キム・ソンギョン

[MUSICAL]イ・ユリほか豪華キャスト競演『おお!キャロル』11月韓国初演

[MUSICAL]イ・ユリほか豪華キャスト競演『おお!キャロル』11月韓国初演

 

ohcarolposter1950~60年代にアメリカンポップスの黄金時代を築いたシンガー、ニール・セダカの名曲でつづるミュージカル『おお!キャロル』韓国初演のキャストが公開された。

ミュージカル『おお!キャロル』は、ニール・セダカの代表曲のひとつである「Breaking Up is Hard To do(邦題:悲しき慕情)」からタイトルを取り、2008年にアメリカで制作。韓国版のタイトルにもなった「Oh! Carol(おお!キャロル)」をはじめ、「You mean Everything to Me(きみこそすべて)」「Stupid Cupid(間抜けなキューピッド)」「One Way Ticket(恋の片道切符)」など、時代を超えて愛されている名曲21曲が劇中で堪能できる、ジュークボックスミュージカルだ。

物語の舞台は1960年代。初恋の人との結婚式を控えていたマージ。式当日に結婚相手に逃げられ、彼女の親友ロイスはマージが新婚旅行に行くはずだったリゾート地へともに失恋旅行に行くことになる。そこに現れた魅力的な男たちとの恋模様や人間模様を描く、ロマンチックコメディだ。

ohcarolcast1韓国初演には、ベテランから若手まで、キャラクターにピッタリな実力派のミュージカル俳優が揃った。マージとロイスが訪れるリゾートの女社長のエスターに長年片思いしているリゾートショーの看板MC、ハービー役は『ウィキッド』『ラ・カージュ』など、現在も一線で活躍する元祖ミュージカルスター、ナム・ギョンジュ。『スウィーニー・トッド』『ラ・マンチャの男』など、大劇場作品には欠かせない個性派ソ・ヨンジュ。そして『オケピ!』『二都物語』『西便制』など、多彩な作品で常に豊かな歌声を聴かせるソ・ボムソクと大御所が名を連ねた。

ohcarolcast2かつては脚光を浴びるスターだったが、現在はパラダイスリゾートの女社長であり、ハービーとの愛に悩むエスター役は『マンマ・ミーア』『シカゴ』などの大型ミュージカルから、映画ドラマでも活躍するチョン・スギョン。『ブロードウェイ42番街』『クーガー』などでセクシーな大人の女を好演していたキム・ソンギョン。そして『ヘドウィグ』のイツァーク役でパワフルな歌声を聴かせたイム・ジナが務める。エスターとの大人の純愛を繰り広げる、ベテラン女優たちの活躍にも期待だ。

ohcarolcast3スターになることを夢見ながら、リゾートショーの専属歌手として働くデル役は『スリル・ミー』『サリエリ』など出演作が常に話題を呼ぶチョン・サンユンと『ニュージーズ』『イン・ザ・ハイツ』など、大劇場作品の主演を次々とこなしている若き実力派ソ・ギョンス。女心をくすぐる魅力的な浮気者キャラというデルを二人がどのように表現するのか注目される。
ohcarolcast4一方、小心者で口下手だが、才能豊かな作曲家ゲイブ役は『ママ、ドント・クライ』『ゴレゴレ』などのミュージカルに出演しながら、ロックバンド「BRICK」でミュージシャンとしても活動するホ・ギュと『ベア・ザ・ミュージカル』『太陽が抱く月』などに主演し、柔らかな歌声と佇まいで観客を魅了してきたソン・ドゥソプ。ともに甘いルックスで人気の二人が、魅力的なキャラクターを演じてさらに女性ファンの心をつかみそうだ。
ohcarolcast5親友マージを慰めるため、旅したリゾートで自身の愛も探すことになるロイス役は『フランケンシュタイン』『死の賛美』などで圧倒的な存在感を披露していたアン・ユジン。『ノートルダム・ド・パリ』『風と共に去りぬ』など、安定した歌声には定評のあるオ・ジニョン。そして、数々の復讐系ドラマに主演し、2014年の「私はチャン・ボリ!」ではMBC演技大賞を受賞。“国民的悪女”の異名をもつイ・ユリが出演する。なかでもイ・ユリは現在『親不孝者は泣く』という演劇にも出演中で、今年は舞台への連続挑戦が大きな話題を呼んでいる。

ohcarolcast6恋に不器用で、傷心のままリゾートに旅立つマージ役は透明感あふれる歌声で『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』などの大作から『ロ・ギス』などの小劇場作品までこなすイム・ガンヒと、『風と共に去りぬ』『シンデレラ』などで愛らしいキャラクターを好演してきたチョン・ダニョンが演じる。マージの心を癒す相手は誰なのか? 新しい恋の行方に注目だ。

この冬、観客にキュートで心温まる大人のラブストーリーを届けてくれそうな『おお!キャロル』は、11月19日から狎鴎亭(アックジョン)のクァンリムアートセンター BBCHホールで開幕。1次チケットは、9月21日(水)午後2時から発売開始される。


ohcarolposter【公演情報】
ミュージカル『おお!キャロル』(오! 캐롤)
2016年11月19日~2017年2月5日 クァンリムアートセンター BBCHホール

<出演>
●ハービー役:ナム・ギョンジュ、ソ・ヨンジュ、ソ・ボムソク
●エスター役:チョン・スギョン、キム・ソンギョン、イム・ジナ
●デル役:チョン・サンユン、ソ・ギョンス
●ゲイブ役:ホ・ギュ、ソン・ドゥソプ
●ロイス役:アン・ユジン、オ・ジニョン、イ・ユリ
●マージ役:イム・ガンヒ、チョン・ダニョン

音楽:ニール・セダカ/歌詞:ニール・セダカ&ハワード・グリーンフィールド/脚本:エリック・ジャクソン、ベン・H・ウインタース/プロデューサー:パク・ヨンソク/演出:ハン・ジンソプ/音楽監督:キム・ソンス/振付:ソ・ビョング/舞台:ソン・スクジン/照明:ミンギョンス/音響:キム・ピルス/小道具:チョ・ユンヒョン/衣装:チョ・ムンス/ヘアメイク:キム・ユソン

写真提供:SHOW MEDIA ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]『ブロードウェイ42番街』20周年公演にソン・イルグク&イ・ジョンヒョク主演

[MUSICAL]『ブロードウェイ42番街』20周年公演にソン・イルグク&イ・ジョンヒョク主演

 

bway42nd1

ジュリアン・マーシュ役のソン・イルグク’(左)とイ・ジョンヒョク

ミュージカル制作の裏側と人間模様をショーミュージカルスタイルで描く『ブロードウェイ42番街』が今年で韓国初演20周年を迎え、アニバーサリーにふさわしい豪華キャストが発表された。

1933年の同名ミュージカル映画を原作に1980年にニューヨークで初演し、同年のトニー賞最優秀作品賞と振付賞を受賞した本作は、1996年に韓国初演。30数名のアンサンブルとともに繰り広げる華麗なタップダンスと群舞、超大型移動式ターンテーブルを使ったシンクロナイズドダンスなどショーミュージカルの醍醐味を存分に味わえる作品だ。“NEW GENERATION”というスローガンが掲げられた今回の公演は、ブロードウェイから振付家レジーナ・アルグレン(Regina Ahlgren)を総括振付と演出に迎え、一層ハイクオリティなパフォーマンスを披露する予定だ。

そして、注目の出演陣も過去20年の公演を支えたレジェンドキャストと新キャストを織り交ぜた最強の俳優たちをそろえている。自らの引退をかけて新作ミュージカル『プリティ・レディ』を制作する大演出家ジュリアン・マーシュ役は、ソン・イルグクとイ・ジョンヒョクが引き受けた。時代劇『チャン・ヨンシル』主演を終えたばかりのソン・イルグク、『紳士の品格』でのコミカルなキャラクターが話題を呼んだイ・ジョンヒョクと、ともに子育てバラエティ番組でも愛息たちと人気を博した二人がブロードウェイ最高のカリスマ演出家役に挑む。本作でミュージカルに初挑戦するソン・イルグクは「ミュージカルは本当に魅力あるジャンルだと思ってきたし、舞台に立ちたかった。『ブロードウェイ42番街』を経てきた多くの先輩たちが脳裏をかすめるが、20周年もさらに輝かせられるよう緊張感をもって最善を尽くしたい」と意気込みを見せている。一方、『シカゴ』『壁抜け男』など、舞台経験豊富なイ・ジョンヒョクは「20周年公演に参加できて光栄です。私だけのジュリアンをお見せするために厳しい練習に汗を流しています」と語った。個性を生かした二人のジュリアンを見比べるのも観劇のポイントとなりそうだ。

bway42nd2

シドニー・ポラック役:キム・ソンギョン(左)とチェ・ジョンウォン

ジュリアンが手掛けるミュージカルの主演女優ドロシー・ポラック役はキム・ソンギョンと、チェ・ジョンウォンというミュージカル界の第1世代女優がWキャストとなった。キム・ソンギョンは11年ぶりの出演、チェ・ジョンウォンは1996年の初演に新人女優として参加していたという。

bway42nd3

ペギー役のイム・ヘヨン(左)と、ビリー役のエノク

そして、夢を追ってブロードウェイにやってきたコーラスガールのペギー・ソーヤー役は『ファントム』『レベッカ』『ドラキュラ』など大作のヒロインには欠かせないイム・ヘヨンが2009年公演以来の出演。また、女心を揺さぶるルックスに卓越したダンスの実力まで兼ね備えたビリー・ローラー役はエノクが初挑戦する。そのほか、『レ・ミゼラブル』のテナルディエをはじめ、コメディリリーフと言えばこの人、と呼ばれるイム・ギホンや、キム・ギョンソン、ホ・ジョンギュなど実力派俳優たちがしっかりと脇を固めている。
豪華キャストと制作陣がそろい、グレードアップした20周年公演に期待が集まる『ブロードウェイ42番街』は6月23日から芸術の殿堂CJトウォル劇場で開幕。1次チケットは、4月28日(木)午後2時より発売される。


【公演情報】
ミュージカル『ブロードウェイ42番街』(브로드웨이 42번가)
2016年6月23日(木)~8月28日(日)芸術の殿堂CJトウォル劇場

<出演>
●ジュリアン・マーシュ役:ソン・イルグク、イ・ジョンヒョク
●ドロシー・ポラック役:キム・ソンギョン、チェ・ジョンウォン
●ペギー・ソーヤー役:イム・ヘヨン
●ビリー・ローラー役:エノク
●バート・バリー役:イム・ギホン
●マギー・ジョーンズ役:キム・ギョンソン
●パット・デニング役:ホ・ジョンギュ

プロデューサー:パク・ミンソン/クリエイティブ・プロデューサー:キム・ミヘ/演出・振付:レジーナ・アルグレン/協力演出:パク・インソン/振付助手:ダイアナ・グレイ/協力振付助手:クォン・オファン/音楽監督:チェ・ジェグァン/舞台:ソ・スクジン/照明:ぺク・シウォン/音響:ヤン・ソクホ/衣装:キム・ミジョン/ヘアメイク:キム・ユソン/小道具:チョ・ユニョン/技術:イ・ユウォン/舞台監督:キム・サンフン

写真提供:CJ E&M ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。