キム・ジョンウク探し

[MUSICAL]初演から10周年!『キム・ジョンウク探し』6月開幕

[MUSICAL]初演から10周年!『キム・ジョンウク探し』6月開幕

2016kjw

(写真左から)ホ・ウク、キム・ミングク、チョン・ソヒ、イ・ソンファン、サンデー、チョン・ウォンヒョン、パク・ヒョンジ、ファン・ジェフン

今年で初演から10周年を迎えるミュージカル『キム・ジョンウク探し』が、6月からの公演を控え、キャストを発表した。

『キム・ジョンウク探し』は、『あの日々』『兄弟は勇敢だった』などの作・演出で知られるチャン・ユジョンが創作し、2006年に初演。自分探しのため単身インド旅行に出かけたヒロインが、旅先で素敵なキム・ジョンウクという青年に出会い恋に。帰国しても忘れられないジョンウクを「初恋探し株式会社」という探偵事務所に依頼したことから、巻き起こる出来事をハートフルに描いたロマンチック・ラブコメディだ。
初演では、当時若手俳優として圧倒的な人気を誇っていた、オ・マンソクとオム・ギジュンがWキャストで主演して大ヒット。以降も、シン・ソンロク、キム・ムヨル、ユン・ヒョンミン、キム・ジェボム、チョン・サンユン、パク・トンハ、超新星ユナクなど、現在も活躍する多数の人気俳優を輩出している。(歴代の男性主人公一覧 CJ MUSICAL公式サイトより
また、2010年には、コン・ユ&イム・スジョン主演で映画化(邦題は『あなたの初恋探します』)もされるなど、大学路の小劇場から始まった作品ながら、韓国で多くの人々に知られ、愛されている定番作品だ。6月には東京・大阪で『キム・ジョンウク探し~あなたの初恋探します~』と題した日本版公演も上演予定だ。

今回の10周年記念公演には、オーディションで100分の1という競争率のなかで選抜された実力派の若手俳優が起用された。
ヒロインが忘れられないキム・ジョンウク役と、「初恋探し株式会社」を営む“あの男”(劇中では男優の実名が使われる)の二役を演じるのは、キム・ミングクとイ・ソンファン。ジョンウクを探す“あの女”(劇中では女優の実名を使用)は、天上智喜のサンデー、チョン・ソヒ、パク・ヒョンジ。そして、タクシー運転手、インド人ガイドなど10数人のキャラクターをひとりで演じるマルチマン”役には、ホ・ウク、チョン・ウォンヒョン、ファン・ジェフンが起用された。いずれも、大学路で定番作品となっている小劇場作品で経験を積んだ実力派だけに、作品の楽しさを十二分に伝えてくれそうだ。

フレッシュな顔ぶれとともに10周年記念のロングラン公演に突入する『キム・ジョンウク探し』の1次チケットは、5月18日(水)午後2時から発売される。

 


2016kjwposter【公演情報】
ミュージカル『キム・ジョンウク探し』(김종욱 찾기)
2016年6月17日~2017年1月15日 大学路プティツェルシアター

<出演>
●キム・ジョンウク/あの男役:キム・ミングク、イ・ソンファン
●あの女役:サンデー(天上智喜)、チョン・ソヒ、パク・ヒョンジ
●一人多役(マルチマン)役:ホ・ウク、チョン・ウォニョン、ファン・ジェフン

演出:ファン・ドス/音楽監督:チョン・ミョンジン

写真提供:CJ E&M、㈱NEO ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL][PLAY]人気作の出演者が一堂に!大ユンノリ大会開催

[MUSICAL][PLAY]人気作の出演者が一堂に!大ユンノリ大会開催

 

IMG_0493윷을 날려보자

さる4月12日、大学路にある駱山(ナクサン)公園野外広場で、ミュージカル、演劇など5作品に出演中の俳優たちが集まり、ユンノリ大会が開催された。

ユンノリ(윷놀이)とは、すごろくゲームのような韓国伝統の遊び。ユッ(윷)と呼ばれる4本の木の棒を投げて、出た目の組み合わせによって進むコマの数が変わる(詳細はWikipedia参照)。お正月などによく行われる老若男女楽しめるシンプルなゲームだ。

 当日参加した作品とメンバーは以下のとおり。

ミュージカル「TRACE U」」キム・デヒョン、ムン・ソンイル、ソ・ギョンス

ミュージカル「パルレ(洗濯)」カン・ジョンウ、キム・ジフン、ユン・ジウォン

ミュージカル「キム・ジョンウク探し」イ・ヒョン、パク・ランジュ、パク・セウク

ミュージカル「アガサ」パク・ハングン、キム・ジフィ

演劇「私に会いに来て」ソン・ジュンハク、キム・ジュンウォン、イ・ヒョンチョル、キム・チョルジン

などを中心に、各作品の俳優やスタッフが集結。巨大なユッが用意され、独自の罰ゲームを設けるなど、応援に集まったファンと一緒になって大いに盛り上がった。

今回のイベントは公演制作会社のスタッフたちが共同で企画。まるで俳優たちが新しい公演の稽古を始める前に団結心や親睦を深めるために行うMTに参加したようなアットホームな雰囲気が楽しめたそうだ。小劇場作品を愛するファンたちにも好評で、新たなイベントも期待されており、各作品の盛り上げにも一役買った特別な意義をもつイベントとなった。

IMG_0741_1

IMG_0903_1