イム・ジナ

[MUSICAL]イ・ユリほか豪華キャスト競演『おお!キャロル』11月韓国初演

[MUSICAL]イ・ユリほか豪華キャスト競演『おお!キャロル』11月韓国初演

 

ohcarolposter1950~60年代にアメリカンポップスの黄金時代を築いたシンガー、ニール・セダカの名曲でつづるミュージカル『おお!キャロル』韓国初演のキャストが公開された。

ミュージカル『おお!キャロル』は、ニール・セダカの代表曲のひとつである「Breaking Up is Hard To do(邦題:悲しき慕情)」からタイトルを取り、2008年にアメリカで制作。韓国版のタイトルにもなった「Oh! Carol(おお!キャロル)」をはじめ、「You mean Everything to Me(きみこそすべて)」「Stupid Cupid(間抜けなキューピッド)」「One Way Ticket(恋の片道切符)」など、時代を超えて愛されている名曲21曲が劇中で堪能できる、ジュークボックスミュージカルだ。

物語の舞台は1960年代。初恋の人との結婚式を控えていたマージ。式当日に結婚相手に逃げられ、彼女の親友ロイスはマージが新婚旅行に行くはずだったリゾート地へともに失恋旅行に行くことになる。そこに現れた魅力的な男たちとの恋模様や人間模様を描く、ロマンチックコメディだ。

ohcarolcast1韓国初演には、ベテランから若手まで、キャラクターにピッタリな実力派のミュージカル俳優が揃った。マージとロイスが訪れるリゾートの女社長のエスターに長年片思いしているリゾートショーの看板MC、ハービー役は『ウィキッド』『ラ・カージュ』など、現在も一線で活躍する元祖ミュージカルスター、ナム・ギョンジュ。『スウィーニー・トッド』『ラ・マンチャの男』など、大劇場作品には欠かせない個性派ソ・ヨンジュ。そして『オケピ!』『二都物語』『西便制』など、多彩な作品で常に豊かな歌声を聴かせるソ・ボムソクと大御所が名を連ねた。

ohcarolcast2かつては脚光を浴びるスターだったが、現在はパラダイスリゾートの女社長であり、ハービーとの愛に悩むエスター役は『マンマ・ミーア』『シカゴ』などの大型ミュージカルから、映画ドラマでも活躍するチョン・スギョン。『ブロードウェイ42番街』『クーガー』などでセクシーな大人の女を好演していたキム・ソンギョン。そして『ヘドウィグ』のイツァーク役でパワフルな歌声を聴かせたイム・ジナが務める。エスターとの大人の純愛を繰り広げる、ベテラン女優たちの活躍にも期待だ。

ohcarolcast3スターになることを夢見ながら、リゾートショーの専属歌手として働くデル役は『スリル・ミー』『サリエリ』など出演作が常に話題を呼ぶチョン・サンユンと『ニュージーズ』『イン・ザ・ハイツ』など、大劇場作品の主演を次々とこなしている若き実力派ソ・ギョンス。女心をくすぐる魅力的な浮気者キャラというデルを二人がどのように表現するのか注目される。
ohcarolcast4一方、小心者で口下手だが、才能豊かな作曲家ゲイブ役は『ママ、ドント・クライ』『ゴレゴレ』などのミュージカルに出演しながら、ロックバンド「BRICK」でミュージシャンとしても活動するホ・ギュと『ベア・ザ・ミュージカル』『太陽が抱く月』などに主演し、柔らかな歌声と佇まいで観客を魅了してきたソン・ドゥソプ。ともに甘いルックスで人気の二人が、魅力的なキャラクターを演じてさらに女性ファンの心をつかみそうだ。
ohcarolcast5親友マージを慰めるため、旅したリゾートで自身の愛も探すことになるロイス役は『フランケンシュタイン』『死の賛美』などで圧倒的な存在感を披露していたアン・ユジン。『ノートルダム・ド・パリ』『風と共に去りぬ』など、安定した歌声には定評のあるオ・ジニョン。そして、数々の復讐系ドラマに主演し、2014年の「私はチャン・ボリ!」ではMBC演技大賞を受賞。“国民的悪女”の異名をもつイ・ユリが出演する。なかでもイ・ユリは現在『親不孝者は泣く』という演劇にも出演中で、今年は舞台への連続挑戦が大きな話題を呼んでいる。

ohcarolcast6恋に不器用で、傷心のままリゾートに旅立つマージ役は透明感あふれる歌声で『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』などの大作から『ロ・ギス』などの小劇場作品までこなすイム・ガンヒと、『風と共に去りぬ』『シンデレラ』などで愛らしいキャラクターを好演してきたチョン・ダニョンが演じる。マージの心を癒す相手は誰なのか? 新しい恋の行方に注目だ。

この冬、観客にキュートで心温まる大人のラブストーリーを届けてくれそうな『おお!キャロル』は、11月19日から狎鴎亭(アックジョン)のクァンリムアートセンター BBCHホールで開幕。1次チケットは、9月21日(水)午後2時から発売開始される。


ohcarolposter【公演情報】
ミュージカル『おお!キャロル』(오! 캐롤)
2016年11月19日~2017年2月5日 クァンリムアートセンター BBCHホール

<出演>
●ハービー役:ナム・ギョンジュ、ソ・ヨンジュ、ソ・ボムソク
●エスター役:チョン・スギョン、キム・ソンギョン、イム・ジナ
●デル役:チョン・サンユン、ソ・ギョンス
●ゲイブ役:ホ・ギュ、ソン・ドゥソプ
●ロイス役:アン・ユジン、オ・ジニョン、イ・ユリ
●マージ役:イム・ガンヒ、チョン・ダニョン

音楽:ニール・セダカ/歌詞:ニール・セダカ&ハワード・グリーンフィールド/脚本:エリック・ジャクソン、ベン・H・ウインタース/プロデューサー:パク・ヨンソク/演出:ハン・ジンソプ/音楽監督:キム・ソンス/振付:ソ・ビョング/舞台:ソン・スクジン/照明:ミンギョンス/音響:キム・ピルス/小道具:チョ・ユンヒョン/衣装:チョ・ムンス/ヘアメイク:キム・ユソン

写真提供:SHOW MEDIA ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL]ユン・ドヒョン、チョ・スンウら豪華キャストで新演出版『ヘドウィグ』韓国版3月開幕

[MUSICAL]ユン・ドヒョン、チョ・スンウら豪華キャストで新演出版『ヘドウィグ』韓国版3月開幕

 

2016hedwigtop2数ある小劇場ライセンス作品のなかでも、韓国で圧倒的な人気を誇るミュージカル『ヘドウィグ』が、昨年ブロードウェイで上演された新演出版で豪華キャストとともに“ニューメイク”という副題をつけて帰ってくる。

『ヘドウィグ』は、韓国で2005年に初演され、昨年の10周年記念公演まで全9シーズン、全国公演通算1650回以上という記録を打ち立て、毎シーズン、多彩な顔ぶれの“ヘドウィグ”が出演してきた。
過去ヘドウィグ役を演じた男優たちは、その後もほとんどがトップクラスの俳優として活躍しており、スター俳優の登竜門とも呼ばれている。毎回そのキャスティングに注目が集まる『ヘドウィグ』だが、2016年版には、ユン・ドヒョン、チョ・スンウ、チョ・ジョンソク、チョン・ムンソン、ピョン・ヨハンという新旧キャストを織り交ぜた歴代最高級の5人が確定した。

2016hedwig1

カムバックした〝レジェンド”ヘドウィグ(写真左から)ユン・ドヒョン(©SHOWNOTE)、チョ・スンウ(©CJ E&M)、チョ・ジョンソク(©文化倉庫)

ヘドウィグ経験者3人は過去の出演者のなかでも、特に高い人気を博したまさに“レジェンド”級の面々だ。まずは2009年以来、7年ぶりに出演するユン・ドヒョンは韓国を代表するロックバンド、YBのボーカリストだけに、彼ほどこの作品のサウンドを完璧に表現できるキャストはいないだろう。パワフルなステージングでロックの“ノリ”がわかる男の帰還は大きな朗報だ。加えて、彼が率いるバンドYBのメンバー全員が、アングリー・インチバンドとして出演し、ロックファンも劇場に集結するのは間違いない。
初演から過去10年間で5シーズン出演、昨年の10周年公演も牽引したチョ・スンウが新演出版にも登場する。作品世界を最も良く知る彼は、出演のたびに他のキャストとは大きく違う彼だけのヘドウィグを見せてきただけに、今回もまた新たなバージョンを披露するのは必至。出演回は毎回即完売するという圧倒的なチケットパワーが今回も発揮されるに違いない。
そして、今や映画界のトップスターとなったチョ・ジョンソクが5年ぶりに待望のカムバックを果たす。舞台出演は『ブラッド・ブラザーズ』以来2年ぶり。映画『建築学概論』で一躍注目の的となった独特の話術と、エネルギッシュなステージングが魅力の彼が、久々にミュージカル俳優としての本領を発揮する舞台になるだろう。

2016hedwig2

”ニューカマー”ヘドウィグの二人(写真左から)ピョン・ヨハン(©CINE 21)、チョン・ムンソン(©アゴカンパニー)

そして、新たにヘドウィグに挑むのは現在SBSで放送中の大ヒット時代劇『六龍が飛ぶ』に出演中のピョン・ヨハンとチョン・ムンソンだ。
ミュージカル初挑戦となるピョン・ヨハンはドラマ『ミセン』で大ブレイク以降、多くの映画、ドラマの出演オファーを振り切って『ヘドウィグ』への出演を選んだという。すでにミュージカルナンバーをすべて覚えているほど作品に格別の愛情を持っているという彼が、今シーズンの目玉キャストとなるのは間違いない。
そして最近はテレビドラマや映画でも活躍している生粋の舞台俳優、チョン・ムンソンが初めてヘドウィグ役に挑む。現在『蜘蛛女のキス』で男性美溢れるバレンティン役を演じているが、どんな役柄も消化し、繊細な表現力で自分のものにしてきた彼が、フェミニンなキャラクターをどう表現するのか期待される。

2016hedwig3

ヘドウィグの夫、イツァーク役の3人 ソムン・タク(©SHOWNOTE)、イム・ジナ、J-Min(©SMエンターテインメント)

ヘドウィグのパートナーであるイツァーク役には、歴代イツァーク役のなかで最もパワフルなボーカルを聴かせてくれるロックシンガーのソムン・タクが再降臨。『若さの行進』『兄弟は勇敢だった』などで抜群の歌唱力を見せていたイム・ジナはオーディションを経て見事、役を手にした。そして『イン・ザ・ハイツ』『三銃士』などでヒロインを演じてきた歌手のJ-Minが、初めてロックミュージカルに挑む。特に今シーズンのイツァークは観客が驚くほどの完璧な変身を遂げてフィナーレを飾る予定とのこと。

破格のキャスティングで新たな神話を生み出す『ヘドウィグ』は、3月1日から弘益大 大学路アートセンター大劇場で開幕。1月8日(金)午後2時から第1次スケジュールのチケットが発売される。


2016hedwiglogo【公演情報】
ミュージカル『ヘドウィグ』
2016年3月1日(火)~5月29日(日)弘益大 大学路アートセンター大劇場

<出演>
●ヘドウィグ役:ユン・ドヒョン、チョ・スンウ、チョ・ジョンソク、チョン・ムンソン、ピョン・ヨハン
●イツァーク役:ソムン・タク、イム・ジナ、J-Min

写真提供:SHOWNOTE ©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。