イ・チャニ

[MUSICAL]リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAI主演『ジャック・ザ・リッパー』3年ぶりの帰還

[MUSICAL]リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAI主演『ジャック・ザ・リッパー』3年ぶりの帰還

 

 

2016jtr1

ダニエル役のリュ・ジョンハン

『三銃士』とともに、日本で韓国ミュージカルファンを急増させた作品として知られる『ジャック・ザ・リッパー』が3年ぶりに韓国で再演となり、豪華キャストが発表された。
2009年に当初は『殺人魔ジャック(살인마 잭)』というタイトルで初演した『ジャック・ザ・リッパー』の原作は、19世紀末に英国ロンドンで発生した猟奇連続殺人事件をモチーフにチェコ共和国で創作された作品。世界的に有名な未解決事件として知られるこの事件の犯人は、正体が掴めていないことから、通称“ジャック・ザ・リッパー(切り裂きジャック)”と呼ばれてロンドン市民に恐れられていたという。
このチェコ原作ミュージカルに韓国独自の演出を加えて、初演当時は珍しかったスリラーミュージカルとして人気を博した本作は、アン・ジェウク、SUPER JUNIORのソンミン、チ・チャンウクなど多数の韓流スターが主演し、2012年からは日本公演も実施され、多数の韓流ファン、舞台ファンに知られる作品となった。

2016jtr2

ダニエル役のオム・ギジュン(左)とKAI

本作の主人公となる、アメリカからロンドンにやってきた外科医ダニエル役には、リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAIという究極のキャストが揃った。なかでもリュ・ジョンハンとKAIは今回、本作に初めて挑むことになる。愛する女性のために、悪魔と取引することになるダニエルの悲哀を存分に表現できる実力をもつ彼らだけに、大きな話題を集めるのは必至だ。

2016jtr3

(写真左から)アンダーソン刑事役のパク・ソンファン、キム・ジュンヒョン、チョ・ソンユン

自らも苦悩を抱えつつ、連続殺人事件を追う刑事アンダーソン役には、キム・ジュンヒョン、パク・ソンファン、チョ・ソンユン(チョ・ガンヒョンから改名)が演じる。現在『マタ・ハリ』でラドゥ大佐を好演しているキム・ジュンヒョンは、日本で劇団四季を退団後、韓国の舞台に復帰して最初に演じたのがこのアンダーソンだっただけに、4回目の出演となる今回も格別の愛着を感じさせている。

2016jtr4

連続殺人鬼ジャック役のTei(左)とイ・チャニ

ロンドンの街を恐怖に陥れる連続殺人鬼ジャック役には、『ONCE』『アリラン』などの話題作でも着実な演技を披露し、『モーツァルト!』ではシカネーダー役で出演することも決まっているイ・チャニと、昨年は『明成皇后』で大型ミュージカルにも挑んだ歌手のTeiがともに初挑戦する。

2016jtr5

新聞記者モンロー役のチョン・ウィウク(左)とキム・デジョン

また、スクープを得るためにアンダーソンと取引をする新聞記者モンロー役には『明成皇后』『英雄』のチョン・ウィウクと、『フランケンシュタイン』初演のルンゲ役で知られるキム・デジョンを起用。ダニエルに純愛を捧げる売春婦のグロリア役には『レベッカ』『イン・ザ・ハイツ』のキム・ボギョンと、ドラマ、映画で活躍しながら『ディセンバー』『オール・シュック・アップ』などのミュージカルにも精力的に出演してきたキム・イェウォンが引き受けた。そして、アンダーソン刑事と切ない愛を展開するポーリー役は『風と共に去りぬ』『シンデレラ』などに出演したチョン・ダニョンが演じる。

2016jtr6

グロリア役のキム・ボギョン(左)とキム・イェウォン

究極のキャストを揃え、今夏の目玉作品のひとつとなるのは間違いない『ジャック・ザ・リッパー』は、7月15日から10月9日まで、新道林(シンドリム)のD-CUBEアートセンターで上演。1次チケットは5月19日(木)午後2時より一般発売が開始される。


2016jtrposter【公演情報】
ミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』(잭 더 리퍼)
2016年7月15日~10月9日 D-CUBEアートセンター

<出演>
●ダニエル役:リュ・ジョンハン、オム・ギジュン、KAI
●アンダーソン役:キム・ジュンヒョン、パク・ソンファン、チョ・ソンユン(旧名チョ・ガンヒョン)
●ジャック役:イ・チャニ、Tei
●モンロー役:チョン・ウィウク、キム・デジョン
●グロリア役:キム・ボギョン、キム・イェウォン
●ポーリー役:チョン・ダニョン


写真提供:M MUSICAL ART ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]アン・ジェウク、KAI出演の大河ミュージカル『アリラン』7月開幕!

[MUSICAL]アン・ジェウク、KAI出演の大河ミュージカル『アリラン』7月開幕!

 

arirangP1『アイーダ』『マンマ・ミーア』『CHICAGO』など大劇場作品を多数上演し、長年韓国ミュージカルシーンを牽引してきたシンシカンパニーが、制作に約3年をかけた大型創作ミュージカル『アリラン』を7月から上演。豪華キャストが発表された。

『アリラン』は、映画化もされた超大作「太白山脈」をはじめ、韓国を代表する小説家の一人であるチョ・ジョンネが1990年から新聞「韓国日報」に連載した大河小説が原作。5年間の連載で12部の小説が刊行された原作は、1910~40年代の日本植民地時代から、80年代までの韓国近代史を追った長編小説だ。
今年、光復(韓国では植民地から解放=日本では終戦)70年の節目の年を迎えるにあたり、カム・ゴルテク一家の家族史を中心とした動乱の時代を生きる民衆の姿を描き出すミュージカルとなる。

主人公となる、独立運動に傾倒する両班(やんばん)出身のソン・スイク役は『西便制』『二都物語』のソ・ボムソクと、元祖韓流スター、アン・ジェウクが務める。特にアン・ジェウクは『皇太子ルドルフ』『太陽王』など、近年はミュージカル俳優としても精力的に活動しているが、創作ミュージカルへの出演は今回が初めてとなる。

arirangP2日本側のスパイとなって暗躍するヤン・チソン役には、『レ・ミゼラブル』『ZORRO』のキム・ウヒョンと、『ファントム』『マリー・アントワネット』『二都物語』などに出演したポッペラ歌手のKAIが演じる。スマートなキャラクターを演じることが多かった2人が悪役を演じるとあって、新しい一面を見ることができそうだ。

数奇な運命に翻弄されながらも、哀しくも美しく咲く花のような女性、パン・スグク役は『ドリームガールズ』出演中のユン・ゴンジュと、『ファントム』『レベッカ』のイム・へヨン。スグクの友人であり、ドゥクポの妹チャ・オクビ役は、国立唱劇団所属のソリクン(パンソリの歌い手)、イ・ソヨンがミュージカルデビューを果たす。

スグクを愛することになるチャ・ドゥクポ役には、ミュージカル『ONCE』の好演が光っていたイ・チャニと、『エイミー』『ピアフ』『夢の中の夢』などの演劇に出演してきたキム・ビョンヒが抜擢された。

また、多くの苦難を耐え忍びながら、家族を導く母カム・ゴルテク役を、劇団美醜(ミチュ)の看板女優で、国立唱劇団の芸術監督も務める大御所女優のキム・ソンニョが演じ、厳しい時代を生き抜いた韓国の母親像を体現する。その他の助演、アンサンブルも合わせて30名が出演し、まさしく大河ドラマにふさわしい厚みのある歌声とストーリーが展開されそうだ。

そして、制作陣も破格の豪華さだ。脚本と演出を担当するのは、「プレイファクトリー魔方陣(まばんじん)」代表のコ・ソンウン。高い評価を得た光州事件を題材にした演劇『青い日に』の演出・脚色をはじめ、ミュージカル『南漢山城』『若きウェルテルの悩み』脚本、『ONCE』の潤色と訳詞など、公演界で縦横無尽の活躍を続けている気鋭のクリエイターがこの超大作をどうまとめて形にするのか、期待が高まる。
作曲は、ミュージカル『画仙キム・ホンド』『テンペスト』などの大作や、多数の国楽作品を手掛けたキム・デソン。韓国民謡のスタンダードナンバー、「アリラン」を韓国の伝統楽器も交えたオーケストラによってとミュージカル音楽に再生させる予定だ。
そのほか、舞台デザインをミュージカル『英雄』『明成皇后』『西便制』のパク・ドンウ、衣装デザインは映画『群盗』『新世界』『グエムル~漢江の怪物』など大ヒット映画に多数参加したチョ・サンギョン、映像デザインをミュージカル『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』のプロジェクションマッピングを手掛けたコ・ジュウォンなど、各界の粋を集めた面々となっている。

豪華キャストとスタッフが揃った『アリラン』は7月16日より開幕。チケットはインターパーク、LGアートセンターホームページで4月28日(火)午後3時より一般発売開始される。


【公演情報】
ミュージカル『アリラン』
2015年7月16日~9月5日 LGアートセンター

出演:ソ・ボムソク、アン・ジェウク、キム・ウヒョン、KAI、ユン・ゴンジュ、イム・へヨン、キム・ソンニョ、イ・ソヨン、イ・チャニ、キム・ビョンヒほか

原作:チョ・ジョンネ「アリラン」/プロデューサー:パク・ミョンソン/脚本・演出:コ・ソンウン/作・編曲:キム・デソン/振付:キム・ヒョン/音楽監督:オ・ミニョン/舞台:パク・ドンウ/照明:サイモン・コーダー/音響:キム・ギヨン/映像:コ・ジュウォン/衣装:チョ・サンギョン/扮装:キム・ユソン/小道具:チョ・ユニョン/技術監督:ユ・ソギョン/舞台監督:キム・ジェホン/助演出:イ・ジヨン

写真提供:シンシカンパニー ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。