージカルの名曲はもちろん、出演者たちと“やってみたかった”意外なナンバーも披露されるという。アンサンブルキャストが主人公を務めるスペシャルステージや、今回のコンサートで初めて実現するコラボレーション、さらに事前公表されないスペシャルゲストも登場するとあって、このコンサートでしか見られない、豪華競演が楽しめそうだ。

音楽監督、アーティストとして多くの縁を結んだ俳優や歌手たちと共に、贅沢なひとときをプレゼントしてくれる『2019 キム・ムンジョン<ONLY>』は、6月7日、8日にLGアートセンターで開催。チケットはインターパーク(韓国)LGアートセンターホームページで発売中だ。


【公演情報】

『2019 キム・ムンジョン<ONLY>』コンサート

2019年6月7日(金)~8日(土) LGアートセンター

<出演>

キム・ムンジョン、The M.Cオーケストラほか

●6月7日(金)8時公演 ゲスト:チェ・ベッコ、キム・ジュウォン、イ・チャラム、チョ・ジョンウン、ヤン・ジュンモ、チョン・ミド、Forte di Quattro (コ・フンジョン、キム・ヒョンス、ソン・テジン、イ・ビョリ)&スペシャルゲスト

●6月8日(土)3時公演 ゲスト:チェ・ベッコ、ファン・ジョンミン、イム・テギョン、キム・ジュウォン、チョ・ジョンウン、チョン・ミド、キム・ジュンス、チョン・テグン&スペシャルゲスト

●6月8日(土)7時半時公演 ゲスト:チェ・ベッコ、ファン・ジョンミン、イム・テギョン、キム・ジュウォン、チョン・ソンファ、チョン・ミド、キム・ジュンス&スペシャルゲスト

写真提供:THE P.I.T

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]踊り子から紅の女スパイの物語へ-進化した『マタ・ハリ』再演

[MUSICAL]踊り子から紅の女スパイの物語へ-進化した『マタ・ハリ』再演

 

宿命に逆らい惹かれ合うマタ・ハリ(チャ・ジヨン)とアルマン(オム・ギジュン)

韓国からブロードウェイ上演作の誕生を目指し、2016年に初演された韓国オリジナルミュージカル『マタ・ハリ』の再演が、今年は世宗文化会館 大劇場に劇場を移して開幕した。
19世紀末にオランダの裕福な家庭で生まれたものの、家業の没落により紆余曲折を経てパリに移住し“マタ・ハリ”の名でダンサーに。その後、エキゾチックな美貌を武器に第一次世界大戦下に仏・独で諜報活動をしたことから、女スパイの代名詞となった実在の女性をモチーフに、彼女の劇的な半生を描いた作品だ。

総製作費250億ウォン、約4年の準備期間を経て昨年お披露目された『マタ・ハリ』は、『ジキル&ハイド』などの作曲家として知られるフランク・ワイルドホーンを中心に、ブロードウェイで大作を手掛けた強力なクリエイティブチームを揃えて制作された。この豪華なスタッフに加え、主演のオク・ジュヒョンを筆頭にトップクラスのミュージカル俳優の出演もあり、昨年の新作ミュージカルのなかでは最も大きな期待と注目を集めた作品となった。今年は、初演時の課題とされていたドラマ性を強化するため、ロイヤル・シェイクスピアカンパニー出身のスティーブン・レインを演出に招き、リニューアルすることを予告していた。

マタ・ハリと知り合った直後、アルマン(オム・ギジュン)は戦地に向かうことになる

そしてその予告以上に、今年の『マタ・ハリ』再演は全く新しい作品と言っても過言ではないほど、大胆な変身を遂げていた。初演のマタ・ハリが「ムーランルージュ」の“踊り子”のイメージを前面に打ち出していたとすれば、今年は“女スパイ”の側面に重きを置いた人間ドラマとして描く方向に舵を切ったのだ。
アンサンブルによる重厚なナンバーのモブシーンからスタートし、オープニングから舞台は第一次世界大戦下にあることを示唆。マタ・ハリに目を付けたラドゥ大佐、町中でのトラブルをきっかけに出会ったマタ・ハリとアルマン……などストーリーのキーポイントとなるシーンは残しつつ、無駄なセリフやシーンはそぎ落として物語をぐいぐいと進めていく印象を受けた。また、観客の緊張感と集中力を切らさないように展開するスピーディーなセットチェンジと演出は白眉だった。多くの演出家が頭を悩ませる世宗文化会館の大舞台をここまでスムースに活用できた人はなかなかいないだろう。

ゴージャスなドレスやワンピースなど、次々と変わる深紅の衣装は見どころのひとつ

マタ・ハリの劇的すぎるエピソードの何を活かすか、取捨選択は難しかったと思うが、スパイとしての活動に葛藤し、心を通わせた運命の男性に命がけの恋をする、一人の女性の生き様を描いた作品として十分に完成度を上げていた。結局、セットも衣装もほとんど新規で制作することになったようだが、一度出来上がっている作品を解体し再構築する作業は、容易ではなかっただろうと思われる。

観劇した日のキャストは、マタ・ハリ役にチャ・ジヨン、アルマン役オム・ギジュン、ラドゥ役ミン・ヨンギ、アンナ役キム・ナユンであった。

表面的にはマタ・ハリ(チャ・ジヨン)への思いを見せないラドゥ(ミン・ヨンギ)

プライベートでの結婚・出産を経て、満を持して本作で舞台復帰を果たしたチャ・ジヨンは、人間性を浮き彫りにした今年のマタ・ハリを演じるにはまさに適役。近寄る男たちをしたたかにあしらうクールネスと強さをもちながらも、アルマンの前では穏やかで優しい素顔を見せるヒロイン像を見事に消化していた。1幕、2幕の各クライマックスで辛い心情を切々と歌い上げる様は、彼女だからこそ見せられたマタ・ハリの姿であろう。

精悍な青年兵士のイメージとなり、魅力倍増のアルマン(オム・ギジュン)

そして初演では純粋さの残るマタ・ハリの“年下彼氏”のイメージが強かったアルマンは、毅然とした男らしいキャラクターに変貌していた。彼は上官ラドゥの命令のもと、監視していたマタ・ハリに魅了されてしまった自己矛盾と葛藤することになるのだが、コミカルなシーンを一切排除したことで、オム・ギジュンの持ち味である演技力が際立ち、一段と魅力的なアルマンに仕上げていた。同役はチョン・テグン(VIXXレオ)とイム・スロン(2AM)とのトリプルキャストだが、若い彼らがこのキャラクターをどう演じているのか、気になるところだ。

アルマンをイム・スロン(左)とチョン・テグン(右)がどう演じているか見比べるのも一興

また、今年はラドゥ大佐が徹底的に“悪役”と化している点も見逃せない。手駒としてマタ・ハリ、アルマンを利用する非情なキャラクターだが、冷酷さの裏で二人の仲への嫉妬も匂わせる。ラドゥがアルマンと正面対決するシーンでは、オム・ギジュン―ミン・ヨンギの競演は、気心の知れた二人だからこその息の合ったデュエットが堪能できる名場面のひとつだった。ほかにもラドゥ役はキム・ジュンヒョン、ムン・ジョンウォンと個性の違う3人が演じるため、ラドゥVSアルマンのシーンは、キャストの組み合わせによって全く違った印象になることだろう。

初演よりも悪役に徹した役柄となったラドゥ(ミン・ヨンギ)

今回の再演で驚いたのが、マタ・ハリの身の回りの世話をするアンナの活かし方だった。初演に続き出演しているキム・ナユンは、過去の出演作でも見せて来たコミカルなイメージが強い人だが、それを極力抑え、マタ・ハリの苦悩を受け止める母親のようなキャラクターとなっていた。劇中2曲あるアンナのソロナンバーを温かくも丁寧に歌い上げ、彼女の新たな魅力を発見したシーンとなった。

マタ・ハリとアルマン(チョン・テグン)のロマンスがどう変化しているかも見もの

実在した人物がモデルとなっているだけに、波乱万丈なマタ・ハリの人生を舞台に落とし込むには今年のようなリニューアルは必然だった。だが一方で、きらびやかなダンサーとしての描写は大幅にそぎ落とされ、観劇中一息つけるような遊びのシーンもなかったように思われた。言葉を換えれば、それだけ緊張感があり、ストーリーに集中できるようになっているのだが、初演にあったような華やかさを求める観客は多少の息苦しさを覚えるかもしれない。

演出も俳優たちの演技も、さまざまなミッションをクリアしてかなり見ごたえある再演になっているのは間違いなく、多くの観客がカーテンコールにスタンディングオベーションで出演者を迎える姿が、今年の出来を象徴していた『マタ・ハリ』は8月7日まで、ソウル・光化門(クァンファムン)の世宗文化会館 大劇場で上演される。


【公演情報】
ミュージカル『マタ・ハリ』(마타하리)
2017年6月16日~8月6日 世宗文化会館 大劇場

<出演>
●マタ・ハリ役:オク・ジュヒョン、チャ・ジヨン
●アルマン役:オム・ギジュン、イム・スロン(2AM)、チョン・テグン(VIXX レオ)
●ラドゥ大佐役:ミン・ヨンギ、キム・ジュンヒョン、ムン・ジョンウォン
●アンナ役:キム・ナユン、チェ・ナレ

総括プロデューサー:オム・ホンヒョン/プロデューサー:キム・ジヒョン/芸術監督:パク・ヨンジェ/脚本:アイヴァン・メンチェル/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ジャック・マーフィー/演出:スティーブン・レイン/編曲・オーケストレイション:ジェイソン・ハウランド/韓国語歌詞・協力演出:クォン・ウナ/音楽監督・指揮:キム・ムンジョン/ドラマターグ:イ・ダンビ/振付:ホン・セジョン/美術:オ・ピリョン/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/照明:グ・ユニョン/音響:キム・ジヒョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユニョン/技術:イ・サンチュン、キム・ジョンムン/舞台監督:イ・ジノ/制作技術:イ・ヨンギュ/制作監督:チョン・ウニョン/制作:チョン・ドンソン

写真提供:EMKミュージカルカンパニー

[MUSICAL]韓国から世界に向けて放つ超大作『マタ・ハリ』記者発表会を開催

[MUSICAL]韓国から世界に向けて放つ超大作『マタ・ハリ』記者発表会を開催

 

mataharikaiken1

(写真左から)フランク・ワイルドホーン、キム・ソヒャン、オク・ジュヒョン、ジェフ・カルフーン

世界のミュージカル界が注目する新作ミュージカル『マタ・ハリ』の制作発表会が、3月8日、ソウル市内の新羅ホテルで開催された。
これまで『モーツァルト!』『エリザベート』をはじめとする大型ミュージカルを韓国で次々と成功に導いてきたEMKミュージカルカンパニーが、韓国から世界規模のミュージカルを発信しようと企画開始から約4年の歳月を費やして制作。演出・振付にジェフ・カルフーン、作曲にフランク・ワイルドホーンと、ブロードウェイの第一線で活躍する制作陣を揃えた。

mataharikaiken4

(写真左から)作曲:フランク・ワイルドホーン、演出・振付:ジェフ・カルフーン、総括プロデューサー:オム・ホンヒョン代表

総括プロデューサーを務めるEMKミュージカルカンパニーのオム・ホンヒョン代表は「韓国、アジアではなく世界進出も可能な、多くの人が共感できる創作ミュージカルを制作しようと2011年から準備を始めました。フランク・ワイルドホーンさんから“世界的な作品を創りたいならば『マタ・ハリ』という素材はどうか?”と提案を受けた」と作品制作の始まりを明かした。
ではなぜ『マタ・ハリ』なのか? という問いにフランク・ワイルドホーンは「1997~98年くらいからアイデアを温めていました。マタ・ハリという人物自体が神秘的で、第1次世界大戦当時にパリのムーランルージュに生きた女性の華やかな存在に心を掴まれたのです」と明かし、「『モンテクリスト』から始まったEMKとの良好な関係のおかげで、海外から作品を持って来るのではなく、韓国から発信していく作品に関わることができたことをうれしく思う」と語っていた。
今回、演出・振付家として初めて韓国作品を手掛けるジェフ・カルフーンは4月に韓国版が上演される『NEWSIES(ニュージーズ)』や『ハイスクール・ミュージカル』などをブロードウェイでヒットさせてきた人物だ。「制作過程は難しくなかったと言えば嘘になりますが、フランクから韓国の俳優たちは世界最高レベルだと折に触れて聞かされてきました。それで、ここまで作品を率いてくることができたと思います。しかし、実際に技術面で作品を構成するのは大きな挑戦であり、オ・ピリョン(美術デザイナー)さんとこれまで観客が見たことがないようなものを作ろうとしています。韓国の情緒と米国の感性を織り交ぜて、韓国のみならず、ブロードウェイやウエストエンドでも上演できるように努力しています」と、苦労をにじませつつ作品への自信も見せていた。

mataharikaiken5

マタ・ハリ役のオク・ジュヒョン(左)とキム・ソヒャン

人気、実力ともに韓国ミュージカル界のトップ俳優を集結させている『マタ・ハリ』だが、この人ありきで本作が制作されたといっても過言ではないのが、名実ともに韓国No.1女優のオク・ジュヒョンだ。「セクシーな人物で、劇的な恋物語をご覧になれると思います。本名はマタ・ハリではなくマルガレータ・ヘールトロイダ・ツェレという実在の女性で、かつてバレエが最高の贅沢であり芸術であった時代に彗星のごとく現れたダンサーです。辛い幼少時代を経てスターになったものの、決して美しいだけではない運命的な愛…アルマンと、愛するには辛いラドゥとの関係を舞台で展開します」と見どころを語った。

mataharikaiken6

アルマン役のオム・ギジュン、ソン・チャンウィ、チョン・テグン(VIXXレオ)

マタ・ハリと恋に落ちる若きパイロットのアルマン役は、オム・ギジュン、ソン・チャンウィ、チョン・テグン(VIXXレオ)が演じる。
オム・ギジュンは「アルマンはラドゥより若いというのが魅力です。20代の役です(笑)」と笑いながら自虐的に役柄を紹介。そこにオク・ジュヒョンが3人の魅力を補足した。
オム・ギジュンについては「最初の練習から“さすがはオム・ギジュン。格別だ”と思いました。舞台の上で愛にハマるしかない感性の持ち主なので、舞台でキジュンオッパと共演したい女優は多いです」と絶賛すれば、ソン・チャンウィについては「カフェラテのような男性です。実際の性格もそうで、柔らかく甘い魅力を見せてくれると思います」。そしてチョン・テグンについては「実際のアルマンはかなり年下だったそうなんです。それで一番実際の関係に近い“姉さんは僕の女だから”という感じの役なので、稽古場でも若さと覇気のある姿を見せています」と年下男の魅力が舞台で全開になることを予告していた。

matahariaku

ラドゥ大佐役のシン・ソンロク、キム・ジュヒョン

一方、マタ・ハリをスパイとして利用するフランス軍のラドゥを演じるのはしシン・ソンロクとキム・ジュンヒョン。シン・ソンロクは「フランスの勝利と平和を導くための情報収集をするために、マタ・ハリが最もふさわしいと思い、最初は戦争のために利用していたが、やがて完全に彼女の魅力にハマって愛に執着してしまう」とキャラクターを説明。キム・ジュンヒョンは「僕たちは悪役ですが、悪役なりの正当性があるんです。マタ・ハリの魅力にハマってしまい、どうしようもなくなる人物です」と紹介し、シン・ソンロクが“悪者だけどセクシーな”ラドゥを見せると意気込みを見せていた。

mataharikaiken2最後にミュージカル出演2作目にして大抜擢されたチョン・テグンは、初主演した『フルハウス』以降もミュージカルのレッスンは続けていたそうだが、オーディションには無心で挑み、大役の座を得たという。「世界的な作曲家の先生やスタッフ、そして兄さん、姉さんたちがいらっしゃるので、プレッシャーよりも楽しく準備しています。ミュージカルの舞台に立つことも、心配よりもワクワクする気持ちのほうが多い」と控えめながらも大器の片鱗を見せ、自身のアルマンの魅力は「白紙であること」と語り、無限の可能性を感じさせた。

「稽古中も涙が出るような悲しい場面もあり、たくさんのストーリーが含まれていて、公演を見にいらしても後悔しないと思うので、多くの方が見にいらしてくださればと思います」と、チョン・テグンが海外のファンや観客に向けてメッセージを贈ったミュージカル『マタ・ハリ』は3月25日からのプレビューを経て、3月29日よりブルースクエアサムソン電子ホールで開幕する。

mataharitwo matahariradu natahariaruan1
natahariaruan2

 


2016matahariposter【公演情報】
ミュージカル『マタ・ハリ』(마타하리)
2016年3月29日~6月19日 ブルースクエア サムソン電子ホール
(プレビュー公演:3月25日~27日)

<出演>
●マタ・ハリ役:オク・ジュヒョン、キム・ソヒャン
●ラドゥ大佐役:リュ・ジョンハン、キム・ジュンヒョン、シン・ソンロク
●アルマン役:オム・ギジュン、ソン・チャンウィ、チョン・テグン(VIXXレオ)
●エムシー役:イム・チュンギル
●アンナ役:キム・ヒウォン、チェ・ナレ
●キャサリン役:ホン・ギジュ、ソヌ

総合プロデューサー:オム・ホンヒョン/協力プロデューサー:キム・ジウォン/脚本:アイヴァン・メンチェル/作曲:フランク・ワイルドホーン/作詞:ジャック・マーフィー/演出:ジェフ・カルフーン/編曲:ジェイソン・ハウランド/音楽監督:キム・ムンジョン/韓国語詞・協力演出:クォン・ウナ/ドラマトゥルク:イ・ダンビ/協力振付:パティ・ドゥベック/韓国協力振付:ホン・セジョン/舞台:オ・ピリョン/衣装:ハン・ジョンイム/ヘアメイク:キム・ユソン/照明:グ・ユニョン/音響:キム・ジヒョン/映像:ソン・スンギュ/小道具:チョ・ユンヒョン/技術:ウォン・ヨンドン、イ・ギョンジュン/舞台監督:イ・ジンホ/制作技術:イ・ヨング/制作:チョン・ウニョン

●公式サイト: http://musicalmatahari.com/

写真提供:EMKミュージカルカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。