キム・チャンホ

[MUSICAL]韓国ミュージカルをオンライン視聴!③『光州』

[MUSICAL]韓国ミュージカルをオンライン視聴!③『光州』

 

今年下半期の注目新作のひとつ、ミュージカル『光州(クァンジュ)』が、10月9日の開幕を控えて9月29日に行われたショーケースの模様をオンライン無料配信する。


『光州』トレイラー①(制作会社LIVE 公式YouTubeチャンネルより)

ミュージカル『光州』は、韓国で5.18(オーイルパル)民主化運動と呼ばれる光州事件から今年40年を迎えて国や光州市の主催で上演される新作で「『あなたのための行進曲』大衆化、世界化事業」の一環として制作された。この「あなたのための行進曲」とは、光州事件の翌年1981年に光州で作られた民衆歌謡で、現在は5.18記念式典で歌われていることから、民主化運動を象徴する運動歌として韓国のみならずアジア各地でも歌われているという。

ホ・イング役イ・ジョンヨルが、光州の5.18民主化広場で「あなたのための行進曲」を歌うミュージックビデオ

『マリー・キュリー』『ファンレター』など多数の創作ミュージカルを生み出したLIVEが制作を担当し、制作陣には舞台シーンのトップクリエイターを揃えた。脚本、演出は東亜演劇賞を受賞した演劇『趙氏孤児、復讐の種』のほか、ミュージカル『ウェルテル』『光化門恋歌』の脚本家としても知られる劇作家、演出家のコ・ソンウン(劇団「劇工作所・魔方陣(マバンジン)」主宰)。作曲はソウル大学作曲科教授で、オペラ、現代音楽の作曲も多数手掛けるチェ・ウジョン。そして音楽監督はミュージカル『フランケンシュタイン』『ベン・ハー』の作曲家としても知られるイ・ソンジュンなど、豪華面々が名を連ねている。


『光州』トレイラー②

物語の舞台は1980年5月。独裁者の死に乗じてクーデターを起こした軍部が、民主化運動を展開する光州市民をスパイに扇動させられた暴徒とみなすため、市民になりすましてデマを流布させる特殊部隊“便衣隊”を送り込む。
軍部の謀略に立ち向かう光州市民たちの姿を描く『光州』は、コ・ソンウン演出家曰く、史実や実在の人物を基にしつつもあえてフィクションとし、ミュージカル作品として成立するよう構成したという。

(上段左から)パク・ハンス役:ミン・ウヒョク、Tei、ソ・ウングァン(下段左から)ユン・イゴン役:ミン・ヨンギ、キム・チャンホ

現代韓国の礎を築いた歴史的事件の物語ゆえに出演者の多くが、起用されたことを“光栄だ”と語る。ミン・ウヒョク、Tei、ソ・ウングァン、チャン・ウナ、チョン・インジ…と出演者は、韓国舞台シーンを支える実力派俳優が見事に揃っている。今回の無料配信では彼らがシッツプローブ(オーケストラ、出演者が揃った歌稽古)形式で行ったショーケースをNAVER TVとV LIVEで見ることができる。

(上段左から)チョン・ファイン役:チャン・ウナ、チョン・インジ/ムン・スギョン役:チョン・ユジ(下段左から)ムン・スギョン役:イ・ボムソリ、チェ・ジヘ

本公演は、10月9日からソウルで約1カ月上演された後、12月には光州でも上演される。日本から公演を見に行くのはまだまだ難しい状態だが、『タクシー運転手』などの韓国映画を通して、光州事件や韓国の民主化運動に興味を持った人ならば本作を十分に堪能できるだろう。


【配信情報】
ミュージカル『光州』ショーケース 録画中継(無料配信)
2020年10月2日(金)夜7時から

●視聴サイト
NAVER TV「公演」チャンネル⇒ https://tv.naver.com/l/56430
V LIVE⇒ https://www.vlive.tv/video/214602


【公演情報】
ミュージカル『光州』(광주)
●ソウル公演 2020年10月9日~11月8日 弘益大 大学路アートセンター大劇場
●光州公演 2020年12月11日(金)~13日(日)光州光の町市民文化館

<出演>
●505部隊便衣隊員パク・ハンス役:ミン・ウヒョク、Tei、ソ・ウングァン(BTOB)
●夜学教師ユン・イゴン役:ミン・ヨンギ、キム・チャンホ
●ファンサ音楽社主人チョン・ファイン役:チャン・ウナ、チョン・インジ
●夜学教師ムン・スギョン役:チョン・ユジ、イ・ボムソリ、チェ・ジヘ
●505部隊特務隊長ホ・イング役:イ・ジョンヨル、パク・シウォン
●司祭オ・ファル役:ソ・ヒョンチョル、イ・ドンジュン
●熱血市民軍イ・ギベク役:キム・デゴン、チュ・ミンジン
●街の天使役:キム・アヨン、キム・グッキ
●市民軍平和派キム・チャンソク役:キム・テムン
●夜学生チャン・サムニョン役:ムン・ソンイル
●夜学生オ・ヨンス役:イ・ボムジュン
●光州市民役:キム・ボヒョン、キム・ウンジュ、カン・ハナ、ホ・スンミ、ムン・ギョンチョ、キム・ミンジョン、ソ・ウンジ、キム・チャンジョン、パク・ソヨン、イム・サンヒ
●便衣隊員役:ペク・シホ、キム・ユンハ、チョン・ウテ、チュ・グァンホ、パク・ビョンフン、キム・ミンジュ、キム・ハンギョル

総括プロデューサー:カン・ビョンウォン/責任プロデューサー:コ・ガンミン/芸術監督:ユ・ヒソン/作曲:チェ・ウジョン/劇作:アン・ピルダン/劇作・演出:コ・ソンウン/振付:シン・ソンホ/音楽監督:イ・ソンジュン/編曲:ハン・ジウォン、イ・ソンジュン、カン・テック/美術:キム・ジョンソク/照明:リュ・ベッキ/映像:イ・ウォノ/音響:クォン・ジフィ/小道具:クォン・ミニ/衣装:チェ・インスク/ヘアメイク:キム・ユソン/技術:イ・ユウォン/舞台監督:キム・ボムシク/制作監督:イ・ヨンジュン/企画PD:パク・ソヨン/「あなたのための行進曲」作曲:キム・ジョンリュル

写真提供:(株)LIVE

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]『アナザー・カントリー』ガイ&トミー イメージカットを公開

[PLAY]『アナザー・カントリー』ガイ&トミー イメージカットを公開

 

2019年に韓国初演し、有望な新人俳優を多数生み出して話題を呼んだ演劇『アナザー・カントリー』。再演を控えて、主人公のガイとトミー役のイメージカットが公開された。

ガイ役のイ・へジュン(左)とトミー役のムン・ユガン ©Page1

『アナザー・カントリー』は、1981年にイギリスで発表されたジュリアン・ミッチェルの同名戯曲が原作。名門パブリックスクールを舞台に、伝統と規律を重んじる学園生活のなかで葛藤するガイとトミーを中心に、英国の階級社会をそのまま映し出したような人間模様を描いた作品だ。舞台版に主演していたルパート・エヴェレットが主人公のガイを演じて1984年に映画化され日本でも大ヒット。『英国王のスピーチ』『キングスマン』で人気のコリン・ファースがガイの親友トミーを演じ、俳優デビューした作品としても知られている。

今回公開されたイメージカットからは、自由奔放であるがゆえに、周囲と衝突を繰り返すアウトサイダーのガイと、彼の唯一の理解者であり、マルクス主義に傾倒しているトミー。正反対のキャラクターながら、無二の親友である2人の関係性が読み取れる。

トミー役のソン・ユドン(左)とガイ役のカン・ヨンソク ©Page1

 

今年の再演でも多数の新人俳優を起用。またも足繁く劇場に通うリピーター観客を生みそうだ。

主人公ガイ役は『スリル・ミー』『ラフマニノフ』などの小劇場ミュージカルで活躍を続けるイ・へジュンと、初演ではデヴィニッシュ役だったカン・ヨンソク。そしてオーディションで大抜擢された新人チ・ホリムが演じる。

トミー役は『ママ、ドント・クライ』『ザ・デビル』『ロッキー・ホラー・ショー』などに出演してきたキム・チャンホと『女神様が見ている』『ファンレター』『R&J』などに出演してきたソン・ユドンが初出演。そして昨年の初演で俳優デビューし、破格の新人と話題を呼んだムン・ユガンが再び出演する。

問題多き生徒たちに悩まされる寮長バークレイは初演でも同役を演じたイ・ジヒョンと『マリー・キュリー』『ザ・キャッスル』などに出演したチョ・フンが初出演する。

トミー役のキム・チャンホとガイ役のチ・ホリム ©Page1

ガイとトミーの同級生で楽天的なデヴィニッシュ役は、中央大学演劇学科の学生で今作でデビューするナム・ガラムが抜擢された。

次期寮長候補と目される野心家メンジーズ役は『グリース』『オー!キャロル』などに出演したキム・テオと、本作初演では陽気なデヴィニッシュ役だったぺ・フンが今回は正反対の役柄に挑戦する。

常にガイを敵視しているファウラー役はハン・ドンフン、キム・ユンドンの新人2人を起用。寮長の側近的存在のデラヘイ役は『スワッグエイジ:叫べ、朝鮮!』やtvNのアンサンブルオーディション番組『ダブルキャスティング』に出演して注目されたシム・スヨンが演じる。
純粋無垢な少年サンダーソン役のキム・ヨングク、ガイと恋に落ちる美少年ハーコート役のチェ・ユヒョン、従順な下級生ウォートン役のキム・リアンの3人は本作でデビューを飾る新人たちだ。

デヴィニッシュの叔父で平和主義の文学者ミスターカニンガムは、初演に続き出演するユン・ソグォンと『地球を守れ!』で一人21役のマルチマンとして熱演しているキム・チョリュンが初出演する。

2020年『アナザー・カントリー』全キャスト ©Page1

演劇『アナザー・カントリー』は6月10日から大学路の西京(ソギョン)大学公演芸術センタースコーン1館で開幕。プレビューチケットは現在発売中。6月16日公演からの1次チケットを5月12日(火)から発売予定だ。


©Page1

【公演情報】
演劇『アナザー・カントリー』(어나더컨트리)
2020年6月10日~8月16日 西京(ソギョン)大学公演芸術センタースコーン1館(大学路)

<出演>
●ガイ・ベネット役:イ・へジュン、カン・ヨンソク、チ・ホリム
●トミー・ジャッド役:キム・チャンホ、ソン・ユドン、ムン・ユガン
●バークレイ役:イ・ジヒョン、チョ・フン
●デヴィニッシュ役:ナム・ガラム
●メンジーズ役:キム・テオ、ぺ・フン
●ファウラー役:ハン・ドンフン、キム・ユンドン
●デラヘイ役:シム・スヨン
●サンダーソン役:キム・ヨングク
●ハーコート役:チェ・ユヒョン
●ウォートン役:キム・リアン
●ミスターカニンガム役:ユン・ソグォン、キム・チョリュン

プロデューサー:イ・ソンイル/芸術監督:イ・ジナ/演出:イ・スイン

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

[PLAY]パク・ジョンミン&ムン・グニョン主演『ロミオとジュリエット』全キャスト発表

 

2016romijuri1シェイクスピア没後500年の2016年は多数のシェイクスピア作品が上演された1年だったが、その真打とも呼べる演劇『ロミオとジュリエット』が破格のキャストを揃えて上演される。

14世紀イタリアを舞台に、敵対する派閥の家庭に生まれたロミオとジュリエットの障害多き恋を描く本作で、主人公ロミオ役を演じるのはパク・ジョンミン。2016年2月に公開されたイ・ジュニク監督作『東柱(ドンジュ)』で主人公の親友ソン・モンギュを演じて「百想芸術大賞 映画部門男性新人賞」を受賞。デビュー当時から演技力を高く評価されていた彼が、どんなロミオ像を見せてくれるのか、期待が膨らむ。

一方、ジュリエット役には、国民の妹から演技派女優に見事成長したムン・グニョン。演劇初挑戦した2010年の『クローサー』以来、6年ぶりの舞台となる。周囲の反対やさまざまな障壁をものともせず、ロミオへの愛を貫く魅力的なジュリエットを見せてくれるに違いない。

2016romijuri2

ロミオ役のパク・ジョンミン(写真左)と、ジュリエット役のムン・グニョン

さらに、助演陣も、期待値を上げざるを得ない顔ぶれが並んでいる。

ロミオの親友マキューシオ役にはキム・ホヨンとイ・ヒョンギュン。今年は『キンキーブーツ』で新たな一面を見せたと評判のキム・ホヨンが、約1年ぶりに演劇に出演する。一方のイ・ヒョンギュンは過去、演劇『フランケンシュタイン』や『望ましい青少年』などに出演して存在感を見せていた実力派だ。

ジュリエットがロミオを愛していることを知りながら彼女を愛し続ける婚約者パリス役はミュージカル『サリエリ』のジェラス役が評判だったキム・チャンホ。ジュリエットのいとこ、ティボルト役は『ファンレター』『スルー・ザ・ドア』などで活躍し、長身と低音の声が印象的なヤン・スンリ。そして、ロミオのいとこで気弱な青年ベンヴォーリオ役は『スウィーニー・トッド』『ウェルテル』などの大作から小劇場作品まで、どんな役も柔軟に演じこなすキム・ソンチョルが演じる。

加えて、ロミオとジュリエットに救いの手を差し伸べるキャラクターを、舞台俳優出身でブラウン管からスクリーン、舞台と幅広く活躍するベテラン俳優が引き受けている点にも注目だ。秘密の結婚式に立ち会うローレンス神父役は、劇団木花(モッカ)出身のソン・ビョンホ。ジュリエットが実母のように慕う乳母役をソ・イスクとぺ・へソンがWキャストで務める。

演出・脚色は、本作を制作するSEMカンパニーが昨年1月~3月に上演したカン・ハヌル主演『ハロルドとモード』の演出家、ヤン・ジョンウンが再登板する。昨年はミュージカル『オケピ!』を上演した同カンパニー代表でプロデューサーのキム・ミヘは、映画俳優ファン・ジョンミン夫人としても有名だ。彼女がプロデューサーとしての力を存分に発揮し、豪華キャストで上演するこの冬最高の話題作『ロミオとジュリエット』は、12月9日から国立劇場ヘオルム劇場で開幕する。

2016romijuri3

(写真上段左から)パク・ジョンミン、ソ・イスク、ソン・ビョンホ、キム・ホヨン、ヤン・スンリ(下段左から)ムン・グニョン、ぺ・へソン、キム・ソンチョル、イ・ヒョンギュン、キム・チャンホ


2016romijuriposter【公演情報】
演劇『ロミオとジュリエット』(로미오와 줄리엣)
2016年12月9日~2017年1月15日 国立劇場タルオルム劇場

<出演>
●ロミオ役:パク・ジョンミン
●ジュリエット役:ムン・グニョン
●マキューシオ役:キム・ホヨン、イ・ヒョンギュン
●パリス役:キム・チャンホ
●ベンヴォーリオ役:キム・ソンチョル
●ティボルト役:ヤン・スンリ
●ロレンス神父役:ソン・ビョンホ
●ジュリエットの乳母役:ソ・イスク、ぺ・へソン

プロデューサー:キム・ミヘ/演出・脚色:ヤン・ジョンウン/美術:チョン・スンホ

写真提供:SEMカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

 

[MUSICAL]初演キャスト再会!『サリエリ』リメンバーコンサート10月開催

[MUSICAL]初演キャスト再会!『サリエリ』リメンバーコンサート10月開催

 

salieri1 2014年に初演され、韓国のミュージカルマニアに熱狂的な支持を受けたミュージカル『サリエリ』の初演メンバーが再結集し、リメンバーコンサートが10月3日、4日の2日間、光化門の世宗文化会館Mシアターで開催される。

モーツァルトの最大のライバルとして知られるサリエリの半生を描いた本作は、モーツァルトの才能と活躍に嫉妬するサリエリの内面を具現化した“ジェラス”というキャラクターも登場させた、独自のストーリーとドラマチックなサウンドで人気を集めた。

『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』『ファリネッリ』など、歴史に名を遺す芸術家を主人公にした作品を得意とする制作会社HJカルチャーは、最近は舞台映像の上映会を日本で行うなど、ミュージカル作品のクロスメディア化を積極的に進めており、今回のコンサートもその一環となるようだ。

今回のコンサートでは、「神よ」「白鳥の歌」などの劇中歌をはじめ、新曲も追加してオーケストラとコーラスをバックに披露されるとのこと。初演で主人公サリエリを演じたチョン・サンユンが10月3日(土)に、チェ・スヒョンが10月4日(日)に、とそれぞれ1日ずつ出演。そして、『エリザベート』におけるトートのようにミステリアスなキャラクターで人気を集めたジェラス役のキム・チャンホ、チョ・ヒョンギュン、さらにサリエリの嫉妬の対象となるモーツァルト役のパク・ユドクら助演陣は2日間通して出演する。

salieri2

2014年『サリエリ』公演の模様 サリエリ役 チョン・サンユン(左)とジェラス役 チョ・ヒョンギュン ©韓劇.com All rights reserved.

そして、このコンサートの進行を務めるのはミュージカル『ファリネッリ』に主演し、一躍ミュージカル界でも知られることになったカウンターテナーの声楽家ルイス・チョイ。現在HJカルチャーの所属俳優として、今秋には自身のソロコンサートも準備している彼が、スペシャルMCとして登場し、盛り上げてくれそうだ。

salieri3

2014年公演の模様 モーツァルト役 パク・ユドク ©韓劇.com All rights reserved.

7月から公式サイトで募集していた観客からのリクエストをもとに、その内容を反映したプログラム構成になるという。年内、本公演の予定は発表されていないだけに、『サリエリ』ファンのためのスペシャルプレゼントになりそうなコンサートのチケットは8月18日よりインターパーク、YES24で発売開始予定。


【公演情報】
ミュージカル『サリエリ』リメンバーコンサート
2015年10月3日、4日 世宗文化会館Mシアター

出演:チェ・スヒョン、チョン・サンユン、キム・チャンホ、チョ・ヒョンギュン、パク・ユドクほか
MC:ルイス・チョイ

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PHOTO]ミュージカル『オーディション』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『オーディション』プレスコール

 

ミュージカル『オーディション(오디션)』プレスコール
2015年2月13日(金) 大学路アートワンシアター 1館

出演:イ・チャンミン(2AM)、キム・チャンホ、チョン・ガヒ、
ユ・ファンウン、イ・ファヨン、チャン・イェチャン、ファン・ソヒョン、
キム・テリョン、チェ・ジョンソン、イ・テグ

プロデューサー:キム・ドヘ 脚本・音楽・演出:パク・ヨンジョン
音楽監督:ソン・スンフン 照明:カン・テグン

aud1 aud2 aud3 aud4 aud6 aud7 aud8 aud9 aud10 aud11 aud12 aud13 aud14 aud15 aud16 aud17 aud18 aud19 aud20 aud21 aud22 aud23

 ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。