キム・テハン

[PLAY]イ・ジナ演出家率いる総体劇『ドリアン・グレイの肖像』9月上演

[PLAY]イ・ジナ演出家率いる総体劇『ドリアン・グレイの肖像』9月上演

 

(写真上段左から)キム・ジュウォン、マイケル・リー、イ・チャラム (写真中段左から)キム・テハン、カン・ピルソク (写真下段左から)パク・ヨンス、シン・ソンミン、ヨン・ジュンソク、ムン・ユガン

韓国舞台シーンで常に挑戦を続ける演出家イ・ジナが、新たに「総体劇」という概念の新作舞台を上げる。

原作の「ドリアン・グレイの肖像」は、19世紀アイルランドの詩人、劇作家オスカー・ワイルドが1890年に発表した小説。主人公は自らの美しさが永遠であれと願う美青年ドリアン・グレイ。快楽主義者のヘンリー卿に惑わされ、放蕩の限りを尽くしていたドリアンは、月日を経てもその美貌に衰えを見せなかったが、若き日に画家の友人バジルが描いた肖像画が、彼の実像を映すかのように次第に醜悪になっていく。
当時、出版と同時に大きな議論をもたらした問題作だったが、本作がもつ究極の美の定義や退廃的な世界観は多くの人々を魅了して現代まで読み継がれ、さまざまな芸術作品にも昇華している。

オスカー・ワイルド作品のファンだというイ・ジナは、2016年にはキム・ジュンス主演で、ミュージカル『ドリアン・グレイ』を演出し、話題を呼んでいたが、その前年にも、オスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」をベースにした小劇場舞踏劇『クラブ・サロメ』を上演していた。チ・ヒョンジュン、シム・ジョンワンら俳優と、チェ・スジン、イ・ドンタクらダンサーが出演したこの作品は、舞踏と芝居を融合させた前衛的かつ、実験的な内容であった。

2015年『クラブ・サロメ』出演者インタビュー(ウラン文化財団公式YouTubeより)

この作品に作曲家として参加していたのが、イ・ジナ演出の『ジーザス・クライスト=スーパースター』でも音楽監督を務めていたミュージシャン、チョン・ジェイル。今回の『ドリアン・グレイの肖像』には、彼を筆頭に、ミュージカル『洗濯(パルレ)』や演劇『RED』をはじめ、主に演劇作品で独創的な舞台美術を制作し、評価の高いヨ・シンドン、現代舞踏家のキム・ボラに、『光化門恋歌』『アマデウス』などでイ・ジナ作品の衣装を担当したドヨンなど、韓国舞台シーンで活躍する気鋭のクリエイターを集結させている。

(写真上段左から時計回りに)作曲チョン・ジェイル、振付キム・ボラ、美術ヨ・シンドン、作・演出イ・ジナ

総体劇『ドリアン・グレイの肖像』は、「2019年の現在、もしオスカー・ワイルドが生きていたら、どんなドリアン・グレイを描き出すだろう?」という発想からスタートし、創作したという。小説では19世紀社交界の花形だったドリアンらを、現代における文化芸術界のアイコンとして再誕生させるそうだ。また、本作の鍵となるドリアンの肖像画の変化と崩壊の過程は、チョン・ジェイルの音楽、キム・ボラの振付とヨ・シンドンの舞台美術を融合させて表現するという。

そして本作に出演する俳優たちは「イ・ジナ師団」とも呼べる過去の演出作に出演経験のある常連俳優たちをズラリと揃えた。キャスト3名は、それぞれにジェイド(=ドリアン)、ユージン(=画家バジル)、オスカー(=ヘンリー卿)と、原作小説とは名を替えて登場させる。

物語をけん引する役割も果たすユージン役は、『西便制(ソピョンジェ)』にも主演した、パンソリのソリクン、イ・チャラム。『ザ・デビル』『アマデウス』パク・ヨンス、『シデレウス』『バンカートリロジー』のシン・ソンミンと、『アナザー・カントリー』で主人公ガイを熱演中のヨン・ジュンソクが努める。

超人的な美貌の持ち主、ジェイド役は『ファントム』でおなじみのバレリーナ、キム・ジュウォンと『アナザー・カントリー』でトミー役を演じているムン・ユガンがWキャストとなる。

そしてジェイドを惑わすオスカー役は『ジーザス・クライスト=スーパースター』『ザ・デビル』のマイケル・リーと、『アナザー・カントリー』ではイ・ジナ芸術監督のもと初演出も担当したキム・テハン、『光化門恋歌』『ゴーン・トゥモロー』などに主演したカン・ピルソクが努める。なお、これまでミュージカルを中心に出演してきたマイケル・リーは、本作を通して韓国では初めて演劇に挑戦することになる。

また、アンサンブルとコーラス的役割を果たすコロスは『光化門恋歌』『アマデウス』のムン・ソグウォン、『ザ・デビル』『地球を守れ!』のチェ・ムンジョン、『アナザー・カントリー』にデヴィニッシュ役で出演中のぺ・フンが担当する。

主要キャスト3名とコーラスという構成、男女混合のジェンダーレスな起用は、イ・ジナがゲーテの「ファウスト」から着想を得て作・演出したミュージカル『ザ・デビル』でも見られた方法だが、今回は歌よりも演技とダンスを中心に構成するとみられる。近年、作品性や舞台美術など、よりアーティスティックな方向性を前面に打ち出してきているイ・ジナ演出家だけに、本作も舞台シーンに一石を投じる作品となりそうだ。

9月6日に開幕する総体劇『ドリアン・グレイの肖像』は、7月にメロンチケットとインターパークを通じてチケット発売開始される。


【公演情報】
総体劇『ドリアン・グレイの肖像』 총체극<도리안그레이의 초상>
2019年9月6日(金)~11月10日(日) 大学路ユニプレクス1館

<出演>
●ユージン役:イ・チャラム、パク・ヨンス、シン・ソンミン、ヨン・ジュンソク
●ジェイド(ドリアン)役:キム・ジュウォン、ムン・ユガン
●オスカー役:マイケル・リー、キム・テハン、カン・ピルソク
●コロス:オ・ソグォン、チェ・ムンジョン、チョ・イン、ぺ・フンほか

プロデューサー:イ・ソンイル/脚色・台本:イ・ジナ、キム・ソンミ/演出:イ・ジナ/作曲・音楽監督:チョン・ジェイル/振付:キム・ボラ/ビジュアルディレクター、美術、小道具:ヨ・シンドン/照明:ウォン・ユソプ/音響:キム・ピルス/衣装:ドヨン

写真提供:Page 1

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]カン・ピルソク、ユン・ヒョンリョル主演『阿娘歌(アランガ)』2月初演

[MUSICAL]カン・ピルソク、ユン・ヒョンリョル主演『阿娘歌(アランガ)』2月初演

 

aranga1

ケロ王役のカン・ピルソク(左)とユン・ヒョンリョル

2015年の「ソウルミュージカル・フェスティバル」で、新作ミュージカルの創作支援作“イェグリンアンコール”に選ばれた『阿娘歌(アランガ)』が2月、本公演に上がる。

『阿娘歌』は、2013年に日中韓米など全23カ国の37大学演劇教育機関が参加した「第2回アジア・シアター・スクール・フェスティバル」で最優秀作品賞を受賞。その後、CJ文化財団が実施している「CJクリエイティブマインズ」のリーディング公演作品に選ばれ、前述の「イェグリン・アンコール」作にも選ばれるなど、創作段階からミュージカル界で注目を浴びていた作品だ。

aranga2

ドミ役のイ・ユル(左)とコ・サンホ

物語は、高麗時代に編纂された、三国史記に収録されている「都彌説話(도미설화)」をベースに、百済を滅亡させることになる「蓋鹵(ケロ)王」が、夢の中で遭う、アラン(阿娘)の幻想にとらわれ、破滅へと向かう哀しく美しい物語だ。パンソリとミュージカルナンバーを融合させ、西洋と東洋音楽の調和を追及している点も興味深い作品だ。

aranga3

アラン役のチェ・ジュリ(左)とキム・ダへ

主要キャストはすべてWキャストとなっている。アランへの愛ゆえに破滅に至る悲劇の王、ケロ役を演じるのは現在『ストーリー・オブ・マイライフ』に出演中のカン・ピルソクと、『風と共に去りぬ』に出演中のユン・ヒョンリョル。アランの夫で、ケロ王と対立することになる百済の将軍ドミ役には『風月主』のイ・ユルと『明洞ロマンス』出演中のコ・サンホ。そして二人に愛されるアラン役は『女神様が見ている』のチェ・ジュリと、『無限動力』に出演中のキム・ダへが演じる。
また、高句麗の間者で、アランの幻影によってケロ王を惑わせ、戦争を起こそうとするドリム役を『ネクスト・トゥ・ノーマル』出演中のイ・ジョンヨルと、『ジーザス・クライスト・スーパースター』のキム・テハンが演じる。そのほか、ドミ、アランと共に生き、命がけで真実を明らかにしようとする少年サハン役にはミュージカル『君に光の速度で行く』に出演していたチェ・ソクジンとキム・ヒョンジン。劇中で導唱(ドチャン=パンソリで物語を解説する、ナレーター)となるパク・インへ、チョン・ジヘが引き受ける。

aranga4

ドリム役のイ・ジョンヨル(左)とキム・テハン

本作を創り上げたのは演劇の名門、中央大学で同期だったというキム・ガラム脚本家とイ・ハンミル作曲家。加えて、劇中に導唱として登場する国楽家の新鋭パク・インへがパンソリの作唱を担当して注目を浴びている。

演出は『ネクスト・トゥ・ノーマル』『ラブレター』『偉大なるキャッツビーRE:BOOT』などのミュージカルから、演劇『ピローマン』『私に会いに来て』などを手がけたビョン・チョンジュが務める。舞台美術パク・ドンウ、衣装アン・ヒョンジュなど、新人クリエイターの作品を支えるべく、百戦錬磨のベテラン制作陣が、大挙して参加して期待を集めている。

aranga5

サハン役のチェ・ソクジン(左)とキム・ヒョンジン

aranga6

導唱役のパク・インへ(左)とチョン・ジヘ

ミュージカル『あの日々』を大ヒットさせたマストエンターテインメントのプロダクションにより本公演をあげる『阿娘歌』は、2月14日~4月10日まで、忠武アートホール 中劇場ブラックで上演される。


arangaposter【公演情報】
ミュージカル『阿娘歌(アランガ)』(아랑가)
2016年2月14日(日)~4月10日(日)忠武アートホール 中劇場ブラック

<出演>
●ケロ王役:カン・ピルソク、ユン・ヒョンリョル
●ドミ役:イ・ユル、コ・サンホ
●アラン役:チェ・ジュリ、キム・ダへ
●ドリム役:イ・ジョンヨル、キム・テハン
●サハン役:キム・ヒョンジン、チェ・ソクジン
●ドチャン(導唱)役:パク・インへ、チョン・ジヘ

プロデューサー:チャン・サンヨン/脚本:キム・ガラム/作曲・音楽監督:イ・ハンミル/作唱:パク・インへ/演出:ビョン・チョンジュ/芸術監督・舞台:パク・ドンウ/振付:シン・ソンホ/音響:キム・ソンイク/照明:イ・ジュウォン/衣装:アン・ヒョンジュ/ヘアメイク:チョ・ヨンソン/小道具:オ・ハニ/舞台監督:キム・ギュソク

写真提供:マストエンターテインメント ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


<キャスト別ティーザー映像>

 

 

[MUSICAL]マイケル×ウンテ ジーザス再び!『ジーザス・クライスト・スーパースター』キャスト発表!

[MUSICAL]マイケル×ウンテ ジーザス再び!『ジーザス・クライスト・スーパースター』キャスト発表!

 

jcs1

ジーザス役のパク・ウンテ(左)とマイケル・リー

『オペラ座の怪人』『キャッツ』のアンドリュー・ロイド・ウェバーと『アイーダ』『ライオン・キング』のティム・ライスという説明不要の巨匠たちが70年代に生み出したロック・ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』。2013年、韓国ミュージカル界に旋風を巻き起こし、次世代スターを生んだ作品が2年ぶりに再演。豪華キャストが公開された。

民に崇められながらも、一人の人間として葛藤するジーザス役は2013年に同役を演じたマイケル・リーとパク・ウンテが務める。
マイケル・リーは、母国アメリカでは本作に400回以上出演してきただけあって、2013年公演で見せたパワフルな歌唱力と神々しいまでのカリスマ性は観客に衝撃を与えた。以降、現在に至るまで彼が韓国に拠点を移し、精力的に活動するきっかけとなった作品だけに、一段とグレードアップした姿を見せてくれそうだ。
対するパク・ウンテも俳優としてエポックメイキングとなった作品に再降臨する。彼曰く「作品に向かう意識が変わった」という本作では、繊細で悩めるジーザスの姿を体現して喝采を浴びていた。2013年公演以降『モーツァルト!』『フランケンシュタイン』そして『ジキル&ハイド』まで、1作ごとに逞しさを身に着けている彼が、改めてどんなジーザスを見せてくれるのか楽しみだ。

jcs3

(写真左から)ユダ役のハン・チサン、ユン・ヒョンリョル、チェ・ジェリム

一方、ジーザスを尊敬しながらも、その存在に失望し、破滅の道に突き進むユダ役にはハン・チサン、ユン・ヒョンリョル、チェ・ジェリムの3人が起用された。
前回の公演で、ジーザス役と両翼を担う人気を博したユダ役のなかでも、圧倒的な歌唱力で観客を沸かせたハン・チサンは約1年ぶりの舞台出演となる。ドラマ『バラ色の恋人たち』へのレギュラー出演など、近年は活動の幅を広げているなかで、満を持して再びユダ役を演じるとあって、さらなる注目を集めそうだ。
次に新ユダ役の一人となったユン・ヒョンリョルは『マリー・アントワネット』『アガサ』など、近年話題作にこの人アリ、と言えるほど、多彩な活躍を続けている。ヒールが上手い彼がどんなユダを見せてくれるのか期待が膨らむ。そして注目はもう一人の新ユダ役、チェ・ジェリム。日本版『レ・ミゼラブル』に出演するヤン・ジュンモが昨年初演出したオペラ『リタ』で、オペラ歌手顔負けの歌唱力が話題となっていた。過去には『ネクスト・トゥ・ノーマル』『スプリング・アウェイクニング』などに出演してきた彼が、新たな挑戦となるユダ役でどう化けるか注目したい。

jcs2

(写真左から)マリア役のイ・ヨンミ、チャン・ウナ、ハム・ヨンジ

ジーザスを慕い、苦悩する彼にひとときの安らぎを与えるマリア役には前回の公演でも同役を演じたチャン・ウナと、初挑戦となるイ・ヨンミ、ハム・ヨンジが挑む。なかでも『ラ・マンチャの男』『ヘドウィグ』など多数のミュージカルに出演してきたハスキーな声が魅力のイ・ヨンミは、元々はロックボーカリスト。昨年結婚、出産したことでマリアの豊かな母性を体現してくれそうだ。また、ハム・ヨンジはかつてYouTubeに投稿した映像がきっかけで天才ミュージカル少女と呼ばれていた逸材。『風と共に去りぬ』でスカーレット・オハラ役のオルタネートとしてデビューを果たした彼女が本格的にマリア役のキャストの一人として名を連ねることになる。

jcs4

(写真左から)ピラート将軍役のキム・テハンとチ・ヒョンジュンと、 ヘロデ役のキム・ヨンジュ

そのほか、ジーザスに引導を渡すピラート総督役にはキム・テハンとチ・ヒョンジュンが引き続き出演。また、2013年公演では男優が演じていたヘロデ王役を『ウィキッド』のマダム・モリブル、『マリー・アントワネット』のローズ・ベルタン役などで知られるベテラン女優、キム・ヨンジュが挑むというサプライズキャスティングも。煌びやかで突き抜けたキャラクターが上手い彼女だけに新しいヘロデを見せてくれそうだ。

演出はイ・ジナ、音楽スーパーバイザーにはミュージシャンのチョン・ジェイルと、前回の制作陣がそのまま再登板してさらなるグレードアップが期待される。6月公演分の第1次チケットは4月9日(木)午後2時より発売。4月30日までの購入で、韓国BCカードの決済限定だが30%OFFの初期購入割引が適用される。

jcsp【公演情報】
ミュージカル『ジーザス・クライスト・スーパースター』
2015年6月12日~9月13日 シャーロッテシアター
出演:マイケル・リー、パク・ウンテ、ハン・チサン、ユン・ヒョンリョル、チェ・ジェリム、イ・ヨンミ、チャン・ウナ、ハム・ヨンジ、キム・テハン、チ・ヒョンジュン、キム・ヨンジュ

演出:イ・ジナ、音楽スーパーバイザー:チョン・ジェイル、舞台デザイン:オ・ピリョン、衣装デザイン:ハン・ジョンイム