イ・スンジェ

『笑う男』、BTS…「第14回ゴールデンチケットアワーズ」2019結果発表

『笑う男』、BTS…「第14回ゴールデンチケットアワーズ」2019結果発表

 

韓国のチケット販売サイト、インターパークが2005年から開催し、今年で14年目を迎えた「ゴールデンチケットアワーズ」の投票結果が発表された。

今年のノミネート作品は、2018年3月1日~2019年2月28日までに上演された舞台、コンサート、フェスティバルなど14,760本から、韓国では“チケットパワー”と表現される興行力があった上位公演から候補が抽出された。

栄えある大賞は、昨年のミュージカル界で最高のヒット作となった『笑う男』が受賞した。同作は「ミュージカル」部門でも受賞し、さらに主演したパク・ヒョシンとシン・ヨンスクが「ミュージカル俳優」部門でともに1位となるなど、『笑う男』は圧倒的な支持を得た作品となった。

演劇の作品部門は、チョ・ジョンソク、キム・ジェウク、ソンギュなど豪華キャスティングが話題となった『アマデウス』が受賞。俳優では『あなたを愛しています』『チャンス商会』などで共演した韓国演劇界の至宝、イ・スンジェとソン・スクが受賞し、世代を超えた支持を集めた。

また舞台部門の「シーンスティーラー賞」は『ラ・マンチャの男』『光化門恋歌』で観客を惹きつけ、最近はマルチタレントとしても活躍しているキム・ホヨンが。「中小劇場ミュージカル俳優賞」では『ランボー』『ストーリー・オブ・マイライフ』などに出演し、どんな作品でも安定した演技と歌唱力を見せているチョン・ドンファが栄誉を手にした。

そのほか「人気賞」は全体の26.4%と圧倒的な投票数を獲得した防弾少年団(BTS)、「国内コンサート部門」ではPSY(サイ)が受賞し、ワールドスターと呼ばれる彼らの面目躍如となった。

「ゴールデンチケットアワーズ」は、投票期間11日間で、過去最高の83,094人が投票に参加。純粋な観客投票のみで決められるとあって、受賞はもちろん、ノミネートだけでも意義ある賞と言えるだろう。

各部門の受賞結果は以下の通り。

「第14回ゴールデンチケットアワーズ」

⇒インターパーク受賞結果公開公式ページ

<公演部門>
●ゴールデンチケット大賞 ミュージカル『笑う男』<웃는 남자>
●ミュージカル 『笑う男』<웃는 남자>
●演劇 『アマデウス』<아마데우스>
●クラシック/舞踊/伝統芸術 国立バレエ団『くるみ割り人形』<호두까기인형>
●フェスティバル 「第12回ソウルジャズフェスティバル2018」<제12회 서울재즈페스티벌 2018>

<俳優部門>
●ミュージカル男優 パク・ヒョシン(박효신) 『笑う男』<웃는 남자>
●ミュージカル女優 シン・ヨンスク(신영숙) 『エリザベート』<엘리자벳>、『笑う男』<웃는 남자>
●演劇男優 イ・スンジェ(이순재) 『あなたを愛しています』<그대를 사랑합니다>、『チャンス商会』<장수상회>ほか
●演劇女優 ソン・スク(손숙) 『あなたを愛しています』<그대를 사랑합니다>、『チャンス商会』<장수상회>ほか
●韓国コンサートミュージシャン PSY(싸이)
●来韓コンサートミュージシャン MAROON5(마룬파이브)
●クラシック/舞踊/伝統芸術 グム・ナンセ(금난새)
●人気賞 防弾少年団(방탄소년단/BTS)
●最高のインディーズミュージシャン賞 ポール・キム(폴킴)
●中小劇場ミュージカル俳優賞 チョン・ドンファ(정동화) 『ランボー』<랭보>、『ストーリー・オブ・マイライフ』<스토리 오브 마이 라이프>ほか
●シーンスティーラー賞 キム・ホヨン(김호영) 『ラ・マンチャの男』<
맨 오브 라만차>、『光化門恋歌』<광화문연가>

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[PLAY]人気演劇シリーズ「演劇列伝5」ラインナップ発表

[PLAY]人気演劇シリーズ「演劇列伝5」ラインナップ発表

 

engekin52004年からスタート。過去には、チャン・ジン作・演出の「タクシードリブル」「不器用な人々」や三谷幸喜原作「笑の大学」「君となら」、新人時代のオム・ギジュンも出演していた「男子衝動」、劇団チャイムの人気作「老いた泥棒の話」、劇団コルモッキルの代表作「青春礼賛」、今年再演される「M.Butterfly」「観客冒涜」「彼と彼女の木曜日」「エクウス」などなど、テレビドラマ、映画界でも活躍する人気俳優や韓国内外の注目戯曲を積極的に上演している「演劇列伝」シリーズの第5弾のラインナップが発表された。

5月から上演される1作目の「愛別曲」にはバラエティ番組「花よりおじいさん」で大人気のイ・スンジェや、“国民の母”コ・ドゥシムなど、豪華大御所俳優が総出演!
「演劇列伝」は、韓国演劇を見たことがない人でも劇場に足を運びたくなる、キャストの豪華さでも毎回話題を呼ぶ演劇シリーズだけに、今後のキャスト発表にご注目を。

<演劇列伝5 ラインナップ>

●「愛別曲」
(韓国 チャン・ユンジン作/演出:グ・テファン)

5月2日~8月3日 東崇(トンスン)アートセンター トンスンホール

出演:イ・スンジェ、コ・ドゥシム、ソン・ヨンチャン、ソ・ヒョンチョルほか

●「プライド」

(英国 アレクシ・ケイ・キャンベル作/演出:キム・ドンヨン)

8月~10月 劇場未定

●「フランケンシュタイン」

(英国 ニック・ディア作/演出:チョ・グァンファ)

10月10日~11月9日 芸術の殿堂CJトウォル劇場

●「ワーニャ、ソーニャ、マーシャ&スパイク」

(米国 クリストファー・デュラン作/演出未定)

12月5日~14日 大学路芸術劇場 大劇場

●「趣味の部屋」

(日本 古沢良太作/演出未定)

12月~2015年2月 劇場未定