チェ・スジン

[MUSICAL]マイケル・リー、ソン・ヨンジンらが出演『ロッキー・ホラー・ショー』5月開幕

[MUSICAL]マイケル・リー、ソン・ヨンジンらが出演『ロッキー・ホラー・ショー』5月開幕

 

(写真左から)フランク役のマイケル・リー、ソン・ヨンジン、チョ・ヒョンギュン

映画史に名を遺す、カルト映画の原作となったミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』の韓国版が約10年ぶりに上演。総勢18名にのぼる多彩なキャストが発表された。

婚約したばかりのカップル、ブラッドとジャネットが山中で暴風雨に遭い、迷い込んだ古城で奇妙な人々たちが繰り広げる狂気のパーティーに巻き込まれていくセクシーでコミカルなロックミュージカル。この作品のアイコンとも言える城主、フランク・N・フルター役は、ロックミュージカルを得意とするマイケル・リーとソン・ヨンジン。そして大劇場作品には初主演となるチョ・ヒョンギュンの3人が演じる。ソン・ヨンジンは、韓国版初演の2008年にも本作に出演しており、約10年ぶりにフランク役に挑むことになる。

(写真左から)ジャネット役のチェ・スジン、キム・ダへ、イ・ジス

トリッキーなフランクによって、未知の世界を体験することになるジャネット役はチェ・スジン、キム・ダへ、イ・ジスと美貌の若手女優3人が揃った。

(写真左から)ブラッド役のパク・ヨンス、ぺク・ヒョンフン、コ・ウンソン

恋人ジャネットと共に古城に迷い込む、生真面目な青年ブラッド役は、本作の制作会社R&Dワークスの『ママ、ドント・クライ』に出演歴のあるパク・ヨンスとぺク・ヒョンフン、そして『ウィキッド』『ロミオとジュリエット』などに主演し、人気上昇中のコ・ウンソンがトリプルキャストで務める。

(写真左から)マジェンダ役のキム・ヨンジュ、ソムン・タク、リサ

古城のメイド、マゼンタ役は『ウィキッド』のマダム・モリブル役などで知られるキム・ヨンジュと『ヘドウィグ』のイツァーク役で知られるロックシンガーのソムン・タク。そして、現在『ザ・デビル』に出演中のリサと、舞台経験豊富な3人が演じる。

(写真左から)リフ・ラフ役のキム・チャンホ、コ・フンジョンと、コロンビア役のチョン・イェジ

古城に住み込みで働く執事リフ・ラフ役はキム・チャンホとコ・フンジョン。これまで正統派のキャラクターを演じることが多かった彼らが、不気味でエキセントリックな役柄をどう演じこなすのか注目される。そしてもう一人のメイド、コロンビア役は『ロミオとジュリエット』『インタビュー』などで主演女優として頭角を現しつつある新鋭チョン・イェジが演じる。

(写真左から)スコット博士/エディ役:チ・へグン、ナレーター役のチョ・ナミ、ロッキー役のチェ・グァンフィ

その他、ブラッドとジャネットの恩師であるスコット博士と、ロックスタイルの謎の男エディの二役にチ・へグン。物語の進行役となるナレーター役は『シャーロック・ホームズ』などに出演していたベテランのチョ・ナミ。そして、フランクによって生み出される筋肉隆々の人造人間ロッキーは、新鋭チェ・グァンフィが抜擢された。

昨年ケーブルテレビチャンネルJTBCで人気を博したオーディション番組「ファントム・シンガー」で優勝チームの一員となったコ・フンジョンをはじめ、挑戦者として出演していたぺク・ヒョンフンとコ・ウンソン。そして審査員として出演していたマイケル・リーと、番組で一躍注目を浴びたミュージカル俳優が勢ぞろいしている点も見どころ。視聴年齢制限アリ、という破格の舞台が期待される『ロッキー・ホラー・ショー』は、5月26日~8月6日まで、弘益大大学路アートセンター大劇場で上演される。


【公演情報】
ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』(록키호러쇼)

2017年5月26日~8月6日 弘益大大学路アートセンター大劇場

<出演>
●フランクン・フルター博士役:マイケル・リー、ソン・ヨンジン、チョ・ヒョンギュン
●ジャネット・ワイズ役:チェ・スジン、キム・ダへ、イ・ジス
●ブラッド・メイジャーズ役:パク・ヨンス、ぺク・ヒョンフン、コ・ウンソン
●マジェンダ役:キム・ヨンジュ、ソムン・タク、リサ
●リフ・ラフ役:キム・チャンホ、コ・フンジョン
●コロンビア役:チョン・イェジ
●ブラッド・メイジャーズ/エディ役:チ・へグン
●ナレーター役:チョ・ナミ
●ロッキー役:チェ・グァンフィ

原作:リチャード・オブライエン/演出:オ・ルピナ/音楽監督:キム・ソンス

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。


【キャラクター紹介映像】

【キャストインタビュー映像】

[PHOTO]ミュージカル『スルー・ザ・ドア』プレスコール

[PHOTO]ミュージカル『スルー・ザ・ドア』プレスコール

 

ミュージカル『スルー・ザ・ドア』プレスコール
2015年3月24日(火) 大学路ユニプレクス1館
出演:オ・ソヨン、チェ・スジン、ユ・リア、
チェ・スヒョン、チョン・サンウン、キム・ギョンス、
チョン・ジェホン、ミン・ウヒョク、ペク・ヒョンフン、
キム・ヒョソプ、キム・ジェマン、オ・ギプン、チェ・ヨンミン、キム・リ

threw1 threw2 threw3 threw4 threw5 threw6 threw7 threw8 threw9 threw10 threw11 threw12 threw13 threw14 threw15 threw16 threw17 threw18 threw19 threw20 threw21 threw22 threw23 threw24 threw25 threw26 threw27 threw28 threw29 threw30

©韓劇.com All rights reserved. 記事・写真の無断使用・転載を禁止します。

[MUSICAL] SM C&Cが初のミュージカル制作「シンギング・イン・ザ・レイン」6月開幕!

[MUSICAL] SM C&Cが初のミュージカル制作「シンギング・イン・ザ・レイン」6月開幕!

 

뮤지컬 싱잉인더레인_캐스팅발표

雨の中でのタップダンスシーンが印象的な、ジーン・ケリーの監督・主演映画「雨に唄えば(原題:Singin’ in the Rain)」を舞台化したミュージカル「シンギング・イン・ザ・レイン」の韓国版が初上演される。

サイレントからトーキー映画へと移行する時代に、大スターの恋と映画制作の裏側を描くラブコメディーで、オリジナルは、ロンドン・ウエストエンドで1983年初演し、2年後にはブロードウェイにも進出。現在もUK&アイルランドツアーが行われている定番作だ。(⇒UK公式サイト

多数の人気アイドルが所属するSMエンターテインメントのS.M. Culture and Contentsが初めてミュージカル制作を手掛ける作品だけに、人気アイドルを中心とした豪華キャストが発表された。
主人公のトップスター、ドン・ロックウッド役には3月に兵役から除隊したばかりのTRAXジェイとSUPER JUNIORキュヒョン、そしてミュージカル初挑戦となるEXOのベッキョンが起用された。
一方、ドンと恋に落ちる新進女優キャシー・セルデン役には少女時代サニーとミュージカル女優パン・ジニ(「ウエディング・シンガー」「シャーロック・ホームズ」「あの日々」)、少女時代スヨンの実姉であるミュージカル女優のチェ・スジン(「壁抜け男」「キム・ジョンウク探し」)。
そしてドンと並ぶ大女優であり、キャシーの恋敵となるリナ・ラモント役にはミュージカル女優のペク・ジュヒ(「ぶっとび!ヨンエさん」「モンテクリスト」)と天上智喜のサンデーが起用された。
ほかにも、ドンの親友であるコスモ・ブラウンを、韓国版「THE COMVOY SHOW-ATOM」出身でダンスの実力はお墨付きのイ・ビョングォンとユク・ヒョンウクが演じるのも期待される。

演出は、「宮」「ラジオ・スター」「ヨセフ・アメージング」などを手掛けてきたキム・ジェソン。キム演出家は「古典的な映画をベースにしているが、現代的な感覚と華麗なパフォーマンスを盛り込んだ洗練した舞台をお見せしたい。ドン役に若い俳優を起用したことで、情熱的でダイナミックなエネルギーとダンス、歌、演技にタップダンスまで加わった見どころあるショーコメディに再誕生させる」と意気込みを見せている。
舞台には15トンの水を使用して、破格のクライマックスシーンを披露するそうだ。
アイドルファンから、原作映画ファンまで老若男女が楽しめる舞台を目指すという「シンギング・イン・ザ・レイン」は、6月5日~8月3日まで、忠武アートホール大劇場で上演される。

<UKツアー版トレイラー>